2021年06月11日






ブログや
ツイッターを見てますと



結構な割合で
最初の予算より
オーバーしている人がいます





「せっかくのマイホームだし
ここは妥協したくない」



「友人の家はもっと豪華だった」



などなど



そんな時に
営業さんは
お金を出させるプロですから



割と多いのが
毎月のローン金額
言ってきますね




「これとこれ追加で
100万円アップですね」



これだけ言われると
高いって感じる人も多いですが



「100万円上乗せしても
毎月の支払いは3,000円上がるだけですよ」



こうなると



「住宅ローンが
69,000円から72,000円なら
大丈夫かなぁ」
悩む人も出て来ます




さらに上級者の営業さんになると


「1日あたり100円
毎日コンビニコーヒー我慢すれば
同じですよ」



同じ100万円アップでも
結構安く感じますね




たしかにコンビニのコーヒーは100円なので

・1ヶ月で3,000円

・1年で36,000円

・35年だと126万円ですけど・・・



ローン金利含めれば
今の低金利だと
同じですが



これは昔から
高い物を買わせるテクニックで


予算a



悩んでいる時は
日割りや月額で言うと
安いと思い込みしやすいんですね



たしかに現金一括で
買う人は少ないですけど



こういう時に
本当にその価値があるかどうかは



こちらも月額サービスで
考えると割と冷静になれます




例えばこちらの音楽サービス


予算b


applemusicなどの
サブスクはだいたい月額1,000円なので



・1年間で12,000円

・35年間なら420,000円です




35年間と考えると
結構高いと感じますが




仮にハウスメーカーからの提案で


音楽サブスクが
35年間付くサービスがあった場合に




ずっと音楽を聴いてるなら

「30万円です」って言われたら得だし


「50万円です」なら損しますね




損か得か
すぐ分かるような
金銭感覚を身に着けると
騙される事はなくなりますね



そもそも音楽サブスクが
35年間も続くかって問題もありますけど(笑)




こちらも
サブスクで考えると



どれくらい
追加料金が大変なのか
理解しやすくなります





・「ノーメンテ」やいつまでも綺麗に住みたいコース



今はサブスクとか月額課金って
多いですが


そういうサービスは割と昔からあって



「このフローリングは
いつまでも綺麗です」とか



「ノーメンテ商品です」



なんて言葉で追加費用ってのも
多いですが




例えば私も申し込みした
こちらのダスキンセット


予算c


これが毎月1回新しい物が
届いて毎月2,000円


・1年間で24,000円

・35年間で840,000円です




住宅ローンの金利を考えると


家の金額で言えば
60万円アップと同じ位ですね



フローリングや玄関など
「掃除が楽になる」
60万円追加するなら



35年間
新しい掃除用品のが
綺麗になる気がします(笑)






60万円位なら
余り考えずに
上乗せしちゃう人も
多いんじゃないでしょうか・・・




住宅を買う時の
金銭感覚麻痺は本当に凄く



これだけお金が無い私でも


建築中は1万円は
端数って時がありました


・・・・・
・・・・
・・・
・・



さらに大手ハウスメーカーには
よくある


「結局200万円上がりました」って奴ですね



200万円のアップだと
毎月の支払いが
約6,000円変わってきます




「まあ6,000円くらいなら」
って人も多いですけど


予算d



これと同じ費用で
毎月清掃サービスが使えます



1回2時間で
キッチンとお風呂を
大掃除してくれますから
いつまでも綺麗ですね



設備で200万円アップ

vs

35年間毎月掃除に
来てくれるサービスと考えると



結構悩む人が
出てくるんじゃないでしょうか






・サブスクで分かりにくい場合はこちら



家族で生活する為の家ですから
家族での旅行も楽しみですね




月額だと安く感じちゃう人には
100万円アップの代わりに

予算e


35年間、家族で
ディズニーランド無料ご招待が付く
プランと同じと考えます





100万円の追加料金は
金利を入れると


・毎月3,000円

・年間36,000円を

35年間払うわけですから





我が家なら

・大人2枚

・子供2枚



4枚のディズニーパスポートで
26,200円なので



さらに1万円分
お土産も付きます(笑)




まあ、35年間も
子供が一緒にディズニー行くかっていう
別問題はありますが





色々とオプション追加して
300万円の金額アップしても


営業さんは
「毎月10,000円の追加ですよ」って
言いますけど



毎年12万円の旅行券が
35年間付いてくるのと同じですからね



だいたい
世の中で家を買う以外に


100万円、200万円追加なんて
通常はありえません


セレブな人とか
ホストクラブなんかは
別でしょうけど(笑)




ただでさえ
金銭感覚がマヒしてる時に




月額とか日割りで
言われちゃうと


「まあ大丈夫か」
って思いがちです・・・






・ブログやツイッターの「謙遜」に騙されるな(笑)




予算が
本当に余裕があるなら


何を追加してもいいのですが



そもそも予算ってのは
家庭によって違います



・世帯年収1,500万円の家庭と


・世帯年収800万円の我が家では
 同じ家が買えるわけがありません



そこで問題になるのが
よくツイッターなどでありがちな



「うわー、結局300万円オーバー
でも憧れてた設備なので満足」みたいな奴です(笑)



こういうのを見ると


「みんなある程度
オーバーしてるんだなぁ」



「私もせっかくのマイホームだし
ちょっとのオーバーなら」みたいな
感覚になりやすいですが



その方は
そもそも300万円アップしても
実は平気な収入があるかもしれません・・・




ここで書いてる事だって
そもそもお金持ちには



「好きな家建てて
掃除サービスも使って
旅行も行けばいいじゃん」って
話になっちゃいます



特に予算を「なんとなく」
余り決めずに家を見に行ってしまうと



どうしても豪華な設備を
知ってしまったら
諦めきれないとかありますからね



そこで月額や日割りで
安く思わせるという技が出ます・・・




我が家が低収入なのに
特にお金を気にせずに旅行に行けて
好きな服とか買えるのは



住宅ローンが
毎月58,000円という安さなのが
大きいですから



まずは予算をしっかり決めてから
家を見に行って欲しいですね










・当初予算とブレないのが良い営業さん?




他にお金の面で
注意が必要なのは


何も追加してないのに
予算が上がったパターンですね






これは単純に


・営業さんの見積り力不足か

・営業さんがワザとしてるかの



2パターンしかありませんけど




こちらから
「これ以上金額増えませんよね?」
と質問して




「大丈夫です多めに予算組んでます(ニコッ)」


からのアップも
たくさんあります・・・







我が家が契約書捺印前に貰ったのが


レオハウスe


こちらです



我が家は土地代など
全て含めて3,000万円ほどが
上限の希望でしたが



当然、満足出来る性能、広さなら
安い方がいいです




エアコン代とか
カーテン代も概算で
見積書に入ってますが





実際の総額が



https://reogress.net/archives/8607574.html


2,750万円と
60万円の差でした




とはいえ
物置とかソファ、テーブルなども
購入したので


他は、ほぼ見積り通りでしたから
問題なかったです





特に諸費用ですね


予算f


この辺は契約前はワザと
安く見せようとすれば
色々と出来ますからね・・・




快適に暮らせるように
家を買って



お金が苦しくて
快適じゃ無ければ意味がないですから




数社見積りを貰って
色々と比べると
だいたいの相場観が分かると思います






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング













PVアクセスランキング にほんブログ村




コメントする

名前
 
  絵文字