2020年08月05日






会社の健康診断で


なんと2年前に比べて8キロも
体重が増加してしまいました・・・





2年前から1年前の1年間に3キロ増加して



「ちょっとやばいですねぇ・・・」なんて
軽く言ってたのですが



それから1年間で
さらに5キロ太ったので




「いよいよ本当にやばい」
2年振りにジョギングを再開しました。







2年半ほど前の
ブログ記事に



http://reogress.net/archives/8967872.html



「子供のイヤイヤ期の
ストレス解消に走りましょう」

なんて記事を書いていたのですが




妹が2歳下で生まれたので



今がまたイヤイヤ期の
ピークでストレスも多い状態です





・・・・・
・・・・
・・・
・・




言い訳になりますが・・・


子供が小さいと
自分の運動時間が取れないし



子供が「アイス食べたい」とか買っても
最後まで食べないから
もったいないので食べたり・・・



仕事終わると
保育園のお迎えして


そのまま子供をお風呂に入れて
ご飯も作るので


余り時間が無いのですが



ツイッター見てても
私より家事、育児している
男性って余り見ませんし・・・





とはいえ、さすがにこの体重増加は
ヤバイので




妻が仕事休みの日は
保育園のお迎えはまかせれば



週に2回はジョギングの時間が取れると思いますし




幸いな事に
ある程度体重を落とす方法を知っていて



痩せるには


心拍さえ計れれば
どうにかなりますので






格安でリアルタイムに
心拍が計れる


huaweia


HUAWEI Band 4を購入しました






・痩せるためには心拍測定が簡単です




学生時代は陸上部で中距離走っていて
元々20代前半の時はガリガリで



ちょっと20代後半で
パニック障害とかで病んでしまって


数年で20キロくらい体重が増えてしまい




そこから病気が治って
運動と食事で
体重も戻したので




その時の経験から痩せるには
心拍数が非常に大事というのは
理解しています








心拍数トレーニングは簡単で


huaweia-3


常に心拍数を計って
キツすぎず、楽すぎない


有酸素運動に
丁度いい強度で運動すれば



長く続きますし
なにより効率がいいです






例えば初心者が
ジョギングを始める場合に


「とりあえず30分で4キロ走る」


「慣れてきたら30分で5キロ」


などなど


どうしても時間×距離で
考えてしまうのですが






初心者あるあるとして


「このペースで大丈夫」


実はハイペースで
後半バテバテになり
30分も走れず途中で止めたり




どうにかギリギリ走れても
疲れすぎて


「明日は無理」など

続かなかったりしますから




距離は一切考えないで


・最初は最大心拍数の60~80%で20分


慣れてきたら

・同じく最大心拍数は60~80%で30分と



距離は考えずに
心拍数のみ考えて走ります


huaweia-4


昔は220-年齢が
最大心拍数の目安でしたが


今は
208-0.7×年齢=最大心拍数が
ほぼ正確なようです
(個人差は結構ありますけど)





私の場合は
約180が最大心拍数なので



60~80%だと
心拍数を


108~144前後で
体が慣れるまではジョギングします



30分程度のジョギングで
翌日筋肉痛になるようでしたら


まだまだ体が出来上がっていないので



とにかく走れる体になるまでは
最大心拍の60~80%までで運動します



今の私みたいな
体を余り動かしていない状態だと




・1時間ジョギングするなら最大でも70%

・30分間ジョギングなら最大80%




これ以上に心拍が上がったら
ペースダウンします



その為に
リアルタイムで心拍数が
計れる機器が絶対に必要になります




実際に計測すると分かりますが



最初は「え、もう70%?」って言う位に


70パーセントで走るというのは
スピードが遅いです



だいたい
「痩せたい」って気持ちで
ジョギングを始めて



すぐ止めてしまう人の原因は
ペースが速すぎます





体が出来上がってくれば
同じ70%でも
速度が速く走れるようになりますが



最初はとにかく心拍優先です




どうも日本人の美徳なのか
「苦労しないと痩せない」みたいな風潮がありますが





心拍さえ把握できれば
割と簡単に体重のコントロールが出来ますよ




最大心拍80%以下に抑えれば
30分ジョギングしても



「気持ちよかった」で終わりますし



キツイから続かないって事も
無くなります





・5,000円弱で心拍測れて音楽も聴けるHUAWEI Band 4




私は30代の時は
色々と運動していたので


huaweib

(この時より今は15キロ近く太ったかも・・・)



主に自転車が好きでしたが



当時は
心拍を計るものは
最低でも15,000円ほどかかって




さらに

huaweic


胸に巻かないとダメだったのですが



今は腕時計で計れます




とはいえ
安物の中国製だと

huaweid



動いてると心拍数が出ないという



T-sportsって名前なのに
運動には全く向いてないものもあるのですが





今回購入したのは
HUAWEI Band 4です




同じ安い中国製でも
HUAWEIですから


ある程度信頼が置けます



ガチの市民ランナー目指すなら
物足りないかもしれませんが





初心者ランナーなら


・心拍数測定
・ストップウォッチ
・音楽再生
・距離測定


これだけあれば充分なので
HUAWEI Band 4で大丈夫です






・HUAWEI Band 4とHUAWEI Band 4 proの違い




値段が約2倍で
BAND 4 PROというのもあるのですが


一番の違いは
GPSがあるかどうかです






GPSが内蔵していれば
これだけで距離が測定出来ますが


huaweie


1年間無料の
楽天miniをゲットしましたが




これじゃなくても
スマホとペアリングして



スマホも持ち歩いて
ジョギングすれば
GPSはスマホ側で計測出来ますし




大会に出るとかじゃなければ
心拍の方が距離より大事ですし




huaweif


今はgoogleマップで距離も出ます






huaweig



まあ私が普段走る場所が
ちゃんと距離が分かるコースなので
GPSは無くてもいいのですが





後はPROは
有機ELで綺麗だったりしますが





心拍計は両方とも
同じデバイスを搭載していて


性能差はないので
安い無印にしました




proもGPSオンにすると
電池が7時間しか持たず



GPSオフにすると
10日ほど電池が持つので



逆にスマホを持ち歩かない場合は
PROも検討してみると
いいかもしれません


私も楽天ミニをサブ機で持つまでは



iphone8plusを使っているので
デカイし重いので
持って走りませんでした






・実際に30分走った結果



HUAWEI Band 4が届いた日が
連休の初日でしたので



仕事帰りに走る事は出来ず


huaweih


子供と妻が寝た
深夜に早速走ってきました(笑)






huaweii


心拍数140前後で走る感じのペースですが



どうしても久々の運動なので
後半はちょっと
上がってしまいますね・・・






huaweij


スマホ側でGPS計測しますので
距離も出ます




とにかく80%の142を越さないように



心拍が上がったらペースを下げましたので
30分で3,81kmしか走れていませんが



とにかく大事なのは
30分間でも1時間でも



決めた時間走る事なので
何キロ走れたかは関係ありません




この時計を買う3日前に
久々に走った時は


5kmを35分で走ったのですが


これもかなり心拍的には
無理していた事が分かります
(多分最大は心拍数170オーバー)



今まで心拍計を使ってない人に
感覚を伝えるとしたら


走りきった後に
100メートルダッシュ出来る位に
余裕が残ってる感じです



とにかく心拍さえ把握出来れば
「ツライ」ってのは
無くなります



もちろん市民ランナーで
上を目指すなら


「ツライ」も必要ですが



・まずは体を作る
・フィットネス目的で大会とか出ない


などなどの場合は
80%以下で走れば
長く続くと思います




体の負担も少ないですから
怪我も減りますし






・HUAWEI Band 4のいい所と改善してほしい所



この値段で
ここまで出来るので
ほぼ絶賛ですが


気になる点としては





心拍数モードという


普段から
心拍を計れるモードがあるのですが


huaweik
(運動中には動かさないでは無理ですね・・・)


こちらは安静時の心拍を計るものなので
リアルタイムでずっと心拍は出ません




ジョギングなどで
ずっと心拍を出す場合は




ワークアウトモードに
しないとダメなのですが


huaweiL


こちらが
ワークアウトモード


これだとリアルタイムで
運動中はずっと心拍が出ます



このモード中は
時間は出ますけど
ラップタイムなどは出ません




huaweim


こちらは
ストップウォッチモード




これだと
ラップタイムも計れますが



これはワークアウトモード中は使えません・・・



huawein


スマホ側に1kmごとの
ラップタイムは記録されるのですが


普段2.5kmの周回コースで
走るので


本来は周回ごとの
タイムを残したいのですが
これは無理です・・・



後はワークアウトモード中は
時計を横向きにするか
ホームボタンを押せば
表示がオンになりますが



3秒経つと消えるので
じっくり見たい場合は
不便ですね・・・



ホームボタン押せば
また点きますけど


ここは設定で10秒とか
任意の秒数を選べたらいいなと思いました



ただ電池の持ちを考えたら
仕方ないかもしれません



肝心の心拍測定は
問題なく


これで4,000円代は
とにかくお得な買い物でした


ちなみに
スマホ連動させない状態でも


GPSが無い、この時計でも
なぜか距離が出るのですが


これは単に
歩数から距離を出しているだけなので
アテにならない数字です(笑)



今日は〇〇キロ走ったというのも
モチベーションにはなるので



ジョギング中は
スマホを持たない人はpro



そうじゃなければ
無印でいいと思います












・どうして心拍を計るとダイエット出来るのか



まずジョギングしたって
30分走ったとしてもせいぜい
200キロカロリーとかしか
使いませんが



ちゃんと80%以下で走れば
有酸素運動になりますから
脂肪燃焼も期待出来ます


これが80%以上になると
無酸素運動になるので


グリコーゲンから消費されますし




よく
「有酸素運動は筋肉を使わないので
筋肉が落ちる」とか



「無酸素運動で
基礎代謝を上げましょうとか」


書かれていますが



あれが一流の
アスリートの話であって


今から痩せようって人なら


絶対に有酸素運動でも
筋肉は付きます



そういう体のメカニズム以前に



無酸素のゾーンで走るのは
単純にキツイですし
足に負担かかりますので



長く気持ちよく続けるために
心拍を計る事が必要です






そしてジョギングが続けば
食事にも気を使いますが



「食事も
腹8分目じゃなくても10分目で
いいんです」




太るってのは10分目以上
食べるから太るので・・・



急に一日1000キロカロリーとか
無茶する人いますけど



普通に平均の標準摂取カロリーを取ったって
標準までは落ちるんですから



走れば無意識に
ちょっとだけご飯を今までより少なめとか


タンパク質多めにとか
意識しますので


そのために
ジョギングを習慣化するために


負担をかけずに
一番燃焼効率がいい状態で
走る為には



心拍計を使うのが
手っ取り早いです




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2015年4月~16年3月生ランキング





















コメントする

名前
 
  絵文字