2019年12月

2019年12月09日





何度か
オススメの住宅系ブログの記事を書きましたが


今回は私も入っている
家系ブログを盛り上げる会という

Twitterの繋がりなのですが


こちらで
バトンa

家づくりバトンという
企画があって


みんなで
同じ質問に声たるという企画です


今回の質問内容は

・総建築費
・建物本体価格
・頭金の額
・借入(住宅ローン)の額
・もらった補助金、ポイント
・家具、家電購入費
・土地代
・火災保険の額
・月々の支払額
・外構費用

・家作りを検討し始めた年齢
・家作りのきっかけ
・賃貸にしなかった理由
・参考にした情報は?
・ローンの金利
・住んでいる県
・年齢
・収入
・家族構成


こちらの質問を
メンバーで答えていきますので


今、家作りを検討している方は
同じ家族構成や収入などで
比べると参考になると思います





・「家系ブログを盛り上げる会」とは


こちらの会はTwitterで繋がっている
住宅系ブログを書いている
ブロガーの集まりなのですが


バトンb


会長さんは
住友林業で建てた
びびさんをはじめ





現在40名位のメンバーがいます





過去記事に




実際に家を建ててないのに
アフィリエイト収入目的や

ステマ(ステルスマーケティング)の
ブログが最近多いって記事を書きましたが


こちらのメンバーは
みなさん実際に家を建てている方なので


施主さんの
正直な感想を書かれているブログだけです


後は建築士さんや
工務店さん
私みたいな解体屋さんなどなど


実際に現場で働いている
メンバーもいます


ハウスメーカーも
住友林業ヘーベルハウスなどの
高級メーカーから


私が建てたレオハウスタマホームなどの
ローコストメーカー


地元の工務店
建売住宅を購入したメンバーもいて



収入や家の価格も皆さん違いますので
同じような収入や家族構成の方の
ブログを見るのはかなり参考になると思います







・質問と回答です



私の場合、全てを公開してますから

「同じ支店で同じ営業さんで建てました」

とか

「近くに住んでます」

とかメールを頂いたり

さらに私の会社に
砕石を買いに来てくれた方まで
いますが(笑)


費用やきっかけなどの
まとめとして
参考にして頂ければと思います



①年齢は?

現在44歳で妻も同い年です
家を建てたのが42歳なので
かなり遅いですね





②家族構成は?

夫婦2人と子供2人です

超高齢出産

1人目が41歳
2人目が43歳で出産だったので
子供はまだ3歳と2歳です





③住んでいる県は?

山梨県甲府市です





④収入は?

私が500万円
妻が300万円です


世帯年収800万円
この地方なら標準位ですが


かなり高齢で家を建てたので
繰上返済などを考えて
ローコスト住宅にしました





⑤家作りを検討し始めた年齢は?

41歳で子供が生まれてからです


それまでは賃貸アパートの
2LDKで

なかなか子供が出来なかったので
将来は中古のマンションでも
買おうかなんて話しはしていました


子供がいないと
一軒家は管理が大変ですし


マンションの方が
ゴミ出しなど楽だし
雪かきとか無いので
当時は中古マンションと思っていましたが


一生賃貸というのは
考えが無かったです




⑥家作りのきっかけは?

子供が生まれたからです


私自身が母子家庭で
小学生の時に両親が離婚しましたが


父親が一切働かない
飲んでばかりいる家庭だったので


子供の時は
貧乏長屋に住んでいましたので


家よりも
土地を購入して


国に「あなたの土地だよ」って認められるのが
嬉しかったです(笑)





⑦賃貸にしなかった理由は?

田舎独特のシステムですが

子供が生まれたら家を買って
当たり前って雰囲気と


3LDKや4LDKの賃貸なんて
全然無い地域なので


家賃を払うより
家を買う方が安いからです


私が家が無く育ったので
子供には一軒家で
過ごさせてあげたいってのもありました





⑧参考にした情報は?

ほぼ職場です(笑)


私の職場は家の解体や
産業廃棄物の処分をしますので


古い家
欠陥住宅で築10年以内の
サイディングや屋根の張替えの解体


新築でも端材などを
コンテナ置いて
回収しますので


ハウスメーカーや工務店さんは
結構な数の付き合いがあります


そのため、ダメな家の実例を
結構見れるので役立ちました




外観やキッチンなどの
感想は同じレオハウスで建てた方や

他のハウスメーカーの方でも
個人のブログをたくさん見て




高断熱、高気密に関しては




こちらのサイトを一番見ていました


数値で正解があるものは
やはり個人の感想よりも


専門的な知識を持った方の
ブログを参考にしました






・次にお金関係の質問と回答です



⑨総建築費は?

総建築費は

バトンc


全ての総額で約2,760万円です


土地代を抜いた総額は
2,120万円ですから
かなりのローコストですね









⑩建物本体価格は?

バトンd

約1,533万円です



ローコストメーカーの
レオハウスですから


述床面積34.56坪で考えると
かなり安い方ですね



家のスペックは

バトンe
レオハウスの
大人気の家CoCoのDグレード


レオハウスの中では
一番高かったですが


ローコストメーカーなので
それでもかなり安いです


これでも希望の
・吹きつけ断熱
・瓦屋根
などは標準でしたが


窓はアルミ樹脂複合の
サーモスⅡ-Hです


今ならサーモスXや
APW330も付くみたいですが


3年前だと
オプションで50万円かかったので
諦めました・・・


家の構造は
木造軸組みで
吹きつけ、ダイライト工法です




全ての費用の詳細は



こちらにあります





⑪頭金の額は?

420万円です


子供が生まれたばかりなので
ある程度の貯蓄や

ミニバンの購入などもあって
これ以上は厳しかったです





⑫借入(住宅ローン)の額は?


フラット35で2,104万円
アルヒフラットαで234万円


合計2,338万円の借り入れです





⑬ローンの金利は?


フラット35S
最初の10年間は0.8%
残り25年間は1.1%です


建てた時は
ほぼ最低金利でしたが

今の方がさらに安いですね・・・





⑭月々の支払額は?

バトンf

最初の10年間は0.8%で
約57,500円


その後25年間は1.1%で
59,000円です


フラット35だと建物費用と
土地代の9割しか借りれないので



残り1割りは

バトンg

アルヒフラットαで
借りていて



こちらが
毎月8,500円ですが


バトンh


こちらは結構繰越をしていて
現在22年繰上げしているので


残り1~2年で終わると思います






⑮もらった補助金、ポイントは?


バトンi


すまい給付金で30万円と





住んでいる甲府市から

バトンj

太陽光とエコキュートの補助金が出て
こちらで42,000円貰えました


市町村の補助金などは
ハウスメーカーで全部は知らない場合もあるので


自分の住んでいる地域の
補助金は調べた方がいいと思います











・やはりお金の質問が一番気になりますね(笑)


まだまだお金関係の質問ばかりですが・・・



⑯家具、家電購入費は?

家を建てる際に購入したのは

バトンk

ソファとTVボードで13万円




バトンl

ダイニングテーブルで15万円




バトンm

ベッドが2つで17万円




バトンn

エアコンは2台で36万円



後は加湿器やクローゼットなど
細かい物も含めると


およそ新築時には
90万円ほどかかりました





⑰土地代は?

64坪で600万円と
坪10万円を切る金額でした






この辺りの相場は
坪15~16万円はしますので


物凄いお買い得な土地を
見つけられて本当に良かったです




⑱火災保険の額は?

火災保険は10年一括
地震保険は5年一括で


300,970円です


ハザードマップなどで
確認してますので

水災は入っていませんが


子供が小さいので家財などは
結構手厚く入っています





⑲外構費用は?




110万円で

フェンス、駐車場、砕石、人工芝
までは施工していますが


バトンo

ほとんど何もしていません


子供が
「こういうのがいい」って
言えるまで何もしない予定です


場所的に誰も
見ない家ですし(笑)


うちの職場から重機や人も借りれるので
子供が手伝えるような年齢になったら


色々作る予定です


実際に家を建てた人が
みなさん同じ質問に答えているので


是非他の方のブログも
見て参考にして頂ければと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年12月07日





お金の考え方は
収入、家族などによって
さまざまですが


私はかなり慎重な考えなので
住宅ローンに関しても


「これならまず大丈夫」という
金額のローンにしました。


ローコストメーカー以外も
何軒か見て
営業さんからは
「問題無く大丈夫ですよ」と言われても
(世帯年収だと800万弱位・・・地方なら平均です)



「万が一何かあったら困ると思って」
かなり安全なローンを組みました。






・家を残したいなら一人になっても払える金額にする



ほとんどの方が
住宅を購入する場合に


結婚して夫婦になってから
買う人が多いと思いますが



住宅ローンを払っている人
もしくは今からローンを組む人で


共働きの場合
奥様がもしいなくなったら




旦那様の給料だけで

・住宅の支払い
・光熱費の支払い
・子育ての支払い
・その他生活費
・将来の貯金


などなどを一人で
支払いしないといけません




奥様は専業主婦の場合でも
いなくなったら


子供が小さければ
ヘルパーさんなどを頼まないと
今のペースで仕事は出来ないと思うので



色々出費が増えると思いますし


場合によっては
転職しないと子育て出来ない
職場もあると思います



万が一早いうちに
死別などしたら


私が死んだら
団信でローンはチャラになりますが


逆の場合は


ローンは残り
子供二人と私の生活になります

ローン金額a

こちらは統計上の
死亡確率ですが


女性が50歳までに亡くなる確率が
1,000人中 6.03人


確率でいえば0.6%ですから
かなり低いですが


我が家の場合
2人目は43歳で出産してますので


60歳でもまだ子供は17歳ですから



60歳までに亡くなる確率が
1,000人中 11.05人
この辺で1%を超えます



死別以外でも
今のところは大丈夫ですが(笑)


もし離婚などして
親権がこちらなら


子供のためにも
家はそのままにしたいですから


ローン金額の
シュミレーションをする際に



私一人と子供だけで
問題ない金額にしました




私も子供の頃に
両親が離婚して


貧乏長屋で生活していたので


子供にはそんな
苦労はさせたくないですから






・手取り収入の3割でもキツイ、2割でギリギリ


サイトなどを見ると
収入の3割までは安全とか
書かれていますが


これは一人暮らしの
シュミレーションがほとんどですし




収入の3割といっても


手取り20万円の人の3割だと


住宅ローンで6万円
残りは14万円ですから
とても生活は出来ません



手取り50万円の場合は
住宅ローン15万円で
残りは35万円もある訳ですから



これくらい貰っている方なら
3割でも余裕があると思いますが・・・




私の場合
ボーナスは除いたら


毎月手取りは30万円ちょいですから


30万円で考えると
3割だと9万円 残りは21万円・・・


21万円で残りの支払い全部と
小さい子供2人を
育てるのはキツイですね・・・



大学はまず無理だと思います


今は子供手当や
医療費無料
今度から保育園も無料になったので

小さい時なら大丈夫ですが


中学生以降は
かなりキツイと思います・・・




2割だと手取り30万円なら
住宅ローンに6万円
残りは24万円ですから


この辺が
私一人と子供2人で生活出来る
ギリギリじゃないかなって思います



この辺だと2LDKの
アパートで最低6万円ほどなので


これなら家を買わなくても
家賃とそれほど変わらない感じですね



まあ実際は
固定資産税や団信で
もう少しかかりますけど




夫婦だけなら
もう少し冒険しても
大丈夫かなぁって思いますが


子供の事を考えると


石橋を叩いても渡らない位の
考えでも
間違ってないかなぁって思います








・我が家の実例


住宅ローンだけじゃなく


購入時の頭金の額も
各家庭で違いますが



我が家の場合は
土地、建物、エアコン等やカーテンなど
全て含めて


総額が2,700万円ちょっとで


最初に用意した現金は
420万円ほどでした




借り入れが

ローン金額b

フラット35で2,104万円

こちらで毎月57,452円です



ローン金額c

もう一つ
アルヒのフラットαで
残り1割のローンも借りていますが



ローン金額d

こちらは割と繰り上げしてるので


22年分繰上返済したので
残り11年間になりました



今の所
夫婦とも健康で問題なく
働いていますので



残り1~2年もあれば
フラットαのローンは終わるので


そうすると
毎月の支払いは約58,000円になりますから


収入に対する支出は
2割を切って19%なので


これならリストラにでも
合わない限り


私が健康で働けていれば


貧乏生活にはなりますが
一人でも最悪どうにか
生活出来るレベルです



支払いで多いパターンは


奥様は専業でも共働きでも


旦那様だけの名義で借りて
旦那が払うってパターンが多いですから


女性目線だと
旦那様が死んだら団信でチャラですし


もし離婚などしても
自分が不倫でもしてない限りは


慰謝料、養育費などありますから
大丈夫なパターンも多いですが


旦那様だけ残ると
割と大変になると思うので


まあ、この辺が
一人になっても
生活出来る限界かなぁと思って
ローンを組みました


仮に家を買わなくても
家賃は払うわけですから
同じですしね


まあ手取りで40万、50万ある人には
余り関係ない話ですが




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年12月04日





注文住宅だと
どこのハウスメーカーも
そうだと思いますが


レオハウスの金額には
カーテン類は一切入っていないので



カーテンとカーテンレールは
別途購入しました。



ニトリなども見ましたが


結局、レオハウスの
インテリアコーディネーターさんから
購入しました



担当してくれた
インテリアコーディネーターさんは
レオハウスの社員ではなくて


本業は茨城県で
カーテンなどのインテリア業をしているので


なかなか良いセンスを持った人でした




そして、今回本題の
装飾カーテンレールですが




1階のカーテンレールがこちら

カーテンa

ナチュラルな感じで
気に入っています


1階は全てこの装飾カーテンレールです




一方、寝室と子供部屋がある2階の
カーテンレールはこちら

カーテンb

2階は全部「普通」のカーテンレールです




寝室は来客の人も
見ないですしね

カーテンc


1階の4箇所が
装飾カーテンレール


2階の6箇所が
普通のカーテンレールです




2つを比べると
当然ですが1階のカーテンレールの方が
高そうに見えると思いますが



実際に倍近く
金額が違います

カーテンd

1階の装飾レールは
1本が「10,640円」


2階の標準レールは
1本が「4,968円」です




4本使う場合は

装飾レールは42,560円
標準レールなら19,872円


差は22,688円です






・値段差の価値があるか考える・・・



今、この記事を書いている時は
カーテンレールが気になっていますし


友人が来客時なども
まあ、装飾にしといて
良かったかなって思いますが


特に女性は
こういう所も気にしますし


ただ、今はこの記事を書いてるから
気にしてますけど


普段は下手したら
1ヶ月は全く装飾部分を
気にしない事もあります(笑)




実際、カーテンレールの
アップ写真だと気になりますが



全体の写真だと
1階の装飾カーテンレールはこちら

カーテンe





2階の標準カーテンレールはこちら

カーテンf

このように「引き」で見ると
ほとんど差は無いと思います



装飾レールの方が
太さもあるんですが


これくらいの距離だと

カーテンg

ほぼ、ここの差だけで
2万円の差額です



実際に選ぶ際にも
「そんな所見るのか」って悩んだのですが


選んでいる際には気になりますし




そういう時は
建売やモデルルーム
友人宅に行っても


カーテンレールを含めて
色々な箇所を気にして見ますし


特にカーテンは妻が選択したので


女性はこういう所も気になりますから
装飾レールにしました


妻も2階は誰も見ないから
「標準でいいんじゃない」って事で


「LDKだけは高い方で」って選びました









・3万円程度までならアリかと思います


写真だとなかなか伝わりませんが


実際に住んでいると
結構違うなぁって思う時もありますから


我が家の装飾レールだと
4つで22,000円の差しかないので


これくらいなら
余裕があれば


特にLDKだけでも
装飾レールはアリかなぁって思います


カーテンとその他の
雰囲気も


ちょっとだけランクが上がった気がします


まあ、本当に気分だけかもしれませんし
全く気がつかない友人もいますけど




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年12月01日





今回は木造軸組で
高断熱、高気密を作るには


絶対に欠かせない
構造用合板のお話です
(パネル工法ってよくいいますね)

ちなみに我が家は

ダイライトa

ダイライトでしたが



最近レオハウスの
同じ支店で建てている方が


ハイベストウッドという事で


ダイライトは一時期の
品薄、出荷停止があったので


ハイベストウッドに変えたのかなぁって
思っていますが


じゃあ、どちらが優れているかって言うと



ダイライトとハイベストウッドは
ほとんど変わらないと思います


後、メジャーな製品に
ノボパンなどがありますが


正直、こちらは1ランク落ちる印象です





・一番重視したいのは透湿抵抗値


みんな似たような商品ですが
若干得意分野が違っています


そして、現在の家は
当たり前のように



高断熱高気密ですので

ダイライトb


壁内の湿気を外に出して
内部結露を防ぐためにも



透湿抵抗値は重視したい所です




我が家で使っている
ダイライトの透湿抵抗値は

ダイライトc

2.3です
(数字が低いほど高性能です)




そしてハイベストウッドは

ダイライトd


ダイライトより性能がいい2.0です



ノボパンや通常の構造用合板は
透湿抵抗値が10.0を超えるので



内部結露を防ぐという面では
ハイベストウッドかダイライトに
した方がいいと思います





・防水性能はどれも大丈夫


今年は大きな台風もありましたが
防水性能も気になります


特にタイベックやサイディングが
施工される前に雨が降ると


合板が濡れてしまいますが



こちらの田頭建設さんの
ブログに






チキチキ水中耐久レースという
とんでもない企画があり(笑)
ダイライトe

丸4日間水に浸していても
ダイライト、ハイベストウッド、ノボパンは平気で



5日目に若干柔らかくなったらしいですが
乾燥したら元に戻ったそうです


無名メーカーの安い構造用合板だと
ここまでの防水性はないと思うので


ちゃんとしたメーカーのちゃんとした
製品なら防水性は問題ないレベルですね





・防火性能はダイライト


防火地域などで



ハイベストウッドは使えず
ダイライトなら使えるというパターンもあるのが

ダイライトf


ダイライトは国土交通省認定の
防火認定を受けています



通常の構造用合板やハイベストウッドは
木質系の合板ですが


ダイライトはガラス質の複合板なので
燃えにくい素材になっています




まあ合板まで火がいってしまったら
既に大災害なので


当然無傷ではすまないのですが・・・



・隣家に火が移りにくいのと

・全焼じゃなく、ボヤで済む可能性が増える

・逃げれる時間が稼げるなどのメリットはあります








・シロアリ性能は同じくらい?



他のブログや工務店のブログを見ると
ダイライトの方がシロアリに強いという事ですが
ダイライトg

たしかにシロアリは寄り付きもしないのですが




ハイベストウッドも

ダイライトh


耐シロアリには結構強いみたいなので
こちらは互角位かなって思っています


地域にもよりますが
何百棟と解体した建物を見ても


古くて耐力面材を使ってない家でも
ほとんどシロアリに侵されている家を見ないので


両方ともシロアリに強いと言ってますので
普通の合板に比べたら圧倒的に強いですね






・この2つならわざわざ変える必要はないと思います


ちなみに定価はダイライトの方が
高いのですが
(1枚あたり600円ほど)


メーカーの一括仕入れで
どちらが高いとも言えませんし


ダイライト、ハイベストウッドの
どちらかなら


わざわざ変更する必要もないと思います


この2つ以外の商品なら
予算に応じてですが


余裕があるなら変更もアリだと思います

なお、ハウスメーカーオリジナルの
商品やOEMで名前だけ違う物もあるので


1番は透湿抵抗値
次に耐シロアリ性能を
重視した方がいいと思います


耐力合板なので
一番のメインは耐震ですが


同じ厚さ、同じ釘なら



ダイライトと

ダイライトi




ハイベストウッドは

ダイライトj


同じ壁倍率なので
そこまで変わりません



なかには
パナソニックのボードのような
壁倍率3.2とかもありますが



透湿抵抗値とシロアリ性
流通面とコストなど考えて


ダイライトかハイベストウッドが
やはり多いですね


ハウスメーカーでも
普段はハイベストウッド


22条地域や防火地域だと
ダイライトという2つとも使うメーカーも
多いと思います


どこかのブログで
ハイベストウッドは見た目が安っぽいとか
書いてありましたが


家が完成したら見えませんので大丈夫です(笑)




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング