外構工事

2018年06月02日



~前回の続きです~



外構業者さんも決まったので

細かい打ち合せを行います

外構3-a

こちらが前回頂いた設計図ですが

色々と打ち合せした結果


結構変わった部分もありました





①駐車場の幅を広くしたい

前回貰った設計図だと

外構3-b


コンクリート1つの幅が80cmなのですが


もちろん問題はない幅ですが
もう少し余裕が欲しいので
1mにしました


その周りは
見た目や尖ってる危険もあるので


砕石では無くて
白の砂利を敷くことにします



外構3-c

万が一のために
車止めも付けて貰います






②フェンスも変更しました

最初の見積りだと
YKKになっていますが


LIXILに変更しました

外構3-d

LIXILのハイグリッドフェンスN8型です


特徴も無い安い奴ですが


フェンスを施工する目的が
子供が登らないようにという用途だけなので


フェンスは開放感が下がるので
大人だけなら要らないと思っているので


「とにかく目立たない」事を
第一に選びました



それでもフェンス付けるなら
木製のオシャレな
フェンスも少しだけ考えましたが


木製のフェンスだと足かけて登れてしまうので


細かい網目の特徴のないフェンスにしました
色も茶色で存在感がさらに薄くなります



外構3-e

家の右側はJRとの境なので
基礎のブロックが高くて
20cmちょっとあるので
こちらは1mのフェンス


上と左には無いので20cm高くして
1m20cmのフェンスで設置すると


完成した高さが全部同じ位になります





③家の周りの砂利


外構3-f


こちらは
防草シートを敷いて
その上に白い6号砂利を敷きます






④人工芝を敷くことにしました


そして家の南側は
人工芝を施工します

外構3-g

本物の芝は管理出来そうにないし


虫も来るだろうし


今のリアル人工芝が
かなり綺麗なので
こちらにしました


外構3-h

リアル人工芝です
パッと見は天然芝位の見た目です




・ここまでの総額です



外構3-i


・駐車場の土間コンクリート 21㎡
・車止め
・駐車場の白砂利
・家の周りに防草シートと白砂利 

防草シートと砂利は全部で63平米です

・人工芝19㎡

こちらの部分で485,800円




次にフェンス部分はこちら
外構3-j


・フェンス1m20cm 9枚
・フェンス1m  17枚
・コア抜きと施工費


フェンス部分が471,280円


その他費用です

外構3-k

・運搬費等諸経費が50,000円


値引きも含めて

総額で
税込1,080,000円になりました



玄関周りなどは何もせずに

・フェンス
・防草シートと白砂利
・駐車場のコンクリート

こちらだけの価格なので
全部するには

300万円位は
かかるかなぁと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年06月01日



3社に外構工事の
見積りを依頼をする事になって



やはり現場を見ないと話が進まないですから
家まで来て頂いて打ち合せをします


このうち1社は工事が
かなり先になると言うので
2社と打合せします





・駐車場部分


駐車場は全部コンクリートだと
照り返しも強いし


子供が手を付くと
夏はやけどする暑さになるので


タイヤ部分だけをコンクリート
後は砂利を敷く事にしました


外構2-a

金額は
全部コンクリートの場合と
タイヤ部分だけでも


生コンの量は少ないのですが
型枠が増えるので

余り変わらないのですが
こちらで作ります



・カーポートは無しで


駐車場はとりあえず2台分なので
汚れや熱を防げる
カーポートも魅力なのですが

つい数年前に
大雪が降って


色んな場所で
カーポートが壊れてました


外構2-b

4,5年前の積雪1m超えの大雪です


雪が盛り上がっている所に
私の車が埋まってます


ここまでの雪は
人生で1回しかないのですが


無くてもいいかなと思ったので
カーポートは付けませんでした





・家の周りは砂利を敷きたい


玄関周りだけ
レオハウスの業者さんが


砕石敷いて転圧してくれているので
こちらは大丈夫ですが



他は土なので


雨が降ると泥も跳ねますし
雑草も生えるので


防草シートを敷いて
その上に砂利を敷きます


外構2-c

玄関周りは大丈夫なので
黄色の部分だけ施工でします



・業者さん決定


とりあえず

・コンクリートの施工して

・フェンス付けて

・砂利敷く

これだけですが


金額はどこも同じ位でしたので


一番近くて
打ち合せもすぐ来てくれた
業者さんにしました



仕事で取引のある
ホームセンターさんです


ホームセンターの
リフォーム専門の部署なので


実際に工事をする業者さんは
別の下請けさんですが


その業者さんとも
付き合いがあるので安心です



今までの
家の新築に比べたら


それほど
打ち合せする事も無いですが


コンクリートの幅や奥行と
フェンスの高さなどと

外構2-d


家の南側をどうするかなど


ここは
全面砂利では寂しいので




2018年05月31日

家は無事引き渡しまで
終わりましたが


外構は手つかずです

外構a

引き渡し4日後の写真です


何もしてないので
雨が降ったら
駐車場がぬかるみます





・まずは早急にしたい外構部分


まずは土になっていて
雨が降ると大変不便な
車を止めるスペースをコンクリートに


そして

外構b

線路沿いですし
裏手は駐車場なので


まだハイハイからやっと
ヨチヨチ歩きの子供が
ちゃんと歩けるようになるまでに

家の周りにフェンスを作りたいです



後は

やはり雨が降ると今は
土なので建物に泥が跳ね返るので

家の周りに砂利を敷くなどの対策です




・一応レオハウスからでも頼めますが


工務さんからハッキリと
「直接頼んだ方がいいですよー」って
言われました


レオハウスから依頼すると
金額が高くなるので


引き渡しまでに
外構も一緒に完成させたいなら

スケジュールや
他の工事の邪魔になっては
困るので

ハウスメーカーから依頼するしか無いですが



我が家の場合は
引き渡し後の工事なので
直接頼んだ方がいいです



ハウスメーカーももちろんですが
外構業者さんは
かなり仕事上付き合いがあって


レオハウスだと
どこの外構業者なんですか?
って聞いた時に


2社教えてくれたのですが

両方とも仕事で取引してるので
こちらの2社と合わせて


全部で3社に見積りを
頼む事にしました






・一応自分でも可能ですが・・・


会社の人に
外構を業者に頼むなんて話をすると
「自分でやれ」って言われます


・家の周りに砂利を敷く場合
(若干簡略化しますが)


1・水を撒く(自分で可能)

2・転圧する(転圧機は会社から借りれる)

3・再生砕石を敷く(砕石も会社から貰える)

4・また転圧

5・防草シート敷く

6・砂利を敷く


防草シートと砂利だけ
買ってくれば可能です(笑)






ちょっとした
マメ知識ですが


再生砕石は
(よくRCっていいます)


コンクリートを破砕して
再生した砕石なので


尖っている部分もあり
一番上に敷く仕上げには
オススメしませんが


下に敷く場合は
砂利よりも地面が
踏み固めしやすいです


会社でコンクリートを
処分してますので


再生砕石もたくさん作りますので


外構業者さんは
うちから買っていくので
知り合いです





同僚も砕石はダンプで持ってくよー
とか言ってくれましたが


型枠も手に入るし
生コン業者も知り合いですから
時間と技術さえあれば


1人で可能といえば可能なのですが
専門じゃないので技術に不安なのと



子育て中で
休日も自由時間がそれほどない時なので
完成に1年以上かかりそうなので
止めました



義父も建設業なので
それこそ色々出来ますし


放っておくと、どんどん外構が
進んで行きそうですが


何か不具合があった時に
責めようがないので
業者に依頼する事にしました