定期点検

2018年07月02日


過去に1ヶ月点検と
半年点検の記事を書きましたが







過去2回の点検は

あるべき部品が無い

という初歩的なミスはありましたが


素人でも設置出来る物でしたし
他は問題も無かったので

すぐ終わりましたが



今回の1年点検は
いくつか修繕箇所があって


点検の後に修繕作業が2回あって
結構時間がかかりました





・謎の窓枠の汚れを取ってもらう


我が家は全部
窓枠は白いのですが

このうち7,8箇所位の窓枠に

1年a

このような
オレンジの汚れがありました


1年点検の2ヶ月前位から
妻が見つけて、全部確認したら
7,8箇所あったのですが


場所に寄っては
結構目立っていたので


引渡し時には
無かったと思うのですが・・・


レオハウスの工務さんも
見たことが無いという事で


会社で再現テストもして
頂いたみたいですが
原因も分からず・・・


濡れた雑巾でも落ちない汚れで
爪でこすると落ちるのですが



原因は不明のままですが
こちらは汚れが綺麗になれば
問題はないので


翌月に清掃業者さんを手配して
もらう事になりました。



~1ヶ月経過~


清掃業者が来ましたが
原因は分からないという事で


素材は糊っぽいのですが



ボードの作業中には付かないし

クロス工事では窓枠の内側には
付かないし・・・


などなど結局
原因は分からないですが


清掃業者さんに薬剤で
綺麗にしてもらいました


1年b

もしかして
引き渡し後に


自分達で汚したのかなとも
ちょっと思ったのですが


掃除も水拭きするだけだし
子供もイラズラする年齢では無いし


なども考えたのですが


普段手の届かない
吹き抜けの上の窓にも
汚れがあったので


1年c

これは自分達で汚したものでは
無いと分かりました



清掃業者さんに
長いハシゴで綺麗にして貰いました


普段ここは窓拭きも出来ないので


「せっかくなので窓ふきしますね」
綺麗にしてくれたので良かったです






・壁紙の張替えをしてもらう


リビングの壁紙ですが
一部が盛り上がってきて

1年d


触った感じクロス奥の
石膏ボードが盛り上がってるので

こちらは一度剥がして
貼り直しになりました


ここ以外は
気付いて無かったのですが

工務さんがもう1箇所見つけて


スキップフロア部分も
一部同じように
盛り上がりがありました

1年e

結構目立ちますが
言われるまで気付きませんでした



こちらも工務さんが
直せる物ではないので


清掃業者さんと一緒にクロス屋さんも
来て貰いましたが・・・


クロス屋さんが
階段の左側にも
一部浮きがあると見つけて

1年f

写真では全然分からないし
どこに浮きがあったのか
覚えてないのですが


言われてみれば
確かにある位でした



浮きがある部分だけ修繕するなら
今この場で直せるけど


そうすると
壁紙に切れ目が出てしまうと言うことで


せっかくなので
全面貼り直ししましょう
言ってくれたので



全面貼り直す事になりました



1年点検は1月だったのですが
クロス屋さんが来たのが2月


全面張り替えだと作業に
半日ちょっとはかかるので


すぐには修理出来ないという話で


さらに
年度末で一番忙しい時期でしたので


作業自体は5月になってしまいました


生活に不便が出てる訳では無く
ちょっとした見た目の問題なので


こちらも
「いつでもいいですよ」って感じで


下手に急いで
クロスの切れ目が出るよりは
全面張り替えのがいいですし




・作業終了しました


クロス屋さんが
張替え作業中です

1年g


1年h





こちらが作業終了後です


1年i


1年j


当然ですが新品になったので
「他にも不具合あれば良かった」と思う位に
綺麗になりました


全面張り替えしても

もちろん無料なので

ローコストなので
アフターサービスは心配でしたが


今の所は満足です







・壁紙の隙間は次回にしました


引き渡し時から言われていて
点検の項目にもあるのが

「壁紙の隙間」です


木造住宅なので
どうしても木が収縮するので


新築時から1~2年経たないと
落ち着かないので


その間に木の収縮で
壁紙に隙間が出来ます


引渡し時に
1年点検の時にしますねー
という話でしたが


作業が遅れたので
後7ヶ月2年点検ですし


収縮も1~2年は起こると言うので
2年点検時に直してもらう事にしました。



我が家の場合
それほど箇所も多くなく(3箇所位)
隙間もそれほどではなく


「言われてみれば隙間があるなぁ」位なので



まあいつでもいいかなぁという感じで



補修もコーキングするだけみたいなので
1年でしても2年で
また隙間空く可能性もありますし


梅雨時期に直してもらうより
年末のがいいかなと思ったので


年末の2年点検で
修繕して貰うようにしました





・他は問題無かったです


外観周りや点検口を開けて
床や屋根を見てもらいましたが


こちらは特に問題も無く


水回りも問題が
無かったので良かったです






・最近変わった定期点検の期間を聞いてみました


前に1ヶ月点検の時に記事にした


今は定期点検の間隔が違う件ですが


工務さんに確認したところ
やはり最近変わったそうです


我が家の場合は

・1ヶ月点検
・半年点検
・1年点検(今回はここ)
・2年点検
・5年点検
・10年点検ですが



今年契約した方は

・3ヶ月
・2年
・5年
・10年点検になります


コスト削減かなと思いますが
これは事実みたいで


工務さんも
「不具合があったらいつでも行くので」
とは言ってましたが


せめて1年は欲しいとこかなと思います




後は地域によって違うと思いますが

他の方のブログで


1年点検からは
外部の業者が来たという
ブログもあったのですが


我が家の場合は1年点検も
レオハウスの人が来て


2年点検も
レオハウスの工務さんが来るという事で


「なら壁紙の隙間は2年でいいか」となりました




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年06月16日

前回の1ヶ月点検から
特に不具合も無く


半年点検の日が来ました


1ヶ月点検まで来て頂いた
工務さん(現場監督さん)が

他の地域へ転勤になって

今回から別の
工務担当者さんになりました




・まずは外観と水回りのチェックです


半年3

定期点検位しか
家の裏側は通っていませんでした



家の表側は
ドッグランで遊んでいる時に
洗車のついでに外壁も掃除しますので

まだまだ綺麗ですが

裏側もまだまだ綺麗でした


水回りも使っていて
問題も無かったですが

チェックしても問題無かったです





・1階トイレの換気扇が止まってました


半年4


1階と2階は同じLIXIL製のトイレなので
換気扇も同じですが

今のトイレの換気扇は

「電気式高気密シャッター」
という立派な名前で


ON、OFFすると
「カシャン」と言って
閉じたり開いたりします


半年5


換気扇の音自体は
非常に小さい音なので


今の家は換気扇も
性能いいんだなぁと思ってましたが


なんと1階の換気扇が壊れていたらしく
動いてなかったそうです


2階は動いていて
こちらも小さい作動音なので


正直違いが分からないのですが


工務さんが見た所
シャッターはちゃんと動作してるけど
換気扇は動いてないそうなので


後日施工業者の人に
来てもらいました


・すぐ直りました


メーカーの人では無くて
施工業者さんが来たのですが


業者さんが言うには


この電気式高気密シャッターは
結構最初に動かなくなる事が多いそうで

定期点検の修理に呼ばれる事が多いそうです


パナソニック製のちゃんとした
換気扇なので

そうそう壊れるとは思いませんが

ちゃんと動いたのでヨシとします




・シューズクロークの部品がありませんでした


玄関f


LIXIL標準のシューズクロークですが
こちらも普通に使っていたのですが


この下の左右の開き戸が

どこにでもある
「押すと開く」タイプなのですが


左は押すと開きますが
右は押しても開きません


そのため右側を開くには

左側を押して開けてから
右側の扉を開いていて


「こういうものだ」
思っていたのですが

ある日何気なく扉を見た所


半年2

部品がない・・・



最初から無かったので
当たり前でしたが

本来右側も押せば開くみたいです


こちらは部品を送って貰えれば
すぐ直るので送って貰う事になりました





・第一種換気の清掃


半年1

1階、2階と2箇所ある

第一種換気のフィルターの清掃ですが

こちらも説明して行ってくれるのですが


既に2回清掃済です


本来1月に1回と説明書に書いてますが


半年間何もしない人が多いみたいで

我が家は2ヶ月おき位ですが

これでも結構掃除している方らしいです

清掃はフィルター取って
掃除機かける位で
1箇所5分位で終わるので

定期的にした方がいいです


その他は特に問題も無かったです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング


2018年06月05日

引越してやっと
落ち着いたなぁ位ですが


最初の定期点検は
1ヶ月後にあります




定期点検の予定は

・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・5年
・10年


このスケジュールで行うので
定期点検用の書類も
10年目まで貰っているのですが


1点検a


今見ると
公式サイトの
定期点検スケジュールが
変わっていますね


1ヶ月点検は
初期不良があったら必要ですし


3ヶ月の後が2年っていうのは
どうかと思いますが・・・



実際に我が家では

・1ヶ月
・半年
・1年

こちらは既に来ています


サイトの間違いか
書いてないだけで実際は
今も変わらず半年や1年点検あれば
いいのですが


ここはコストダウンしては
いけないとは思います





・1ヶ月点検の点検項目


住んで1ヶ月なので
施工ミスでも無い限り問題は
出なそうですが


施主検査では
分からなかった部分を直して貰えます


床下を見たり

水道管の漏れを確認したり

その他初期不良があるか確認します


1ヶ月、6ヶ月、1年までは
レオハウスの工務さんが



2年目以降は外注の業者さんが
点検に来るそうです





・いくつかあった初期不良とミス


まずはトイレの動作不良です

1点検b

こちらは1階のトイレです



何度も書いていますが




こちらの流すボタンが無くて後悔した
LIXILのトイレですが


レバーを流すと
そのまま戻って来ない時が数回あって


見てもらいました


一度LIXILの人に
確認するという話になったのですが


こちらは後日LIXILの人が来て
レバー交換をして直りました




・バルコニーの部品が無い・・・


こちらも住んでから分かったのですが


バルコニー排水溝の
フィルターが
1つありません


1点検c

正常な状態がこちらですが
逆側には
フィルターが付いて無かったです



1点検d

このフィルターが1つ
ありませんでした



全面バルコニーなので
左右と真ん中に排水があって
全部フィルターが無いとおかしいのですが


1つ付いていませんでした


こちらは単純に忘れたみたいで
すぐにフィルターを持って来てもらいました




・玄関ドアのストッパーを設置したい


これは住んでから気付いたのですが


1点検e

我が家の玄関ドアは
全開に開けると


右側の柱にぶつかります


かなり全開にしないと
ぶつかりませんので


私は気付いてなかったのですが
妻がぶつけたみたいで
(幸い傷は無かったですが)


子供がドア開けれるようになると
傷付くなと思って

ドアストッパーを設置して貰いました



1点検f

これで力強く全開に開けても大丈夫です


工務さんは5,000円位かかるかなぁと
言ってましたが


サービスで付けれたので無料でした





今回問題だったのはこれくらいで

・建具類
・水回りなどの
不良はありませんでした


玄関ドアも家のドア、引き戸なども
今はドライバー1本で調整出来ますので

この辺は気付いたら直しちゃうので
施工ミスが無ければ問題ないですね



よく言われる壁紙の隙間も
1ヶ月目は、まだどこにも無く


どちらにしても壁紙の隙間補修は
木材が落ち着く
1年点検か2年点検で直すので

もうちょっと先に補修します



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング