営業

2021年09月06日







今まで便利に使っていた


ダスキンa


ダスキンですね








最初にお試しセットを使って








その後本契約をして




商品自体は
素晴らしい物で



特に


ダスキンb


モップと
モップを吸い取るクリーナーの組み合わせは
良かったですね






4週間に1回交換ですから


ダスキンc


交換日の綺麗な状態では
真っ白な天井なども拭いて






逆に交換日の前日は


ダスキンd


どれだけ汚してもいいので
ベランダや玄関まで
掃除していたので




「これがあれば
ルンバも掃除機も要らない」
気に入っていましたが


担当者にブチ切れして
解約しました・・・







・今回解約した経緯



ダスキンは4週間に1回交換しますが



交換日は決まっていて


ダスキンe


私はAの月曜日なので
8月は9日でした



このカレンダーは
8月9日は祝日になっている
タイプですね




「土日祝は対応してない」
と言われていたので




「祝日なのに
大丈夫なのかなぁ・・・」と思っていましたが




特に連絡も来なかったので
その問題は
すっかり忘れていましたが





交換日近くなった
8月5日の夜に
電話があり


「9日が祝日なので
明日の6日に交換に行きます」
連絡がありました



・・・・・
・・・・
・・・
・・



いやいやいや
ちょっと待てと・・・




「祝日にやってないのは
分かるけども
もっと早く連絡してよ」




理想としては
本来の交換日が9日だったので
その日が無理なら
翌日の10日がいいのですが




前日の夜に
電話して
「明日行きますね」ってのは
ないだろうと・・・



他の日に変更も
ダメという話で



これだと
ダスキンのメリットでもある
前日の大掃除も
いきなり言われても出来ませんし




それ以外にも
この担当さんには
納得できない事もあったので




「いきなり言われても困るので
もう解約します」と伝えた所




「じゃあ商品全部外に出しておいて下さい」と言われて



無事?解約となりました





電話もメールアドレスも
知ってるんだから


もう少し前に連絡するなり





電話が嫌いなら



元々交換日の平日は家にいないので
使ったモップとお金を袋に入れて
玄関前に置いておくのですが



そこに
「次回は8/6になります」とか
張り紙でも付けておいて欲しいわけです








・なるほど・・・塩対応には理由があった




代理店によっては
土日祝も対応してるみたいですが


ダスキンf


私は無理で
月曜になりました



ここに祭日、お盆、年末年始は
変更ありますって
書いてあるから



いきなり前日に
電話して交換ってのは
未だに納得出来ませんが(笑)








思えば契約日から


ダスキンg



過去記事の
契約した時の話にも
書きましたが



初回に説明もなく
古い機械持って来て


「本契約だと
クリーナーはこちらになります」
嘘言われたり




初回交換時に
代金の1,925円が
ピッタリなくて


1,930円渡したら


「お釣りが無いんです・・・」と言われたり



いやいや
1万円出すならともかく
5円も無いのかと思いましたが(笑)





お釣りも対応してないので
毎月ピッタリ用意するなど



客商売の割には
塩対応だなぁと思いましたが




別に会う事もないし
それは良かったのですけど・・・




商品は便利に使ってますので
「他の代理店に変更出来ないかなぁ」
ダスキンに問い合わせした所


ダスキンh


なんと住んでいる甲府市には
1件もありません



なんと今までも
隣町から来てたんですねぇ・・・





代理店の儲けが幾ら入るかは
知りませんけど



毎月の支払いが2,000円ですから
せいぜい数百円でしょうか



そのために
隣町まで来るのですから
それは塩対応になりますね(笑)








そりゃ「じゃあ解約します」って言ったら



申し訳ありませんの一言もなく
「じゃあ商品玄関に置いておいて下さい」って言います



というか
山梨県では一番人口が多い
甲府市にゼロなのも不思議ですが




とにかく代理店が無いので
変更も出来ませんね・・・










・ポスト返却サービスにも欠点が




という事で
急遽

ダスキンi


こちらは甲府市

それも
すぐ近くにあるリースキン



めちゃ近いので
多分塩対応はしないはず・・・


というか
場所は関係なく
人によると思いますが(笑)



こちらも検討していますが
モップクリーナーが無いんですよねぇ





ダスキンには


ダスキンj


郵送で届けてくれて
返却も郵送でするサービスがあって




これだとキッチリ4週間で
商品が届いて



さらに新品が届いてから
1週間以内に返却なので
余裕もあるし



郵送なら対応は問題ないですが




郵送なのでモップの
水濡れ厳禁なんですね・・・






毎回乾燥してから
送るなんて事考えたら


「自分でモップ買った方が楽なのでは?」
と思いますし



とりあえず
新しいレンタル先も
見つかってないので


クイックルワイパーで
対応しますが


ハウスメーカーの営業さんも
同じでしたけど


商品はいいのに
人の相性がダメで
契約しないって色々ありますね・・・




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年02月03日






前回記事の


営業さんに
転職したい話の流れからですが






じゃあ、自分が家を買う時に
どのような営業さんがいたかと言うと



私が受けた営業手法でも
「こういう営業は嫌だなぁ・・・」ってのは
結構ありまして



一例を出すと

「今月契約してくれたら80万円値引き」とか








今はレオハウスも
こんなキャンペーンしてますけど


不安a


これに当選したら
その分どこかで上乗せするんだろうなぁと思いますし




後は
「今、契約したらこの設備サービス」など



とにかく
「早くウチと契約を・・・」って
お願いされる場合が
結構あって




私は最初の見積もり金額を上げてから
「値引き」ってのが嫌いなので




じゃあ、自分だったらどんな営業さんに
なりたいのかなぁって思った時に




一番嫌いなのは
人を不安にさせる営業手法ですね


これが一番嫌いです


・・・・・
・・・・
・・・
・・



よく「こういう営業はダメ」なパターンで



他社の悪口を言う
営業ってのがありますけど



間違ってない事なら
私は別になんとも思いません
(デタラメはダメですけどね)



というか人生において
悪口を言わない人はいませんし



本当に「出来る」営業さんなら
相手の顔色を見て


・悪口を言ったら嫌う人

・逆に盛り上がる人の区別は付くと思います




タチの悪い営業さんだと
「他社の悪口は良くない」と言いながら




ナチュラルに他社をディスって
しかも本人は悪口言っている
つもりが無いってのもありますが
(いちばんタチが悪いタイプ・・・)





ただ私が
「こういう営業さんは絶対ダメ」というのは
人の不安心理に付け込むパターンで


これは本当に嫌いです





「〇〇で建てるとすぐダメになる」とか

知らないと思って
不安にさせる奴ですね






・標準仕様があるので他社ディスは仕方ないのですが・・・





私が打ち合わせをした
何社かの営業さんも


結構ナチュラルに
他社の悪口を言ってましたが




結局、自社の標準仕様を
「売り」にするには仕方ない部分もありますね





例えばグラスウールが標準の工務店は


私が吹き付けを希望すると
「すぐに縮んでスカスカになりますよ」って言ったり


私は仕事で
使用済の吹き付け断熱の余りを
処分するので


昔余りを貰った事ありますが
そんな事はありませんし





ちゃんと
アクアフォーム側も
10年程度の劣化試験位はしています



不安a2



とは言え
逆に吹き付けが標準だと


「グラスウールは水吸ってカビだらけになりますよ」

とか色々と


あること無いこと色々言ってました



ツーバイの会社さんは
在来は絶対に地震で壊れると
悪口言いますし



逆だったら
ツーバイはすぐダメになるとかいいますし・・・




ひどい会社になると
わざわざ


不安b


こういう写真とかを
見せて不安にさせるんですが





とにかく
「〇〇はすぐダメになる」とか
人を不安にさせる事を言う人が多いんですね



ある程度話をして
私が「解体と処分業してます」って分かると




少なくとも
新築の営業さんよりは



実際に古い家には
詳しいですから


「古い家はたくさん見るので
〇〇がすぐダメになるとは思わないですけどねー」

とか

「〇〇がダメになるのは施工の問題ですよねー」


など色々と言うと


相手も何も言わなくなりますが(笑)




その点契約したレオハウスは
例えば在来もツーバイも両方してますし


標準が袋入りグラスウールで
オプション費用払うと
吹き付け断熱ですから



「どっちでもいんじゃないすか?」って
スタンスだったのですが(笑)



多分、私の担当した営業さんも
自分の意見はあると思いますが


「この客にはこう言った方がいい」みたいなのが
分かってたんだと思いますけど



今思えば
本当に出来る営業さんですね(笑)




私も悪口は
「余り」言いたくないですから


「ローコストの大工さんの施工なんて
アテに出来ないから吹き付けがいい」


なんて正直な感想は言いませんけど(笑)





他にも外壁タイルが標準なら



当然その分高い金額ですから
サイディングを悪く言ったり



自社の標準仕様の売りを
簡単に例えるなら


他の仕様をディスるのが
一番簡単ですからね






・不安商法の嫌なところ


「あっちよりも
我が社の方が性能がいい」

とか

「同じクオリティなら
〇〇より我が社のが安いです」



とか
こういう他社批判は
全然問題ないのですが



「あのメーカーだと20年で建て替えですね」とか


「〇〇だと地震で壊れる家」になるとか


人の不安を煽るのは嫌いですし



実際に


「あなたより10~20年前の建材なんて
毎日見るんだから分かるよ」


なんて事も言えませんので


「へ~」
「そうなんですかぁ」
って言いますけど




知らない人で
真に受けたら


10年でダメになるならやめようって
思ってしまうかもしれません



例えば私が営業だったとして




私は瓦屋根がオススメですから
安いからとスレートが希望の人には


不安c


「10年~15後に再塗装必要なので
結局値段変わりませんよ」って言いたいです




ダメになるのがスレートの方が
早いのは間違いないですけど
メンテナンスすれば大丈夫ですが



家の中で一番メンテナンスが大変なのって
屋根ですから


屋根は長持ちする方がいいって思いますけど




目に見えないのをいいことに
何でも




この作りだと10年で壁内結露でダメになるなんて言う
Youtuberさんもいますけど


余りにも
不安だけを伝える
営業もどうかなぁと思ってしまいます




実際に言われた話だと


「ベタ基礎じゃないと地震で壊れる」


「サイディングはシーリングが10年で
 ダメになるからすぐに雨漏りする」

などなどですね・・・


是非とも一緒に
解体現場に連れていきたいですが(笑)




それくらいでダメになるなら
日本の家は全部築10年でダメになってます・・・






・私が経験したお金の不安



個人的に一番「嫌だなぁ」と思ったのは
お金の不安ですね




最新のテクノロジーとか分かりませんが



この建材が何年持つなんてのは
新築を作るメーカーより
古い家を壊す解体屋の方が
分かると思います



メーカーは加速度実験で
〇〇年持つとか言いますけど


こっちは30年~50年前の
家も中身も見れますので


加速度実験ではなく
実際の劣化が分かりますが




ローンに関しては
良く分かりませんでした・・・
(金が無いのは分かっています笑)





3社ほど打ち合わせが続いていた時に



・年収的に借りる金額は問題なく
(ローコストですし・・・)


・今まで借金とか一切無く
(クレジットカードの滞納なども一切無し)




不安点と言えば
転職と









免許の再更新を
4回しているのが不安でしたが


https://reogress.net/archives/14661705.html




A社は「厳しいですね~とりあえずパスポート作りましょう」
という自信なさげな回答でしたし



渡航歴が無い
パスポートの方が
怪しいと思いますけど


当時は意味も分からず
言われるままに
パスポート作っちゃいました




T社は
「うち以外だと多分ローン通らないけど
私なら知り合いいるから多分大丈夫」
と、とにかく不安にさせる事を言われたりした中で





とにかく
ちょっとでも不安な面を見せると

「ウチで契約すれば大丈夫だけど
他社だと難しいよ」


というスタンスな営業さんが
結構多いです




その点、レオハウスの営業さんは

「別にどこでも通るんじゃない?」

「フラットだし、どこから申し込んでも同じだよ」


という感じで


私の担当してくれた営業さんは
結構他社の悪口は言うんですが(笑)
とにかく人を不安にはさせないんですね




というか、営業さんも
「営業よりも詳しい人と話した方がいいよ」
さくっとアルヒの方を紹介されて


これが好評価でした










・どうせなら不安じゃなくて自信を持つ営業がいい




・超高性能住宅なら

「真冬でも晴れていれば
エアコン無しで
下着姿で家の中歩けますよ」とか







・鉄骨の頑丈な家なら

「市内に大きな隕石が落ちても
ウチなら平気です」とか






・ローコスト住宅だって

「正直そこそこですけど
この予算で行けます
他社ではこの予算で
このクオリティは難しいです」
とか



どこだって得意分野があるんですから
その点を協調して欲しいのですが





どうも
「他社の家だとダメになる」って手法が
多いのは




「どうせ知らないから不安にさせとけ」って
事でしょうかね・・・





まあ、そうは言っても
前回の転職したい記事で
ちょっと調べましたが



住宅営業さんは
3ヶ月契約ゼロだと
クビになるような
メーカーもあるみたいで



営業さんも
余裕が無いんでしょうねぇ・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・



後は、本当に
ダメになる可能性が高い
施工もありますからね




耐力面材使わずに
吹き付け断熱使ったり


https://reogress.net/archives/20259515.html






スカスカの気密で
3種換気だったり


https://reogress.net/archives/18519840.html





その点は
結局、施主側が学んでいくしかないんですよね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング











PVアクセスランキング にほんブログ村







2021年02月01日







「今の仕事が嫌だなぁ・・・」


「上司にイラっとする・・・」



などなど、思った時に



割とストレス解消になるのが
転職サイト閲覧です


営業a



若いとか
色々とスキルとかあれば別ですが



スキルも無い40代なんていうと
条件のいい転職先は普通なくて



色々と見ても


・給与が凄く安い

・飛び込み営業

・そもそも正社員じゃなく派遣


などなど
なかなかいい条件はありませんから




普通なら
「まあ、今の所で働くか」
落ち着くのですが(笑)





今回は
いつもと違って


「ここで働きたいなぁ」
思う求人がありまして



目に飛び込んで来たのが
ハウスメーカーの営業求人です




どの会社を見ても
高収入で煽ります(笑)


営業b


・平均年収760万円

・5人に1人は1,000万円


という広告内容は



私も「いい年した大人」なので(笑)



「そんなの実際は一部の人だけでしょ」ってのは
分かりますけど



これだけ家についての
ブログ記事を書いているわけですから


・間取りが~

・断熱が~

・窓が~

・設備が~


なんて話が出来る仕事なんて
絶対に面白いと思うわけです




私のブログ記事を見て

「レオハウスにした」
とか
「タカラのキッチンにした」とか


過去に何人かありましたが
嬉しいですしね





しかも
ツイッターやブログの


現役営業マンさんを見ると


・皆さん、割といい給料貰えてる感じですし

・それなりに
 休みも取れているみたいですし



とにかく
家が好き=この仕事が楽しいってのが
伝わってきます




私もこれだけブログを続けてる位ですから
家の事は大好きなので


絶対に楽しいだろうなぁと思う訳です



それで、もしかしたら
今より給料が上がるなら



「転職もありなんじゃ・・・」と思ったので
色々と聞いてみました






・うちの会社よりは全然辞めない(笑)




とりあえず
悪い情報を聞き出そうと
ツイートしましたが








10年で3割まで減るという事で


要は10人いたら
10年で3人は残るわけで・・・


一般的な企業なら
離職率が高いのでしょうが



・現職の解体業と

・前職の旅館業なんて


もっと離職率高いですから


両方とも10年で
1割も残っていません(笑)



だいたい、10人いたら
1年間で9人は辞めていると思います



そもそもうちの
部署で私が一番の若手という位に
全然長続きしません・・・




そうはいっても
離職率は多いのかなぁと思うのは


営業c

(私は、26歳の571万円より給料低いんですが・・・涙)



一条工務店の求人ですけど




あれだけ売れているメーカーで
いつも求人を募集しているって事は
やはり辞める人が多いんですよね・・・




ただ、辞める人も多いだろうなぁと思うのは


未経験者可って書いてありますし



広告の収入に惹かれて
家に興味は無いけどお金に興味がある人が
たくさん入るけど
厳しいのですぐに辞めていくのかなぁと思います



3ヶ月間契約ゼロだと
物凄い罵倒されるという
会社もあるみたいですし・・・





このブログを見ている方は


・既に家を建てたか作っている方

・もしくは検討中の人が多いと思いますが



実際に、ハウスメーカーを
何社か見ると分かりますが


「あ、この人は家の事好きじゃないなぁ」って
営業さんも結構いましたし




「好きこそものの上手なれ」って
言いますけど


好きなら色々調べたり
すると思うのですが
そうじゃない営業さんも多かったです・・・




やはり、自分が売る物が
好きな物の人のが
長続きはすると思いますから



ツイッターで絡んでる
住宅営業の人は
みなさん楽しそうですが



共通しているのは
家が好きなんですよね




という事で
もしかしたら



解体業じゃなくて
現役住宅営業のブログに
変更するかもしれませんが(笑)



地元の展示場を見たら
思いのほか厳しい現実がありました・・・





・自分の理念と会社の方針の違い




これは、どんな仕事でも
同じですが


社会人は
時には自分の考えを押し殺して
会社の意見に従いますが



どうせなら
自分も買いたい家を売りたいと思います





そこで
地元の住宅展示場を見ると


営業d


このラインナップです



働かせて下さいって立場なのに
ずいぶん偉そうですが



なかなか「ここで働きたい」って
メーカーは多くありません



・生活に負担がかからない値段

・断熱、気密

・凄い豪華ではないけど満足出来る家


などなど
私が買いたい家と考えると




私は鉄骨メーカーは
売る自信がないので


営業e


ヘーベルハウスや積水ハウス
トヨタホームなどは
ここで落ちます




もちろん、色々とメリットも
あるのは分かっていますが







ちょっと山梨で
そこまでのメリットが感じられないのが
個人的な印象です




この中では
一条工務店が
当然、ダントツの性能ですが


「見た目の割に金額がちょっと・・・」という感じで


しかも最近
さらに上がってきてますので


安くて良い家とは
ちょっと変わってきますし



住友林業など
豪華な外観、内装ってのも
自分の趣向ではないですし



まあ、これは単に
私にお金が無いからって
理由もありますが(笑)




高価格帯は
自分の好みではないというか
売る自信も無いので


営業f

一条工務店、ミサワホーム
住友林業なども無理なので
既に半分以上無くなりました



地元の工務店は
見てない所は
ぶっちゃけ良く知らないので
良く分かりませんから




そうなると



パッと見
「ここなら働きたい」って会社は


・桧家住宅
・ウィザーズホーム


この2つくらいですね・・・


逆に地元の工務店で
自分の理想な所があれば
一番良さそうですが


webサイト見ても
断熱性能とか分からない所が
地方工務店だと多いんですよね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


働きたい会社としては


・断熱にこだわる会社

・もしくは吹き付けやセルロースファイバー



グラスウールなら
袋無しで熟練の大工さんが
丁寧な施工がいいですし


気密もしっかりしている所が理想ですが



ローコストだと
それは難しいので



吹き付けが標準ってとこが
ベターでしょうか



性能がそこそこ良くて
値段もそこまでは
高くない所


つまり
自分が建てたい家=働きたい会社なんですね






私が建てたレオハウスだと
標準が袋入りグラスウールで
吹き付けはオプションですけど


これが50万円とした場合に


私は絶対に50万円
出した方がいいと思いますが



それも施主さんの考え方次第ですからね



まさか
予算の関係上


断熱材はそのままでいいって言う
施主さんに


「そんなんじゃダメ!寒くて気密下がって後悔する」とか
言えないじゃないですか(笑)



そこは社会人として
「それでも充分ですよ」って
言わないといけないと思うので



それなら凄くなくても


・最低HEAT20 G1以上レベルで
 オプション次第ですぐにG2レベルなメーカー


・気密もそこそこはある
 メーカーがいいので


ちゃんと探せば
もっとあると思いますが


とりあえずぱっと見は
2社だけになりました





是非、「雇っていいよ」という
会社さんありましたら
ご連絡お待ちしています(笑)




出来れば、このブログは
続けたいので
色々書いてもいいとこがいいのですが


そんな会社は多分ないですね(笑)





などと、色々妄想は膨らんでおりますが
一応、今の会社でちゃんと働いていますよ



30代なら既に行動しているかもしれませんが
40代だとなかなか行動出来ませんよね・・・



本当にいい会社があれば別ですが



若い頃は辞めてから
次の仕事探そうでもいいのですが



この年齢になると
次が決まってから辞めないと
人生が大変な事になりますから(笑)




とりあえずは今の職場でも
「毎日楽しそうだねぇ・・・」
「悩みとか無さそうだねぇ・・・」




などと言われておりますし






・なるほど・・・土日休めないデメリットは多いらしい





うちの会社は
新築でもコンテナ置いたり
廃材処理をしますので



こんな転職したい話を
某メーカーさんの工務さんと
半分冗談で
話しをしてたのですが



ちなみに
お話したメーカーは
断熱、気密的にちょっと・・・
という感じなのですが



「営業は土日休めないから
すぐに居なくなるんだよねぇ」という事で




たしかに私も
前職は10年間ほど働いていましたが



土曜に休んだのは
10年間でゼロ


日曜に休んだのも
自分の結婚式の1回だけです




それで、子供が生まれるので
転職しましたが



妻は今でも
土日は仕事な日が多いですけど






このコロナで
どうなるのか分かりませんから



妻はパートなり
専業なりして頂いて


そうすれば私が
平日休めれば
今度から一人でゆっくり休めますし(笑)


などなど妄想してると



「楽しそうで給料も良くて
休みも一人で取れるなんて
最高じゃん」
って思ってますから



エントリーシート代わりに
ブログ記事を書いてみました(笑)










・冷静に考えて20代独身で家を売る人って凄い




そんなわけで色々と
「自分が営業だったら
どんな売り方するかなぁ」と妄想してて思ったのは




今だったら
外壁や屋根などから
間取り、設備も
自分の考え方、家族の考え方などあって
色々と自分の意見が言えますけど




私が20代の頃は


営業g

(都内だったので、今の住宅ローンより家賃高かったです・・・)



ワンルームアパートに住んでいましたが


当然、屋根や外壁、断熱材なんて
全く分かりませんし



というか間取りやキッチンだって
独身でワンルームですから
想像が付かなったわけです



なので家が欲しいって人に
アドバイスも出来ませんから



その状態で家を売る人って
凄いよなぁと思いながらも


そりゃ興味も出ない人も多いだろうなぁと


なんとなく離職率の高さに
納得しちゃいました







◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング












PVアクセスランキング にほんブログ村








2020年07月13日







施主さんも勉強して
知識を得るのも大事なのですが



それよりも
ずっと大事な事は


いかに営業さんや設計士さん
工務さんなどと
信頼関係を結べるかです



私が満足出来る家を
納得できる価格で建てれたのも
ここが大きかったかなぁと思います




過去の記事で




間取りの作成や打ち合わせに



・営業さんだけでやるか
・設計士さんが間取りも作るか
・また打ち合わせにも同席するかという話で



会社の方針で
全員に営業さんと
設計士さんを付ける会社以外は




当然ですが設計士さんも
数が限られているので




あっちの客は
営業さんだけの対応だけど



こっちの客は設計士さんも
いつも一緒というのが
出て来てしまいます








前回のバトン記事を
現役のハウスメーカー営業さんも
書いていて



非常に役立つ事なので
是非読んで頂きたいのですが



営業さんが全て担当する場合でも
基本残業が多い業界ですから



気持ちはあっても
全員に100%の仕事が
出来ない場合があります




「私は全員に全力100%です!」なんて人がいたら




神か嘘付いているか
新人かのどれかです


・・・・・
・・・・
・・・
・・


8442eda5


初回の
打ち合わせの際に


「お客が2組来て」


・空いている営業さんも2人
・空いている設計士さんが1人の場合


普通なら
契約しそうな客に
設計士さんを付かせると思います



それ以外にも
間取りを作って貰えるのは
2回目以降だと思いますが



これだって
やる気がある場合と
無い場合では全然違ってきます





さらに
お客の希望が


「それは同僚の〇〇が
得意だなぁ」
って場合に



本気度が伝われば
忙しい中相談を受けに
行ったりしてくれますが




まあそこまでの客じゃないなと
思われれば


そこで止まってしまいます



なので
ハウスメーカーから見て
「大事な客」と思われれば



満足行く打ち合わせがしやすいです



よくブログで
「初回から素晴らしい間取りでした」
なんて記事ありますけど



それは貴方の説明や熱意も
良かったからだよって思います








・まずは最初の来店時に「買う意思」を出す



妻は割と高いブランドの
アパレルで20年以上働いていますし



私も今は転職してますが
結婚した時は
ずっとホテルマンで
支配人だったので



「客の足元を見る」のは
得意な夫婦なのですね・・・



全員に同じ接客って気持ちはあっても
現実は無理な事は分かっていますから




まずは
「お、この客は本気だ」と思わせないと
大事な客にはなりません





一番本気度が高いのは

「すでに土地を購入しましたので
上物探しています」ですが




実際にハウスメーカーも
見てから土地を決めた方が



家の間取り、日射などが
分かるのでオススメですので





家を買うなら必ず
土地の話になりますが


「土地探しも自分達も探しているが
是非いい所があったら教えて欲しい」と伝えて



土地の具体的な事を伝えます



私の場合は
どのメーカーでも同じ事を言って




「この範囲内で探して」
と伝えていました


お客1


ちょっと範囲が狭いのですが


とにかく具体例を出して
本気感を伝えます




実際本気で
この範囲でしか
住みたくないのですが



「安くていい条件があればどこでも」
って気持ちも分かりますが



どっちが本気で買いそうかと思うと
具体的な土地の希望がある方です



場所よりも予算重視なら


「予算は〇〇万円までで〇〇坪
安ければ多少ワケアリも可」


という感じで伝えた方が
探しやすいですね






ただ
「いい条件の土地があったら教えて下さい」ってのは




女性が言う
「優しい男性が好き」と同じで
何一つ具体例が分かりません




ある程度条件を絞り込めば
本気度も伝わりますし


実際に探しやすいですし


本当のお宝物件が出たとして
最初に声を掛けて貰えれば


当然掘り出し物に
出会う確率は上がります








・初回~数回は家族総出で行くべき



後は来店時の家族構成ですね


見学の際に
一番効率がいいのは


・夫婦別のメーカーに行って
 子供は親に預ける



これだと効率はいいですが



住宅展示場などは
最初に付いた営業さんが
そのまま担当しますので



一人だけで見に来る客と


夫婦と子供がいて
「子供が生まれたから家を」って客の



どちらが買いそうな
客かと言ったら




家族連れです

お客2


帰りにオモチャくれたり
ベビーベッドや子供用施設があったり
するメーカーも多いですね




初回は
相手の営業さんが



自社のメーカーの売りを
色々説明すると思いますので


メモ書きや
特徴ある展示品などは写真撮りして
真剣に話を聞いて




とにかく
営業さんからみて


「好感触、このままいけば契約する」
思いこませるように話をします


うちの妻が


「あなたはどのメーカーでも
ここが一番良いって感じで話す」
困っていましたが



この辺は
元旅館業ですから



話を上手く聞くのは
慣れています(笑)



技術的な事
工法などは
2回目からで充分ですし


何度か打ち合わせが
進んだら


一人で可能な時もありますが


流れに乗るまでは
とにかく本気度を見せるって大事です



言葉は悪いですが
まずは初回に
「この客は落ちる」と思わせてれば


ヒアリングも真剣になるので


当然、初回の間取りから本気出しますし




とにかく契約しそうな客と
思わせる事は大事です




当然ですが
最後は1社以外は全部断りますので・・・


本当に「いい人」だと
色々断りにくいのですが


高い買い物ですし
その辺は仕方ないです・・・





車の「パンフレット下さい」と違って


ハススメーカーは
無料で間取りまで作成となったら
かなりの労力を無料でしますので



逆に絶対に買いもしない
メーカーの間取りを無料だからと
「とりあえず」と取るのもやめましょう・・・






・金払いのいい客になる



初回、2回目の打ち合わせが終われば
間取りも出来てきて


色々とお金の話も出て来ます





過去に坪単価はアテにならないという
記事を書きましたが






それでもハウスメーカーの相場というのは
当然あります




「〇〇〇(ハウスメーカー) 坪単価」
検索すると




色々なサイトがヒットすると思います


お客3


結構適当というか
間違っているサイトも多いですが



建売のココライフでも
25万はキツイと思いますが・・・





レオハウス、タマホームだと
30~50万円って記載が一番多いと思います





坪単価の出し方って色々ありますが



一番使っているのが多い


諸費用などは抜いた
請負金額から
延床面積を割る金額だと



82a7b0d6
(我が家の坪単価ですが色々な計算で出せます)


502,000円なので



坪単価50万~70万円って
書いてるとこだって
安い方なら可能なのですが


私は
上限の坪単価で選びました



ハウスメーカーの
ブランド名に拘りは無いですし





もちろん金額より前に
自分の優先事項


・間取り的に在来工法で耐力壁のメーカー
・吹き付け断熱が標準
・瓦屋根が標準



これさえクリアしてれば
私の希望の家は建ちますので
安い方にしました



営業さんと設計士さんが
作った間取りも


「金ないから狭く」とか
言う必要ないですから



こうなると
設計士さんもやりがいが
出ると思いますし



「〇〇の設備オススメですよー」って話も


気に入れば付ける予算は
出て来ますし


そのハウスメーカーの中では
上客になります



もちろんいつかは
〇〇の家を買うって


夢がある人は
そちらの方がいいと思いますし



その熱意を営業さんが汲み取れば
値下げや予算に合う間取りも
しっかり作ってくれると思いますが



とくにハウスメーカーに
拘りがないのであれば


平均坪単価の上のラインで
建てれるメーカーを
考えた方がいいと思います



その方が後から
不本意に小さくとか


オプションを我慢とか
そういうのも無くなるので


満足度が上がると思います





・締め切りは余裕を持って守る



客商売をしていると
どうしても客の方が立場が上です


無茶な「〇〇月までに作って下さい」とかは
当然ですがダメですが





向こうからお願いされる

・ここの間取りは次回までに決めて下さい

・この設備は〇〇日までに決めて下さい


間取りf


こういうスケジュールは
守りましょう



どのメーカーだって
クレームになるような家は
作りたくないですが


余裕が無くて
色々とトラブルが起きる可能性は高いです



なんの仕事でも
「余裕さえあれば割と
どうにかなる事」って多いですから



相手の方が一枚上の営業さんなら
仮に遅れても大丈夫な
スケジュールを伝えますが


間取り、設備など
ギリギリのスケジュールよりも




余裕を持って決めた方が
相手も楽ですし




「この間取りが素晴らしいですから
変更する必要ないですよ」



など言った方が
相手も気持ちよく仕事が出来ます



ハウスメーカーだって
1日で全部決めろとかいう
無茶なお願いはしませんからね





個人的には
着工後に間取り変更したいなんてのは



そもそも真剣に間取り
決めてなかったでしょって思いますが



相手も客商売ですから
確認申請前なら
多分変更してくれると思いますけど


余裕が無いスケジュールを
施主さん自ら生み出しているのだったら
問題です




その為の意思疎通
間取りの本気度も


大事なお客になれば
かなりスムーズに進みます













・現場の指揮系統を理解する



営業さん、設計士さんと
どんなに満足な家が
希望の価格で契約出来たとしても


まさに机上の計算で



実際に作るのは
現場の人ですね




現場監督さんは
毎日ずっと現場に
いるわけではありませんが



例えばちょっと設計図と違っていても


大工さんには直接言わない方がよく
まずは監督さんに連絡です



着工までに
すでに大事な客と思われていれば


よくクレーム系のブログにある
全然連絡が付かないって事も
起きないと思います



普通の会社なら


現場監督が上司で
大工さんが部下のイメージですが


建設業界は違いますので



大工さんに何も言えない
現場監督さんってのもいますし


逆に物凄い上から目線の
現場監督さんもいますけど


私の仕事だと新築の場合は
ハウスメーカーの監督さんから
廃材の回収依頼があるんですが




基本、大手ゼネコンさんより
ハウスメーカーの監督さんの方が
優しい人が多いですが



横柄な人もいます・・・

 
本当にひどい人もいます・・・



まあ、その辺は
自分も現場に行って


雰囲気を掴む事ですね




基本は監督さんです


とにかく監督さんの
やる気を上げないと
いい家は建ちません


・・・・・
・・・・
・・・
・・





現場に関しては



特に現金で
ご祝儀を渡す事は無く


差し入れも
飲み物やパンだけでしたが




施主さんが
行く時は休憩時間に
伺う人も多いと思いますが



ただひとつ






「私がいても
好きにタバコ吸っていいですよー」
って
伝えました



というか私も一緒に
吸っていました(笑)




最近は現場で吸うのはNGで
隅っこを喫煙所


密集地だと吸う所すら無いって
現場もありますが



この業界は
基本的にタバコ吸う人が多いです
(私も吸います)


さすがにクロス貼ったら
タバコはちょっと・・・ですが


キッチン幅g

この状態で
建物内で吸われても
私は平気です



火災さえ気を付ければ
問題ないと思いましたし



タバコ休憩で
集中力が復活するなら
安いものです




とはいえ最近は
喫煙に関しては厳しいので



実際は監督さん
メーカーの意向によりますが



休憩中に


「施主が来た
タバコ吸えないなぁ」って
落ち込まれるよりは


一緒に喫煙した方がスムーズです






・どの業界も同じですね



結局人が間取りを作って
人が家を作るのですから


人間関係が全てだと思います



施主が偉そうにしててもアレですし


逆に妙に上から目線の
工務店もありますけど
そういうのは嫌いです



現場だって
嬉しそうに入っていって

「うわーすごいですねー」
「さすがですねー」


「でも、ここだけ気になる」って伝えるのと




デビ夫人みたいに

「あなた、ここおかしいんじゃい?」って
伝えるのでは


やる気が違いますね






「お金払うんだから当然」って
思う人もいますし


それも否定しませんが


それでしたら
今は大手の素晴らしい性能の
建売住宅もありますし



そっちの方が
いいんじゃないかなぁと思います






2020年06月02日






注文住宅の打ち合わせって


基本の流れは


①間取りが出来る
②それを見ながら営業さんと
 設計士さんと色々希望を言う




この繰り返しだと思うのですが


間取りa


打ち合わせには
必ずこういった間取りを作って貰って




色々と話をしていくと思います





先日ツイッターで
話をしていた時に


間取りb


こちらの「めけめけさん」のお姉さんが


セキスイハイムで契約をして
打ち合わせ中なのですが



色々とダメっぽい営業さんの
話をしていて








どうやら
セキスイハイムは設計士さんは
同席しないで



打ち合わせも間取りも
営業さんがほとんど
するらしいんですね



特殊なユニット工法ですから
営業さんが作るのかなぁと思うのですが



間取りの作成や
打ち合わせに


営業さんと設計士さんが
同席すると
凄い安心感があって




我が家みたいな
ローコストだと
いつも2人ってメーカーは
結構少ないんですが



レオハウスは必ず営業さんと
設計士さんが同席して



間取りも設計士さんが作るのが
安心感だったわけですね



私なんかは
タマホームやもっと安い所も
見ましたので



営業さんが作って
打ち合わせも営業さんのみって事に
驚かないですが


間取りc


るんばーさんは
ヘーベルハウスで建てた方ですが



営業さんが間取りを書くという事に
驚いちゃってるわけです(笑)




セキスイハイムは
ユニットで作りますから
設計の独自ルールが色々あるので



「設計士よりも営業さんの方が
いいのかなぁ」と思ったり



とはいえ
設計士さんが作って同席した方が
色々安心だと思ったり




それなら自分の建てた
メーカーがどうだったのかを



みんなで出し合いましょう
という
企画です










・間取り事情漏洩バトンの質問内容




という事で


間取りd


色々な施主ブロガーさんが
13個の質問に
答えていきます



色々なハウスメーカーの人がいますので



ツイッターで
#間取り事情漏洩バトン 


このタグ検索すると
施主ブロガーさんが見れます





①建築先と家のスペックは?


レオハウスの
大人気の家CoCo Dセレクト



安いですが
レオハウスの注文住宅だと
一番上のスペックになります








②間取りの打ち合わせの相手は誰だったか?




着工までは常に
営業さんと設計士さんの2人です



着工後
ほぼ工務さんと
インテリアコーディネーターさん


たまにお金の事や保険の事で
営業さんが来る感じです




1回だけ
「〇〇日だと設計士は大丈夫でも
営業さんは無理です」って日に





「別に設計士さんがいれば
営業さんいなくても大丈夫です(笑)」


という打ち合わせがありましたが



設備とかオプションの差額とか
変更した場合の金額は
設計士さんは一切出せないのですが



お金が絡まない打ち合わせは
ほぼ設計士さんだけで
どうにかなります






③誰が間取りを書いてくれたか?


こちらも設計士さんです




④出会ってから何回目の打ち合わせで間取りを出してくれたか?


2回目ですね
初回で色々と希望を出して


次には叩き台の間取りを貰えました










・間取り作成が有料のメーカー・・・


⑤間取りを書いてもらうまでに必要な費用は?
⑥間取りの作成費用(基本設計)は何円かかったか?



最近結構多くなった気がしますが



「間取りを作成するのは有料ですよ」


とか


「間取り作成は仮契約後ですよ」


などで、さらに


「仮契約には〇万円かかります」


というメーカーです



私が検討していた時に
ローコストメーカーでは


アエラホームが
そのシステムでしたが
今は無料に戻ったみたいですね



レオハウスは間取りも無料ですし
仮契約というシステムもないので



仮に間取りを何度も書いてもらって
打ち合わせも何度もしても


契約しなければ
お金は0円ですね



これに関しては
会社の方針でしょうけど



・有料にして本気の人だけ
 打ち合わせしたいとか



・実際に経費がかかっているので
 請求するってのも


仕方ないのかなぁと思いますが



一番嫌いなのは

「本来〇〇円だけど
特別に無料」って奴ですね(笑)



いいよ、そんなに上から目線で
無料にして貰うんなら
金払うよって思います・・・




⑦契約後に間取り変更は可能だったか?


どこまで可能かは分かりませんが
構造用の壁を変えたので
結構変更可能だと思います



どこも確認申請前なら
ある程度可能だと思います




⑧契約後に間取りを変更してかかった費用は?(減額した場合は減額した金額)
⑨契約時の間取りの完成度は?



契約後に間取りはほとんど変えてないので
完成度は95%って事ですね


間取りe


冷蔵庫の位置を逆にするのに
壁を長くして引き戸にしたのと


造作のテーブルサイズを変えた位ですね





営業さんが
「納得するまで契約しないでいいよー」と言ってたので



多分、契約を急がせるメーカーだと


間取りが完成する前に
契約ってのがあると思うのですが
そういうのは無かったです



とにかく頭の回転が
速そうな営業さんでしたので



「あー、この人他社の
急がせる契約にイラっとしてるなぁ」

ってのを察して




そういうのは嫌う人って
すぐに分かったんでしょうねぇ






⑩間取りが完成するまでの流れはどんな感じだったか?(打ち合わせ回数と期間)




初回訪問から契約までが
3ヶ月で6回位でしたね



契約前は他社とも
打ち合わせをしていましたが



営業さんしか打ち合わせにいない
メーカーだと
「後日確認しますね」が多くて



やはり設計士がいつも同席だと
早いなぁと思いました




⑪間取りを決定後、何ヶ月後に竣工(家の工事が終了)したか?


契約してから着工が2か月後



土地代も予定より安くなりましたし



家作りは一切の減額をせずに
済みましたので
大幅な変更も必要無かったです


間取りf


着工から完成までは
ローコストなので3か月半と早かったので


・契約から5か月半


・初回訪問から考えて約9ヶ月で
 家が完成という事ですね


年度末挟んだり
忙しい時期だと
もっと長くなると思いますが


6月契約でしたので
とにかく「ガラーン」としていました(笑)




打ち合わせも
毎週行けましたから
それほど期間もかかりませんでしたが


子供が0歳なので
毎週末に色々なメーカーに
行っても平気でしたが


いまだと遊びにも行きたいだろうし
厳しいですね




⑫外構の打ち合わせはいつのタイミングで始まったか?


外構はちょっとしかしていませんし


「外構の下請けってどこですか?」


工務さん「〇〇さん知ってます?」


「取引あるので直接言ってみます」


って感じで
この辺は仕事の付き合いがありますし



金額が高いメーカーは
外構も含めて作品だって雰囲気ですけど



ローコストには
そういうの余りないですね(笑)



ローンに組み込まない限りは
勝手にやってーって感じです













・設計士同席って売りになると思うんですけどね



⑬他に検討したハウスメーカーor工務店の間取り関連の情報で知っていることは?



同ランクだとタマホーム、アエラホームは
営業さんだけで


設計も営業さんが
ある程度書いていたので




この時に
レオハウスに行くと
設計士さんもいますから


「絶対ここに後から配管通りますよ」
とか言ってくれたので


設計士さんの数が
足りないと難しいんですが


同席した方が
売りになると思うんですよね



センスや相性の問題もあるので
必ず設計士さん方が優れている訳ではないですが



打ち合わせには同席して
貰えると安心感でますね


営業さんと違って
無理な事や無謀な事は止めますし



すぐに間取りの代案も出ますので



まあ人件費増えますから
デメリットもあるんでしょうけど・・・


結局赤字でヤマダ傘下になりましたし(笑)




妻もレオハウスは
「毎回営業さんと設計士さんが
同席するから打ち合わせが楽だし的確」
言っていたので




逆にもっと高いメーカーで
設計士が同席しない事に驚きましたが




高いメーカーで
営業さんが一人で担当する所は



色々設計の教育とかも
しているのかなぁとも思いますし




合わない設計士よりは
合う営業ってのは思いますね
















◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング