2018年03月01日




aプラン540-640

こちらが現在(2018年3月)の
レオハウスのメインプランです(2種類)


私が契約した時は(契約は2016年7月です)
「大人気の家CoCoLife」は無かったのですが
こちらはCube系の家になるので

・ガルバリウム壁
・陸屋根

こういう特徴の家で
bプラン540-360

cプラン540-360


設備も1種類しかない代わりに
2階建て35坪1300万円という
超ローコストな設定です。
Cube系の家は余り好きではないのですが



私が契約したのが
「大人気の家CoCo」の方になりますが

全国規模のハウスメーカーが
1種類しかプランが無いのはおかしいのですが
なぜか「大人気の家CoCo」とは表示あるのですが
これ以外がありません。

dプラン540-360


web上だとこれしか載って無く
ベーシックから好きなものを増やすとか
書いてあるのですが一応プランが数種類あります。

ロゴデザインといい、webの説明といい
そっちは苦手なのかなって思ってしまいます
(住宅屋なので家の性能が良ければ問題ないですが)



大人気の家CoCoの中に

・B(ベーシック)
・Vセレクト
・Dセレクト
の3種類あります。

もっと高いP(プレミアム)もあるらしいですが
カタログもシートも見た事ないし
営業さんも
「Dセレクトが一番グレード高いです」と言っていたので
イレギュラーな金持ち対応かもしれません


B・V・Dも住宅の基本的な部分は同じで

eプラン540-360


・ベタ基礎
・土台はヒノキの120角(4寸)
・柱は4寸の集成材
・コンセントや窓の数


この辺の基本構造はどのプランでも同じです。

fプラン540-360

我が家のプランは
正確に言うと
「大人気の家CoCo Dセレクト」
というプランになって


基本的な部分以外の主に設備面が違います。



レオハウスに最初に行った時に営業さんに
伝えた希望が

・スキップフロアが欲しい
・瓦屋根がいい
・吹き付け断熱にして欲しい

このように伝えたので
最初からDセレクトになったのですが


ベーシックとVセレクトは
屋根材はスレート(コロニアル)のみですが
Dセレクトはスレート、ガルバリウム、瓦が選べます。


断熱材ベーシックとVセレクトはグラスウールですが
Dセレクトは吹き付け断熱になります。


もちろんベーシックやVセレクトでも
オプションとして変更は出来ますが
全部変えた場合Dセレクトを選んだ方が安くなります。
マクドナルドのセットと単品みたいな違いです。


ベーシックとVセレクトは同じじゃんって感じですが
例えばサイディングが


・ベーシックは1メーカーで14mmのみ
(14mmなので釘打ち工法)
・Vセレクトは2メーカーで16mmまで選択可能
・Dセレクトは4メーカーで18mmまで選択可能


など選べる幅がだんだん上がっていきます。


金額で言うと坪数や地域で変わりますが

ベーシックに150万円上乗せでVセレクト
ベーシックに300万円上乗せでDセレクト
こちらがおよその目安です。







・さらに安いのもあります

大人気の家CoCo以外に余り表に出ない
「大人気の家バリュー」というのもあります。

さらっと見せて貰いましたが
設備選択肢はかなり少なく
構造体も変わります(3.5寸)
値段はDセレクトより400万ちょっと下がってました。

営業さんが見せてくれた時に
「せっかくだからいい家住みましょう」って
Dセレクト勧めてくれましたが

予算がバリューしかないって言ったら
「これで充分ですよ」って
絶対言うよなぁって思いました





・結局坪単価はいくら?

レオハウスやタマホーム、アエラホームなど
ローコストと呼ばれるメーカーは
まず単価の計算が違います
(ちょっとでも安く見せたいのですね)

gプラン

我が家の大きさがこちらです


上の延床面積が通常の計算方法です
(セキスイさんとかの計算方法)


下の施工面積というのは
玄関ポーチやバルコニーなどが含まれています。


ローコストメーカーは
ほとんど、この施工面積で計算を出します


fプラン


我が家の建物工事費が約1,737万円なので

上の延床面積で計算すると
1,737万÷34.56=坪単価502,604円

下の施工面積で計算すると
1,737万÷39.14=坪単価443,791円

こうなって坪単価で58,000円ほど下がります
(支払う金額は変わりませんが)



・もちろんこれだけでは建ちませんが・・・

上記工事費には入ってないものが

・各種オプション工事費
・別途工事費
・水道の加入金や工事費
・建物の登記料や印紙税
・火災保険料
・ローンの手数料

などなどあります。

後は
・カーテン
・エアコン
など、住むなら必須な物も入っていません。


我が家の場合こちらの総額が349万円でした。


この金額はどうも
ローコストメーカーのが高くなる気がします
(一条工務店さんはもっと安かったですし)


なので
土地代と外構費以外で2,000万円ちょっと
あればレオハウスならグレードの高いプランが選べます。


検討したメーカーだと一条工務店さんでは
安い方のicubeで、設備を全て標準仕様で我慢して
やっとこの位の金額ですね。


今の所は何の不満もなく
子供は冬でもシャツ1枚に素足でも
寒くなく過ごせるし
満足度は非常に高いです。


基本料金が安い分
オプション費用も追加出来ましたし


※住宅は地域区分があって
基本的な断熱性能などの基準が異なりますので
住んでる場所に基準の仕様が変わります。
(建てた山梨県甲府市は5地域です)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング






コメントする

名前
 
  絵文字