2019年04月24日





1歳の妹が保育園に行き始めて


ママも5月から
育休が終わって仕事復帰しますので
旅行にも行きづらくなりますし


ボソっと「温泉でも行きたいなぁ」と言っていたので


今回は半年ぶりに
1泊だけ旅行に行ってきました


前回(半年前)の旅行時に


小さい子供2人との旅行は
かなり大変だったので



前回行った後に
「もう当分いいかなぁ・・・」と思っていましたが



半年も経つとまた行きたくなります(笑)



前回のホテルは
「リピートは無しかなぁ」という感想でしたので
また違う宿を探します




ちなみに半年前の旅行記はこちら
↓↓↓






・今回のホテル決めの要素



やはり3歳と1歳の子連れなので
子供重視になります



・絶対条件は温泉があるところ

・子供も遊べないと困るのでキッズスペースがあるところ

・お兄ちゃんアレルギー多いしバイキングの方がいいかも

・どうせ行くなら海が見えるとこ




子供が満足して遊べないと
親もゆっくり出来ません・・・



キッズスペースなどがあれば
1~2時間は平気で遊ばせられるので


その間にママ、パパ交互に
ゆっくり温泉にも入れます




色々と希望を考えて
今回見つけたホテルが

伊豆a
(こちらは公式サイトの写真です)


・キッズスペース完備
・さらにプールとジャングルスパという遊べる温水プール付
・食事はバイキング


という希望を満たした
伊豆熱川温泉ホテルカターラRESORT&SPAです



希望通りの宿で
しかも安いです!


平日だったら10,000円~のホテルです



行ったのが4月20日という
ゴールデンウィーク前の微妙な土曜日でしたが
大人は15,000円でした

(GWはもっと高いですね・・・)



前回行った宿の
伊豆稲取赤尾ホテルも



プールとキッズスペースがありましたが
こちらはプールが屋外の為
夏以外と天気が悪い日は入れませんが



こちらは屋内という事で
いつでも平気っぽいです





・車で3時間ですが平気でした



うちの子供は車に乗るとよく寝るのと


山梨県民なので
「海が見えれば興奮します」から
特にトラブルも無く着きました(笑)



伊豆b

こちらが部屋からの景色です


全室オーシャンビューという事ですが
目の前の大和館ってのが
無ければ本当に絶景ですが・・・




伊豆c

2階から撮ったフロントの写真です



駐車場からホテルまでが
このように非常に近いので
移動が楽なのが良かったです



値段が安いホテルなので
従業員の人数的につらいのか


部屋までの案内や
荷物運びなどは全部自分で行います
(気が楽なのでそちらの方が好きです)





・部屋は普通です



伊豆d

今回の部屋は
スタンダードの和室10畳タイプです



そこそこ古いホテルなのですが
ちゃんとリフォームされていて
綺麗でした



伊豆e

10畳プラス広縁が2畳くらいでしょうか



3,000円くらい追加で
12畳+6畳の部屋もあるそうです



ちなみに5,000円追加で
露天風呂付客室もあるそうです






・我が子は今までで一番気に入りました



チェックインしてすぐに
ママは一人でお風呂に行ってもらって



子供2人連れて
キッズルームに行きました

伊豆f

まだ誰もいないので
貸切状態です




前回泊まった稲取赤尾ホテルより
小さいですし大きいスベリ台もないのですが


伊豆g

こちらのプラレールスペースがあるので


プラレール好きのお兄ちゃんは
ずっとこれで遊べました


何も言われなければ
3~4時間でも平気で遊べる位のお気に入りです



伊豆h

1歳ちょっとでも遊べる
遊具もちょっとだけありますが



メインは3歳~6歳位でしょうか


とにかくお兄ちゃんは
ずっとプラレールで遊んでくれてるので
親も凄い楽です(笑)





・プールが2つあります


プールは他の方もいるので
撮影出来なかったのですが


伊豆i
(これは公式サイトの写真です)

こちらのプールは
奥に50cmプールもありますが


ほとんどが水深120cmという事で
1歳と3歳ではとても無理なので
入りませんでした



伊豆j

夜はライトアップされていて
綺麗でした



奥の方が50cmらしいんですが
少ししか無いですね



せっかくなので
何かは入ろうと思って
行ったのがこちら

伊豆k

ジャングルスパという
プールというより温泉ですが



ジャングルがモチーフで
小さい温水プールが
8個くらいありました

伊豆l


コンクリートのスベリ台なので
かなり速度が出ます


こちらも結構深いので
3歳では一人では出来ずに


パパが抱っこでゆっくり進んで
どうにかって感じですが
1回滑ったら怖がってしまいました



多分5歳以上になれば
もうちょっと楽しめると思いますが・・・


写真の奥にあるビニールの
スベリ台は設置してなかったので



1歳と3歳だと浅いところが余り無いので
余り楽しめなく


ママは水着なんて絶対着ないという事で
こちらには来なかったので


結構大変でした


まあ暖かいんで
プールと思わずに
温泉と思えば楽しいです








・食事が美味しかったです



比較的安い宿泊代で
施設も充実してるので


不安点は食事だったのですが
かなり美味しかったです

伊豆m

刺身類はこの値段とは思えない美味しさでした



休前日は若干高いですから
仕入れるグレードも高いのかもしれませんが
かなり美味しかったです


自分で海鮮丼を作ってねって感じなので
うまく人件費を抑えてますね



伊豆n

カニはどこにでもある
安いバイキングで良く見る奴なので
普通でした



子供が小さいと
余りカニ剥いてる余裕も無いので
ほとんど食べませんでしたが



伊豆o

相変わらず盛り付けのセンスが無いですが
どれも美味しかったです



寿司と天ぷらは
その場で作っていました


この値段の宿のバイキングで
結構美味しいなぁと思ったのは
初めてです



理由を
元支配人的に考えると



通常バイキングって


海産物以外にも
肉類はステーキがあったりしますが
ここは肉類が全然ありません


その分魚介類に力入れれると思うんで
かなり良かったです


私も伊豆に来たら魚介しか
食べたくないですし



バイキング+勝手丼という事で
うまく人件費抑えてますし


伊豆p

キッズコーナーもあって


肉といえばカラアゲはありましたが
子供だとこういう方が喜ぶので
これで充分です


逆に魚が苦手
特に刺身はNGなんて人は


悲惨な事になるかもしれません





・温泉もなかなか良かったです


温泉は2つあって入替制ですが

2つの差が非常に激しいです(笑)


伊豆w

こちらが多分メインの月明かりの湯



天井も高く露天風呂が8個位あって
非常に満足です


女性がチェックイン~23:30
男性が24:00~9:00までなので


チェックインしたら
子供はパパが面倒を見て


ママにはゆっくり
お風呂に入ってもらったほうがいいです


旅行前の準備って
女性のが大変ですしね



伊豆z

こちらはもう一つのMANAという温泉です


男女逆なので

男性がチェックイン~23:30
女性が24:00~9:00までです


こちらは小さい露天風呂が1つあるだけで
内風呂は月明かりの湯より大きいですが普通です


入れ替えの30分以外はずっとやってるので
いつでも入れるのがいいです


子供が寝てから22:00位に小さい方にいって

入れ替え時間の24:00にも大きい方に行きましたんで
温泉はかなり満足します


貸切風呂は無いので


若い夫婦でしたら
家族全員で入るには


露天風呂付客室しか無いですから
若干不満かもしれませんが


私は無くてもいいので満足出来ました


熱川は源泉が100度あるんで
源泉掛け流しは無理なので
加水はしてますが


循環もしてなかったですし
なかなかのお湯でした





・是非次も行ってみたい宿でした


前職が旅館の支配人ですので
何度か旅行記を書いてますが


リピは無いって書く方が多いんですが


こちらは非常に満足で
是非次も行ってみたい宿でした



・値段が安い
・食事も美味しい
・子供が遊べるスペースが多い
・温泉もいつでも入れる


という親も子供も
満足出来る旅行でした


小さい子供がいなければ
他の宿の方がいいと思いますが


3歳位から小学生の子供がいる家庭で


家族一緒にお風呂は
入らなくてもいいって事でしたら
かなりオススメです



伊豆q

自動で動くトーマスもあって
こちらも喜んでしました




伊豆r

車で3分位で
駐車場もあるビーチもあります


時期的にとても入れないので
足だけですが綺麗な海でした





・クチコミが・・・・



この宿のじゃらんや楽天のクチコミが
余りよくありません
(それでも4点弱はあるんですが)


私の基準だと
今までなら選んでなかった宿なのですが


今回はキッズルーム完備なので
選びましたが正解でした



ちなみに過去記事に
オススメ宿の選び方書いてます
↓↓




今回は泊まっていませんが

露天風呂付客室の評判が
高い割りにイマイチらしいのと



食事が2部制で
私達は18:00からでしたが


19:30~の方は
作り置きという事で評価が悪いのと



子供料金の設定が
一律で


3歳から5歳は大人の半額
6歳以上は大人の70%なので


小学生以上が70%は割と普通ですが


3歳ですと
私が働いていた旅館などでは


布団も食事も付ける場合は半額だけど
食事だけなら定額で3,240円とかの宿が多いのですが


実際うちの子供も
まだ寝具はいらないけど


寝具があっても
無くても半額という事なので


高いプランだと3歳児でも
かなり高くなってしまうので


この辺で評価が低いみたいですね・・・


休前日で露天風呂付客室だと
布団が要らないような3歳児でも
15,000円もかかってしまいます


綺麗でしたが実際古い建物ですし


高い値段だとどうしても
期待しちゃいますからね



なので

・安いプランで申し込みして
・食事は6時から


これでかなり満足度が
上がるかもしれません




にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング



2019年04月22日






省エネ基準の義務化が延長された件で
色々理由はあると思いますが


一番の原因が


工務店a



そもそもエネルギー計算出来る
工務店が半分しかないという事です




工務店b


こちらは国交省のpdfからです


いくら安いからと言っても
このような工務店で家を建てたら
下手したら10年~20年前の基準の家が
建ってしまうかもしれません・・・





・エネルギー計算とは


工務店c

こちらは我が家の
省エネ等級を取得した計算書です



サッシ、ドア、断熱材はもちろん
基礎、屋根などを仕様を入力して


どれくらいのエネルギー損失が
出るか計算します


当然エネルギー損失が少ない方が
省エネの家になります



実際に計算出来なくても
試してみたいという方には

工務店d




こちらの
住宅性能評価・表示協会から


エクセルの計算シートが
ダウンロード出来ます



工務店e



このように各部材、仕様を
入力していきます





・何故計算も出来ない工務店が5割もあるのか


当然ですが
大量生産のハウスメーカーでは
絶対に敵わない
素晴らしい工務店も
たくさんありますし


高断熱、高気密なんて
言われなくても当たり前という
工務店もたくさんあります


こういった工務店は
ネットでも発信してるので
目に入りやすいですけど



例えば
いつも最新の髪型を研究している
人気の美容院もあれば


「何故潰れないのかなぁ」と思うような

10数年も同じ髪型しか出来ない
町の床屋もあります


まあ髪型でしたら

・話しをするのがメイン
・髪型はどうでもいい
・そもそも薄いし耳まわりだけ


などなどで
一定の需要はあるのでしょうが



数千万円も出して
20年前の基準で家を建てられたら
たまったものじゃありませんね



断熱材を入れなくて
家を作っても

建築基準法に違反はしていませんし



フラット35の融資基準に
断熱材の使用という項目が出来たのが
1989年です


そこから
勉強もせず「なあなあ」で
営業している工務店もあるという事です








・大手メーカーだと基準は満たします


実際に家を作る現場の大工さんは
仕様書の通りに家を作ります


手抜き工事、欠陥工事は
とりあえず除くと


仕様の段階で
既に基準を満たしていないような
工務店もたくさんあるという事ですが


ハウスメーカーでしたら


今の時代に大手メーカーで
気密、断熱??なんてメーカーは
ありませんからその点では安心です
(値段のみが売りのメーカーもありますが



もちろん大手でも
自分で色々調べた方がいいのですが


そこまで時間も
手間もかけれないという方でしたら


工務店よりは大手メーカーの方が
オススメだと思います





・オススメ工務店を探すなら


私のような解体や処分業をしていると
新築の端材も処理しますので


ここは値段の割りにいいもの使っているとか
ここの大工は丁寧だなぁとか分かりますが(笑)
(人の入れ替え激しい業界ですけど)



いかんせん
ネットで発信をしてない工務店も
たくさんあるので



UA値やらC値なんて
話をすると機嫌悪くなる工務店も多いですから
(本来ならその段階で止めてもいいのですが


「アイシネン使えます?」とか
「セルロースファイバーで施工出来ます?」とか


この辺を聞けばいいと思います


大手メーカーと違って
標準仕様というのが無いのが
工務店の良さだと思いますし


その2つを知らないって
工務店はその時点で断った方がいいですし



工務店f



樹脂サッシメーカーの
エクセルシャノンでしたら
取引してる工務店が検索できます


山梨県は0件ですけど


このように部材メーカーから
工務店を調べるのもいいかも知れません


もう少し工務店さんも
ネットに力入れてくれれば一番いいのですが




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング




2019年04月19日






断熱等級の基準は
地域によって差があります


北海道a



当然北海道と沖縄では
気温が全然違いますから


求める性能も違いますね


一番寒い北海道が「1」で

私が住んでいる山梨県甲府市は
他の関東地方と同じく「5」になります


寒さが違うので
求めれる断熱基準も違ってきて


例えば断熱等級4の基準の場合

北海道b



北海道c


同じ吹き付け断熱でも


北海道の1~2地域と
4~7地域では
求められる基準が変わってきます


東北の4地域と九州の7地域で
基準が同じってのは
おかしい話だと思いますが






・全然違う北海道のローコスト住宅


私みたいな
「低予算だけど性能はある程度欲しい」という方は


寒い地域の断熱性能って
参考になる部分が多いです


そこで同じ基準の
ローコスト住宅


家のチラシにどの地域でも
入っている


「住宅 768万円 チラシ」で検索すると


北海道d



チェーン店ではないですが
同じコンサルタントの影響で


768万円チラシは
全国色々な工務店がやっています



もちろん山梨県にも
いくつかあって

北海道e

こちらは実際に
モデルハウスに見学して

話も1回だけしましたので


欲しい基準で建てると
普通の値段になる事は
分かっています



ちなみにweb予約して来店すると
マックカードプレゼントって
書いてあったのですが


実際に行ったら
「いっぱいになりました」って
くれませんでしたので
余りいい印象はないのですが


・・・・
・・・
・・
予約して来店したのにいっぱいって・・・



そして驚くことに
北海道にも768万円チラシがあります


北海道f

名前からいって
北海道っぽいですね(笑)



実際に建てた方のブログを見ても
当然768万円で建つ事はありませんが


土地代抜きで
2,000万円以内では建つみたいです





・標準の窓サッシに驚く・・・


北海道のローコスト住宅一番の驚きはこちら

北海道g


なんと標準のサッシが
エルスターSです


U値1.3の高性能窓サッシで

関東の超ローコスト住宅でしたら
ありえないサッシです


我が家がサーモス2HでU値2.33


山梨の768万円の家は
見学した当時は
U値4.07のデュオPGでしたので


北海道あたりだと
エルスタークラスが
標準で使われると思うので


こちらで購入するよりは
当然安いと思いますが


それでもローコスト住宅とは
思えないクラスのサッシですね








・本当に寒い地域のお金の掛け方



他にこちらの地域と
違うなぁと思ったのは

北海道h



標準の換気システムが第一種換気です



これに関しては関東でも
第一種のがオススメだと思いますが


過去記事

↓↓




このハウスメーカーもそうですし
北海道、東北の方のブログを見ると


・窓サッシ
・第一種換気


この2つが最重要とされていて



もちろん予算次第なのですが
断熱材はサッシや換気より
重要視されていません


北海道i

実際家の温度が逃げるのは
半分以上が窓なので



断熱材のグレード上げるよりは
窓のグレード上げたほうがいいですね






・寒い地域のローコスト住宅の予算の抑えかた



関東地方の
ローコスト住宅よりも


窓サッシも換気システムも
お金がかかっているので


当然他の事で予算を抑えます



まず断熱材は
普通のグラスウールが多いです



施工ミスがガチで
命取りの寒さですし



関東や関西では
「断熱材?」って言っていた時代から


グラスウール使ってましたから
施工慣れしてるでしょうし


グラスウールだって
施工に問題がなければいい商品です




こちらのハウスメーカーは
その他にも


ベタ基礎ではなく布基礎だったり


山梨の768万円住宅メーカーより
キッチンのグレードを下げたり



お金がかかっている
サッシと換気システム以外で
ローコストにしています






・やはり窓ですね・・・


他の寒い地域の工務店やブログを見ても


やはり窓サッシが
最重要なんだなぁと思います


北海道j



我が家も50万円の追加料金出して
サーモスXにすれば良かったような気もしますが・・・



私が住んでる場所なら
サーモスⅡHで充分だとも思いますし



実際住んでいて問題は無いですが
光熱費は下がるような気もしますし


しかし仮に夏、冬の6ヶ月で
毎月2,000円下がったとしても

年12,000円なので


50万円の差額の元取るには
41年間もかかりますし


などなど本当に悩んでいましたので


やっぱりお金って大事ですね

若い時もっと
貯金しておけば良かったです・・・



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング