2020年04月17日






最近は
雨漏りしやすいからと


バルコニーを設置しなかったり
する人が多いですけど



使わないなら
無くても問題ないですから




生活スタイルによっては
バルコニーが要らない人もいますけど



あれば便利って人でも
「雨漏りするんで設置しない方がいい」って
理由だけなら


ちゃんとメンテナンスすれば
そこまで高い費用でも無いですし



メンテナンス期間も
それほど頻繁でもありません
(5年に1回で充分です)




そもそも
ちゃんと雨漏りせず施工して


適切なメンテナンスを
教えるのが



ハウスメーカーなり
工務店の仕事だと思いますが・・・


FRP防水a


我が家には若干大きくバルコニーを
作りました





FRP防水b


2部屋分あって
片方は完全なインナーバルコニーです


もう片方は
雨が降ったら濡れるし
日も当たる普通のバルコニーです



部屋干しするし
使い道が無いって人は
無理に作る必要はないと思います




我が家の場合は


・洗濯物は外で干したい

・でも庭に干すと泥棒の可能性も・・・

・リビングから洗濯物が見えると癒されない・・・

・室内干しは夏の湿度調整が大変・・・

・田舎なので排気ガスとかは問題ない

・花粉症も誰もいない

・犬がいたので遊び場にしたい

・妻がハンモック買って本読みたい

・寝室を見ながらベンチ置いて休めるので
 子供が小さい時は便利

・喫煙所


などなどの理由で
ベランダを作りました





・ウレタン、FRP、金属など、どれもメリット、デメリットがあります




今の新築建物でしたら


FRP防水が一番多く
次がウレタン防水


金属防水はちょっと値段が高いので
その後って感じですが


仕事で解体する昔の建物だと
シート防水といって


名前の通り
防水シートを継ぎ目無く
貼っていく施工が一番多かったです


シート防水も
今は進化していて


私が解体するような
昔の建物だと


ゴムシートだったり
屋根の防水シートと同じ
アスファルトシートだったりしますが



こちらは今はほとんどないですが


FRP防水c


ヘーベルハウスなどでは
塩ビシート防水が標準になっています。


あの高いヘーベルで
標準ですから
ちゃんと施工すれば
シート工法でも問題ないですが



一番職人の差が出やすいですね
(ローコストの短工期だと危険かもしれません




・今は少数派なウレタン防水


FRPが普及する前は
一般的だった



ウレタン防水です

FRP防水d




ウレタン防水も
FRP防水も


上からトップコートで塗装するので
見た目は変わりませんが



FRP防水の方が
耐久性が高いので


今は少数派になりましたが


FRP防水に比べて
素材が柔らかいので


追従性あるので
地震に強く


木材の収縮にも
FRPより強いですから


屋上施工など広い面積には
FRP防水より適しています



料金は
FRP防水より若干安いですが
防水性能と耐久性能は若干落ちます





・一番シェアが多いFRP防水



我が家のベランダもFRP防水です




そもそもFRPは

FRP防水e


浴槽、ヨットなどに使う素材ですから
水には非常に強い素材ですし


耐久性もウレタンよりあります


硬いし金属じゃないので
腐食しない便利な素材ですが



硬すぎるので
追従性がウレタンより無いです


その為に地震や木材の収縮には
若干不利なので


面積が大きい屋上施工などには
若干不向きです


もちろん震度4,5程度の地震で
すぐダメになるような素材なら
日本では使えませんが


震度6や7の地震の後は
点検した方がいいと思います




まあ震度6や7ならベランダ以外も
家を全部点検した方がいいですが・・・

FRP防水f

最近は我が家も付いていますが


制震ダンパーがあると
揺れをある程度抑えられますから
心配なら付けた方がいいと思います


ウレタン防水もFRP防水も
上にトップコートを施工して



こちらは5年に一度再塗装が
必要です



これを怠ると
トップコートは10年放っておいたら
日射があたる所だと
結構劣化しますので


必ずメンテナンスが必要です


FRP防水g

我が家の保証書も
FRP防水は10年保証ですが


5年ごとにトップコートを
再塗装して下さいと記載があります





トップコートだけなら
費用は安いですし
DIYでも出来ますので


工務さんなども
必ず説明して欲しいですが


何も知らないまま
何もしないで10年以上経過したって人も
多いですね・・・



DIYなら材料全部揃えて1万円ほど
業者に頼む場合は4~5万円かかります










・一番楽だけど一番高い金属防水



スカイプロムナードが有名な
金属防水です

FRP防水h



ローコスト住宅でも
タマホームの大安心の家なら
標準で施工されます



ウレタン、FRPに比べると長持ちですが


FRP防水i


実は2種類あって


安い方は10年保証ですから


「メンテナンスとかしたくない」って人は
30年保証のステンレスを選んだ方がいいです


ステンレスなら
30年間再塗装も必要なしなので



ベランダを庭園にしたいなど
色々と用途がある場合はオススメですね



再塗装が必要な場合は
一度全部ベランダの物を
片付けないといけませんから



逆に安い方だと
FRP防水と変わらない10年保証ですし




金属防水のデメリットとして

・夏場はとんでもなく暑い
・雨の日はうるさいと

ガルバ屋根と同じデメリットがあります



後は継ぎ目が出るので
上手に施工されないと


雨漏りの原因にはなります


なので
金属防水のメリットを充分受けれる
30年保証の方がいいですね





・どの防水でも雨漏りの一番の原因は違う所


仕事上塗装屋さんとも
色々付き合いがありますが


どの防水施工でも



一番雨漏りの原因で多いのが
排水管の詰まりが原因です

FRP防水j

この部分に葉っぱやゴミなどが
たまるので


せめて3ヶ月に1度くらいは
ゴミを取り除いて
水を流しましょう



土地的に
たくさん葉っぱが落ちるなら
もっと掃除した方がいいですが・・・


見えてないゴミが
溜まっている可能性もあるので


強い雨の日に
ちゃんと流れているか
確認したり



定期的に水を流したりして
確認した方がいいです


FRP防水k


我が家の保証書にも
掃除してと記載がありますし



FRP防水L

ノーメンテの金属防水でも
排水溝の掃除は必須です



排水溝が流れないと
ずっと水が溜まってしまうので



雨漏りの一番の原因は
施工の問題よりも排水の詰まりですから






もし流れが既に悪いようなら
これなら1,500円程度で購入出来ますし
簡単にゴミが取れます



塗装も排水も
悪化してから直すと
高くつくので



どの施工でも
定期的なメンテナンスは
必要ですね





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








コメントする

名前
 
  絵文字