木材

2020年07月06日






最近はどのメーカーも
高気密、高断熱が
当たり前になってきたので




webサイトを見ても
余り「売り」にしている
工務店も少なく




変わりに多いのが
内部結露ですね




工務店やハウスメーカーの
ブログや動画を見ると



昔の家は全部内部結露で
中は腐ってます位に
人を不安にさせますけど


内部結露a


実際にそんな家は余りありません






内部結露b


浴室周りは
木材がダメになっている家は
多いんですけどね



今はユニットバスなので
そこまで心配しなくて大丈夫ですし



他の部分は問題ない家の方が
ほとんどです


万が一内部結露なんて事になったら
大変ですが


とはいえ、この地域だと
30年前の解体する家って


断熱材が無い家もかなり多くて


そもそも内部結露って
断熱材を入れて
躯体の木材が見えなくなってから
出来た話ですから


もしかしたら
これから先


もっとボロボロの家が
増えるかもしれまんが


昔の家は何故
内部結露が無いかって仕組みが分かれば



自分でもある程度は対策出来ます







・まず木材はそんな簡単には腐らない




一番の誤解はここだと思うのですが



どのメーカーも工務店も
「すぐ木がダメになる、ダメになる」


それなら鉄骨売ってくださいって感じですが



たしかに木は水分を吸いますが
その分乾燥すれば水分を出しますし



余り不安を煽るのは好きではないので


外にある木材を
想像して頂ければと思いますが



日本は高温多湿と言っても



屋外にある木は土台以外は
そこまですぐには腐らないわけです


内部結露c


こちらは
私が通っていた小学校の
目の前の公園です



小学校を改築した時に
一緒に公園も完成したので



しっかり年数も覚えていて
35年前に出来ました



「35年ローンってあの年齢から
今まで払うのか・・・」
ちょっと衝撃的でしたが



・・・・・
・・・・
・・・
・・


内部結露d



こういう登り棒や
ターザンロープもあったのですが



数年前に
土台が腐って危険で無くなりましたが


内部結露e


こちらは35年間
防腐剤を塗って残っています






内部結露f


ダメになった遊具との違いは


こちらはコンクリートの土台なので
残ったんでしょうね


地面の水を吸いませんから


家だって布基礎でもベタ基礎でも
木材はかならずコンクリートの上にあります



昔の家は石の上って場合もあるのですが



この木材は当然ですが
雨や雪の日は濡れるので
耐久性は下がりますが



それでもコンクリートの土台にすれば
そこそこ持ちますし


内部結露g

こちらは同じ公園の
屋根付きベンチの木材ですが



雨、雪とシロアリさえ
凌げれば


木材はこのように
数十年は普通に持ちます



日本は高温多湿といいますが



夏なんて湿度70%とかありますけど
多湿程度なら平気って事ですね


夏に含んだ水分を
冬に出してを繰り返します





・外の木と同じ理屈の真壁工法




昔の家は真壁工法と言って
木材が見えていましたよね


内部結露h










「落ち着く、綺麗」と思うか

「古くさい」と思うかは



人それぞれですが



木が剥き出しなわけですから
さっきの公園の話でも分かるように




木には優しい作りで
長持ちします


内部結露i



今の工法は
木は見えないで


壁の中にありますから
木材は呼吸しにくいですし


何かしら対処しないと
含んだ水分を出せません



真壁工法は
木が見える訳ですから
集成材はおろか
安っぽい木は使えないですし



断熱材の厚みも減りますし
高気密化も難しいですし



なにより凄いお金がかかりますね・・・





・その写真は通気工法ですか?



木を壁内に入れるようになってから


今の通気工法が確立されるまでが


すぐ家がダメになる
大変な時期だったと思いますが




例えば
国土交通省の内部結露の写真


内部結露i2



こちらはちゃんと
直張り工法って書いてありますね





今の家は普通に作れば


内部結露j

木や断熱材の外に
透湿防水シートという



内側の湿気は通すけど
外からの雨は防ぐよという
シートがあって



透湿防水シート外壁には


このように隙間があって
湿気が逃げれるようになっていますから








施工さえちゃんと出来ていれば


軒が無いとか
設計で難しい事してない限り


そこまで内部結露に
必要以上に心配する事はありません


しかも通気工法は
難しい事はしていません







・家での対処方法



気密がよくなった今の住宅ですが



真壁工法時代の家で分かるように
夏の多湿程度なら平気なので



そこまで神経質にならなくても
大丈夫ですが



いかんせん昔の家は
気密が全然ないので



湿気の逃げ場が多かったという
点は気になります



とえいえ
冬場は石油ストーブなど
入れなければ
湿気が多いなんて心配は無いですし




換気システムは必ず点けて


夏の暑い日は
エアコンをかければ


外気よりは湿度は下がるのですから
施工ミスさえ無ければ問題はないと思います




まあ家の寿命の問題は置いといても


家の中全部が
湿気が少ない方が快適なので



我が家も24時間冷房したいのですが



もったいないお化けに
阻まれておりますが(笑)


24時間換気さえオフにしなければ
外気程度の湿度なら平気ですから


別に冷房がなくても大丈夫ですが


ただ春~初秋までの
湿度の多い時期の対処は



出来るエアコンと
出来ないエアコンがあります






・どうして再燃除湿エアコンが減ったのか




そもそも夏は暑いので
冷房を使いますから
湿気はエアコンから逃げますけど



梅雨の時期って
一番湿度が高いのに



そこまで暑くないみたいですね
(甲府は暑いですが・・・)



秋も気温は低めだけど
湿度は高いって日もありますが



必要以上に温度を下げると
結露が起きますし



なにより快適ではなくなります・・・


「部屋は冷やしたくないけど
湿度は下げたい」という時に


内部結露j-2


再燃除湿という
気温を下げない除湿を使います



昔は本当に中のヒーターで
暖房していたので
結構電気代が高かったですが


今は熱交換した排気熱も使うので
そこまで電気代は高くありませんが




最近この機能があるエアコンが
減ったんですね・・・


昔は全メーカーありましたが



東日本大震災で世間が
一気に省エネになったので


電気代がかかる除湿って
イメージ悪いですものね・・・




ダイキンなんて2013年に
要らない機能だと言って撤退したのに


さらっと去年復活させたら



「再燃除湿が無いとダメだよ」なんて
広告出してますからね・・・・




しかも

内部結露j-3



ハイブリッド除湿なんて
名前ですが



今はどのメーカーも
排気の熱も利用するので


何がハイブリッドかは不明ですが



それでも
やはり電気代が
高いイメージなんですかね・・・




日立は撤退もせずに
必死に再燃除湿の素晴らしさを
マンガでアピールしてましたが(笑)


内部結露j-4





製造コストも高いし
電気代がかかるイメージなのか



ダイキンと同じ時期に
パナソニックなども撤退して


一時期は
三菱と日立以外は作らなくなりました



前に日立製作所に
30年以上勤務している兄が言った


「日立と三菱はメインは重電だから
 白物家電で儲けようと思ってない」


「家電は宣伝費」

という言葉とおり


この2社だけは
ずっと作ってたわけですね(笑)



とはいえ
今の高断熱高気密住宅は


エアコン1台だけで快適って家ですから


5月6月は再燃除湿があれば
寒くならずに湿度だけ下げれますが



昔の家は
エアコン1台~2台で家の中全部の冷暖房が
出来ませんでしたら


イマイチ再燃除湿の
必要性が無かったんでしょうね




そこで省エネブームですから
一気に一度無くなりました


内部結露L



兄が日立勤務ですから
宣伝ってわけでもないですが(笑)



再燃除湿のページにも
「24年目の実力」と書いてありますし



実際

・温度25度
・湿度50%って


設定しておけば


勝手に冷房になったり排熱使ったりして
とにかく温度と湿度をキープしますし



結露抑制除湿とか
部屋干し除湿なんてのもあります













・という事で余り心配しなくても大丈夫ですが



私は不安商法って売り方が
嫌いなので



通気工法でも無い
昔の写真を見せて


「ちゃんと作らないとこうなりますが
我が社なら大丈夫です」


みたいな売り方は嫌ですが



今は通気工法
確立されていますし



通気工法は
仕組みも単純だし


一番結露しやすい部分が
通気層で空いているわけですから





外と同じ程度の湿度なら
大丈夫ですので


石油ストーブ使わないとか
禁止事項さえ守れば


春~夏の適度な除湿さえ
こころがけていれば問題はありません
(実際換気システムだけで大丈夫ですし)







通気工法の確認方法って
実際家が完成してからだと難しいのですが


通気工法に関しては
過去記事にあるので


施工が出来ているかは
こちらを確認して欲しいですが



基本変わった事してなければ
「こなれた技術」なので
問題ないと思います



慣れてない業者に
サイディングを縦貼りさせたり



普段使ってない
タイル使ったりなどなければ



こちらも必要以上に
心配しても仕方ないですが



設計図で通気の入り口と出口を確認して
実際の施工中でも確認すれば問題ないです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


これは家を壊す側の仕事をしていて
思う事ですが



屋根だったり、外壁だったり
通気だったり



長年色々と頑張って
「これなら50、60年以上楽に持つ」って事が
建材で出来るようになると


なぜか変わった事に
チャレンジする会社が



「んでも30年持てばいいんじゃね?」

「それより快適性重視でしょ」

「やっぱり見た目が大事」
などなどで



新たな手法、工法が出て来ますが




私の家のプランは
基本メンテしてれば長持ちする家が
コンセプトなので


外張り断熱とか
通気工法じゃない家は分かりませんし・・・



そして
消費者として思うのは



なんでこの業界って
他社や他の工法を
ダメ出しするんだろうって思います



内断熱か外断熱かだけで
色々揉めて

「あっちはダメ、うちが正解」って話をして



さらに外断熱だって
何種類もあって


「他はダメ、外断熱二重通気が正解」とか
言われると




「分からないから大手メーカーで買っときます」
って思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2020年06月15日







集成材と無垢材も

「どっちの方がいい」派があって



双方で言い合ってますね




無垢材が売りの
メーカーは集成材の
デメリットを言いますし



集成材を使っている
メーカーは無垢材の
デメリットを言い合います



双方の言い分も分かりますが





実際に30年~50年前の
無垢材と集成材を
見ている私から見ると


集成材a


それほど変わらないですね・・・



加速度実験じゃなくて


リアルに年数経過している
建物で見ても「同じです」





家を建ててから
40年とか50年経った状態で


大地震がきた場合に
耐久力はどうかなどは
見た目では分かりにくいですが



どちらも壊した廃材を触っても
「もろい」とかは感じません



さすがに築100年って家は
そうそう出てこないので
比較出来ないですし



そもそも100年前に
集成材ってまだ無いと思いますが




「じゃあどれ使っても同じ?」と言われると



仮に値段が同じで
好きなの選んでいいよと言われたら


①いい無垢材
②集成材
③余りよくない無垢材


この順番で選びます




とにかく無垢材は
製品のバラツキが
凄いです



いい無垢材なんて
解体した後も
まだ問題なく使えるって感じですが



集成材b


実際の解体の現場から
出る木材を見る限り




50年位なら
無垢材も集成材も
「問題なく使える」という事を


よく覚えて頂いてから



次の


・2つの違い
・乾燥方法の違い


などを読んで頂くと
分かりやすいと思います





・無垢材は天然乾燥と機械乾燥で全然違う


まずは無垢材ですが
乾燥方法の違いが大きいです


木自体の質も
ピンキリですが




例えば神社で使われるような
無垢材は天然乾燥です


集成材c


こちらは樹齢100年の木を
天然乾燥で乾燥させています



大阪にある材木店さんですが
こういう材木店と付き合いのある
工務店の家なら


それだけで信用出来ると思います




http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1644629.html



天然乾燥は


文字通り2年とか3年以上かけて
天然で何もしないで乾燥させます




自然に乾燥させますから
当然自然の空気よりは乾燥しませんので
含水率15%位になります





一方の人工乾燥は
機械で乾燥させます


集成材c-2
(住友林業の乾燥工場)



浴室乾燥の凄いデカイ工場って
感じですね(笑)



天然乾燥の仕上げに
少しだけ除湿させる工場もあれば


最初から工場で乾燥する場合もあります



乾燥の種類も
除湿式や蒸気式



大手メーカーだと電子レンジと
同じ高周波の仕組みで


内部に100度以上の熱を
与えて水分を抜く方式もあります



人工乾燥だから悪い
訳ではなく



含水率が高いままの
天然乾燥よりは



乾燥させた人工乾燥の方が
丈夫ですし


製品の安定化も
大事なので


なんでも人工だから
悪いという訳ではありません



木造なら最大手の
住友林業も






昔は天然乾燥の
無垢材ばかりでしたが



当然地域、木材によって
品質、含水率なんて全然違いますし


クレームが多発したそうなので



製品の安定化の為に
自然乾燥、集成材を導入しています



決して価格を抑えるだけじゃなくて
ちゃんとした商品を安定的に
納品する為の部分も大きいです





ただ、長持ちさせる目的だけなら
天然乾燥の方がずっと長持ちしますので




神社などは天然のみになります
(そもそも神社の木材は剥き出しですしね)

集成材d



桧を天然乾燥した場合
一番強度が上がるのが



なんと伐採して
100~200年後です


同じ重量で鉄骨と比較すると
鉄骨の強度が400ですから


1,400年は鉄骨と同じ強度です



桧は特別に長いですが

・杉で500年
・松で400年と


天然乾燥の木材は
とにかく高寿命ですが



人工乾燥すると寿命は
50年~100年程度と


集成材の寿命と同じ位に
なる場合もあります



しかし耐用年数は短くなりますが
メリットもあって



ひとつは当然
「価格が安く安定した品質で出せる」
という事です




天然だけに頼ったら
食べ物と同じで
バラツキが出ますし
品切れって事も出て来ます・・・





自然に乾燥するのと違い
自然よりも乾燥出来ますので
含水率8%というのも可能です




今の高気密、高断熱の家では
木材は10%以下にまで乾燥してしまうので



天然乾燥では
乾燥出来ないレベルですから



家が完成してからも
乾燥していくので
収縮していきます



神社なんて収縮しても
いいわけですし



「100年後に味が出るんだよー」
なんて神主さんは喜んでも



普通の家の施主さんは
余り喜びません・・・






とはいえ
不自然に乾燥させすぎも良くなくて


集成材e


無垢材でも
短工期、過乾燥すると
耐用年数はどんどん
落ちていきますので




こうなると
集成材よりも
耐用年数が落ちる
無垢材もたくさん出てきます




なので
「何でも無垢材の方がいい」
訳でもなく



集成材より耐久性の無い
無垢材というのもたくさんあります



とはいえ見た目の満足感は
非常に高いと思いますし


「家を100年以上持たせたい」って話なら



無垢材の天然乾燥しか
選べませんが



50~60年持てばいいなら
人工乾燥でも充分だと思います




嘘と知ってか
知識が無いのか分かりませんが


人工と天然の
乾燥方法を知らないまま


「無垢材なら300年持ちます
集成材なら30年です」

って言う営業さんも結構いますね





そういう営業さんには
「AD材ですか?KD材ですか?」って
聞いてあげましょう(笑)



AD材は天然乾燥
KD材は人工乾燥です





・悪評のイメージ高い集成材



無垢材オンリーのメーカーから
目の敵にされる集成材です



とはいえ住友林業などの
高いメーカーも集成材は使います



一括りに集成材と言っても
値段差は
結構ありますが




一番のメリットは
品質の安定ですね


集成材f


我が家は基礎部分が
桧の無垢材で

KD材120角ですから
人工乾燥で
4寸ですね






柱と梁は集成材で
間柱は杉の人工乾燥になります


集成材g


このように2~3cmの
木材を接着して
厚みを出しています






集成材g-2


我が家の建築中写真ですが
これは米松の集成材です





間柱に使っている
無垢の杉より
ずっと強くて価格も高いですし




無垢の桧と比較しても


桧は特級、一級、二級とか
日本酒みたいですが


安い桧よりは
ずっと値段が高いです





なので
「何でも無垢の方がいい」
わけでもないのですが






集成材否定派の方は


接着剤がダメになるから
持たないという話が多いです



たしかに接着剤は
木と違って水分は含めませんから
水には弱いのですが



構造体は通常直接は
水に当たらないですし


今の接着剤は
水なんかでは取れませんから


実際に解体で
古い集成材を見ている私も


「別に問題ないでしょ」って感想です



多分、接着剤というのが
すぐ剥がれそうってイメージが強いんですが



ホームセンターの
カラーボックスとかは
すぐ剥がれますけど



接着剤の進化も凄くて


集成材h


今は航空機も接着剤で留める位ですから
私は使用に問題ないと思っています




集成材はちゃんと
JASで決められている仕様じゃないと
使えませんので


品質は安定しています




見た目が安っぽいってのは
ありますが


構造体なら見えませんし(笑)



見せる梁だけ
無垢材って家も多いですね












・とにかく無垢材は目利きと腕です


昔の住宅の作り方だと
基礎から完成まで2年とかかかり



上棟してからも完成まで1年間とか
普通だったわけです



ずっと壁を塗ったりしているので



骨組みの木材や
庭の隅に置いてある木材は


「天然乾燥」させているわけですから



使う頃には
丁度いい感じになったわけです



今はそういうわけにも行きませんので


人工乾燥の方が狂いが少ないという
メリットもありますし



集成材はもっと狂いませんから
安定した性能を求めるなら
有利です





昔と違い
住宅が高気密化されていて


断熱材も隙間なく
施工している住宅には


収縮は隙間が
増えてしまう訳ですから


集成材の安定性という
メリットは非常に大きいですね







そのため無垢材を使うには
技術や目利きが必要で



無垢材専門の地元工務店などは
ちゃんとした材木店と
付き合いもあるでしょうし


経験もありますから
天然乾燥の無垢材も扱えますが



全国に安定した品質の木材が必要の
ハウスメーカーだと無理だと思います



集成材i


天然乾燥は一番いい物は最上級ですが
品質にバラツキがあります





・安定性を求めると人工乾燥になって

・一番バラツキが無いのが集成材ですね

・扱いが一番大変なのも天然乾燥の無垢材です






https://www.tashiro.net/kenkou/nature/strength/strength.html


こちらの工務店さんの大工さんの名セリフ
「一番良いのは杉、一番悪いのも杉」

っていうのが
まさにその通りで





無垢材は
品質の目利き、腕が
あって初めて使える物なので



全国規模のハウスメーカーは
安定性、クレーム回避等



とにかく
ファミレスと同じように
同じ品質の物を
数多く用意しないといけないので



集成材を工場でカットした状態で使います






・無垢材を使うと逆に失敗するパターン



結局これが言いたいんですが

「無垢材は1本、1本で当然違います」





集成材はみんな同じように作りますし
工場でカットした状態で運ばれますので

集成材j


番号もプリントしてあり
ここは、これを使いなさいと
全部決められています



まさにプラモデル感覚ですが



無垢材はそうはいきませんから
上級者向けです



ましてや
天然乾燥の無垢材なんて
超上級者向けです




上級者向けですから
上手な施工業者、大工さんが
使って初めて真価が発揮できます




私にマニュアル車の
フェラーリくれても


免許はありますが
上手に運転出来ないのと同じです(笑)



後は木が割れても
クレームを付けない
施主さんの知識ですね



無垢材は普通に
「ピキーン」と背割れするのは
当たり前です



無垢材の扱いに
慣れている工務店さんなら



一流の料理人が築地にいって
マグロを選ぶみたいな
木の性格が分かるわけですが



普段集成材しか使っていない


無垢材も人工乾燥の
プレカットのみしか扱った事がない
メーカーや工務店で



「ここは無垢材がいい」
「やっぱり天然無垢」


なんて標準仕様から外れて
使う場合が


大抵クレームや
トラブルになりますね・・・


なので無垢材が希望の人は



これは木材以外の
工事全般に言える事ですが



扱いに慣れている
メーカーや工務店などで
建てた方が間違いが無いです



地域工務店などでは
天然乾燥のみの木材にこだわった
工務店もあります


当然値段も高いですが・・・




いい無垢材で
いい乾燥をした木材は本当に高いです



ただ、木材の価値が分かる人には
高く売れるわけですから


材木価格は
100%値段と品質が比例します



なので無理して安い無垢材使うなら
集成材の方がオススメです






集成材は長持ちしないって
不安が一番多いと思いますけど


実際に毎日解体した
古い木材に囲まれていて


それでも自分の家は
集成材で問題ないと
判断した程度には長持ちします





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村







2019年09月13日






最近は見た目の問題で
巾木と廻り縁が無い家が結構多いみたいです


腕のいい工務店の大工さんですと
「あんなもん腕の悪い職人が使うもん」

と言う人もいる位です



じゃあローコストな
我が家だとどうなの?って話ですが

廻り縁a

巾木も廻り縁も付いてます・・・




しかし、レオハウスの同じ支店で建てた方でも
廻り縁が無い人もいますし


工務さんも
「無くても作れますよ」とは言ってくれましたし



インテリアコーディネーターさんも
「無い方がいいなら無くて大丈夫です」という話でした




一応説明すると

・廻り縁=天井と壁の間

・巾木=床と壁の間なので


廻り縁はともかく
巾木は無いと


掃除機をかける時に
クロスにぶつかりますし

廻り縁b

我が家みたいに子供が小さいと
おもちゃの車でぶつかってきますので


巾木はみんな付けていると思います





・廻り縁無しが希望でしたが結局付けた理由



巾木は付けるとして


廻り縁
「無くてもいいなら取り付けない」という話だったのですが



工務さんは


「無くてもいいけど」

という前置きの後に


「将来クロスが剥がれる原因になる」

「隙間が目立つ」


という事で


無いと色々デメリット出ますよー
という雰囲気でしたので


結局付ける事にしました


木材が収縮する1~2年後までは
定期点検で直せても


10年後以降は直してもらえなそうなので
見た目よりも長持ち重視にしました



まあ素人が考えても


一番大変そうな
壁と天井の間のクロス処理が
隠れるわけですから


職人さんも楽でしょうし


何しろローコストメーカーですから
余り職人の腕を求めてもいけませんし



「廻り縁なんか要らないよー」って
言う職人さんの腕でも


最初はともかく
10年、15年と考えると


廻り縁があればクロスの剥がれが
防げる可能性が上がるなら
付けておこうって感じでした






・色決めは簡単でした



たしか、巾木も廻り縁も
同じ色にしてねって指定がありました


選べる色は

廻り縁c


この中からの指定でしたが



クロスがアクセントクロスの水色以外は
全部白系なので


目立たない廻り縁にするには
白しか選択肢はありませんでした





・1階と2階の間にある巾木が嫌・・・



元々白基調が希望ですし


水色の壁に白の天井で白い廻り縁があっても
全く気にならないし


むしろ境目が締まる感じで
あった方がいい位なのですが




「どうして巾木とか要らない」
思っていたかと言うと



廻り縁d

これです、階段とかにある
1階と2階の間にある巾木



家を建てるちょっと前に
知人宅でここが茶色の家を見て
(壁紙は白です)


正直「邪魔としか思えない」という感じで



「天井や床はあってもいいけど
これだけは無くしていいです?」って聞いたのですが



ここも木材の収縮
ボードのパテの影響で



数年経つとクロスが剥がれたり
山が出るのを防ぐという事で


「それを承知してくれれば
付けなくてもいい」という話でしたが



そんな話を聞けば

「じゃあ付けて下さいという事で


廻り縁e

ここが目立たない色=白という事で


我が家は巾木と廻り縁が白になりました








・廻り縁を絶対に取り付けたく無い家


白のクロスで白の巾木なので
全く目立たないのでいいのですが



出来れば巾木も廻り縁も
無い方がいいという方で


壁と天井のクロスが白じゃない場合


クロスの色の豊富さに比べて


巾木と廻り縁は
そんなに色がある訳では無いので




例えば、こちらは我が家の玄関です

廻り縁f

壁は黄色系、天井もアイボリーですが
ものすごい廻り縁が自己主張しています


このように白では無い色を使ったり


天井と壁を同じクロスにした場合



廻り縁が非常に自己主張しますので
付けたくないだろうなぁと思います



クロスの保護の為に
巾木も廻り縁も付けるけど


余り目立たせたくないというなら



クロスの色と巾木、廻り縁の色は
一緒に考えた方がいいと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング






2018年10月19日





過去に何度か


私はグラスウールは嫌で

吹き付け断熱を
選んだ記事を書きましたが


グラスウールでも吹き付け断熱でも


基本的な
断熱性能は同じです


両方とも厚みで
断熱性能が変わりますが


ちゃんと
施工すればどちらでも
問題はないのですが




施工が難しいから
カタログ通りの性能が
発揮できるか疑問というだけなので・・・






・グラスウールは湿気を吸う?


多分ですが
グラスウールは
見た目で損してる気がするのですが

グラスウールa

これがグラスウールの中身です


たしかに布団っぽいので
水分を吸収しそうなイメージです・・・




グラスウールb

こちらがいつも見る
袋に入っている
グラスウールです






・グラスウールは水は吸いませんし燃えません


私の職場の廃棄物処分場にも
毎日グラスウールがきますので


古いグラスウールを毎日見ますが



グラスウールは「ガラスの仲間です」


ガラスなので水を吸いませんし
燃えません


私の会社に
グラスウール持って来たら


グラスウールc

グラスウール、ロックウールなどは
このガラス・陶磁器くずになります



ちなみに
アクアフォームも運ばれてきますが


吹き付け断熱は
発泡材なので

グラスウールd

廃プラスチックです



処分方法も


吹き付け断熱の
アクアフォームやアイシネンは燃えますが


グラスウールは燃えないので破砕します


グラスウールe


燃えないというのは
家に使う断熱材としては
メリットですね



吹き付け断熱も
難燃性の原材料を混ぜていますが


私の会社みたいな1000度以上の
焼却炉だと普通に燃えます


まあガラスでも金属でも
入れれば燃える位の高温ですけど・・・



個人的には
外側なら外壁
内側ならボードなど


燃えにくい素材の奥にあるので

火が断熱材まで行ったら


家の木材まで届きますから
既に手遅れだと思いますが









・グラスウールだから内部結露するは間違いです



グラスウール=ガラスですから
素材は湿気を吸いません



正しく施工すれば


吹き付け断熱もグラスウールも
厚みにもよりますが


同じ断熱性能にはなります



毎回言いますが


施工が難しいのと
昔からの間違った施工のせいで


将来隙間が出来て

断熱性能が下がって
隙間から内部結露の原因になるので


正しく施工できる業者なら


吹き付け断熱よりも安価ですし
かなり燃えにくい素材なので


メリットもあるのですが



グラスウールf

メーカーは
既に過去の事と言ってますけど



まだまだ酷い大工さんを
実際見てるので



施主が大工を選べるわけではないし
ローコストメーカーの大工さんだし・・・


などの理由もあり
吹き付け断熱にしました



下請けに出さなかったり
信頼出来る大工さん


施主が施工ミスを見て判断出来るなら
問題ないと思いますけど




グラスウールg


メーカーサイトに
正しい施工マニュアルもあります


手抜き間違った
施工するのは置いといて



正しいと思っている施工が
間違ってる大工さんもいるので


信頼出来る大工さんを見つけるか


自分で正しい施工方法を
覚えるしかないですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







2018年09月03日





今はどこの家でも


高断熱、高気密が
標準のようになっています



私が小学校の頃に住んでいた家は

ものすごい貧乏な家庭だったので
(貧乏芸人の話がまだ甘いって位に



内部結露a

こういう長屋に住んでいたので


木製の引き戸の窓や玄関で

閉めても5mm位は
目で見えて隙間があったりましたし


外壁も


「木だけ」でしたので
隙間がありました


ここまでは無いとしても
昔の家は


気密が良くないので
冬はものすごい寒いのですが


それでも数少ないメリットがあって


隙間があるので
家の湿気が外に逃げれます



今の家は


余った湿気が何も対策しないと

外に逃げれないので

対策しないと
内部の木材が湿気で腐ってしまいます





・昔は問題なかったですが・・・


昔の家は

断熱材も無く


内部結露b


このように

天井の木材があって
屋根にも木材があって

その上に瓦かトタン屋根ですから


木と木の間に隙間がありますし

瓦の間、トタンの隙間もあるので


暖められた
湿度の高い空気は


いくらでも天井から屋根にいって
屋外に逃げれました







・有名なナミダダケ事件


昔は石油代もタダみたいに
安かったので

どんどんストーブを使っても


水蒸気は外に逃げれましたが



40年ほど前に
オイルショックが起きて


石油の使い過ぎは
良くないなと




特に寒い北海道では


寒さ対策として断熱材

「これどんどん入れればいいのかな?」


という風に

断熱材を厚くして


気密は考えないで施工してました


しかし残念ながら


家の中の水蒸気まで
考えて作って無かったので


グラスウールの中に
結露した水がたまって



床下や木材内部に入っていき


新築後わずか3年
ナミダダケというキノコが木材から
発生して家がダメになりました・・・


北海道では10万戸の家が
これでダメになりました



私の会社でも
(廃棄物の処分屋さん)

「あー内部まで行ってるなぁ」という
木材も運ばれてきます


内部結露b-2

木材が腐った状態で
強い地震来たら大変です





・その後、通気層が出来ました



高断熱にしたら

水蒸気をどうするの?


という考えで

色々と試行錯誤の結果


家に通気層が出来ました

内部結露c




内部結露d

このように
計画的に水蒸気を逃がします


また換気システムも24時間義務なので



第一種換気の
全熱交換なら


夏の湿度が高い時でも
そこまで湿度は上がりません





換気システム
通気層


家がある程度は高気密だと

計算して、そこから逃げるので



計算外の隙間があると
そこから逃げて、内部に入り
木材がダメになるので


高断熱なら高気密じゃないと
ダメな理由です


息苦しいから
我が社は高断熱、中気密なんて
言う会社では建てない方がいいですね



一条工務店みたいに
C値1.0以下が絶対で

平均0.5ですまではいらなくても



第一種換気なら
一般的な高気密と言われるレベル
C値2.0は必要です


これは吹き付け断熱なら
普通に達成出来る数値です



吹き付け断熱詳細記事

過去記事を見て下さい

吹き付け断熱の施工 ~施工ミスを防ぐ機材を持参する~




ちなみに第三種換気なら
もっと計算がシビアになって
C値1.0以下は必要なので


ちゃんと高気密で
施工出来るメーカーで
作ったほうがいいですね








・透湿性能を考える



外壁通気工法
サイディングを使う家なら


必ず施工する位
一般的です


というか、この工法を
しないとサイディングのメーカー保証が
効きません




内部結露e




内部結露は
普段見えないので


「気が付いたら手遅れ」になりそうで
怖いですが



ちょっと怖いのが

この工法は

「家の中の水蒸気も
外に出せばいいんじゃない?」


という考えですから
壁の中で水蒸気が止まったら
困ります




例えば

内部結露f

この石膏ボード


見た目は
湿気なんて通さなそうですが

ものすごく湿気を通します


どれだけ
水蒸気を通すかは

透湿抵抗という値があるのですが


石膏ボード
9mm厚で0.78という数値です


この値は
低ければ低いほど


水蒸気を通すのですが




ツーバイフォー住宅や
内部結露g




レオハウスの我が家みたいな

内部結露h


在来工法でも
耐力壁を使う場合



内部結露i


この部分が透湿しにくいと

長い年月で腐る可能性があります


耐力面材があった方が
耐震に強いのは


見た目で分かりますが


このために内部結露が
起きたら困ります


そのため、耐力面材に使う木材

透湿抵抗も大事なのですが


我が家は

内部結露j

ダイライトを使っています


普通の構造用合板に比べると
7~10倍の透湿性があるので

内部結露が出来にくい素材です



ダイライト以外にも

こういった耐力面材はありますので


自分の建てる家の耐力面材が
メーカー、商品名が分かれば

検索して、何も書いて無ければ


透湿抵抗値はいくつですか?って
聞いた方がいいです



後は外壁通気工法には
必ず必要な


透湿防水シートです



内部結露k

レオハウスだと

タイベックシルバーを使います


日本だけで400万棟は
タイベックシルバーを使っているそうで


ほとんどこれですが


これも透湿性能が悪い商品を
使うと内部結露の原因になるので


建てる際は注意が必要です



タイベック

テフロンで有名なデュポンが開発した
素材で

家の防水シート以外にも

内部結露l




このような服もあって


私の会社でも

解体や、焼却炉で仕事する現場の人は
着ています


家のシートだと

タイベックシルバー以外に

タイベックハウスラップもあります


ハウスラップ+遮熱=シルバーになるので


防水性、透湿性はどちらも
同じです





・屋根にも通気層はあります



内部結露m


内部結露n


屋根にも吹き付け断熱を
使ってますが



内部結露o

このように
アクエアーシルバーという



内部結露p



通気のスペーサーを入れてから
吹き付け断熱の施工をします



なので家の外壁、軒に
通気の穴があるので


定期点検の時に
教えてくれると思いますが


ここが詰まってないか
定期的に見る事が大事です




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村