2021年11月13日






11月に入って
どんどん寒くなっていき


昔の家は石油ストーブや
コタツを出しますね



最低気温が10℃以下になるので
我が家でも朝は暖房を入れる日がありますが


高性能なG3住宅は
11月に暖房なんて必要ないので


我が家と超高性能住宅が
無暖房でどれくらい違うか比較してみます





・G1住宅とG3住宅の違い




今回、比較用のデータを頂いたのは






いつも高性能住宅の比較で
お世話になっている
さぬきペンギンさんです



超高性能な家なのに
庭や外観まで素晴らしいという
羨ましい家にお住まいです



おさらいとして
G1,G2,G3ってのは


無暖房a


・Ua値が0.56以下でG1

・0.46以下でG2

・0.26以下はG3ですね




普通に高性能住宅って言うと
G2位が今でも一番多いです



タマホームで言うと
大安心の家がG1で


一番高い
大安心の家暖プレミアムでも
G2性能なので



G3住宅ってのが
いかに高性能か分かります




我が家はZEH性能のUa値0.6でしたが





インプラスを入れたので
G1性能にはなりました




ペンギン邸は
無暖房チャレンジと言う記事を書いていて






去年は初めて暖房を入れたのが
12月3日らしいですから


11月に入れる我が家とは違いますね・・・






・無暖房データ


すでに朝4時~8時位までは
暖房を入れている我が家ですが






先日冬キャンプに行きましたので
無暖房のデータが取れました




まずは昼間~夜のデータですが
こちらが我が家です


無暖房b


リビングの気温ですが


・晴れていれば
 昼は日射取得で24℃まであがり


・夕方から下がり始めて
 夜10時位で23℃ですね



普段は人の発熱や
生活で出る発熱も少しはあるので
もうちょっと気温が高いですが



まあ、これくらいなら
暖房は要らないですね



ただ、我が家では
無暖房でも寝る時は長袖です


これが24℃超えると
暑いので窓を開けて調整しています



次は
深夜~早朝の一番寒い時間になりますが


無暖房c



最低気温は朝9時に
20.9℃まで落ちてますね



起きるのが6時頃ですが
その時で21.3℃なので
ちょっと肌寒いですね



「21℃あれば
暖房要らないじゃん」
って
思う人もいると思いますが



不思議なもので
引っ越して1,2年目は
20℃超えてれば充分暖かいと
暖房要らなかったのですが



慣れてくると
人間って贅沢になるので
21℃じゃ寒いんですよね(笑)



なので室温が22℃以下になるようなら
暖房を入れてます・・・




こちらがキャンプから帰宅して
翌日の早朝に
エアコンを使うデータ


無暖房d


朝の4時から
暖房を入れて


起床時の6時頃には
23.7℃になってますね



・我が家の電気料金プランが
 朝6時までは安いので


・6時には設定温度にいくように
 しています



そのまま
妻と子供が保育園に行く時に切って


この時期はそれ以降は
翌日の早朝までエアコンは入れません



今までのは
リビングのデータですが



寝室はちょっと違って
こちらはキャンプ翌日の寝室データ


無暖房e


こちらは無暖房で
朝6時でも
23℃はキープ出来ています



寝室は8畳の部屋に
親子4人で寝てるので
人間の発熱がある分
気温が下がりませんね



という事で
早朝だけエアコン入れれば快適ですし



我が家はワンルームみたいな
作り&吹き抜けなので


無暖房f


エアコン1台で
大丈夫な作りなので温度差も
そこまでないですし



普通なら充分満足なのですが




一方、驚愕の
G3住宅ペンギン邸のデータです


無暖房g


朝の段階で既に
我が家よりずっと暖かいですから
最高気温は26.1℃まで行きますね


当然半袖で生活しているそうです


我が家との
昼間の温度差は2.1℃あります



まあ、昼間~夜までは
どちらの家も
無暖房で快適ですが




次に驚きの
深夜~早朝のデータです


無暖房h


なんと最低気温が24℃ですね



室温の最低気温が
我が家とは
3.1℃も温度差があります



お互い
どちらの家も最低気温は
10℃を切りますから


ちょっと24℃は驚愕ですね・・・



この日以外の
色々なデータを見ても
平均して3℃は違います




「こんなに暑いと
Hするとき汗だくじゃん」
負け惜しみのコメントをしつつも笑




やはり高性能住宅は
温度が安定しますね



最低気温が暖かいのも
もちろんですが
温度差が少ないんですよね





・3℃の差をどう捉えるか・・・



過去に
真冬に無暖房実験をした記事






・こちらでもG3住宅は
 最低気温が18℃で


・我が家では15℃だったので


やはり3℃の差が出ますね



今から家を建てる方なら
「たった3℃でしょ」って
思う人もいると思いますが



実際、私が快適だなって
思う気温は22℃~25℃の
たった3℃だけなので
この差は結構違います




もちろん3℃なので
エアコンを使えば簡単に上がりますし


光熱費の差だけでは


ローコスト住宅と高性能住宅の
建築費の差は埋めれませんが


・11月の約1ヶ月間
 片方は暖房を入れて


・片方は無暖房ですから


快適度ってのは
全然違うと思います


それだけ熱が逃げないんですから
真冬や真夏でも
温度管理の余裕も違ってきます



さらにG1住宅だと
エアコンの位置や間取りを
結構考えないと


エアコン1台だけで
全部を暖めるって難しいです



我が家も適当そうに見えても

無暖房i


結構考えたんですよ(笑)


・特にリビング階段と吹き抜けを作って

・そこにエアコンの風が行くように配置して

・ワンルームの作りで全部暖まるようにして

・玄関の冷気は影響無いようになどなど


金が無いなら知恵を
出すしかないですからね



これが高性能住宅だと
力技というか


性能面だけである程度
押し切れますから(笑)


一条工務店が
あれだけ高性能なのに
全館床暖房とかしてますからね・・・



とはいえ
リビング階段も吹き抜けもなく
1階のエアコンで2階も暖めるのは
不可能だと思いますが



ペンギン邸は

無暖房j


床下エアコンという
普通のエアコンをこのように配置することで
1台だけで全部暖まるようになっていますね


特に最近は
みなさんUa値を気にするようになったので


数値だけはいい
寒い家なんかも存在してしまいますが






ペンギン邸みたいに
3,4年も前にG3住宅なんて家は
めちゃ考えられて作られてますね



今でもG2までは
いい窓に断熱材増やせば達成出来るので
ローコストメーカーでも作っていますが



G3住宅ってのは
かなり敷居が高い性能です










・お金出せるならG2性能は欲しいですね



このブログは
超ローコストでも快適にがコンセプトなので
性能はG1位を推奨していますが



やはり普通の予算が出せるなら
G2性能は欲しいと思います




私の場合はちょっと
金が無いという諸事情があって(笑)


どうしても住宅ローンを
6万円以下にする必要があったのですけど


もうちょっと出せるなら
やはり性能に振りますね



今は
タマホームなどの
標準仕様も
もっと性能がいいですが



だいたい
ローコストメーカーから
さらに300~400万追加すると


・超高性能住宅に出来るか


・性能はローコストと変わらないけど
 色々と豪華な
 大手メーカーに出来るか


つまり
費用は大手メーカーも
高性能住宅もほぼ同じなので


いつも
twitterなんかだと
どっちがいいか揉めていますが(笑)



私なら
高性能住宅を取ると思います



ただ、前にも言いましたけど
我が家でも
充分快適なのは間違いないですし



じゃあ300万円上げるから
もう一度建ててみてと言われたら


無暖房k

今と同じ家を建てて
キャンピングカー買いますけどね(笑)




それか

無暖房L


庭にログハウス作って
薪ストーブってのも欲しいですが



「300万円上げるから
家に使えって」って話なら



間違いなく性能に使います



「お金貰っても
間取りも設備も変える必要は何もない」

思ってますが




「無料で3℃性能が良くなる」なら
変更したいですからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・


まあ、同じ広さで
同じ間取りで


ハウスメーカーと
工務店で
同じ金額で作ったら



性能値が変わるのは
100%間違いないですから



私なら同じ金額なら
性能値の高い方を選びますけど


無暖房m


今はレオハウスも
最高グレードならG2だし
気密性能も保証してますし



これでいいですかね



まあ、タマホームも同じですが


ローコストメーカーだからと言って
気軽に最高グレード見ると
めちゃ高くてビックリすると思いますが・・・



私が家を建てた時は
我が家のプランが最高グレードでしたので
ここ3,4年で大きく変わりましたね



価値観、生活の違いがあるので
どれが正解とかはありませんけど



私なら照明とか家具とかに
何百万円も増額するなら
断熱材増やしたりします



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村








コメントする

名前
 
  絵文字