坪単価

2019年06月22日





同じ建物なら当然
安い方がいいのですが


予算を正確に伝えないと
割と大変な事になります



高すぎても大変なのですが
安すぎても色々と大変です





・最初に正しい予算を言わないと・・・



初めてハウスメーカーを見て回った頃ですが


当然ですが営業さんが
「予算は?」って聞いてきます


それ以外にも
だいたいの年収も伝えますが


私は家電量販店で
家電を買うように


営業さんには
「安ければ安い方がいいって伝えました」



例えば年収が600万円だったとしても
使える金額は各家庭で違いますので


Aのハウスメーカーは
「なら3,000万円は大丈夫だな・・・」って思えば


Bのメーカーは
「どうにか4,000万まではいけるか・・・」ってなるし


Cのメーカーは
「これは安い方が契約出来るな」って思って
2,500万とかの
間取りを出すかもしれません





・安すぎて伝わった例



まだ土地も決まって無かった時ですが
こちらの希望としては


・だいたい土地は60坪前後
・LDKに最低20畳は欲しい
・2階は3部屋
・吹き付け断熱
・そこそこの断熱性能
・瓦の屋根


これくらいの希望は伝えてありましたが


安ければ安い方が良いって言うのを
本当に受け取られた結果


予算a

リビングダイニングで10.7畳
キッチンが4.8畳



窓サッシはサーモスⅡHにはなってますが
明らかに希望より狭いです



予算b


建物本体は1,350万円
付帯費、諸費用全て入れた合計で
1,850万円という提案でした


土地はまだ決まって無かったので
土地代金は仮の案でしたが


こちらも49坪という
2台駐車がギリギリの広さでした



結果的に64坪で600万円という
格安土地を発見しましたが


過去記事
↓↓↓




60坪で950万円位が相場の地域なので
かなり安い金額での提案です



予算c




予算d

このメーカーだと
設備は4つのコースから選べて


基本はスタンダードプランで
キッチンのみハイクラスにした見積りなので


全部バリュータイプにしたら
恐らく総額1,600万円位で
いけたと思います・・・


打ち合せをして
間取り作成してくれて


2週間使った結果が
見た瞬間却下ですから


お互い何のメリットもありません・・・








・総額から本体工事費を出す目安


上記の例は
お金には困らないですが


多いのが土地代抜いた
予算が2,000万円と伝えて


建物工事費に2,000万円かかってしまって
諸費用、付帯費などで
大幅にオーバーするパターンです




実際に契約したレオハウスだと

予算e


土地代金と土地の契約などの
土地購入費用を抜いた総額が
2,047万円ですが




予算f

建物本体の費用は
1,534万です


諸費用には
実際には使われなかった
地盤改良費も予算として入っていますが


建物本体費は
総額の約75%で


残りの25%が
付帯工事費と諸費用です



なので正しい使え方としては
予算総額が2,400万円なら


「希望の総額が2,400万円位なので
建物本体は1,800万円位ですかね」


って営業さんい言えば


「こいつ色々分かってる」って
思ってくれるかもしれません(笑)





・付帯工事費込の場合でも結構かかります


見に行った中で1メーカーだけ


「我が社は付帯工事費込で値段を出すので安心です」
というメーカーがありました



予算g

土地代抜いて計算すると


総額は1,661万円で

付帯工事費込の本体価格が
1,296万円です



しかしこれでも
365万円は別途かかります


一般的には

本体工事費70%
付帯工事費20%
諸費用10%と言われますが


上記メーカーだと


付帯工事費込本体工事費 78%
諸費用22%になってます


結局ハウスメーカーによって
どのような予算を計上するかが
ルールとして決まっていませんので


総額で払える金額を
間違いなく伝えておかないと


後で大変な事になる場合が出て来ます・・・


このハウスメーカーだと
カーテン、エアコン費用など一切入っていませんし


実際はもっとかかる可能性も高いですね



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング








2019年05月27日







坪単価

建てる前が物凄く気になって
調べるのに


契約後は
意味が無いって分かるので
調べないワードです


建てる前は
値段を調べる=坪単価なので


私も

「色んなハウスメーカー 坪単価」で調べましたが


余り意味はありません




例えば我が家の場合だけでも

坪単価a


レオハウスなどの
ローコストメーカーが言う
施工面積での坪単価があり



延床面積での坪単価で
出すハウスメーカーも多いですし



さらに坪単価を計算する
ベースの金額も


・本体工事費÷坪数
・メーカーの請負金額÷坪数
・諸費用まで全て含めた金額÷坪数
・土地代まで入れた総額÷坪数
・全て入れた総額÷坪数


これだけあります




我が家で坪単価を出すと

坪単価c3


このように10通りの
坪単価が出て来ます



ルールが決まっている訳ではないので
どれが正解とかありません・・・



レオハウスやタマホームは
本体価格÷施工面積ですから


我が家だと391,742円ですので


この仕様で
坪単価40万円以下って宣伝出来ますが
当然この金額では建ちません


一般的に多いのは
請負金額÷延床面積かなぁと思いますが



額が大きいので
税金が込みか抜きでも違いますし


ローコストメーカーは
安い金額を表示しますし


余り安く見られたくない
メーカーは高い方にするかと思います


実際に購入したブログですと
土地も購入してますから
土地代含めた坪単価かもしれませんし


オプション費用も含めた坪単価を
出してる場合もあるので
各ブログごとにバラバラです





・という事で色んなブログから同じルールで平均出してみました



新築のブログってたくさんあるのに


総額や内訳書いているブログって
少ないんですよね


書いてあっても
どこまでの総額か
分からなかったり



支払いは旦那様
ブログを書いたのは
奥様で詳しい金額分かって無かったり



私なんか
「これだけ安く買えました」って
言いたいタイプなので



ユニクロとかダイソー商品を
「これ、いくらに見える?」って
言っちゃう性格ですけど(笑)







一条工務店のブログは
数も多いですし



総額出してる方も非常に多いので
すぐに平均が取れるんですが



本当はレオハウス、タマホームと
一条工務店以外にも


積水ハウスやヘーベルハウスなどの
高いメーカーや


アイフルホーム、アエラホームみたいな
タマやレオと似たメーカーも
出したかったのですが



平均値として最低3つ以上は
総額を載せているブログが無いと
平均が出せないので


タマホームとレオハウスと
一条工務店になりました


この3社なら
打ち合せも何度かして
見積りも貰っているので


ブログに書いてある金額が
ある程度正しいかどうかも
分かります



今回掲載の坪単価は


土地代、エアコン、家具、カーテンなどは抜いた

建物本体+工事費+付帯費用+諸費用を
施工面積で割った坪単価



私の場合でいうと
坪単価c2

534,839円にあたる部分です




3メーカーの坪単価がこちらです
(ちなみに我が家は平均値に入れていません)

坪単価d

間取りやオプション、設備など
全く違う家の平均ですが



正直ここまで
タマホームとレオハウスの
値段が近いとは思いませんでした(笑)



そしてやはり一条工務店は高いですね


我が家より
坪単価で221,000円高いですから


同じ間取り(施工面積39.14坪)で
一条工務店で建てたとしたら


865万円アップなので


土地代抜きの総額だと
2,958万円になります


実際に私が貰った見積りは
もう少し安かったので


iCubeにして
オプションも選ばなければ
もう少し安く出来ますが


余裕持って理想の家建てるなら
一条工務店なら
土地代抜きで3,000万円ですね


当然積水ハウスなどはもっと高いですし



ちなみに各社とも
明らかに「それはおかしい・・・」って
金額のブログがあったのですが
計算には入れていません



平均が取れるほどの数は
無いメーカーでも

アイフルホーム、クレバリーホームなどは


やはりタマホーム、レオハウスと
同じ位の総額になりました


この辺は全メーカー
坪単価30万円台~って言ってますが


やはり土地代抜きの総額で
施工面積の坪単価だと
50万円前後しますね



ローコストのハウスメーカーの場合


40坪の家だと
2,000万円プラス土地代で


ある程度希望のオプションなども
入れて作れる感じで作れて


色々予算を絞れば
1,800万円位で作れる感じですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング







2018年11月03日





ハウスメーカーが決まるまで

数社から見積りを貰いましたが


各社とも坪単価の
出し方がバラバラで


「これは統一出来ないのか・・・」
思いましたが


少しでも安く見せたい
メーカーがあるので
無理なんでしょうか




坪単価1

1,070万円~とありますが
当然ですが

この金額だけでは家は建ちません








・〇〇坪で総額いくら位ですか?



モデルルームなどを見学して


「坪単価いくらですか?」と質問しても
支払う金額は分かりません



坪単価a

我が家の見積り書ですが


延床面積で坪単価を出しても

施工面積で坪単価を出しても


ルールが無いので自由です



ちなみに我が家の建物工事費は

1,737万円だったので


延床面積の計算だと

1,737万÷34.56=坪単価502,604円

ですが

ローコストメーカーに多い
施工面積で計算すると

1,737万÷39.14=坪単価443,791円


このように安く表記は出来ますが


もちろん支払う金額は同じです



もちろん工事費だけでは
家は建ちませんので


別途工事費や諸経費
オプション費用も合わせると


我が家の土地代を抜いた
総額は2,156万円ですので


延床面積の計算だと

2,156万÷34.56=坪単価623,842円




延床面積の計算だと


2,156万÷39.14=坪単価550,843円



同じ金額を支払うのに

坪単価44万円~62万円まで


ハウスメーカーの好きなように
表記可能です・・・





・ハウスメーカーは坪単価は自由に出来る?



上記の延床面積か施工面積の
計算でもかなり違いますが


どこまでを家の本体価格に入れるかも
ハウスメーカー次第ですので



家の本体工事費を安く出して
見た目の坪単価を下げて



諸経費などの名目で
総額を上げる事も可能です





なので金額を知りたいなら


「諸経費も入れた
総額はだいたいいくらですか?」って
聞くしかないですね


これでも
別途工事費などは
後から詳細の金額が分かるので


契約前に総額が
分からないのですが



坪単価b

オプション工事費なども
原因ですが

最終的な総額は
2,758万円でしたので


結局契約時の金額より
65万円多く支払ました








・自動車も同じですね・・・


新車でも中古車でも

車の本体価格があって
そこから整備費用など別途予算があって


総額になりますので


うちの妻が

「他の店より20万円近く安い!」
新古車を見に行ったのですが


お店で見積りを出すと
整備費とかセットアップ費とか
諸費用とか



他店より20万円以上
別途支払いがあって


総額は他店より
高い位というお店がありましたが




坪単価f

一応画像ボカシますが
甲府店だけなのか全国こうなのか
本当に時間の無駄した某自動車販売店・・・



まだ自動車の場合は
契約前に総額が分かるからいいのですが


家の場合は分かりませんので
さらに不安です





・およその目安の出し方


最初に出した
本体工事費の坪単価


こちらの金額が
土地代を抜いた総額の
70~80%と言われています


そして付帯工事費が15~20%


その他諸費用が5~10%が相場です



我が家に置き換えると

本体工事費が1,737万円で

総額が2,156万円ですから


総額の80%が本体工事費ですので
だいたいの金額は出ると思います


付帯工事費の費用は


地盤改良費が出る出ないかで
かなり金額が変わるので



地盤改良が出なければ
およそ本体工事費は総額の8割と
思えばだいたいの目安になります




坪単価g

一応見積り時に
50万円の予算計上してますが


150万円位かかる人もいるので
地盤改良が出るか出ないかは



2018年09月08日





当たり前の話ですが

ハウスメーカーの営業さんは

自社の住宅を
契約させて利益を出します



一部の超お金持ち以外は


お金a


住宅ローンで支払いますが




ハウスメーカーに
毎月払う訳では無く


家を買う人が


銀行や住宅金融支援機構(フラット35)から
お金を借りて


ハウスメーカーは
売上を銀行や機構から
貰います


お金b


私はフラット35で借りました


そして
お金を立て替えてくれた
銀行や機構に


利息を付けて毎月支払います






・営業さんのお金の話は話半分で聞きましょう


仮に「この人は買いそうだ」というお客がいて



でもA銀行という
お得なローンは通らないかも


しかしB銀行という
若干割高なローンなら通るかも


という時に営業さんは

Bのローンを通しますね


ローン通らないと売れないので・・・



大抵のハウスメーカーは

提携している
銀行やフラットの代理店があるので

そこから通しますが


その中でもいくつか
選択肢はあると思いますが


もちろん通らないと意味はないので



どこでも全く問題無いというお客じゃなければ


「通りそう」な所から優先します





・うちにはファイナンシャルプランナーがいます


お金c


これを売りにしている所も多いですね



しかしFP3級は誰でも
少し勉強すれば受かりますし


運が良ければ
何もしなくても受かります


FP3級の学科試験は


全60問の問題で

60%の正解で合格ですので

60問の内36問合っていれば合格です



そして試験問題は
全部マークシート選択式



2択問題が30問
3択問題が30問です


これで36問合えば合格なので


本当に簡単です



本人に取る気が無くても
会社から言われて


数日勉強すれば誰でも取れる資格です


こういう人に

大事な数千万円のローンを
任せても大丈夫か考ると


自分で色々調べてから
購入した方がいいです





・中小のローコストメーカーに注意



大手のハウスメーカーは
お金の話より前に


「私のメーカーは○○が得意」とか

「超高断熱、高気密です」とか


自分のメーカーの家を売りにしますし



ローコストと言われるところも



「これだけの設備でこの価格」とか

「この値段で高気密、高断熱です」とか


価格に対する設備や性能を売りにしますが





あくまでも一部のメーカーだけですが


中小のメーカーや工務店などで



・設備は売りに出来る物がない


・そこまでローコストも作れない


・アフター保証も大手メーカーほど
 人がいないので売りに出来ない



こんな会社は
お金の話が多いです







もちろんお金は大事ですし

月々の支払は少ない方がいいのですが



例えば
超ローコストの家で
総額1,500万円で建てれるメーカーがあって



当然2,000万円の家とは
どんなに経費を抑えても

設備や仕様などのグレードは下がります




この時に

家を買おうとしている人が


実は全く問題ないのに


この収入でこの家族構成だと
2,000万円は厳しい我が社の1,500万円なら
将来も安全に支払い可能と説得されて




本人の希望の家ではないけど
1,500万円の家を買った場合に


将来満足出来るかというと


「ああすれば良かった」

「ここのグレード上げたかった」

とか出てくると思います


お金e


一般的には返済負担率が25%までは
安全と言われています


この例だとさらに手取り計算ですから

まず2,000万円なら安全圏です




・私の経験です



某キューブ系のモデルハウスに行った時に


担当の営業さんが

「我が社で契約するかは置いといて」

「非常に参考になる話です」


家とお金の
相談会みたいな事をしていました




見学会を見に行ってたので


営業さんに

「ここのグラスウールって何mmですか?」


「この家ってフラット35は35Sになります?」
って聞いた所



「ちょっと分からないので後日回答します」と・・・




あ、この営業さんダメだなって思ったので




その相談会も
興味も無かったのですが


暑かったし
次のハウスメーカーの約束まで
時間があったので聞いたのですが




結構ひどかったので(苦笑)




確かにたいした収入も無いのですが


実際に今現在、契約しているローン位の金額も



「子供が多くなった時に大変」

「共働きなのでどちらかが働けなくなると大変」


などなど


「そうなったら、どのローンも大変だろ」


思う事が色々あり


そして
「我が社の住宅ローンなら大丈夫」


最初の3年間だけ固定金利を紹介したり
何故か比較の35年固定が2%だったり

(その時のフラット35は1.08%でした)


お金d
我が社から申し込むと
ガンの時に免除になるなど
とんでもない説明をされて


それは銀行の商品であって
そちらのメーカーがしている訳では無いですし


私はフラット35ですが


ガン、心筋梗塞、脳卒中で支払い免除の
三大疾病タイプに入ってますし

他の銀行でもこういったタイプは普通にあります


・・・・
・・・
・・

結局
この営業さんも

モデルハウス見に来た人を
相談会まで離すなという

仕事をしていただけですから


可哀想ではあるのですが




ローンの方法で
ハウスメーカーを決める事はありません






・どうしてもFPなどに相談したいなら


ハウスメーカーとは全く関係ない
お金の相談会に行った方がいいです



・銀行などの金融機関


・自分が入っている生命保険会社


こういった特定のメーカーと
関係の無い所で相談したほうがいいですが



収入も、毎月かかるお金も
家庭ごとで違うので


夫婦で相談して
いくらまでなら問題なく払えるかを
決めてから相談した方がいいです



ローン1

レオハウスでも相談会してました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年08月27日






「値引き」
「キャンペーン品」などが付いている


ハウスメーカーが多いと思います


しかし定価のある商品ならともかく


定価の無い住宅に値引きって
意味がよく分かりません



値引きa

こちらは契約時のレオハウスの
キャンペーン品です


値引きという表記は
無かったですが

これだけサービスしますよって事ですし


タマホームは

以前書きましたが


今月中のサービスで90万円
値引きしますという話もありました





・値引きって得?



例えば車を買う場合には

希望小売価格○○○万円とあり


人気車種だと値引いて10万円
不人気なら50万円位値引きがありますが


ネットなどでも○○万円値引いてくれたー
というブログも結構ありますし


家電商品なども
値引き前提という感じですが
希望小売価格がありますので


値引きはお得になります


値引きb

どこで買っても
商品自体は同じ物なので
安い方がお得ですね




しかし注文住宅の場合は


定価は無く


1つとして
同じ商品は無いので



そもそも値引きの意味が
いまいち分かりません・・・



例えるなら


画家に絵を描くのを依頼して


「5万円」って言われるのと


「普段10万円だけど
 キャンペーンで5万円」


なんとなく
キャンペーンのが得なような
気はしますが






・色々話が聞けました


値引きb-2



ツーバイフォー発売記念の後は
オリコン1位記念などで


色々キャンペーンしてますが


私の時は
大人気の家coco発売記念

抽選では無く全員に


①屋上施工
②キッチングレードアップ&テレビボード
③ペット仕様の家
④子供仕様の家
⑤太陽光


この中のどれか1つプレゼントで
太陽光にしました
(3.25kwしか無かったですが)


後は

2階トイレ
サーモスⅡHなどが


キャンペーン品らしいですが・・・



私が使っている
ライブドアブログ


アメブロあたりと違い
ブロガー同士の交流も少ないのですが
(PVも少ないですしね



幸いにも同じレオハウスで建てた方や

今検討中の方から問い合わせを頂いて


何人かと、色々と話が出来たのですが


同じ時期に同じグレードで建てていても



・設備が違ったり
・単価が違ったり

当然それぞれ違う金額だったのですが


色々値段を聞いていると


結局キャンペーンや値引きで
100万円得していれば


どこかで100万円分のしわ寄せが
来ている見積書になってました




利益率は当然決まってますので

仕方ないですね・・・

赤字で家建てれませんから








・他の項目値上げされてました・・・



私が契約した時は


レオハウスは
金額の値引きが無くて


キャンペーン商品だけだったのですが



他メーカーでは
値引きがありました


タマホームでは今月中なら
80万円引きというのがあり


全項目見てたら

「これはどこで頼んでも同じじゃないの?」
って項目が高かったりして


不信感を持ちましたが


メーカーごとに違う事もあるだろうと
言い聞かせましたが




・衝撃的な値上げに出会う


値引きに完全に
不信感が出た一件なのですが




仕事で付き合いがあるので
メーカー名は出しませんが


某ハウスメーカーで


紹介者値引きという事で
100万円の値引き
あったのですが


総額は他メーカーと
余り変わらず


各項目を見ると


私の会社に依頼している
産廃処理費が・・・


うちの請負金額の
倍以上です・・・


さすがに写真は出せないのですが



「上乗せするのはいいとして」


うちの会社の分くらいは
上乗せしなくてもいいんじゃないかと


しかも倍以上の金額で・・・






・色々なブログに書いてある事


気になってるハウスメーカーの
ブログを見るのが一番多いと思いますが


私みたいに全部公開している
ブログもあれば


ほとんど金額は公開してない
ブログも多いですが




同じメーカーでも値引き額は
全然違いますね



大手メーカーは
利益率は決まってますから


例えば

実際に1,500万円かかるから

利益は必ず300万取れって
場合に


値引きc



こう作っても



値引きd




こう作っても



どちらでも利益率は
同じなので



作る営業さんのクセみたいなものと
思って


値引きは一切考えずに


値引き後の金額で
他メーカーなどと

比べた方がいいと思います


決算期などは

利益率20%から18%に下がるとか
あると思いますが


決算だから
利益無しですなんて言う人いますが


今どき誰も騙されないと思います







・地域工務店は別だと思いますが


仕事で付き合いのある工務店などで


この仕事翌々月振込だからキツイとか

今月は本当にヤバイとかで


うちへの支払いが遅れるとこもありますが



こういう時なら
かなり値引きが期待出来そうですが


数十年先も
潰れないかという別の心配が出て来ます





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング