2018年04月05日

今までも
建具サイディング
フローリングなどは
工務さんではなく

コーディネーターさんと決めてきましたが

壁紙カーテン
「まさに本職」なので

悩んだら任せると
かなりいいアドバイスがきます



・標準だけでもかなり多いのですが・・・

壁紙a

(これはオプションのカタログです)

標準のカタログは写真撮るの忘れましたが
こういった壁紙のサンプル集が
標準だけでも3冊出てきて


「これだけあれば標準だけでいんじゃ・・・」

と思ってしまう量です。


標準内であれば

「何種類使ってもいい」
そうなので

コーディネーターさんからも
「全部屋変えたほうがいいです」
と言われました。


リビングと寝室の各部屋は
基本のクロス3面に
アクセント1面がオススメという事で
色々選びます・・・


結局、各部屋やトイレなど全てに
ベースとアクセントと天井で
最低3種類
全部違う柄にしました
(天井は一部同じですが)


この中で
オプションの壁紙の紹介です




・まず子供部屋にオプションのクロス


夫婦の寝室は
白系のベースに茶系のアクセントで
まあ標準でいんじゃないじゃかなぁ
割とすんなり決まりましたが


子供部屋は可愛いらしいのも
欲しいので
標準では決まらず
オプションのクロスで選択

リリカラやサンゲツなど有名メーカーの
カタログから選びます。


・ちょっとでも大丈夫

オプションのクロスですが
1㎡からの料金になるので
少しだけ使うなら
それほどお金もかかりません

壁紙b


写真撮ったら色が飛んじゃって
分かりづらいですが

アクセントの木目クロス
オプションです


実際はかなり深く近くで見ても
本物みたいで
子供も多分喜ぶはずです(笑)



・脱衣場もオプション

標準のクロスにも
耐水性に強いクロスはありますが

オプションだとさらに強いクロスもあります。


脱衣場なんて面積が少ないので
全部オプションでもたいした
金額ではないですので


ここは打ち合せのちょっと前に
IKEAで見た配色をパクリました

壁紙c


木のデザインと黄緑の壁紙ともにオプションです

狭い部分を思い切った
明るい色にすると狭さがごまかせます(笑)



・リビングは「お絵かきが出来る壁紙」

夫婦で
「コーディネーターさん凄い」
と思ったのが
リビングのクロスで
一番のお気に入りです


ベースは白の標準ですが
やはりアクセントが欲しいと悩んでたところ


「これオススメです」
と持って来たのが


思いもしない明るい水色のクロスでしたが
これが綺麗に白にハマります


そしてなんと
このクロスは黒板になってるので
チョークでお絵かきが出来ます

壁紙d


子供のお絵かき以外にも
色々予定を書いてます


もちろん書いたあとは
黒板消しで消せます



色もよく気に入っていて
子供もお絵かき出来て喜んでますし
友人達が来ても驚かれます




・最後は玄関部分をオプションへ

玄関から入ってすぐの部分を
レンガっぽくしたくて
こちらもオプションにしました

奥の黄色も塗り壁っぽい
オプションです

壁紙e


こちらも子供部屋みたいに
かなり彫りが深く出来ていて

色もいいしニッチとも合うし
お気に入りです



・全部のオプション費総額は?

以上がオプションで
残りは全て標準のクロスです。


リビングは結構面積広かったですが

かかった総額は
わずか23,000円でした。


もちろんオプションのクロスは
1枚1枚で単価が違いますが

これだけ使ってこの金額は
かなりお得だったと思います。



・我が家の使用壁紙数

使用するものは
このようにA4サイズの小さい見本をくれます
(本物なので張替えも可能です)

壁紙f


全部屋ベースとアクセントを変えて
トイレも1、2階で全部変えたりして
全部で25枚にもなりました


コーディネーターさんが
「全部変えた方がいいですよ」
という事で気に入ってはいますが
クロス屋さんは大変だったかなと思います


壁紙g


上段のレオハウスと入っているのが標準
下段の記載がないものがオプションですが
標準のでもサンゲツ製です


何枚使っても標準のクロスなら
追加料金はかかりません




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年04月03日

先日のフローリングの記事
でも写っていましたが

我が家は
ルンバが掃除してくれてます

ルンバa

椅子上げないといけないので
テーブルの上も自然に片付きます(笑)



・新築こそルンバがオススメ


ルンバを使っているブログを見ると
みなさんが書いてますが


ルンバは物が置いてあると
掃除してくれませんので
片づけてから動かします


家が一番綺麗な状態は
家建てて引越し作業が
終わってすぐだと思うので


ここでルンバを置いておくと
物を床に置かなくなります




・子供のおもちゃは棚を買いました。


とはいえ引っ越し時にはちょうど1歳の
子供がいたので

おもちゃはどんどん増えていきます。

テレビ台の上
ソファの上

などに置いてましたが
置ききれなくなったので棚を購入しました

ルンバb




4000円ちょっとの割りに
おしゃれでいい感じです
(左が↑の棚で右はニトリのです)

しかし、上の子だけで
既におもちゃがいっぱいなのですが

下の子はまだ4ヶ月ですから
これからどんどん増えていくと思います・・・



・ルンバは種類がたくさんあります


ルンバで検索すると
たくさんの型番が出てきますが

おおまかに分けると

・900番台

・800番台

・600番台

以上3種類に分かれます



900番のシリーズは一番高級で
10万円する機種もあります


スマホから操作出来たり
内臓カメラが付いてるので
部屋を把握出来るらしいですが


我が家の1FはLDKのみで
分かれてないので
ここまで高級なのはいりません
(買えません


800番シリーズ

600番よりブラシが違うので
清掃能力が高いそうです


800と900は清掃能力は同じで
付加機能の違いだけです


600番シリーズは一番安く

800と900に比べて
ブラシがゴム製なので
絨毯の上の清掃能力が弱いそうです


カーペットが多い家庭は
800シリーズのが
いいらしいですが

フローリングならどれも
それほど変わらないというレビューが多いです




・我が家は一番安い600シリーズ


もちろん
一番安いという理由が一番なのですが

ルンバはどれを選んでも

人工知能部分は同じなので
安いから変な所を通るとかは無いです。


また600シリーズはブラシがゴムなので
絡みつくそうですが

絡みやすい=よく毛が取れるので

ペットがいる家庭では
600が一番いいかもという
アマゾンのレビューを見たので
これにしました。




スケジュール機能はないですが
妻が子供を寝かせにいった後に

私が洗い物と掃除をしますので

洗い物の間に掃除も終わって
大変便利です


カーペットも敷いてますが
ちゃんと登ってくれます

たまにめくってしまいますが



毎日
「どこからホコリ持って来た」
という位に使い終わると
ホコリがたくさん取れてます



・ルンバ629

使ってるルンバは629という商品です


こちらは
「ケーズデンキ」のオリジナルモデル
622にフィルターが5枚付くという商品です

622ベースなので

・バーチャルウォール
(赤外線で見えない壁を作る)もあります


地方なのでなかなか
「価格コムのが安いんですけど」
言ってもヤ○ダもコ○マも安くならないのですが


何故かケーズデンキだけは
価格コムの最安値位まで頑張ってくれます!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング




2018年04月02日

サイディング、建具類に
続いてフローリングも工務さんではなく
インテリアコーディネーターさんとの
打ち合せになります。


ちなみにコーディネーターさんですが
レオハウスの方では無くて
違う会社の人です。


レオハウスから依頼されて来ている方で
山梨の人ではなく
なんと茨城県から打合せのために
山梨まで来ているそうです。



・フローリングは色のみ選択


大人気の家CoCoのDセレクトで
選べるフローリングがこちら

フローリングa


朝日ウッドテック
「ライブナチュラル」という商品です


残念ながら、今回は1メーカーで
1種類のみなので
色のみの選択です


ライブナチュラルは集成材ですが
表面に天然木を貼っており
1つ1つが違うという
「パッと見」無垢材っぽく
見える商品です。

フローリングb


多分オプション払えば
色々選べるでしょうけど


子供が小さいし犬もいるし
どうせ傷がつくだろうし
無垢材のメンテが出来るほど
マメではないので

標準のみで選択します。




・色だけなのでかえって選べない

今まで複数のメーカーから選択してれば
性能や特徴が違いますが


同じものの色だけ選択で
しかもフローリングの色選びは
家の雰囲気が
かなり変わる重要な部分です


・まず1色のみ却下

ライブナチュラルは
天然木を貼っているので
使っていく内に
無垢材のように色味が変わります

その中で
フローリングc

ブラックチェリーは凄い変わるよという事で
逆に怖いのでまず却下になりました。



・「ナチュラル」か「モダン」か

コーディネーターさんが
基本として言ってくれましたが

濃い色はモダンにかっこよくなる色で
明るい色はナチュラルに優しくなる色になります。


濃い色はホコリが目立つというのは
みんな知ってるデメリットですが

明るい色はホコリは目立たないけど
髪の毛は目立つそうです




・この辺まで来ると好みが分かってますね

コーディネーターさんと決めたのが
サイディング、玄関、建具類で
既に決まっていますので


ここまで来ると家に合う色と
私の好みもだいたい分かっています。

フローリングd

こちらの濃いのは却下で




フローリングe

こちらの明るい色から選びます




・妻の好み

この3つまでは夫婦で
意見が合ったのですが

一番明るいシカモアは妻が
「いくらなんでも明るすぎ」
となりました。


私は白いフローリングでもいい位なので
明るくてもいいのですが


なので
バーチハードメープル
の選択になりました



・メープルとバーチの違い

メープル楓の仲間
バーチ樺の仲間です

そして経年変化は
メープルは濃く赤味を帯びて
バーチは明るく黄身を帯びるそうです



変化の度合いも
メープル経年変化しやすく
バーチ変化しにくいという事でした。


たしかに私が持ってる20年以上前に買った
ギターはメープル素材ですが
色が濃く赤くなってます



・バーチに決定しました

経年変化しにくい事と
変化しても赤味ではなく
黄色に変化するので

明るい色が好みなので
バーチにしました。



・1年経過して

今のところ経年変化というのは
余り思いません

妻は
「木目が濃くなった部分がある」
と言ってたので
若干変化があるのかもしれません


無垢材とは違うので隙間も出来てないし
不満は何もありません。

色もナチュラルな色で気にいってますし
ホコリや髪の毛も気になる事はありません


フローリングf
こちらは電球色の下で取った写真です




フローリングg
こちらは蛍光色の下で取った写真です


ホコリや髪の毛は
ルンバが掃除してくれているので
分からないのかもしれません


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング