工事

2018年04月23日

引き渡しが終わったら
外構を色々したいのですが


外構は無くても住めるので
まあ引き渡し後にゆっくりという計画ですが

物置だけは最初に設置をしたいです。

物置b

とりあえず右奥に物置を設置する予定です





・引越し前に設置したい


エアコン工事やネット回線の工事など
家の中の工事は
引き渡し後でお願いしますとの事なので


エアコン工事は引き渡し日に
ネットとテレビ回線の工事は
引越し日当日の予定ですが


物置は家の中には入りませんし
土地は私の土地ですから
自由にできます(笑)


一応業者の出入りがある時は
設置作業は
控えて欲しいという事でしたが


施主検査後なら引き渡し前でも
大丈夫という事でしたので

引越し前に物置が設置出来そうです



・固定資産税が上がります


しかし工務さんが言うには

物置=固定資産らしく

引越しして1ヶ月位で
固定資産税の調査が来るけど

物置があると
固定資産税の金額が上がるよと




・金額は教えてくれませんが上がるらしい


ローコストな家なので
たいした固定資産税では無いと思いますが


物置のあるかないかで若干変わるらしいです
(数百円の差らしいですが)


ちなみに
家が瓦屋根とスレート屋根なら
瓦の方が税金が高くなったり


吹き付け断熱とグラスウールだと
吹き付け断熱のが税金が高くなったり


高い部材=高い税金
なるらしいので


同じ大きさでも
レオハウスやタマホームの家と
ヘーベルやスウェーデンハウスなら
結構な差が出そうですね




・何故か賃貸アパートに物置が


何故引越し前に物置が欲しいのかと言うと

前住んでた2LDKのアパートですが

物置a

1世帯ごとに物置が1つ使えて
ここにスタッドレスタイヤや自転車を
入れていましたので


引っ越し時には物置の物は
物置に置きたいという希望です



固定資産税が数百円上がってしまいますが
庭に出しっぱなしも嫌なので
早速物置を購入します




・とりあえず物置=ホームセンター


ホームセンターの駐車場に行くと
いつも「大特価」とか「半額」とかで
物置が置いてるので


3軒ほど
ホームセンターに行ってきました


物置なんて
100人乗っても大丈夫なメーカーしか
知りませんが

物置1


カインズホームのオリジナル物置が
性能の割りに安かったのでこちらを購入
(サンキン物置というメーカーのOEM品)

定価84,800円が
期間限定5,000オフと言う事で
すんなり決定しました


物置2

設置工事費は込みなのですが
アンカー工事という
コンクリート流してボルトで固定する工事を
オプションで追加しました

総額で90,600円です




物置c

とりあえずタイヤ4本と
自転車を入れる場所が
出来たので良かったです



現在は

・スタッドレスタイヤ4本
・自転車
・洗車用品
・瓦施工の際に余った瓦10枚位
・庭用の屋外掃除機

などが入っていますので


物置が無かったら
何処に置こうか悩んでしまいますから




2018年04月21日

引き渡し日まで後1週間になって
施主検査の日がやってきました。


施主検査a


既に工事予定も無く
施主検査と引き渡しのみです


天候も順調で
工期が延長する事も無く
スケジュール通りで動いています


引き渡し延期のブログを
何件か見ましたが


工務さんは2,3日に1回はメールで
作業の報告が来てましたし

1~2週間に1度は
家で打ち合せがもあったので


何の心配もありませんでした

(電気工事以外は)




・施主検査って?


簡単に言えば
家が完成したので現場監督さんと注文主で
間違いや不具合はないかの確認です


施主検査で施主さん(私)が
「問題なし」と判断すれば
引き渡し日までにお金を振込んで


晴れて我が家となります



・ビー玉は意味がありません


他のブログの方は

数枚もチェックシートを持参して記入したり
定番のビー玉持って行ったりとかありましたが


問題ない家でもビー玉転がる事は
普通にあります
(ビー玉が完全な円では無いので)


また床は問題なくて
壁が曲がってる可能性もありますので


ホームセンターで
水平器買ったほうがいいです。



テレビに出る建築士の
資格ある方なら
ビー玉のチェックが
意味無いと分かってるはずですが


施主検査b

1,000円位ですし引っ越し後の
DIYにもあると便利です


一応100均にもありますが

ホームセンターの商品で 誤差+-1ミリ位
100均だと 誤差+-5ミリ位と
商品に書いてあるので

ホームセンターで買った方がいいですね
(昔100均のを買いましたが使い物になりません





・施主検査にあると便利な持ち物

①上記の通り水平器

②チェックした所を忘れないようにマスキングテープ

③図面


これに筆記用具と

施主検査1

チェックし忘れてはいけないので
あらかじめチェックする項目のメモ




施主検査d


吹き付け断熱の記事でも書きましたが
スマホがサーモグラフィーになる
便利なアイテム
「フリアーワン」を持参です


断熱の施工以外にも
窓サッシの取り付けミスとか
これがあるとすぐ分かって大変便利です。




・基本的なチェックポイント

①図面通りに出来ているか

もちろん基本ですね・・・


②玄関、ドア、シャッターの開閉は問題ないか

私はシャッターなんて忘れてましたが
工務さんがちゃんとシャッターの開閉もしてくれました^^;


③フローリングやベランダの水平と歪み

こちらは水平器があると便利です


④壁の垂直と歪み

これも水平器あると確認出来ます


⑤水道は全部水とお湯が流れるか

まだエコキュートが動いていません


⑤外壁や建物に傷はないか

傷も見つけたのは0でした


などなどいくつか
ありますが、全部工務さんが
一緒に説明してくれました





・これと言って問題はなかったです


今住んでるアパートから
車だと5分位なので
何度も見てますし
工務さんとの打ち合わせも家で行ってるので


ミスがあったらその都度言ってますので
施主検査で
問題になるような所は無かったです。


一応これまでにブログに書いてないちょっとした
施工ミスは何度かありまして



・階段の手摺の色が違った

・ウォークインクローゼットの高さが違った


などありましたが

すぐに直してくれてますので
施主検査時には問題ありませんでした。


施主検査c

引越しまでは何も荷物がないので
ハイハイしやすいです(笑)





・しかしまだ住めません

なにしろ
電気の引き込み工事が来ていません



その為に電気が必要な物は
チェックが何も出来ません



施主検査でチェックしたい
・スイッチ類
・照明
・お湯が出るか


この辺は施主検査でチェック出来ていません



年末だったので東京電力も忙しいみたいですが
施主検査の2日後に
電気の引き込み工事があって


5日後に引き渡しという
スケジュールです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年04月07日

照明とかの電気と違い

余り気にしてなかったのですが

工務さんから
「電柱建てないと電気が通りません・・・」

という事で敷地内に電柱設置が必要になりました



電柱は必要ですが

目の前の市道に設置となると
許可などで時間もかかるだろうし

市道では、こちらは位置の要望は
出せませんから

それなら敷地に建てようかなと・・・


「まあ電柱は仕方ないですね」
話はしていたのですが

「我が家の特殊事情」のために
かなり苦労する事になりました。




・電柱を設置する場所が無い

電柱a

最初は右奥に設置したいと思ったのですが
その位置だと引き込みが出来ないという話で



電柱b

右の手前の予定になったのですが


我が家の特殊な事情があって

「線路のすぐ隣には設置出来ないよ」
という話が
JRから東京電力に来たみたいです




・JR VS 東京電力 VS 我が家


JRが言うには
「線路から数メートルは
電柱建てちゃダメだよ」

という話です。



電柱c

その為に

かなり真ん中
電柱が設置されてしまいます


紫の線より左側は
私の土地ですが
勝手には出来ないらしいです




「10cm単位の攻防」

レオハウスが設置するのものなら
我々は一応お客様ですから

色々頑張ってくれますが

JRがダメだってと
言われた東京電力は

別に私達はお客様って訳でもなく
(電気代払ってますけどね)



東京電力対JRの話なので
「どこでもいいんじゃね?」
的な話になってしまいます




とはいえ仮に真ん中に設置されたら
不便な事は間違いないので

一応土地所有者という
権利もありますし


私「もう50cmは右に行けるでしょう」

JR「いやいや厳しい」

私「なら30cmは右に」

という話になります






・敷地利用料が貰えます

これといってメリットも無く
景観も悪くなるし

かと言って電気が来ないわけにいかない
電柱ですが


電柱を敷地内に設置すると
東京電力から敷地利用料としてお金が貰えます

金額は僅かで
年間1,500円なのですが

ただよりはありがたいです(笑)




・工事に来ない・・・

この話をしたのが2016年の11月で


予定だと施主検査が12月18日
引き渡しが12月23日です。


しかし東京電力の回答が

「年末忙しいので来年になるかも」

という

ありえない回答でした



・どうにか交渉の末

引き渡し日の12月23日までには
設置するけど

施主検査の18日までには
とても無理という事です





・最悪の事態は避けられました

aスケジュール540-360


順調に工事は進んだため

引き渡し日が3日早くなって


施主検査12月18日

引き渡し日12月23日

このスケジュールで動いていて

東京電力から回答が来たのが

なんと12月15日です


そして
12月20日に電柱設置するよという回答です


とりあえず引き渡しに電気が無ければ
さすがに引き渡しは出来ないので
最悪の事態は回避出来ましたが

施主検査は電気無しで行います






・一応右側には設置されましたが・・・

電柱と右のフェンスの間に
「人が通れる位」
間隔があいてしまいました

電柱d


スペース的には
車は本来「楽に」3台置けるのですが


電柱の影響で
3台目を止めるのが結構大変です


幸い目の前の道路が行き止まりで
私達しか使いませんので
友人が来ても問題はないのですが


後16年経って
子供が18歳で車買ったら
電柱を移動してもらうか悩む所です



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年03月19日

どんどん家が出来て来て
既に工事途中の家で打合せを行っても
「飲み物が出ない」位で


雨と風は普通に凌げますし
昼なら寒くのないので
普通に打ち合せ可能です。



・気にしてなかったスイッチ類

照明はこだわりもあり数度打ち合せ
してたのですが、スイッチの位置は
なんとなく図面に書いた位ですが

家が出来てくると
「この位置がいい」
というのが出てきます。


工務さんが困ってる感じで
「この家壁少ないですよねぇ」
「スイッチ付ける場所が無いですねぇ」

a壁スイッチ

1階は1部屋で
広いワンルームという希望で作ったので
家の中に壁はほとんどありません。


キッチンもコンロ前の壁も要らないと
完全にオープンになってます。


冷蔵庫の右も「引き戸」にしたため
ほとんどスイッチは付けれません。



・付けないといけないスイッチが多いです。

今までの賃貸アパートと違い
スイッチ類もたくさん付けないといけません。

最低限必要なスイッチを並べると
LDKだけで

照明のスイッチが
・リビング
・ダイニング
・キッチン

これに
・インターホン
・エコキュート
・太陽光モニタ

などなどがあります。



・移動出来るものは廊下に

b壁スイッチ

廊下と呼べるのか分からない
スペースがあるので、ここに

・ブレーカー
・太陽光ブレーカー
・太陽光モニタ
・第一種換気のスイッチ

を設置

脱衣場に行く方も引き戸なので
トイレの照明スイッチが手前に付けるところが
「どこにも無く」
仕方ないですがトイレ内にスイッチを設置しました。



・リビングも色々厳しかったです

c壁スイッチ

リビングスイッチは問題なく
入ってすぐに設置が可能ですが


キッチンの照明はキッチンに取り付ける場所が
「どうやっても取れない」ので
ダイニングのスイッチと同じ場所に


インターホンとエコキュートのスイッチは
引き戸があるので厳しかったのですが
どうにか設置出来ました。



・住むと慣れますが・・・

キッチンのスイッチが遠いなとは
思ってましたがキッチンに行くときには
スイッチの場所を通るので
問題なかったですが

d壁スイッチ

廊下の照明がリビング側にはありますが
脱衣場側は引き戸なのでありません
(2つ付けるほど廊下も無いですが)


引き戸2つなので、お風呂から出る時に
妻が洗濯機やトイレなどで
廊下に来るとスイッチを消してしまうので
「真っ暗になります



ニッチ作ってスイッチ類は全部まとめると
カッコいいなんて思ったりしたのですが
ニッチを作る壁が無かったので無理でした



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年03月13日

工事は順調に進んでいて引き渡し日も
何もなければスケジュール通りで動いています。



・足場が取れる前に是非確認を

今の状態は屋根工事は終わっていて
吹き付け断熱も終わりましたから
サイディングの工事が終わると
足場が外れます。
a施工ミス

足場が外れると家の外観が見えますので
嬉しいのですが
もう簡単に上に登れなくなるので
足場がある内に旦那様はチェックした方がいいです。



打合せは基本日曜日が多いので
大工さんはいませんので打合せが終わると
私と妻と子供だけでゆっくり見れます。



・チェックして施工ミスが2箇所ありました。


妻は「この釘で大丈夫なの?」とか
他にも聞いてきますが

義父も私も「これくらいなら大丈夫」
言うレベルのミスではないけど雑な
部分はいくつかあったのですが
(擁護する訳じゃないですがどこも同じです)

b施工ミス


屋根部分の軒天と破風板の間ですが
隙間が通常よりも「かなり」広いです。


ここの部分はこれで終わりではなくて
最後にコーキングしますが
ちょっと広すぎなので直してもらう事に


c施工ミス

こちらは破風板の連結部分です。

ここもこの後コーキングする場所ですが
広すぎると当然コーキングが剥がれやすいので
直してもらいます。



・監督さんは毎日来る訳ではないです。

私の仕事も個人宅の建設現場の場合は
監督さんから依頼を受けてから
廃棄物の回収に行きますが


同じ監督さんが暇な時期で2~3戸
年度末になると5戸位担当します。
(高いメーカーでも1人1現場ってのは無いです)


今回のもまだ確認する前だったので
こちらから言わなくても直っていたと思いますが
気になった部分はすぐに言った方がいいですね。


完成すればするほど修正が難しくなりますので。


ちなみに上記2箇所は
日曜に連絡をして、2日後の火曜日には
もう直ってましたので問題ありませんでした。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング