エコキュート

2020年04月07日






エコキュートを選ぶ際に
一番気にするのは
容量だと思いますし




それ以外は気にしない人も
多いと思います
(私もそうでした・・・)

エコキュートa

我が家のエコキュートは
レオハウスの標準で三菱製
容量は370リットルです



その上の
460リットルに変更すると

「差額が5万円程度上がります」と言われて



当時は1歳の子供が
1人だけでしたし
「370リットルで充分」という事で


何も考えずに
標準のままにしました


・・・・
・・・
・・




そして先日
当時のレオハウスの
カタログを見ていたところ


エコキュートb


「寒冷地仕様?」



オプション料金出して
寒冷地仕様にした訳ではなく
標準で寒冷地仕様です




「甲府で寒冷地仕様が必要のかなぁ」
ちょっと調べると


エコキュートb2



・一般地使用 -10℃まで
・寒冷地仕様 -25℃まで


甲府市なら-10℃まで
気温が下がりませんから


一般地仕様で平気だと
思います


今年は暖冬だったので
参考外としても


私の記憶にも
氷点下10℃なんて日は
ありませんが・・・



山梨県の場合
レオハウスは県内で
1件しかないので


富士山の近くとか
長野県の近くの方だと
-10℃以下になるので



「面倒だから
全部寒冷地仕様なのかなぁ」
思いながら



まあ差額が
出ているわけでもないですし


定価なら寒冷地仕様の方が
高いので


「まあ得したかも
思っていました






・一般地仕様と寒冷地仕様の違い



金額は定価だと
我が家の寒冷地仕様が
875,000円



同じシリーズの
一般地仕様が850,000円と


25,000円の差がありました




一応説明書を見て



一般地仕様と
寒冷地仕様の違いを調べると


エコキュートc


寒冷地仕様の方が
2kgほど重いくらいで


通常の能力や
消費電力は全く同じですが


唯一違うのが
凍結防止ヒーターの
消費電力で


外気温が
0℃以下になると
凍結防止ヒーターが
作動するそうですが


・一般地仕様 0.036kw
・寒冷地仕様 0.048kw


と、ごくわずかに
寒冷地仕様の方が
電気代がかかるみたいですが



1日に4時間動いても

1か月で21円の差なので
問題はないですけど



気にするレベルでは
ないみたいなので


「まあいいか」
思ったところ



「ああー!こっちの
機種にすれば良かった」


というのを発見してしまいました






・欲しい機能が付いてなかった・・・



エコキュートd

ほっとアワーという機能ですが



「この機能めっちゃ欲しい」
と思いました




エコキュートe

気持ち良さそうですし
子供も喜びそうです



しかし我が家の
エコキュートにはありません・・・




三菱のエコキュートは
3シリーズになっていて
エコキュートf

我が家は
真ん中のSシリーズですが



泡風呂機能は
一番高い
Pシリーズのみの機能です



まあエントリーモデルじゃなくて
真ん中ですし


Sシリーズも
充実機能のハイグレードなんて
書いてありますから



「ローコストなのによく頑張った」
思ってもいいですが(笑)




特にPとSシリーズのみ
バブルお掃除という機能があって

エコキュートg


栓を抜くだけで
毎日勝手に配管掃除をしてくれる
かなり便利な機能です



このおかげで
エコキュートですが


安心して
毎日入浴剤を使えています











・我が家がエコキュートを選べなかった理由



定価の金額は



我が家と同じグレードで比較すると



PシリーズとSシリーズの差が
定価で70,000円あって


SシリーズとAシリーズも
70,000円程の差があります



定価売りは無いでしょうから
もしかしたら
3~5万円程度の差額で
Pシリーズに
変更出来たかもしれませんし



「寒冷地仕様じゃなくて
一般地仕様でいいから
差額無しでPシリーズがいい」




という事も可能だったかもしれません・・・
(寒冷地仕様の方が高いですから)



もし3万円程度で
泡モードが増えるなら
変更していたと思いますが



なぜ検討をしなかったのかと言うと




「存在を知らなかった」からです
(今初めて知りました)



お風呂やキッチンみたいに
いくつかの中から選択なら



もう少し調べたかも
しれませんが・・・











家の仕様や
キッチン、建材などの仕様
クロスなどの色決め


それ以外でも
家具や家電選びなどなど


家づくりには
余りにもたくさん
選ぶものがあるので



エコキュートまで
頭が回りませんでした



今までエコキュート
使った事ないですし


私の実家なんて
シャワーすら無いですし



仕事上
普通の人よりは
住宅関係には詳しいと思いますし


実際建てた家には
満足していますが



それでも
選びきれてない物があったので


時間もなければ
知識も足りなかったので


本当に家作りって
大変なんですよね・・・


エコキュートh



ちなみに
一番グレードの低い
Aシリーズの中でも


かなりランクが低い物だと


追い炊き機能が無かったり
リコモンで呼び出しは出来ても
通話が無かったり


省エネ達成率も低いので
電気代が余計にかかったりするみたいなので
注意が必要です


我が家は
「たまたま」
ある程度はハイグレードの
Sシリーズだったので
良かったですが


実際に
トイレは
機能調べないで
失敗してますし・・・







2019年09月25日





我が家は今の家に引越しして
初めてIHコンロになりました


ガスコンロa
(オプションで色をグレーや白に出来るのを知ったのは引越し後でした・・・



それまではガスコンロだったのですが

子供も3歳半と1歳半を過ぎて


2人とも大人と同じ物を食べますから
色々と料理をしますが


「やはりガスコンロが欲しい」と思う事が増えました・・・


逆に
「これはIHが楽だな」って思う事もありますけど






・夕食は私の担当です



私の勤務時間は8:00~17:00(定時なら)

妻の勤務時間は10:00~19:00

なので


私の方が仕事が終わるのが早いので


仕事が終わると保育園にお迎えに行って
夕食を作るので



妻が休みの時以外
だいたい週5回ほど作ってます

ガスコンロb
(結婚するまで妻はアボカドの剥き方を知らなかったのはいい思い出


こちらは
昨日の夜ごはんです


大人だけなら適当でいいんですが
子供もいると野菜も必要ですし


タンパク質と炭水化物と脂質のバランスなども
気を使わないいけないので大変ですね






・IHのデメリット 「アクションが遅い」



IHの場合、火力は全てボタンです

ガスコンロc



例えば、生姜焼きなどで


最初は強火(ここはIHも火力あるのでOK)
火が通ったら中火(ここもIHで問題なし)
最後にタレを絡めて弱火で
「焼け」や「照り」


などなど1つの料理で
強火、中火、弱火と使う場合


温度の変化が
ガスに比べてワンテンポ、ツーテンポ
遅いんですね・・・



ガスだとフライパン持ち上げれば
良かったりする場面でも


IHだと火が止まったのと
同じになってしまいますし


まだIHを使った事ない方でしたら


ホットプレートを想像してもらうと
分かると思いますが


強火から弱火で
温度が変わって安定するまでの時間が


IHの方が長いので
細かい火の調整が難しいです


ガスコンロd

こちらは一昨日の「焼きしゃぶ」です


肉が薄いんで
最初強火、すぐに弱火にしたいんですが
ガスコンロに比べると
なかなかコントロールが難しいです





・IHのデメリット 「フライパンが振れない」



これは皆さんが言われるデメリットですね


コンロから少しでも上げたら
熱は伝わないどころか
一時停止してしまいます・・・


上記の料理なども


ガス火の時は
弱火にしたければ
フライパンを上げてましたが
それは出来ません





・IHのデメリット 「オムライスが作れない」


オムライス以外でも
フライパンの側面を使う料理

ガスコンロe

ガスに比べて
底はどうにかなっても
側面が全然温まりません


逆に側面を適温まで温めると
底が熱すぎます・・・


なので
フライパンを揺すったり、傾けたりする
「オムライス」などの料理が


非常に難しくなります・・・




後、IH対応のフライパンじゃないと
そもそも熱くならないので






フライパンや鍋などを
いくつか購入しました




IHは掃除が簡単と言いますけど
確かに手間は減りましたが


別にガスコンロ時代でも
苦にしてなかったですし・・・


ガスコンロg

むしろアルミタワシとか
使えない分


掃除もデリケートだったりします・・・





・IH唯一のメリット「天ぷら」



私が思いつくIHのメリットはこれしかないです

ガスコンロh

細かい火力調整が必要だったガスコンロと比べて
ボタン1つで設定温度を保ってくれます



キッチン火災で
多分、原因として一番多いのは
「天ぷら」だと思いますが


温度上昇もしませんし
火は無いので


火災の心配はほぼなくなります








・それほどメリットでも無い「温度」


よくIHコンロのメリットとして
「火を使わないから暑くならない」ってあるんですが


たしかに暑くなりにくいんですけど
鍋などの料理した熱は当然出ますし



そもそも冬は逆に
暖かくなるので



このメリットは夏場のみですね・・・



夏場は必ずビール飲むので
むしろ料理で一汗かいた後のビールの方が
美味しかったりもしますんで


ガスコンロi

後、設計的に
コンロ前などにも壁が一切ないので
熱はこもらないようになっています



その他にも


炙り料理が出来なかったり
色々とデメリットが多いので


もし料理は奥様が担当という家庭なら
ガス火が良いと言われたら


ガスも検討した方がいいと思います





・しかしガス使用は費用が高い・・・



今はオール電化ですから
ガス管の配管工事もしていませんので



家まで引き込みが終わっていても
(引き込み工事はガス会社負担です)


敷地内の配管工事がありますし
(こちらは利用者負担


当然、ガス代も基本使用料が発生しますので
ガスコンロは結構ハードルが高いんですよね・・・



「煮る」料理ならIHでも
何ら問題ないですし


IHだから火力が弱いって事はないので
別に問題ない料理も多いので



費用を考えると
「まあIHでいいか・・・」で落ち着いてしまいます






・最後に火を見ないデメリットについて



IHのデメリットで火を見ないから
子供の教育に良くないというのがありますが


これはテレビで火事や火を見たり
保育園で教わったり
花火したりするので

別にデメリットでも無いです


「火は危ない物」というのは
ガスコンロが無くても小さい時から
既に分かっています



ガスコンロj

実際にカセットコンロも使いますし


これは「やきまる」なんで火は見えないですけど






「周りは熱いからねー、触っちゃダメだよー」って言えば
子供でも分かります



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







2018年11月14日





ブログを開始して約10ヶ月

このブログもついに
200記事を突破しました



200記事a


200記事b


おかげさまで最近は
毎月5万~6万PVほどあって
大変嬉しいです


一条工務店やタマホームなど
もっとシェアの高いハウスメーカーなら
10万PV超えたりするんでしょうか?





200記事c

PCからだと横に




200記事d

スマホからだと記事下に

人気記事というのがあって


過去15日間のPV数の上位ランキングが
50位まで表示されるのですが


200記事もあると

ここに入る事もなく
埋もれてしまった記事が出て来ます



今回は人気順の50位以下で
是非見て欲しい記事を紹介します



200記事e


ちなにみいつ見ても

昨年2月に書いた
システムキッチンの記事が1位です


タカラスタンダードのグランディアは


レオハウス以外にも
採用しているメーカーも多いですし



キッチングレードアップのキャンペーンなのに

28万円もかかってしまったのは
私も衝撃的でした






・オススメ埋もれ記事1










200記事f

記事が長すぎて前後編になってしまい

さらに花王さんからお手紙まで頂いた
オススメ記事です


色々調べたおかげで

我が家は普通にエコキュートですが
入浴剤を使っています






・オススメ埋もれ記事2




200記事g




記事自体は
TOTOかLIXILのバスルーム選びなのですが


色々な設備を選んでいると
「こんなのどっちでもいい」という事が
出てくると思います


その時にいかに妻の機嫌を取りながら
自分で選びたい所は主張出来るかという


オススメ記事です(笑)








・オススメ埋もれ記事3






200記事h


私の勤務先(産業廃棄物の処理場)には

毎日古い廃棄物を解体屋さんが
運んできますが


当然住宅関係も

キッチン、お風呂の設備品から
サイデング、木材も運ばれてきます


新しい物しか見ない

ハウスメーカーさんや
大工さんに比べると


「どれが長く使えるか」が分かるので
基本長持ちする設備を選びました







・オススメ埋もれ記事4





200記事i




大の虫嫌いの私が
今の新居と、その前の賃貸時代から


「絶対に虫を見たくない」ので
色々調べて

どうすれば家に虫が出ないかという
記事です


虫嫌いの人には是非読んで欲しいです


虫の画像は一切ないので安心です(笑)





・オススメ埋もれ記事5





200記事j



このサイトには

これから家を買おうと
思っている方が多いと思いますが


実際家を購入してからの生活費など
不安な部分も多いですし


家賃と同じ住宅ローンだと
生活が厳しいと書いてあるページも
多いので


案外そこまで大変では
無いのですが


実際いくら位
住んでからかかるかという記事です






その他にも
個人的にはオススメ記事もあるのですが


山梨県民じゃないと意味が分からないような
記事もあったりしますが



これからも色々書いていくので
お時間ある方は是非読んで下さい



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





2018年02月16日





そして分かった入浴剤成分の衝撃的事実!

 前回記事はこちら
エコキュートに入浴剤は本当に悪いのかメーカーに聞いてみた① 



前回色んなエコキュートメーカーに
ウルモアが使えるか問い合わせしましたが

結果として

・故障したって報告はない

・不具合が起こるかどうかも分からない

・でもテストしてないから使わないで

という回答ばかりになって



一部にごり湯も使えるよ派
・ダイキン

液体なら一部にごり湯も使えるよ派
・デンソー

にごり湯使えないよ派
・その他メーカー


そして全社
ウルモアはテストしてないので
分からない

になりました。


妻が「肌によさそうで安い」という理由で
ウルモアを買ってきただけなので
そこまでこだわりがある訳ではないのですが



入浴剤が売れなくても
エコキュートメーカーは困らないので
今回は売れないと困る入浴剤メーカーに確認

まずは入浴剤大手バスクリン
i-バスクリン740-300

まとめると

粉とブリケット(つぶ状)の白濁は
目詰まりする可能性があるので
使ったらフィルターを洗って下さい。

透明タイプの入浴剤は
基本的には問題ありません。



さすが入浴剤が売れないと困るだけあって
エコキュートメーカーより回答がしっかりしています。


粉とつぶ状の白濁NGは
昔の追い炊き式からNGの
炭酸カルシウムを使っているからでしょうが
ウルモアは液体タイプです。



そして我が家の謎の推し入浴剤
ウルモアのアース製薬へ
j-アース製薬600-480

バスクリンと同じで

・透明なのは大丈夫

・にごり湯は使えないのもあるよ

・フィルターを掃除してね



使えるのもは増えた感じですが
ウルモアが使えるのか分からないので
問い合わせした回答がこちら

k-アース製薬回答600-500

使ったらまめにフィルター洗って下さいという
回答なのでとりあえず使える事には
なりそうですが・・・


なんとウルモアの白濁成分は
炭酸カルシウムじゃなくて
ポリスチレンです!


ポリスチレンってプラスチックでは・・・
ちょっと調べた所「プラ樹脂」で主な用途は
食品の容器、CDケース等


たしかにナノとかミクロンレベルまで
細かくすれば真っ白になりそうだけど
溶けるのか?という疑問と


そもそも肌にいいのか?という疑問が湧いたので
エコキュートはひとまず置いて
再度問い合わせ



 質問
白くなる成分が「ポリスチレン」という
回答を貰ったのですが
白くなる以外にどのような効果があるんでしょうか?

m-ポリスチレン600-200

ミルキーとかクリーミーなイメージで
肌に良さそうだったのですが
色が付く以外全く効果・目的がないという・・・


それなら白濁成分抜いて透明タイプ売れば
どのエコキュートでも問題なく使えそうなのですが







ちなみにデンソー製品でOKを貰ってる
エモリカ、ビオレU、キュレルには
ポリスチレンの名前がなく


エモリカとキュレルには「コメ胚芽油」とあったので
なんとなく米研いだ時の白かな?と思ったので
こちらも問い合わせ

n-花王600-450
※リンククリックした先は
三菱製ならバブ使えるよという内容です



バスクリンとアース製薬と違って
デンソー以外では使わないでという案内
さすが「バブ」の花王だけあって
全メーカー使える入浴剤があるので


「迷ってるならバブ使って下さい」という余裕


後ウルモアで気になったポリスチレンの件はなんと

「成分のはたらきの情報を含む
全成分表を郵送いたします」


花王凄い・・・本気だ・・・


ただエコキュートで使えるか知りたいだけなのに
入浴剤レビューみたいになってしまいましたが
こちらが郵送で来た「全成分表」

o-花王手紙400-600

「なんとなくですが」ウルモアよりいい感じ
成分表の一番最初が「水」のビオレは
置いといて


キュレルとエモリカはコメ胚芽油の白
オレイン酸の黄色でしょうか。
ベビーオイルの原料の流動パラフィンも
悪くはないと思います。


基本水分と油分でプラスチックは使っていません。



そして表記の順番が違うので
分量は違いますが
キュレルとエモリカの成分が同じ!

p-花王手紙600-400

順番違いますが香料があるか無いかの差です。
(200円~300円は値段違うんですけどね



まとめると

・炭酸ガス
・硫黄
・塩
・炭酸カルシウム
・固形物

は入浴剤メーカーも
錆や腐食の原因になるので
エコキュートにはNG


その他の物はフィルターが詰まりやすいから
まめにフィルター掃除をして下さい。


・・・・
・・・
・・
さてアース製薬から
「使ったらまめにフィルター掃除」と言われた
ウルモアですが


我が家のエコキュートには
バブル洗浄という機能があって
毎日排水時にフィルター掃除してくれます。

q-バブル洗浄600-350

これなら毎日使えそうな気もするのですが
とりあえずフィルター掃除さえすれば
すぐ壊れるような事はないので
ウルモアが無くなるまでは使ってみますが・・・


ポリスチレンというのが微妙なのと
プラなので目詰まり多そうなのでリピートはしないかも
(でも傷と痒がるのは、かなり収まってますよ)


入れるならコスパ的にエモリカがいい感じですね


成分が水と油ですので
油がダメなら皮脂が多い人は入らないで下さい
って話になってしまいますし
この2点ならデンソー製品でテスト済ですし。



※入浴剤メーカーは
フィルター洗えば大丈夫と言ってますが
あくまでも使用機器の説明書を確認の上と
なってますので、ご使用は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング
 



2018年02月15日




我が家はレオハウスの標準で付いてる
三菱製エコキュート(370L)を使っています。

0317

入りたがらないのでおもちゃがたくさん・・・



子供(2歳)が乾燥の時期のせいか
ヒジ、ヒザをかゆがって傷になっています。


妻が乾燥肌に評判がいいらしい
アース製薬の「ウルモア」を買ってきて
何回か使った後に
工務の方に言われたのを思い出しました。


・・・・
・・・
・・
「たしか入浴剤使っちゃダメって言われたなぁ
(既に二人とも忘れてました)


とりあえず家にある三菱電気のマニュアルを読むと
「花王のバブは使えます」
(にごりタイプは除く)

b-三菱480-360

これだけ見ると「ウルモアが使えるかどうか」
よく分かりません。



さらにパナソニックとコロナのマニュアルには
・バブ
・バスクリン
・きき湯
この3商品(にごり湯タイプは除く)は
使えますという表記


・・・謎のバブ推しは置いといて


各社共通してるのが
・にごり湯はダメ
・硫黄、酸、アルカリもダメ


三菱も製品テストをしてないだけで
バスクリンときき湯は問題ないような気もしますが


ここで疑問点が


これだけエコキュート使っている人が多いのに
どうして「使ってはダメといわれる入浴剤」
こんなにお店に売っているんだろう?



三菱もパナソニックも
「にごり湯」はダメって書いてあるので
白く濁る「ウルモア」はダメでしょうと
思ったのですが



しかしここでダイキンから
c-ダイキン600-400

http://www.daikincc.com/faq_files/EQNYUUYOKUZAI.pdf


なんとウルモアが使用可能製品に!


公式サイトを見ると
d-ダイキン600-300

ダイキンのエコキュートだけ
特殊なのか?

他のメーカーもテストしてないだけで
案外使えるのか?




とりあえず今使ってる三菱電機に問い合わせ

  質問1 
何故エコキュートにウルモアはダメなのでしょうか?
 

  質問2 
同じような商品で
何故ダイキンは使えるのでしょうか?

 
 質問3 
具体的に使用すると
どのような不具合が起きますか?
 

 質問4
その不具合はすぐ起こりますか?


その回答がこちら

e-三菱回答600-400

簡単に言うと

・製品テストしてないので分からない

・故障するかどうかも分からない

・万が一不具合あったら困るから使わないで

・ダイキンのはダイキンに聞いて







今度はウルモア&にごり湯が使える
ダイキンに問い合わせ

 質問1 
何故ダイキンさんのだけウルモアが使えるんですか?
 
 質問2 
他メーカーが全部ダメと言ってるのに
使えるならダイキンさんのエコキュートは
違う仕組みなのですか?


その回答がこちら

f-ダイキン回答1-600-600


こちらも簡単に言うと

・製品テストしてない物は分からない

・ウルモア使えるなんて書いてないけど・・・

http://www.daikincc.com/~は
ダイキンのサポートサイト公式なはずなので
ここに書いてあると追加質問の結果がこちら

g-ダイキン回答2-600-300

・2012年までテストしてたけど今は分からない

・その時は問題なかったので載せた

しかし分かった事として


※絶対にダメなもの
エコキュートが出来る前の
追い炊き式給湯器の時点でダメって言われてる

・硫黄、酸、アルカリ、塩

・白く濁る成分が炭酸カルシウム
(粉とつぶ状の白濁タイプに多いです)

・炭酸ガス(なんでバブはいいんでしょう?)

・固形物、とろみがあるもの

は置いといて
それ以外は
「テストしてないから分からない」


しかもダイキンは2012年までは
テストしていて、その時は問題なかった。
今もバスクリン製品はにごり湯もOK


2012年まで問題なく使えたなら今でも
使えるんでは?と思ってたいた所
さらにデンソーから

h-デンソー600-480

自動配管洗浄か付いていれば
白濁タイプもOKです


ちなみに我が家のエコキュートも
自動配管洗浄機能は付います。


現状ウルモアはどのメーカーもテストしてないけど
同じような液体で白く濁るもので
・キュレル

・エモリカ

・ビオレU
(同じような商品3つも出してる花王凄い)

ちょっと高いキュレルは置いといて
エモリカもビオレU使えるならウルモアも
使用可能に書いてもいいのに・・・



万が一壊れたら責任持てませんから
メーカーはテスト製品以外は
使用しないでとしか回答してくれません。


・・・・
・・・
・・
エコキュートメーカーは
入浴剤が売れなくてもいい訳で
今度は入浴剤メーカーに聞いてみました。