switchbot

2021年08月20日






夏の暑い時期


一条工務店の施主さんや
高断熱高気密な施主さんなどは


「家に入って
玄関開けると涼しくて別世界」みたいな事を言いますね



全館冷房なら
当然玄関開けたら涼しいと思います





さて・・・
ローコストの我が家はと言うと


玄関a


玄関と玄関ホールは
冷暖房を効かせていませんので



リビングから玄関に行くと
「あっついなぁ・・・」となります




玄関は風除室として
使っておりますので



外から帰ってきて玄関開けても
「涼しい~♪」とかありません(笑)



この間取りだと
「涼しい~♪」と感じるのは
リビングに入ってからですね




せいぜい屋根があるので
その分涼しいくらいです





我が家の玄関ドアは


玄関b


K4ドアなので熱貫流率4.07ですから
アルミサッシのペアガラスと同じですね・・・



断熱性能以外にも
値段が高い高気密ドアなら別ですが



普通の玄関ドアって気密も
窓に比べたら悪いですからねぇ・・・



まあ玄関というのは
出入りを想定してる場所なので
仕方ないですが・・・




ここを快適にするパターンは2つあって


・1つは玄関と窓を高性能な物に変える
 予算があればこちらがオススメですね



実際高性能G3住宅にお住まいの方は
玄関ドアに50万円以上のオプション費用を
掛ける人もいます



・もう一つが
 我が家みたいなお金が無い人用の


玄関は別室にして分けるという
パターンですね



リビング階段にして


靴やちょっとした収納以外は
何も無いので


外に出掛ける時以外は
用事も無いので
ここは冷暖房を入れていません



無理して
リビングのドア開けておけば
こちらも快適になりますが
無駄に光熱費かかりますからね



2月や8月だと
1,000円位は変わると思います



という事で




アルミサッシのペアガラスと同じ
Ua値4.07のドアが
どれくらい暑いのか


玄関c



玄関に
いつもの
Switch botを置いて
測定しました





玄関d


窓も2つあるので
恐らく、玄関部分は
一昔前の住宅性能と
変わらないと思います・・・



しかも東南向きなので
冬はまだしも
夏は朝から暑いです




・ローコストでK4ドアを検討している方や


・高性能なドアでも
 人の出入りが割と多い場合は


いかに玄関部分が
住宅性能に悪影響を与えるか
是非参考にして下さい



ぶっちゃけ10万円程度で
K2ドアに変更出来るなら
した方がいいと思います



ちなみに
高性能なメーカー、工務店で
検討している方は問題ないですが



我が家より
さらにローコスト住宅ですと


玄関e



一応、我が家のK4ドアも
「断熱仕様」なんて生意気な名称ですから(笑)



もっと性能の低い
アルミ仕様ってのもあるので
注意して下さい・・・







尚、リビングの
無冷房チャレンジは






こちらに過去記事がありますが



リビングと比べると
いかに玄関が同じ無冷房でも
暑いかが分かると思います






・エアコン無いと死ぬ奴・・・




ちなみに測定日は


玄関f


・最高気温37.7℃

・最低気温25.5℃と
 
かなり暑い日でした





まずは朝9時~夕方のデータですが


玄関g


なんと朝9時の段階で
30℃超えてます(笑)



朝から
外気温より高いってのは
大変ですが


東南向きなので
日差しが入るからですね



その分
冬はいいのですが


朝9時~10時なんて
太陽の角度が低いので
軒などでは対応出来ませんね・・・







そのまま12時までどんどん上がって
最高気温は33℃にまで上がりました



風が全く無い分
屋外より体感は
暑いんじゃないでしょうか


恐ろしい温度ですね・・・




同じ日のリビングの気温は
エアコンを入れているので
参考になりませんが





前回実験した
無冷房のリビングデータを見ると


玄関h



15時の段階でリビングは27.5℃ですから
5℃以上気温が違いますね




・リビングの方がUa値がいい

・リビングは日射対策をしている

・広さ(体積)が玄関よりあるので
 暖められても多少余裕がある



この違いで玄関と温度が変わります 






・夜には順調に気温が下がります・・・






こちらは前に行った
リビングの無冷房チャレンジで驚いたデータです


玄関1



玄関よりも
最高気温が
そこまで高くないってのもありますが



夜から朝まで
0.2℃しか気温が下がりませんでした




ある意味
高性能って事ですから
これはこれで嬉しいのですが




当然
玄関は違ってまして


玄関i



夕方から順調に下がって
17時~翌朝5時までの12時間で
3℃下がってますね




外気温ほどは
下がりませんし


これでも昔の家よりは
断熱性能はずっといいですね




そして
朝5時以降は


玄関L



昨日と同じように
早朝から気温が上がりますね・・・







玄関とリビングの
無冷房データを並べると



玄関n



気温は同じような日ですが
明らかに違いますね




リビングなんて
上がったら上がりっぱなしですから(笑)



とても同じ家とは
思えないデータですが


当然、同じ家ですから
この2つのUa値は同じになります



Ua値=外皮の平均熱還流率ですから




なのでUa値だけれは
快適差が測れないので
間取りの大事さですね











・お金を出すか、間取りの工夫を





冬に行った
どれだけ玄関が寒いかの実験



この時も言いましたが


やはり玄関というのは
住宅性能において
ウイークポイントです




そもそも人の出入りもある場所ですから



玄関ドアを高性能に出来る予算があれば
好きに作っていいのですが




そうじゃなければ


玄関m



こういう
玄関の気温が他の部分に
影響する間取りは考えた方がいいと思います




この間取りだと
浴室、トイレ、廊下
そして階段伝って2階までも
玄関の温度が影響しますから・・・






逆に言えば
こういう間取りが希望なら
無理してでも玄関を
高性能にした方がいいかもしれません



もちろん
ここも冷暖房を効かせば
ある程度は快適になりますし






我が家もリビングドアを
開けれてばいいのですが


光熱費が上がりそうなので
そこまでは実験出来ません(笑)




そもそも
開けてる理由もないですし
妻が絶対に閉めますね



我が家的には
リビングドアの向こうは
屋根がある外という扱いなので



まあ低予算なら
これがベターな作りかなぁと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村






2021年01月15日







24時間
家の温度と湿度が測定出来る
switch botを2台購入しましたので



温度a2



実際に我が家程度の
ローコスト住宅だと




1日の温度ってどうなるのか
測定してみます




どうせなら
物凄い寒い日の方が



性能が分かりやすいと
思っていたら




12月下旬に
凄い寒気がきて


温度a
(12月でこの寒さは記憶にない・・・)



住んでいる
山梨県甲府市の気温ですが



・最高気温9.3℃


・最低気温は
 なんと氷点下5.3℃



・さらに前日の
 最高気温も9.1℃と




物凄く寒い
いい測定日になりました(笑)




測定した結果
高断熱も大事ですけど



それ以上に高気密って
大事だなぁって結果になりました








・測定する場所はLDKと寝室です




まずは測定条件ですが



我が家はリビングのエアコン1台だけで
1階、2階の全てを
暖房しています





1階の間取り図がこちら


温度b


赤いところが
暖房が効いて
同じ温度になってる場所ですね




廊下と脱衣場は
引き戸なので開けっ放しにしています



・1階はLDKとスキップフロアで24畳

・階段や脱衣場、廊下などで6畳



そのまま吹き抜けと
リビング階段を通して
1階のエアコンで



2階も全部暖めます


温度c


・寝室2つで14畳

・廊下、階段と吹き抜け部分で6畳




だいたいエアコン1台で
50畳くらいを暖めていますね






測定器の1台目はいつもの
スキップフロアに置きます


温度d


ここですね






スキップフロアには
吹き抜けで


温度e


北側に面した窓が
たくさんあるので



ここの気温が
暖かければ
LDKは当然全部快適です




まあ、実際生活してて
温度差があるような事はなく
どこにいても同じ気温です





そしてもう一台は


温度f


2階の寝室です






エアコンの暖かい風が
届くように


温度g



ここのドアはずっと開いてます



最近は兄妹一緒だと
ケンカか遊んでばっかりで寝ないのと


万が一コロナ感染の際に
全滅リスクは避けようと



・私とお兄ちゃん

・妻と妹


と離れて寝ています




子供が思春期になると
ドアを開けっ放しという訳には
いかないのですが





今の所はドア開けっ放しに出来るので
リビングのエアコン1台だけで
1階、2階全てを暖房しています




その為、我が家は
寝室も廊下も脱衣場も
全部引き戸で作っています




引き戸だと開けっ放しでも
邪魔になりませんしね






・我が家は24時間暖房にしていません



測定日の12月22日は


寒波の中でも
一番寒い日です





この日の気温は


温度h



・最高気温 9.3℃

・最低気温 -5.3℃


今年の12月下旬は
ずっと寒かったですね・・・





ちなみに我が家のスペックは



断熱材はアクアフォームで

・壁に90mm

・天井に170mm

・窓はサーモスⅡ-Hで


太陽光が3.24kwしか載ってないので
ZEH認定はされていませんが


Ua値だけなら0.6以下って性能ですね



3年前だと
ローコストメーカーでは
一番性能のいいスペックでしたが


今だとローコストメーカーでも
並というか標準くらいですね



そして24時間暖房は
妻の「もったいない」という意見のため
行っていませんので



昼間や寝てる間は
暖房は付けていません





寝る時間の


・夜10時位にエアコンOFF

~4時間後の~

・深夜2時にタイマーでエアコンをONして



・朝出掛ける9時位にまたOFFにして

・夕方再度
ONにします






・まずは就寝中~起床時





こちらがリビング(スキップフロア)の
測定データです


温度i




前日の夜10時は
22.5℃あって
まあ普通に快適って温度ですね




そこからエアコンをオフにすると
どんどん気温が下がって



4時間後の深夜2時には
18.7℃まで下がっています



1時間に1℃下がるペースですから



夜10時~朝6時の8時間エアコンを
止めてしまったら
15℃位になっちゃいますね




それでも昔の家に比べたら
かなり高性能だとは思いますけど
(昔の家なら10℃切るはず・・・)




まあ、結露防止や



我が家の深夜電力は
夜中1時~朝6時までは安いので



朝6時までには
家中暖かくなるようにした方が
電気代も安くなるので



深夜2:00に24℃設定で
エアコンをオンにして



いつも6時に起きるので
起きたら23℃に設定を変えています







・同じ時間帯の寝室です





こちらが2階寝室のデータです



温度j




やはり1階のエアコンから
熱を運ぶので



リビングに比べると
時間帯によりますが
0.5℃~1℃は低いですね


とはいえ
これが気密が悪い家だと
2階との差がもっと出ますし



C値2.0より悪いと
恐らく2階は余り
暖まらないと思いますから




やはりローコストには
吹き付け断熱だなぁと実感しています





実際に生活するのに



「とりあえず
この性能でも充分」って
言ってる意味は
分かってもらえるかと思います



もちろん
予算があれば
もっと性能上げた方が快適ですし


ここ3年で
ローコストも性能が上がりましたね




今の新築と比べると
ちょっと性能不足感はありますが
とりあえず快適には過ごせています


・・・・・
・・・・
・・・
・・



実際に超高性能住宅に
住んでる方だと



我が家が朝までエアコン切ったら
15℃とか言ってる時に



18℃とか
キープ出来ると思いますから



こっちのが快適なのは
間違いがありません




いつも
「ローコストでも
最低限の性能は確保しよう」と言ってるのは



我が家より性能が落ちると
そもそもエアコン1台だけで
家の中全部が暖まらないと
思うので



最低限
これくらいあれば
温度の面に関しては
快適かなぁと思います


・C値で1.5程度

・Ua値で0.6程度ですね



特に空気が逃げなくする為には
高気密ですね



高気密が得意な
工務店やメーカーなら
何でもいいんですが



やはりローコストには
吹き付け断熱は
マストだと思います



こんなに簡単に
気密が取れる商品って
他に無いですからね




ちなみにこのグラフで
6時から7時の間に
ガクンと下がるのが



玄関開けたり
洗濯物を干すのに窓を開けるからですね



特に寝室からベランダにいくので
ここはガクンと下がります・・・





・次にみんな出掛ける朝9時~帰宅時の夜です




・就寝中の一番寒い時間で18℃

・起きたら23.5℃あるので



まあ快適ですが
こちらはエアコンのおかげですね




次はエアコンを使わない
時間帯です




私は6時30分には
家を出ますが




妻と子供が保育園に行く
朝10時位に我が家はエアコンを切ります


温度k





午前中はなにしろ
この日は凄い寒くて


温度h



・朝9:00 にはまだ氷点下0.7℃

・昼12:00でも6.3℃なので


昼までは一気に下がりますが




この日は晴れで
12:00には6.3℃なのが


15:00には9.1℃まで上がりますから


上がるといっても寒い日ですけど
日射取得の影響で
昼間は下がっていませんね



だいたい外の気温が12℃位ある日は
我が家も気温が上がっていくのですが


最高気温10℃って日は
平行線のままです・・・



とはいえ
これだけ寒い日に
7時間で3℃しか温度が下がってないので
充分快適な性能だなぁとは思います




家の性能は予算によって
変わりますから収入などで差が出ますが・・・



太陽の熱は全員平等ですから
うまく日射を考えて家を作った方がいいですね







・17時~就寝まで




元々Switch botを購入して
モニターしたのも




夕方にエアコンを外出先から
点けたかったからで







人間ってどんどん贅沢になるので



最初の1~2年は
「この家めちゃ暖かい
エアコンもすぐに暖まって1台でOK」なんて
喜んでいましたが



今では
「いつも20℃は欲しい」
すっかり贅沢な体になったので(笑)




19時頃に帰宅しますが
17:00にはタイマーでONにします


温度L


まあずっと快適ですね




・そしてまた寝る前にオフにして

・翌深夜2:00にオンにしての繰り返しです





寝室の温度はこちら


温度m


いつの時間も
リビングより1℃位低い感じですが



こちらも快適です



私が住んでいる地域で
これだけ寒い日は
滅多にないですから



この日が暖かければ
1年中大丈夫です






・やっぱり光熱費で元は取れないはず・・・



という事で
1日中、家の中全部が暖かいので


前のアパートでしたら
コタツや石油ファンヒーターがあって




それも一部分だけしか
暖かく無かったですから
物凄く快適になりました






去年、こんな記事を書きましたが





光熱費ってのは
性能だけじゃなくて
間取りなどでも全然変わりますが




1年中、家の中を全部
快適な温度にして



年間の光熱費が


温度n


我が家はオール電化なので
これが全てで
1年間の合計金額が
168,000円です



エアコンなんて使わない
5月の電気代が8,200円ですから



実際は寒くなって
エコキュートの代金なども
増えますし



冷暖房費でかかるお金なんて
年間5万円程度ですから




お金の面だけでは、今の所は
ZEH程度の性能プラスエアコンが
一番コスパが高いです




去年の記事のグラフですが


これは
一条工務店の比較画像ですけど



冷暖房費が10万円以上かかるなんて事は
実際はありません


温度o


我が家の性能と
一条工務店のi-smartを比べて



30年間の冷暖房費の違いが
かなり多く見積もっても
160万円です



我が家も一日中快適な温度で
この程度の差しか出ません



じゃあ、高性能な住宅は
要らないのかと言うと



予算さえあれば
高性能な方がいいですし




光熱費とは別問題で考えて欲しいですね








・高性能住宅は光熱費を比べないで欲しい



これ、私がいつも
ツイッターで言ってるのですが



高性能住宅の広告って
光熱費で得ってのが多いのですが



ちょっと計算すると
そんな事は絶対に無いってのが分かります




でも、私は
「予算さえあれば
高性能住宅の方がずっといい」
と言っています





光熱費じゃなくても



・冬だけど半袖1枚でも大丈夫

・夏も冬も布団が同じ

・乾燥ってエアコン使わない方がいい

・晴れてればエアコン無しでもいける

・って言うか暑い

・結露しにくい



などなど


光熱費アピールじゃなくて


寒くないのって超快適ってのを
アピールした方がいいと思うんですよねぇ・・・





室内が同じ22℃でも


・エアコンの22℃と

・無暖房の22℃では


無暖房の方が快適って思いますし





我が家だって
お金に余裕が無いだけで


金があったら
もっと性能上げたと思いますし





ただ、エアコン1台で最低限
「快適な家」って事を考えると


・やはりC値は1.5程度

・Ua値0.6程度

これくらいは最低限必要ですねー



そして、これくらいなら
ローコストでも充分可能です




後、高性能住宅は
自由な間取りでも快適な温度です





過去記事でも書きましたが


https://reogress.net/archives/27268072.html


一番影響が大きいのが
玄関ですね







例えば
我が家は玄関ホールは
風除室のように独立してますから
(ローコストの並性能にはオススメの間取り)


温度b


一番断熱が弱い玄関の影響が無いですが



この性能で
玄関に階段、トイレとか作ったら
めちゃ寒くなるので
(玄関はK4ドアなのでUa値4.07・・・)


間取りの自由度が下がります




玄関が
どれくらい家の温度に影響するか



次回は寝室のモニターを
玄関に移動して
温度を測定してみます





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング














PVアクセスランキング にほんブログ村






2020年11月23日








switchbot凄すぎます・・・




これだけ衝撃を受けた商品は
ここ数年で記憶にありません



これで我が家は1年中ずっと
快適な気温と湿度になります





そもそも購入の発端は
冬に24時間暖房を
するかどうかだったのですが・・・






「24時間暖房の方がお得」とか


「3時間以上留守なら消したほうが得」とか



色々と言われていますけど



そもそも「もったいない」と思う妻が
納得してくれないと


24時間暖房は出来ません・・・




考えが古い人は
「寒くないのにエアコンなんて
もったいない」と言いますからね・・・


今のエアコンなら
設定温度までいけば
ほぼ電気代はほとんど掛かりませんが・・・




一度「どれくらい去年と変わるか実験」
今年は24時間暖房にすると言いましたが




昼間の暖かい時に
エアコン入れたまま
窓を全開にしていたので



温度下げるとか
暑いときだけ切るとか



融通を利かせてくれてもいいのですが・・・





たしかに晴れていれば
冬でも昼はエアコン要らないですからね



という事で



今回は外出先から
エアコンや加湿器がオンオフ出来る
switchbotを購入して



24時間快適な温度と湿度にします







・元々「入タイマーが2つ欲しかっただけ」ですが




24時間暖房にしてない我が家では
寝る前に暖房を切りますが



12月に入ると朝起きる時間は
それなりに寒いので




https://reogress.net/archives/15143389.html




早朝にタイマーでオンするようにしています




・そのまま私が仕事に行って


・その後に妻と子供が仕事と保育園に

 出発するのが朝9時くらいで



ここでエアコンのスイッチを
切って出かけます


・・・・・
・・・・
・・・
・・




そして帰ってくるのが夜7時くらいですが



晴れていない日や
凄い寒い日だと


そこそこ寒いので

家に帰るとすぐに
暖房を入れるんですね・・・




本当は夕方4時くらいに
タイマーで入にすればいいのですが




入と切の設定はどちらも1つなので
朝4時と夕方4時の2つともオンには出来ません




という事で外出先から
エアコンをオンするアイテム



switchbotを購入したのですが



どうせなら



〇〇度以下になったら自動的にオンとか


エアコンが動いてる時や
湿度が低い時は


加湿器もオンにしたいので


switchbota



・本体のswitchbotハブミニ

・温度、湿度モニター

・物理的にスイッチが押せるボット



こちらの3つを購入しました


全部合わせても1万円以下という



これで出来る事を考えたら
超お得な商品です



こちらの3つを組み合わせると
24時間快適な温度と湿度に出来ます






・まずは本体のswitchbot hub mini





これが本体で
3,980円ですが






これだけあれば
エアコンや家電の遠隔操作が
可能なので


とりあえず外出先で
エアコンのオンオフがしたければ
これだけ買えば大丈夫です




家のwifiに接続すると


switchbotb



このようにスマホで
操作する機器を追加出来ます



テレビ、レコーダー
その他なんでも



リモコンがある機種なら
スマホがリモコン代わりになるので
外出先から操作が可能になります





とりあえずリビングのエアコンを

認識させると


switchbotc




このようにスマホで
操作が可能になって
外出先からでも操作が出来ます




ただオンとオフをするだけなら
この本体だけ買えば可能ですが


どうせなら〇〇度以下で自動でオンとか



家の温度と湿度もチェックしたいので
温度、湿度計も購入しました







・いつでも快適な気温にするのは温度、湿度計も欲しい




一緒に買った温度、湿度計です




こちらは1,980円で




かなり色々な事が出来るようになるので
どうせなら本体と一緒に購入をオススメします


switchbotd



左が本体で
右が温度、湿度計ですね



1階と2階の中間
スキップフロアに置いてます



温度、湿度計も購入すると


switchbote



外から家の温度と湿度が
モニタリング出来ますので



室内が寒くなってたらオンとか
出来ますし



自動設定が出来ますので

switchbotf




例えば室温が18度以下になったら
自動でエアコンをオンにして


24度まで上がったらオフとかが
可能になります




寒い部屋を暖めるよりも



暖かい部屋の温度をキープする方が
電気代もかかりませんから



これは非常に便利ですし
エコですね


これで温度は完璧ですが



問題は湿度です



予想外に寒くてエアコンを
オンにしたら乾燥が凄いとか



曇ってきて湿気が多い時は
オフにしたいので



最後に自動で
加湿器がオンオフ出来るアイテムも使います











・アナログな最先端機器 switchbotボット



最近の高断熱高気密住宅には
ベストな加湿器


panasonicの気化式加湿器ですね


我が家も同じ機種を2台使っていて



冬になると


・基本1台は24時間動かしていて

・乾燥してる日は2台使いますが




この機種は
リモコンがありません・・・・




遠隔操作出来ると言っても
リモコンの赤外線を操作するので




こういう手動でオンオフする機械は
本体だけではどうにもならないので





こちらの物理的にボタンを操作出来る
ボットを使います










照明とか加湿器とか
後はお風呂の給湯などですね



リモコンが無い家電製品も
これがあると操作可能です


動画が
スイッチに合わせて
ファンファーレが鳴りますが




タイミング良く
子供のアンパンマンおもちゃの音と
リンクしてしまいました(笑)






この3つの商品を組み合わせると


switchbotg



外出先でも
温度と湿度をモニターして



遠隔でエアコンと加湿器が
操作出来ますし



設定した温度にしたら
自動でオン、オフが出来ますから


これで24時間快適になります



これだけの事が出来て
1万円以下ですから



本当に凄いと思います







・早速外出先で実験しました



セッティングが終わって
翌日は土曜日で



この日は妻も休みだったので
家族全員でお出掛けです



switchboth



11月21日の土曜日ですが
この日は暖かくて
最高気温が20度もあるので






エアコンも加湿器もオフにして
出かけました



switchboti



朝10時頃に出かけて


・家具屋さんに行って

・デパートにも行って
 オリジナルしめ縄飾りとか作って

・夕食はgo to eatのくら寿司と




帰宅は夜8時でした




まずは家の気温ですが

switchbotj



昼の14時が今日の最高気温20℃でしたが


・我が家は15時が最高で25℃




その後、外の気温は急に冷え込んで


18時で外の気温14℃
20時は気温11℃ですが


我が家程度の性能でも
これくらいなら
エアコン無しで充分で



・帰宅の20時には室温は23℃です




実際にこれだけ快適なので



我が家みたいに
家の価格が1,500万円程度の
予算の少ない人には



「家なんてC値1程度
Ua値も0.6程度あれば充分」

普段から言っていますが

(2,000万円出せるならもっと上目指して下さい)



問題は湿度で


switchbotL


この日は14時の24%を皮切りに
15時は本日最低の22%



その後もかなり乾燥してますね





という事で
外出先から加湿器だけオンして

switchbotk


16時40分にオンして
その後湿度は上がっていき



帰宅時には43%ですね


switchbotm


夜20時の帰宅した時は
室内は気温23℃
湿度43%なので


絶対湿度は9ですから


快適ですね



家の事考えたら
誰もいない時間は


乾燥してた方が
いいですし


家にいる時も
快適だけど加湿しすぎなければ
結露も起きませんから





家の寿命や結露に
興味がある方は



switchbotはオススメです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング