2019年10月

2019年10月30日





最近ツイッターなどで
色々な住宅ブログを
書いている方と交流があります





ずっと住宅ブログを
書いている方々が多いですから


大抵は自分の建てた
ハウスメーカーや工務店を
気に入っていますので


自分の建てたメーカーが
いかに良かったかを書いています



とはいえ、違うメーカーを
けなしたりはしませんし
(一部そういうブログもありますが



「そういう考えもあるよね~」
色々と参考になる話をしているのですが



満足している方のほとんどって


自分が決めたハウスメーカーや
工務店の間取り


もしくは建売住宅や
モデルハウスを実際に見て


「これだ!」ってときめいているんですね


まさに運命的な
出会いといいますか


これっていう間取りがあるわけですから
当然失敗も少ないので


満足出来る家が出来ます






・私は別のメーカーで「ときめいて」しまいましたが・・・


私の場合は
建売住宅は6~7件


ハウスメーカー、工務店も
5~6軒廻って


モデルハウスやオープンハウスも
何件も見学していましたが



その時は
「ここは参考になるな」とか


「こっちはいいけど、ここはダメだなぁ」とか
色々と思っていたのですが



ときめくa


タマホームのモデルハウスを
見た時に




「この家に住みたい」
間取りが決まりました



ときめくb

3軒モデルハウスがありますが
一番右の家です



モデルハウスが大きかったので
要らない部屋を削ったり


なるべく長持ちしたい家がいいので
切妻屋根にして瓦屋根に変更したり
していますが


我が家の間取りはタマホームの
モデルハウスとほぼ同じです




タマホームの営業さんに


「あのモデルハウスと同じにして」
頼んだ最初の間取り図がこちらです


ときめくc



そういう経緯もあり
特に問題が無ければ
タマホームで契約になる所でしたが


営業さんとの相性など、色々あって
レオハウスと契約しました




こちらが実際の間取りですから
ほぼ同じです

ときめくd



その辺の話は過去にこちらに書いていますが






私を担当してくれた
レオハウスの営業さんが


元タマホームの営業だったので
モデルハウスがそのまま分かるので


こちらでも話は早かったです



実際に住むのに
収納を変えたり


子供が小さいので
安全面で変更した箇所や
希望の開放感を増やすなどの
変更はありますが



基本の間取りはほとんど変わってなく


「この家に住みたい」という家ですから
当然満足しています





・20社とか30社見るのも大変ですが


なんか間取り作成無料の
サイト紹介みたいな流れになってますが(笑)


ヒアリングも無く
実際のモデルハウスも見ずに



間取りばかり作ってもらっても
意味は無いと思ってますので



某タウンライフとかは貼りませんが(笑)
(むしろ営業電話が増えて大変・・・)







こういうの・・・



本当に満足している方のブログって


運命的に出会ったとか
見た瞬間決めたとか


まるで結婚相手のように
決まるみたいです


まあ私の嫁を最初見て
まさか結婚するとは思ってなかったので
その例えにならない人もいますが


数を多く見れば
「やっぱりあっちの方が良かったかなぁ」って
迷いも出ないですし



少なくとも私の場合は
予算内で建てれる所は
ほぼ全て見ましたので


全く後悔などはありません


1軒見るのに営業さんとの話も入れると
2~3時間はかかりますから


本当に大変なのですが


数千万円の買い物ですし
自分が満足出来る家が出来る
第一歩なので


ここは本当に時間を掛けて
選んで欲しいです








・素人が間取りを作って大丈夫なの?


何件見ても「ときめかない」人もいれば


最初から自分で決まっていて
間取りを作成する人もいます


ときめくe




こういうのがあって
安いものだと1万円以下で購入出来ますが








住宅関係、デザイン等の
経験者さんならともかく


全くの素人がイチから作ると


「絶対に実際に生活したら
住みにくい家になる確率が上がります



特に、広い家なら
まだ大丈夫なのですが


割と多い失敗が


限られたスペースに色々と
希望を詰め込み過ぎて失敗するのが
多いという事なので



最初の案を設計士さんに作ってもらう
それを参考に手直し


これの繰り返しがいいと思います



あきらかに通常の建売や
規格住宅では無い作りの場合


「設計士さんならどう思います」って
聞いた方が絶対にいいです


なにしろ相手はプロですから


そのためにも
「自分と合う人」がいるメーカーを見つけて
色々と言い合える関係にならないと



満足出来る家が作れないと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月27日





他のブログをいくつか見ると


ローコスト住宅だから
欠陥が多いみたいな記事もあるのですが



実際もっと高いメーカーも
色々と欠陥やクレームも
あったりもしますが・・・


欠陥a

我が家の場合は施工も特に問題無く



不満も何も無く
快適に暮らしています


しかし、欠陥やクレームの
ブログを見ると


施主の行動によっては
充分防げたというのがあるので



私の経験談から
なるべく被害に
遭わないコツを書いていきます





・大前提は気の合う営業さんと納得いく間取り


まず工事に入る前の段階で
「イマイチ」って思っていたら
絶対に満足いく家は建ちませんので


・納得いく間取り
・納得いく性能
・納得いく値段


こちらが大前提なのですが


クレーム記事を見ると


「本当は私は〇〇したかったのに
営業さんは〇〇を勧めた」

とか・・・



これは結局は施主さんの
ミスですので


もちろん的確なアドバイスを無視して


住みにくい家になっては
意味もありませんが・・・



お互いに色々と言い合える
仲にならないと
いい家は建たないと思うので



まずは営業さん、設計士さんが
自分に合うメーカーを選んでから


家作りをスタートさせましょう



この段階でダメなら
先には満足に進めません


欠陥b

たくさん印鑑押すので
割と簡単に考える人もいますが


契約後に解除なんて話になると
手間もお金も大変ですから


ここはどんなに
時間がかかっても



納得いくメーカーや工務店を
選びましょう







・工事開始~の欠陥を防ぐコツ①
 
「一番いい人に担当になってもらう」



凄い高いメーカーは
見てもいないので知りませんが


なんとなく高いメーカーは
全員が一流ってイメージはありますが・・・



そしてローコストメーカーですが


やはりちょっと腕が落ちたり
ちょっと「??」って
工務さんがいるかもしれません
(もちろん素晴らしい人もいますよ)



それでも施主さんの行動で
防げる事もたくさんあるのですが


まずは、そのメーカーで
一番信頼が置ける人


一番腕のいい人に
担当してもらいたいと思いますが


少なくとも
私の家を作った大工さんは
問題無かったですし


担当工務さんは
素晴らしい方で


甲府店の工務長さんでしたから
一番偉い方だったので
全く問題は無かったです




営業さんは
最初に付いた人がそのまま
担当になる事が多いので運だと思いますが



工務さん、現場監督さん
設計士さんは



例えば
私が注文した
レオハウス甲府店でも


ある程度規模のある
メーカーですから
一人では無くて何人か
工務さんはいます




そして、私の担当の工務さんは


甲府店の工務長さんでしたので
一番立場が上の方です



もちろん予定が
いっぱいって事もありますが



一番いい人に担当になってもらうには




そのハウスメーカーで
一番大事なお客と思われればいいと思います



そして割と簡単に
大事な客になれる方法があります





・一番お金を使う



せつない話ですが
やはり商売な以上お金は大事です



妻は20年ほど
アパレルで販売業をしていますし


私も前職は
ホテルマンでしたので


最終的な
ハウスメーカー選びの一因とも
なったのですが



「高いメーカーの安いプラン」の客になるよりも

「安いメーカーの高いプラン」
の客になった方が


お客を大事にすると感じました



理想論では
全員に満足して、同じ対応を
取りたいですが


現実はそこまでうまくいきません



私が旅館の
支配人をしていた時代の話ですが


一番安いプランですと平日なら12,500円
一番高いプランだと平日で38,000円です


もちろん部屋のグレードも違いますが


料理を出すタイミング
何か言われてたらすぐ対応する
一番近い駐車場を専用に使える


などなどやはり高いお金を払うお客様は
色々と気を使います




そして注文住宅に置き換えると
例えば出せる予算が2,500万円として

欠陥b2


Aの高級メーカーで一番下の
グレードを注文するより



Bの安いメーカーで
一番高いプランを注文した方が
私達はいいと思いました



しかし注意点として


Aの高いプランだけ外壁がタイル
他はサイディングなんてパターンの場合


仮に他の施主さんは
10人いたら1人しかAの高いプランを
申し込まないような場合は


現場の方が
めったに施工しない
タイル外壁を作る事になりますから



こういうパターンなら
やめたほうがいいです


やはり作り慣れている物を作るのが
一番欠陥が起きません


レオハウスの場合
同じ大人気の家cocoでも

Dセレクト
Vセレクト
Bセレクトとあって


サイディングの種類や厚み
サッシ類などのグレード


設備のグレードなどは違いますが


基本設計は同じです


欠陥c

我が家は土地代、土地関係のお金を抜くと
2,050万円と



かなりローコストですが
レオハウスでは上のグレードになります



さらにDセレクトは
吹き付け断熱なので


グラスウールよりも
施工は簡単ですから


欠陥の可能性はもっと減ります






・工事開始~の欠陥を防ぐコツ②
 
「知ってる建築関係者を使う」



営業さんが
「うちは施工もしっかりしてます」とか


「大工さんは一流です」などなど



工事の話をしてきたら




「その点は義兄が大工なので
チェックしてもらいます」とか


「親戚が建設関係多いので大丈夫です」


とか、この辺のハッタリは
言って損はないと思います(笑)



私の場合は
義父が本当に大工ですし


私も大工じゃないですが
解体して処分する会社にいますから


ある程度は分かりますので


「こいつ、うるさそうだな」って
思われるのは
好都合です



決して、嫌な客にはならず
知ってそうな客って思われればいいので


今は住宅系ブログもたくさんあるので
知識を得るのはやはりオススメです



信頼出来る工務さんが付いて


工務さんから大工さんに
「この客の家はちゃんとしてくれ」って
伝われば


その時点で8割以上は
家作りに成功すると思います(笑)


もちろん
全ての工務さん、大工さんが
優秀のメーカーもありますし


小さいところでは
全ての施主が同じ人が
担当という所もありますが


大手のハウスメーカーでは
夫婦とも客商売が長い経験上
割と有効なアイデアだと思っています








・工事開始~の欠陥を防ぐコツ③
 
「やはり現場は見る」



後は色々なブログに書かれていますが
やはり現場はある程度みた方がいいです


私の場合は
毎日工務さんが
進捗のメールをくれましたし


家も近かったので
割と見に行けました


さらに上棟後の打ち合せは
建設途中の家で行っていましたが

欠陥d

仕事もあるので、毎日ではなくて
週2回程度の見学だったと思いますが
自分でチェックはしていました


理想は毎日見れればいいのですが



それでも

・基礎の施工
・基本的な木材の施工
・吹き付け断熱の施工
・タイベックの施工


などなど
隠れてしまう部分は


かならず次の工事で
見えなくなる前にチェックはしました


そして疑問点があったら
必ず工務さんに


質問をして
その都度問題なかったですし




ちょっとしたミスも2箇所ありましたが
すぐに直してもらったので




今も満足している
家を建てれました





◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月24日





新居に合わせて
エアコンを新しく購入される方は多いと思います


エアコンa

我が家もリビングに1台
寝室に1台と


2台購入しました


我が家のエアコンは
2台とも日立「白くまくん」
Xシリーズですが



同じメーカーで
同じ畳数でも


かなりの値段差があります

エアコンb

リビングで使っている23畳用だと4種類

寝室の8畳用は5種類もあります




店員さんは
「高い機種の方が省エネなので
長い目で見ると得ですよ」って


まるでセキスイハイムの営業さんみたいな
セリフをいいますが(笑)



じゃあ10年間使ったら
どちらが得かと言うと




同じ日に見た
価格コムのデータだと



我が家も使っている
23畳用の一番ハイスペック機種


RAS-X71J2は

エアコンc


240,000円です










23畳用で一番安い
RAS-G71J2は

エアコンd



180,400円になっています




2機種の価格差は
約6万円ですから


10年間の使用と考えると


電気代が1年間に
6,000円の差が出れば
高い機種の方がお得になります






メーカー発表の年間電気代は
高い方のRAS-X71J2は


エアコンe


57,564円





安い方の機種
RAS-G71J2だと

エアコンf


80,568円



メーカー発表だと
年間23,000円も差があるので


この計算通りだと
3年間で元が取れてしまいます



しかし、ちょっと調べると
実際はここまで差が出ないのが分かります





・期間電力消費量ってどうやって出す?




メーカー発表値ですが

エアコンg


東京をモデルとして


冷房を5月23日~10月4日
暖房を11月8日~4月16日まで


毎日6:00~24:00まで
使用した場合です



モデルの住宅が
JIS C9612による平均的な
木造住宅とありますが



JIS C9612は過去に10回ほど
改訂して


最新は2013年改正ですが



モデル住宅は新しくなっていないので
昔の隙間が多い家を想定しています




今の高断熱、高気密の住宅なら


それほどパワーを使わずに
エアコンが効きますので


2機種の電気代の差は
ここまでは出ませんし



今の家なら実際23畳でも
さらに1、2ランク落として


20畳、18畳でも大丈夫です



実際我が家では
23畳用1台で


1階全部と吹き抜け、寝室まで
暖房してますので


畳数でいえば35畳程度ありますが
充分暖かいです



とはいえ



高い機種の方が
省エネな事は間違いなく


エアコンh


一番高いRAS-X71J2は
省エネ率が137%


一番安いRAS-G71J2は
省エネ率が100%ですから


寒冷地で
エアコンをよく使う家庭なら


10年スパンで考えたら
6万円程度の差なら
元は取れますが



10万円の差は
なかなか元は取れませんから



エアコンをそこまで使う地域じゃなければ
一番高い機種と安い機種の差は
電気代では埋められませんから



お金の面では
安い機種の方がお得です








・損得以外にハイスペック機種は凄い




こちらがX71とG71の
機能比較です

エアコンi



赤い丸を付けた機能が
高い方の機種「X71」にしか無い機能です



実際に使っていて
便利な機能は



エアコンj


やはり「くらしカメラ」です


人を察知して
サーモグラフで温度も感知するので


私が動くとエアコンの風も
私を追尾して動きますし


私の体温が下がれば
風を当てなくなります



間取りもサーチするので
ソファなどの障害物は
自動で避けますし



とにかく無駄がありません

エアコンk


カメラで人を追って


6枚のフラップが
独立して動くので


きめ細かい動きが可能です

エアコンL


家族で希望の温度が違う場合には
エリアを指定してエアコンを動かす事も出来ます



これだけ違うなら
6万円高いだけなら
お得だと思いますが



夫婦の希望の温度で
揉めた事が無いなら


要らない機能かもしれませんね
(我が家は結構揉めます・・・)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






2019年10月21日





先日、かなり大きな台風が来ましたが


私が住んでいる山梨県でも
結構な強風、大雨がくる予報でした



我が家の窓には

シャッターa

標準でシャッターが付いているので


話題になった
養生テープを貼るみたいな事はなかったですし



万が一台風で物が飛んでも安全なので



もしオプションだったら
値段次第ですが
「付けなかったかもしれない」ので



標準で付いてて
ありがたいなぁと思いました




幸い我が家は、そこまでの風や雨ではなく
家には一切被害なかったので良かったです




去年の台風の時は

シャッターb

DIYで作った柵が壊れてしまったのですが










今回は何も被害が無くて良かったです



ツイッターなどでも
「シャッター付けておけばよかった」
という発言が結構あったので


こういう災害時に役立つ物
普段は使わないので

ありがたみが
普段は分からないのですが





地味ですが、余裕があればあったほうが
当然いいですね。



シャッターc

我が家は庭にベンチとか
砂場とかありますが



万が一飛んできても
ガラスは割れないですから



台風が深夜に来るときでも
安心感はあるので
そこまで心配せずに寝れます






・台風以外のシャッターのメリット


台風時には
「あってよかった」と思うシャッターですが
仮にオプションで、付けた場合に


全部で10万円以上する
結構な金額の物ですから


地域にもよりますが
年に1,2度しか来ない
台風のために設置するのは
結構な高額です



防犯目的にと言う営業さんも
いるかもしれませんが

シャッターd



実際に泥棒で一番多い侵入経路は
1階の窓からなので




泥棒の心理として
5分以上侵入に時間がかかるような家は
入りくいという事ですから


シャッターe


シャッターは施錠も出来ますし


シャッターを開けると
音がしますので


心理的効果はかなり期待が出来ます







ただガチの泥棒が来たら
シャッターだけでは
5分かからず入られると思いますが・・・


後、理由は後述しますが
普段はシャッターしないので
防犯って意味は余り無いかもしれません・・・











・断熱、遮熱にも効果あり



その他の
台風などの災害被害以外のメリットとしては

シャッターf


シャッターが付くと
U値が上がりますので
断熱性能が高くなります



また特に西日が入る窓などは
シャッターがあると遮熱効果は高いですから

シャッターg

夏の暑さ対策には非常に有効です


断熱性能的には普段から
シャッターした方が数値はいいですが


当然リビングとダイニングは
真っ暗になってしまいますので


我が家で使うのは


・台風の時

・夏場の夕方などに限られますので


性能目的でシャッターを
付けても余り使えないかもしれません



西日対策には便利なので
西日が当たる方だけでも付けるのは
かなり有効だと思いますけど





・耐震対策よりは大事かも


どこのハウスメーカーも
耐震はかなり重視していますが


台風対策には
シャッターがあると無いのでは
かなり効果が違いますから


地域にもよりますが


日本なら
年に1回は台風が来るかもって
所も多いですから


頻度としては
地震よりは多いと思うので


家の窓が割れると
色々と大変ですし

家の中にも水は入りますし


台風災害時は
修理業者もすぐには来ませんから


シャッターは付いていたほうが
いいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング









2019年10月18日





私の家の理想は

南欧風a
(こちらはレオハウス加古川店のモデルハウス)


「こういった南欧風の家がいいなぁ」
いうのが漠然とあったんです



妻はこういうのは
好きでは無いんですが



私は「いやいや、建てるからにはこういう家」
思っていたのですが



どうして今の家になったかのお話です


決して
「ダメ」
「はい分かりました・・・」
と即決でボツになった訳ではないんですよ・・・




ちなみにレオハウスのcocoのカタログには
8パターンの外観が載っていたのですが


レオカタログ

という感じで最初から
「まあ揉めるな・・・」って感じで好みは違っていました


右下の屋上庭園以外は
どれに住んでも満足するとは思いますけど

(屋上庭園は将来の水漏れリスク強いんでNGです)





・絶対に譲れない南欧風のための3工程



本当の南欧風までいかなくても
「なんちゃって南欧風」でもいいのですが



南欧風b
(こっちはレオハウス岐阜店のモデルハウス)


・外観にR壁がある

・外壁はクリーム色

・屋根はオレンジ



この3つさえ出来れば
とりあえず「なんちゃって」にはなりますが




我が家を見ると

南欧風c


・外観にR壁は無い

・外壁は白と茶色

・屋根は緑


という風に最初は南欧風を希望したのですが
1つも当てはまりません・・・



なぜかというと・・・・





・まず屋根を諦めた話・・・



こちらがレオハウスで
標準で選べた屋根瓦です

南欧風d

標準にもオレンジはあるので
こちらを選べば


まずは南欧風の
第一歩を踏み出せますが



契約時にブログに書きましたが


大人気の家CoCo誕生記念
プチセレブキャンペーンというのがあり



①屋上施工
②キッチングレードアップ&テレビボード
③ペット仕様の家
④子供仕様の家
⑤太陽光


この中から1つプレゼントという企画で


南欧風e

一番コスパに優れている
太陽光にしましたが



「太陽光付けるならフラット瓦にしてね」という事で


南欧風f

こうなると標準では4種類です


イーグルロックの平瓦に
オレンジは無いのですが


もちろんオプション費用さえ払えば


他メーカーの
オレンジの瓦も付けれるでしょうが


夫婦ともに絶対南欧風って考えなら
変更しますけど


妻は南欧風は嫌で
私も出来たら南欧風がいいな程度ですから


特に性能面に関して
瓦屋根は絶対譲れないという希望を出してますから


色選びは妻になりましたので
「色にオプション費用掛けなくて良い」という事で


紺と黒は和風すぎるので
緑になりました
(綺麗ですけどね、緑の瓦)


ここで南欧風計画がまず崩れます(笑)








・サイディングでR壁も可能ですけど・・・



南欧風の壁といえば

南欧風g
(こちらは本場スペインの建物)


こちらのスペイン瓦の販売や
南欧風の施工が出来る

こちらより画像を借りました



本場の南欧風建物の
外壁はサイディングじゃなくて漆喰ですね



もちろん色味だけなら
サイディングでも可能ですけど


サイディングでRを作るというのは
デメリットも多く・・・


まず全部サイディングでは
本来、そのように使う物ではないですから


耐久性が弱くなるので却下ですね
(R壁用のサイディングも売ってますけど)


通常はRの部分の天井のみ
モルタル仕上げにする事が多いですが


こうすると当然予算がかかります


という事で
こちらも標準内にしたいので諦めました






・色だけ南欧風がおかしかったんです


屋根も形も南欧風では無くなったので

こうなると色選びも
クリーム色って希望は無くなって


今の家に合う色になって


私がサイディングの種類の希望だけ出して
色は妻が選ぶという事になりました


南欧風i

画像補正してクリーム色にするとこんな感じです(笑)



南欧風でも良かったなぁと思いますけど
今の家も気に入っていますので問題ないですが


結局「南欧風は嫌い」という妻の希望が通った形ですね


何故、妻が南欧風が嫌なのかと言うと


・40代でこんな家恥ずかしい・・・
・70歳とか80歳で、南欧風の家住むの?
・そもそも海も無い山梨で南欧風?



などなど色々ディスられたので
全部が標準で出来ていたとしても


南欧風にしなかったかもしれませんね



結局、色やデザインに関しては
アパレル業界で20年以上勤めている妻の方が
「間違いは無い」のでおまかせしました
(性能や間取りが私の担当)


そういや、私は「キッチン緑がいい」とか最初言ってたので
妻にまかせて正解だったかもしれません(笑)


なかなかセンスが無いと
単品、単品で好みの色を選んでしまって
トータルで考えるのが難しいんですよね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング