2022年01月10日






2022年も始まったばかりですが


今年の流行語大賞でも
取ろうかという勢いで


「しょみだん」という言葉が
SNSで流行ってます(笑)



言葉の意味は
「庶民断熱」だそうで


もうね・・・



何の世界でも
階級化したり区別、差別する人は多いですが

「ここまで来たか」って感じです



という訳で
我が家は庶民ですらないと
言われましたが



考えたら
私と妻の親類全部
職場の全従業員も
庶民以下って事になります(笑)



我が家より新しく
家を建てた人が
周りにいませんし



確かに
平均的な住宅価格を見ると



我が家は「ローコスト住宅」って言う位ですから
家の中では平均価格以下なので
間違っていないですが(笑)



「庶民」っていうワードを使うのは
余りにおかしいと思います





・「普通」や「平凡」ならいいですけどね



「さすがに庶民って
ワード使うのは間違ってるでしょ」と反論したら




「G2性能ないから
僻んでますね」とか言われますが・・・




一応説明しますと

しょみだんa


住宅性能値の一つ
Ua値が0.46までの家が
庶民の断熱って事です


地域によって変わりますけどね・・・


この数値は低い方が
高性能の目安ですが





ローコストメーカーでも

しょみだんb


タマホームでもレオハウスでも
上級グレードはG2性能ありますから
ローコストメーカーでも取得出来ます



・大地の家ではG2ありますが


・大安心の家だとその下である
 G1性能になるので


大安心の家までしか買えない人は
庶民以下って事ですね



恐らくハウスメーカーでは
一番性能がいい一条工務店でも
築12年位前だと届きませんね



庶民でいたかったら
買い換えて下さいって数値です




まあ、具体例で言うと
我が家の断熱材が


しょみだんc


アクアフォームが
屋根170ミリ
壁90ミリで吹いてますが


・これを屋根220ミリと5cm増やして

・窓をサーモスXやapw330に変えて


これでも足りないので
今のローコスト高性能住宅っぽく
窓をかなり減らせば届くような数値です



これが5年前のレオハウスや
タマホームの最上位グレードなのですが


ローコストでも1つ下のG1性能はありますし


私も「最低限これくらいは欲しい」とか
ブログで言いますので



断熱にこだわった人の家が
G2性能と言っても
何も間違いは無いと思いますし


だいたい家の価格で
2,000万円出せるなら
充分狙えますね


我が家は2,000万円も
出せませんが(笑)




なので
別に僻んでいません



これが「普通の断熱」「平凡断熱」
「最低限これくらい欲しい断熱」って言葉なら
何とも思いませんし



むしろ
断熱とかこだわった方がいいと思うので
「いいね」って押したくなる主張です



私も常日頃
「予算が出せるなら
性能上げろ」って言ってますし



我が家以上の性能なんて
無駄とか言った事ないですから



なので「普通」ってワードなら


・今から住宅を買う人にとって

・注文住宅を考える人にとって


ちょっと頑張れば届くから


普通にこれ位は欲しいって
割といい目安なのかもしれません







・階級を区別、差別する用語を売る方まで出してきた



「庶民」って使われると
イライラはする単語ですが
個人が言ってる事なので
仕方ないですが



こっちもSNSで
「庶民ってのは失礼だよ」って
言うだけですけど



しょみだんd


なんと売る方が使ってきたので







「さすがに言葉の意味を考えろ」
いかにその単語がおかしいか
書いていきますけど




そもそも「庶民」というワードは


しょみだんe



・一般市民、平民、大衆って事ですね

・貴族じゃない一般市民の人って事です



今の言葉なら
富裕層やセレブと呼ばれる方がいて


間に庶民、大衆


そして貧困層という階級が
一般的でしょうか



まさに「普通」って事ですけど
これに庶民って付けるのは問題で



庶民というワードは
富裕層でも貧困層でもない
全ての人が当てはまりますが



まず、大衆的なほど
注文住宅って買える物ではありません



この記事を書いた人は
車に例えていて



・Ua値0.4台はマークX
・Ua値0.5台はプリウス
・Ua値0.6台は軽自動車



>>ですから庶民でも買える住宅という事で
>>マークXクラスのUA値0.4台を庶民断熱と呼んでいる訳ですね



私はマークXなんて買えませんし
欲しくもないですが



その辺の買える
買えないは置いといて



しょみだんL


昔はカローラって大衆車と
呼ばれていましたけど




売ってる方は
お客様に大衆車とすら言わないし
まして庶民車なんて絶対に言いません




この発表会でも
お客様向けには
「多くの人に愛される車」
表現していますし



販売店向けには
「大衆車とは街にたくさんあること
なのでたくさん売ってください」



決して庶民が買う
庶民車とか言いません





そしてこれを
家で考えると


・一般的な建売住宅や
・一般的なローコスト住宅
・普通の中古住宅を購入している人は

庶民にも入れません


さらに
家を買えない層


団地やアパートに
住んでいる人も
もちろん庶民にすら入れません



富裕層がいて
対義語が貧困層


その中間が庶民ですから


「G2性能ない人は貧困層」って
言ってる訳です




そもそも住宅を
欲しくても買えない人も多数いて



私だって色々と幸運が巡り合って
結婚して家が買えましたが


一歩間違えば
借金生活して休日は
毎日パチンコ屋に並んでいても
何もおかしくなかったですし



まあ、うちの場合は
親は自己破産して
生活保護ですから


ガチの貧困層ですが




そもそも持ち家率を見たって

しょみだんf


40代でやっと半分超えますが


・30代で4割

・20代なら1割以下です



これだけしかいない
持ち家層の中でも


注文住宅を建てて
さらにはUa値0.46以上が
やっと庶民なんて


これは絶対に使ってはいけない
ワードな訳です






・庶民的?



相手が庶民ってワードで
人を区別するので



こちらもそのように
書く例を出すと



先程の持ち家率は
そもそも
世帯主=世帯がある人での割合です



しょみだんg



・今は独身者率が45%で

・夫婦と子供の世帯率は
 なんと3割以下なんですね




そして、その3割以下の
夫婦と子供世帯を見ると


しょみだんh


今は出生率が1.4しかないですが
子供の人数は割り切れないので


子供は1人か2人の家庭が多いって事です



「庶民なので子供2人しか持てないけど
結婚して子供いるのは当然だよね」って言ったら


そうじゃない人は
どう思うか分からないんですかね?



SNSで個人が言う分には
「日本語の意味が分からない人」
通りますが


それを売る方が
使ってはいけません



よくネットでも炎上される

しょみだんi


結婚相手に望む
「一般的な普通の男性」って奴ですが




これを
「庶民の男性」って言ったら
おかしいですから



例えばアパレル販売の人が
「あのブランド以下は庶民」とか
発言したら大炎上すると思います







・主張内容は理解出来ますが



G2が庶民断熱とか言って

「じゃあ何のため?」と聞くと


「夏涼しくて
冬暖かい家」って事ですが



https://reogress.net/archives/26683929.html



ここを色々見て頂いている人なら
家の暖かさはUa値だけでは決まらないってのは
分かって頂いてると思うし



電気代m


この冬の一番寒い朝の我が家です
これをエアコン1台で暖めてます



エアコン1台で
部屋が繋がっているので
温度差は無いですし


これ以下のG2住宅なんて
たくさんありますけど



エアコン1台で暖房するのが
庶民の家とか
言いませんよ(笑)



・間取りの都合もあるし

・予算の都合もあるし






メッセージで相談頂いた人には
間取りと予算、住む地域を見て



「これなら我が家くらいですね」

「予算出せるならもう少し」

「その予算だと、これで充分」

「この間取りだと玄関の性能上げても寒いかと」


などなど
Ua値以外にも


・間取りや冷暖房器具の配置

・C値や換気システムなど



まあ一言に「快適に暮らす」と簡単に言っても
色々と考える事は多いのですが



Ua値は一番誰でも分かりやすい数値ですから


しょみだんj


どれだけ家から熱が逃げないかって
数値ですから


この数値がどれくらいがいいかってのは
色々な人で主張があるでしょうし



たしかに、今は金額が上がっている分
性能も上がっていますから


今から注文住宅を考えている人に向けて
「普通の断熱」と言うのはいいですし


これ位が普通になった方が
いいとも思いますからね


でも庶民はダメです


庶民って事は
今家を建てようと思っている人以外も
含まれてしまいまし


住む場所や年齢
収入で出せる予算も違うので







・もう少し相手がどう思うか考えた方がいいですよ



何言っても自由な
SNSで個人が言うならいいですけど
(余り良くはないですが)




さすがに売る方が

しょみだんk


こういう他者には
使用しない方がいいワードを
使わない方がいいと思います


・・・・・
・・・・
・・・
・・


なんで急に
こんな「庶民断熱」って
言葉が出たかと言うと



元々は
住友林業の施主さんが


住友林業の中では
安い住宅を



自虐的に
庶民的な住友林業の家をもじって
「しょみりん」って
言ったのがスタートなのですが



価格聞いたら家だけの価格で
2,500万円とか
結構しますので



「おいおい、庶民じゃないだろ」って
思いますけど



これは本人が自分の家に対して
使っていて



他人の住宅に
「あの家しょみりんだね」とか
使っている訳ではありませんし


これは自虐なので
まだいいのですが



でも余り良くないので


イヤミの一言は言いますが(笑)




テレビの街頭インタビューなどで


「最近何でも値上げが多くて
庶民は大変」とか言う人いますけど



差別、区別的な用語は
自分が自虐的に使うものです




そうしたら
何でも大手ハウスメーカーに
対抗しないといられない層が


庶民断熱「しょみだん」とか
言い出したのですが



こちらは
「これくらいの家にしろ」


これくらい庶民でも買えるって
他人に言っているのが現状です


前も言ってますが
個人的には2,500万円あれば


無理に高いメーカーの
安いグレード買うよりは


安いメーカーの
G2グレード買う方がいいかなぁとは
言ってますけど





それだけの家を建ててる人は
庶民じゃないってのを
考えた方がいいですが



しょみだんm


ZEHはまだ届かない
Ua値0.87という
断熱等級4な飯田グループが
圧倒的な販売数で46,000戸




しょみだんn

1位の一条工務店から
パナソニック、ミサワホーム
トヨタホーム、積水ハウス
セキスイハイムを合計して

やっと46,600戸


まあ
実際に買う人
買った人が自分で言う
「しょみりん」



それを相手にも求めている
「しょみだん」は全然違うのですが



当たり前ですが
住友林業の営業さんが
「しょみりん」とか使いませんし(笑)


もちろん「しょみだん」も使いません


彼らは家を売るプロの前に
サラリーマンですから


社会的な常識は
会社から教わります


もちろん工務店さんも
社会的な常識を持っている会社の方が多いので


まさか庶民なんて
ワードを使うとは思いませんが



「あなたの結婚相手って庶民」とか
「庶民的な結婚式だったねー」とか
「私庶民と結婚したからしょみ婚」とか


相手にも悪いし、その周辺の人にも
さらには結婚してない人にも
何のメリットも無いワードです




なので普通は
「普通だけど優しい人」とか


まあ強気な人で
相手が冗談が通じる間柄でも
「平凡な人」がせいぜいなので


・自慢したい人でも

・相手を揶揄したい人でも

・これくらいはあっと方がいいという
 アドバイスとしても


せめて「目標断熱」とか
「普通断熱」位に
した方がいいですよ






G2性能位を標準にしたいという
思想は素晴らしいですから



本当に思っているなら
「標準断熱」とか
「スタンダード断熱」でもいいですし


色々考えましたが
「トレンド断熱」

略して「とれだん」とか
しっくりきます(笑)










・実際にUa値の違いと快適性の違いは?



そして今から
家を建てようと
検討している人ですね


ここを見て頂いている人は
ローコスト住宅を検討している人が多いと思いますが


この「しょみだん」に
反対している人の中には




「G1で充分」という理由で
反対している人もいますが



我が家はG1位ですかねぇ・・・


ZEH性能(ua値0.6)はあって
インプラス入れたので
それくらいはあると思いますが



窓潰したり、エアコンや湿度とか
風向きとかめちゃ考えているので




そういうの面倒な人は
G2、それこそ最高峰のG3でも
いいのですが





結局はいくら出せるかなので
正解ってのは無いです





収入の中央値を見ても

しょみだんo
夫婦共働きでも
男性425万円
女性315万円なので


合計740万円


我が家も共働きで
もうちょっと中央値より
年齢がいってますので

これよりは収入がありますが


そこまで家にお金を使えません




大安心の家だって
素晴らしい家ですし


しかも今は高いですからね・・・


飯田の建売だって
実際、ほとんどの人が
満足しているでしょうし






前に書いた記事




記事内にもネタ記事と書いてますが
この時は外観ですね


何でも区別、差別する人が多い世の中ですが


家をいうのは自分と家族が住むもので
他人に色々言われる物じゃありません


・・・・・
・・・・
・・・
・・



まあ、実際外観にこだわるより
G2性能まで上げる方が費用は安いし
合理的ですし


本当にいいのは
全てが素晴らしい家なのでしょうが


金額が素晴らしくありません(笑)






実際、無暖房にしたら
下がる温度変化は明確に違いがありますし



暖房入れれても
性能がいいと温度管理に余裕が出来ますし


今はG2住宅って値段と性能が合ってるし
無駄に高いって事もありませんが


ブログとして
外に発信している以上


「これ以下は庶民」とか言いませんし


収入、家族構成、趣味など
全家庭違いますから


「この家だと庶民以下なのかぁ・・・」
なんて不安になる必要も無いですよ


家族が喜べば
それが素晴らしい家ですが


無理して他の生活が
厳しくなったら
全然素晴らしくありません





「そういう意図は無かった」とか
後で言うかもしれませんが


特に工務店さんや売る側は
相手がいて商売が成り立ちますから


いい家を作ると同じくらい
相手が不快に思わない
言葉を使うのは大事ですので
考えて欲しいです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村









コメントする

名前
 
  絵文字