2021年08月25日








次世代省エネ建材支援事業という


次世代省エネa


断熱とか内窓とかの設置に
半額補助するよという制度です



私は
この制度は知らなかったのですが




元々
「庭にテラスを設置したい」という事で


テラスを探していたら

次世代省エネb


なんとグリーン住宅ポイントで
テラス工事が出来るんですね





グリーン住宅ポイントも
割とお得な制度ですが


次世代省エネc


大きな窓(2.8㎡以上)だと
20,000ポイントの補助が貰えますが
設置に8万円前後と考えると
補助率は25%程度ですね





ただ、このポイントで
交換出来る商品が


次世代省エネd



定価ベースなので
ちょっと割損という感じで
興味も無かったのですが





テラス工事に
使えるならお得と思い





ツイートしたら
最大半額の
次世代省エネ支援事業を知りましたが



こちらが割と
補助金を使うには
ハードルが高かったです・・・





・断熱材の追加も必要ですが・・・




こちらの次世代省エネ支援事業
最大半額も補助金が出ますが



ツイートに書いてる
「ハードルが高い」というのは



2点問題があって




まず1つ目は
補助金が交付される条件が


次世代省エネe


内張りでもいいので
パネルを使った
断熱の追加改修工事が必要です



これを居室のどこか1面だけでもいいので
工事をすれば


一緒にする
他の断熱工事


今回だと内窓の設置ですね
こちらも半額になります



去年までは
抜け道として
トイレ1面というのも
大丈夫だったみたいですが(笑)



今年から「居室」という条件が付いたので
リビングとか寝室とか限定です




トイレだけなら
面積狭いので安く済むのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・




2点目は
非常に書類作成が厄介という事で


twitterで教えてくれた方も
業者さんが途中で
引いてしまったみたいなので



この補助金に慣れている
業者さんじゃないと
大変かもしれませんね




ちなみに
近所のLIXILリフォームショップに
問い合わせしたら



「そんな補助金聞いた事ない」という話でした・・・






・慣れている業者さんから見積もりを貰う



そうは言っても半額ですからね
色々調べて是非利用したいです


なんでも
コスパえ考える貧乏な私ですが






前回APW330との
光熱費の比較を書きましたが



余りに素晴らしいので
インプラス自体の性能は
詳しく次回に書くとして



とりあえずAPW330よりは
高性能な数値になるのに
価格は安く取り付け出来ますから



・快適性も上がるし

・安ければ光熱費も元を取れるので


このチャンスを逃すのは勿体ないですね



ちなみにサーモスⅡHに
Low-e型のインプラス付けると
熱貫流率は1.17になって


APW330の
1.33より高性能になります



しかし
近所のLIXILショップや
ホームセンターのリフォームコーナーも


「グリーン住宅ポイントなら知ってる」
存在すら知られてなかったので



自分で申請するのは
ものすごく大変な補助なので
出来る業者を探そうと




「次世代省エネ建材支援事業 山梨」
で検索すると


次世代省エネf


結構遠いLIXILショップが出たので
こちらに電話すると



ちゃんとご存知だったので
まずは見積もりに来て頂きました






・最大半額ですが、半額にはならない・・・



こちらのLIXILショップ
地元の新築も作る工務店がやっていて


うちの会社で
新築現場はコンテナを置いて
廃材を回収してるという


普通に取引がある会社さんでした(笑)



「断熱工事が必要とはいえ
半額ならお得なのでお願いします」



色々と見積もり取ったり
補助金額を調べて頂いたのですが




実は半額と言っても
内窓の補助金は決まっていて


次世代省エネg



ほとんどのお店が
50%オフ程度で売ってますので
定価の半額ならめちゃ美味しいですが





だいたい世間の売価の
半額というか
補助金は決まっていて



・Lサイズ(2.8㎡以上)は45,000円

・Mサイズ(1.6㎡~2.79㎡)は30,000円

・Sサイズ(0.2㎡~1.59㎡)は17,500円


このように補助金が貰えます



取り付け費は除きますが
50%オフで90,000円で売っている窓を
設置して



補助金が45,000円貰えるなら
本当に半額で買えるので
かなりお得な制度ですね





一方のグリーン住宅ポイントは

・Lサイズ(2.8㎡以上)は20,000ポイント

・Mサイズ(1.6㎡~2.79㎡)は15,000ポイント

・Sサイズ(0.2㎡~1.59㎡)は13,000円ポイント


なので
補助率は
グリーン住宅ポイントより高いですね




我が家の変更したい窓で
補助金を出すと


次世代省エネh


引き違い窓全部と
脱衣場、お風呂と
断熱に弱い窓の場所で見積もりましたが



・次世代省エネだと280,000円


・グリーン住宅ポイントだと
 147,000ポイント


これだけ見ると
即契約した方が得と思いますが


結局契約には至らなかった
理由があります










・結局見送りになりました・・・



業者さんに頂いた見積額が
初回は108万円と
かなり高かったので



色々と頑張って貰いましたが
最終的な見積もりが
税込で92万円でした




契約してないので
画像は貼れませんが



内訳は

・断熱工事が約27万円

・内窓工事が約65万円

で合計92万円です




補助金は

・断熱工事が10万円

・内窓工事は28万円

と38万円補助金が出るので



なので
実費で言うと
54万円で工事が可能です



断熱付加工事が必須ですから
総額だとそこそこしますね




それでも
例えばエクスショップで
見積もりを取ると


55万円位が総額で


ここから
グリーン住宅ポイント還元されるので
実質は40万円ですね


「何で半額なのに
こっちのが高くなるんだろう」って思いますが




こちらの工務店さん
インプラス本体は
35%オフ


これはどうしても
これ以上値引き出来ないみたいなので





ホームセンターや
エクスショップなどは
50%オフってのが多いですから


こちらの方がお得なんですねぇ



要らないけど
半額にするために
必須な付加断熱工事も
15万円ほど掛かりますし


結局は余り安くなりませんでした




もちろん壁の断熱も
一緒にしたい家なら
お得だと思うんですが


そこまで性能に困ってないですし



逆にガチで高性能にしたいなら
部屋の1面だけ
工事しても意味ないと思います・・・




最低限外気に接してる部分は
全部しないとダメですね




一番いいのは
インプラスの割引率が半額程度ある
工務店さんで



次世代省エネも知っていて
申請出来る業者さんですが


今回は見つからなかったので
金額を考えたら
グリーン住宅ポイントですね・・・



こっちは自分で申請出来ますし



次世代省エネは
補助金を現金で貰えるって
メリットもありますが



グリーン住宅ポイントでも
テラス工事に代用出来るので
この工務店さんは見送りになりました



もしエクスショップや
ホームセンターと同程度の金額で



次世代省エネの申請も
出来る業者さんがいましたら
即契約でしたが・・・





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字