税金

2021年04月14日







今年(2021年)は3年に1回ある
固定資産税の評価替えの年です


簡単に言うと


固定資産税は
土地と家の価値がどれくらいかで
税額が決まりますが


「毎年なんて忙しくて変更出来ないよ」って事で



基本は3年に1回だけ更新されて
今年は改定する年なので金額が変わりますが



来年と再来年は同じ金額になります




さらに今年は
コロナウイルスの特例があって


固定資産税a


コロナで生活が大変な人も多いので



「土地の評価が前回より
上がった分は据え置きにしますね」って事ですね





まあ、近所の地価を見ると


固定資産税b



バブル時代以降


土地評価額はずっと下がっているので
地方だと上がることはなさそうですが



そして今年はPayPay払いにして
去年は0.5%還元でしたが


今年は1%還元になりました


後述しますが
頑張ればMAX1.5%還元まで可能です





・ローコスト住宅な我が家の固定資産税はいくら?



我が家はすでに3年間の
固定資産税半額は終わっていて



これが今年の納付書です


固定資産税c


143,300円ですね



次の評価替えは3年後なので
3年間はこの金額です



初めての評価替えでしたので
「それなりに下がるかな」と思いましたが


相変わらず意味不明に
結構取られますね


実際に売ったら
築4年ってだけで
かなり値下がりしちゃうんですけどね・・・




ちなみにこれが去年の
固定資産税


固定資産税d


156,800円でした



評価替えで3年前の評価と比べて
13,500円下がりました



土地の価格は据え置きですが


家の価値が8,012,230円から
7,221,690円と79万円ほど下がりました




正直もっと減るのかなと思いましたが
全然減りませんね・・・



3年で約10分の1下がったので



「家の税金なんてタダみたいなもん」って言うのは
築30年は経たないとダメみたいです





・PayPayで1%キャッシュバックを受ける




今は、ほとんどの自治体で
PayPayやクレジットカードでの支払いが可能です




私の住んでいる甲府市でも

固定資産税e


PayPayもクレジットカードも使えますが





クレジットカードの場合は

固定資産税f


システム利用料ってのが1%かかるので



楽天カードとかで1%還元されても
意味が無いので



今回はPayPayで1%還元を狙います



・・・・・
・・・・
・・・
・・


税金の場合
キャンペーンとかは対象外ですから



基本はPayPayの0.5%還元しかありませんが


固定資産税g



前の月の
PayPayステップを上げておくと
最大1.5%還元まで可能です





・先月に50回以上利用するか

・10万円以上利用すると


0.5%追加されて1%になります


どちらもクリアしたら1.5%還元ですね





こちらが先月のPayPay使用履歴


固定資産税h



固定資産税の1%バックに向けて
50回以上利用しました(笑)



先月はPayPayジャンボとか
セブンイレブンのキャンペーンもあったので


私は仕事の時の昼食はコンビニですし


後はタバコをカートン買いから
バラで買えば簡単にクリア出来ました



後36,000円使えば
1.5%還元でしたけど
無駄な物買っても損ですしね・・・


還元額以上に損したら意味無いです





ちなみにPayPay支払いの場合は
非常に楽で全て家で出来ます


というか
コンビニに持って行って
「PayPayで」と言っても出来ません・・




まずは
チャージします


固定資産税i


銀行からチャージ出来ない人は
コンビニなどで入金するしかないですが・・・





そうしたら
PayPayアプリを起動させて
スキャンを選んで


固定資産税j


バーコードを読み取ると





固定資産税k


支払い完了で
1%還元されています





4期分全部支払って


固定資産税L


143,300円なので

1,433円キャッシュバックされました










・固定資産税から値段に見合った家か調べる事が出来る



価値があれば
固定資産税も上がるので



単純に高い家は
税金も高いのですが




土地の評価額は一律で
購入金額が600万円でしたが

固定資産税m

200平米なので60.5坪以下は6分の1
それ以上は3分の1になります



なので
評価額が1,033,866円になっていますが



将来リニアモーターカーとか
開通したら爆上げするかもしれません(笑)




家屋の方は計算が複雑で


固定資産税n


我が家の請負金額は
17,383,610円です



これは付帯工事費なども含めた総額ですね




ここから一律0.7を掛けて
公示額というのを出します



我が家の場合は
17,383,610×0.7=12,168,527円が公示額です



ここから調査員が色々と調べて
0.5~0.7までの数値を掛けます



・仮に0.5なら
 12,168,527×0.5=6,084,263円


・0.7なら
 12,168,527×0.7=8,517,968円


0.5~0.7の範囲でしか決めれないので



「この家、請負金額の割に安っぽい」
判断されたら0.5になりますし


「この家、値段の割にいいな」と判断したら
0.7になります



家屋調査に協力しないと
書類でしか判断出来ないので
0.7と一番高くなるらしいので


ちゃんと協力した方がいいですね・・・



我が家は
0.658なので
割といい評価みたいでした



もちろん躯体とか内部とか気密は
調べないので



太陽光に瓦屋根とか
そういう部分が大きいですけど



ただ、評価がいいと
税金が上がるので
単純に喜べないですが(笑)






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村











2020年09月14日







無知というか
情弱というか


ちょっと悲しいのですが



特に税金とか控除とかは
こっちから色々調べないと


損する事が多いのですが・・・






・住宅ローン控除と

・ふるさと納税って



特定の条件下だと
併用できるんですね




全然知らなかったので
去年もすれば良かったと思いましたが・・・



「併用出来ます」って書いてあるサイトも
多いのですが




いざシュミレーションすると
住宅ローン控除は考慮されていなかったり




考慮されていても



・所得税からいくら
・住民税からいくら


という計算がされてなかったり




なぜか2サイトでシュミレーションしたら
違う金額になったりと・・・




下手したら
かなりの損になってしまうので注意が必要です


ふるさと納税1


シュミレーションサイトは
いくつかありますが






住宅ローン控除が



・いくらが所得税から引かれて
・いくら住民税から引いているかを



判断出来ない場合は





住宅ローン控除分だけで
所得税が100%全部戻ってきて



さらに住民税からも引かれる人は
特に注意が必要なので
是非参考にして頂ければと思います






・住宅ローン控除と併用すると損する場合




私の収入だと



所得税は全額が
住宅ローン控除などで戻ってきて




それでは引ききれずに
住民税も引かれているので




てっきり
ふるさと納税は



「私は意味が無い」
思っていたのですが





なんと一切損しないで
ふるさと納税が出来る場合もあるのですが


ふるさと納税a



この図だけで理解出来る人は
この先は余り読む必要もないのですが






もの凄く簡単に説明すると





住宅ローン控除の1年目は
かならず確定申告をしますが



確定申告をすると
ふるさと納税も


・所得税と

・住民税


両方から控除しようとするのですが



ふるさと納税2

https://nakajitsu.com/column/49054p/




住宅ローン控除より
先にふるさと納税分を引くので




住宅ローン控除をしても
所得税が全部引けずに残る人以外は




損をする可能性が非常に高いので
やめておいた方が無難です


ふるさと納税a-2


ふるさと納税は
「ワンストップ特例制度」を使えば





手続きも簡単で



確定申告する必要も無く



さらに
所得税からは引かれず
住民税だけで引こうとするのですが



この制度は自分で
確定申告すると使えませんので




住宅ローン控除1年目は
絶対に確定申告が必要なので
この制度は使えませんね






じゃあ2年目以降は大丈夫かと言うと




住宅ローン控除は



所得税で引ききれない分は
住民税が安くなりますが





こちらは上限が
136,500円と決まっていますから




こちらも人によっては
損してしまう人が出て来ます・・・





急に医療費がかかったなどで
「確定申告が必要な場合」もありますし





絶対に損しない
パターンだけ記載していきます







・安心なのは住宅ローン控除3年目以降




住民税の控除上限が
136,500円ってのは分かっていても



・医療費控除とか
(医療費控除は確定申告必要です)


・各種保険の控除

・扶養控除とかあって


どれがどれかよく分かりませんが






住宅ローン減税は



1年目は確定申告で



2年目からは書類を会社に出せば
確定申告はいりませんが



その翌年、3年目になると
5~6月あたりに






市役所から


ふるさと納税f


「あなたの住民税はこれだけ払ってねー」という

余り欲しくない通知がきます






・この住民税の用紙と

・年末調整の用紙があれば






割と簡単に
いくらまでなら損をしないか分かるので






まずは年末調整の用紙

ふるさと納税b


これ見れば
だいたいの年収が分かってしまうのですが(笑)




・共働きで扶養に入っていない妻

・2歳と4歳の子供の場合




まず去年支払った所得税が
148,474円です






残っている住宅ローン控除が
20,420,000円の1%



204,200円まで引かれるので




所得税の148,474円は
全額返ってきて


さらに引ききれない


204,200-148,474=55,726円が



他に控除が無ければ
全部住民税にまわりますが



・地震保険
・生命保険
・基礎控除
・扶養控除など



住宅ローン控除以外にも



所得税が返ってくる控除はあるので
そちらで引いてから



残りを住宅ローン控除で還付されます



・・・・・
・・・・
・・・
・・



「じゃあ結局、住宅ローン控除の
いくらが住民に回ったのさ?」




というのは




住民税の通知書に


ふるさと納税c


住宅ローン減税の


70,200円が
住民税に回ったのが分かります






そして住宅ローン控除で引ける
住民税は上限があって




総課税所得の7%です
(上限136,500円)





7%といっても
上限が136,500円なので



総課税所得が
195万円なら7%は136,500円ですから




総課税所得
195万円以上の人は





136,500円になります


ふるさと納税b-2


私の場合総課税所得は
238万円あるので




上限が136,500円ですね




住宅ローン控除で引かれた
住民税が70,200円ですから




136,500-70,200=66,300円ほど
住宅ローン控除に余裕がありますから



これなら急に医療費など増えて
確定申告が必要となっても



ふるさと納税を使っても問題ないです







そして






ふるさとナビの
シュミレーションをすると



ふるさと納税c-2



どうやら62,000円程度までは
問題無いみたいなのですが




このシミュレーションって
前年の収入と控除ですからね




残業代や冬のボーナスが出ないとかで
収入も変わってきますし




保険料の控除も
毎年変わる人もいますから



余りギリギリは
攻めないようにしましょう(笑)




まあ仮に冬のボーナスが無くなっても
50,000円程度なら大丈夫だと思いますが・・・













・自己負担金0円で返礼品が貰えます



計算上は100%大丈夫なのですが


損したら嫌なので



とりあえず初年度は30,000円の
寄付を行いました




自己負担金2,000円なので




計算上はこれで
住民税が28,000円控除



来年は毎月2,333円
住民税が下がる計算です




ちなみに2年前と今年で
住民税が毎月4,100円上がりましたので
(住宅ローンが減ったのとちょっと収入が上がった為)




絶対にここまでの枠は余っているはずです



ふるさと納税d



元々新しい
オーブントースターが欲しかったので





こちらの
アラジンのトースターが30,000円の寄付で
貰えます






普通に買うと12,000円くらいなので




これが自己負担金の2,000円なら
かなりお得ですが



なんと楽天ふるさと納税から
申し込みしたら


ふるさと納税e



ポイントが2,250付いたので
実質負担金は0ですね



しかも楽天の
買い回りも対象という




あと2万円~3万円は
全額控除だと思いますけど



とりあえず初めてですし
特に欲しい物がないので



とりあえずこれだけで
様子を見て見ます