◆失敗しない家づくりのコツ

2019年11月19日






先日、3歳のお兄ちゃんが
なんと保育園でラブレターを貰いました



本人は良く分かっていませんが



「ラブレターだよ」って言っても


「やぶれたー、やぶれたー」言っていますし



とはいえ、我が子も好きみたいなので


「じゃあ家に遊びに連れてくれば」なんて
夫婦で言っていましたが


我が家の子供は
まだ3歳と1歳ですので


自分で勝手に
友人を連れてくるという事はないですが


ある程度大きくなったら
連れて来ると思いますし


そういう何度も遊びに来る友人が
出来て欲しいとは思います



今回は子供が大きくなって
友人が遊びに来た場合



親の居場所があるかという問題です



それ以外でも妻の友人が遊びに来た場合
しかも、私は知らない人だった場合


結構自分の居場所に困ると思います



居場所が無くて
外に出掛けたりすると


相手にも「嫌味」っぽく感じますし


夫婦だけでも若い間は
イチャイチャくっついてるかも
しれませんが


年取って来ると
程よい距離感のリビングや
間取りってのが大事になります(笑)







・コミュニケーションとプライバシー



我が家はリビング階段です

友人a



過去にリビング階段の
メリット、デメリットを記事にしましたが





リビング階段だし、1階は全てLDKで
別室が無いため



プライバシーという点では
余り無いかもしれません



お兄ちゃんが中学生位になって
友人とか連れてきたら



一緒にギターとかドラムしてえなぁ(笑)
なんて思っていますが


中学生からしたら
オジサンとバンドしたくないでしょうし



まあ、子供二人は

友人b

両方とも子供部屋があるので
友人を連れて来たら



リビングで挨拶をして
そのまま自分の部屋に行くと思いますから
余り問題ではないです








・この間取りで良かったと思った事


割と自分の居場所に困るのが
妻の友人が来た場合や
妻の兄弟が来た場合などです



最初の10数分位は
同じリビングで挨拶や会話もしますけど



それ以上は自分のポジションが無くなります



その場合に
寝室に行ってもいいのですが



我が家の寝室はベッドしかないですし
相手も、私が寝室に行ってしまうと


「迷惑なのかな」って思ってしまうかもしれません




その場合の
「付かず離れず」のポジションが

友人c

ここのスキップフロアです



立てば視界に入り
座れば遮断出来るけど



同じスペース内にいるという
絶妙な距離感です(笑)



ここでPCでもしてれば
いい感じの距離感を保てるので



非常に便利です




春や、秋なら
庭いじりでもしてればいいんですが


暑いときや寒い時に庭出るのは
大変なので



来客が来た場合の
自分のポジション確保も



特に子供が大きくなって来たら
色々考えた方がいいかなぁと思いました



釣りやアウトドアが趣味なら
土間収納とか作る人が多いので


そこで用具を磨いててもいいですし


1階に別室があるなら
そこでテレビやスマホ見ててもいいんですが



自分も相手も
嫌味にならないポジション確保っていうのは
案外難しかったりします(笑)


まあ「うぇーーーい!」って感じの性格なら
誰が来ても一緒にリビングでくつろぐんでしょうが



我が家は夫婦とも
そういう性格ではないので



色々考えちゃいました





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年11月05日






引越して2年半たちますが
土地にも家にも満足しています



特に土地は
望んだ開放感のある環境が


格安で手に入ったので
満足していますが



この土地唯一のデメリットが
町内会です・・・



組長a

毎月1回の
組長会議で広報や資料を貰って
近隣に配ります



なんと引っ越して
まだ3年も経ってないのに


我が家は今年組長をしています



土地を買う時に
近隣の方に


「この町内会は何世帯いて
何年に1回組長しますか?」


なんて聞く人はいないと思いますが




我が家は
一応分譲地ですが


近くに住む元地主さんが
2軒分だけ売り


そのうち1軒が我が家なのですが




私の町内会は
全部で18組ほどあるのですが


我が家の組の世帯数はなんと5軒
(会社などもありますが数に入りません)


そして70歳以上しかいない家庭は
組長免除になるという仕組みで


組長は4年に1回という
オリンピックと同じように
頻繁にやってきます


順番的には4年目に組長な気もしますが
去年お隣さんが組長だったので



まだ引っ越して2年ちょっとの時に
我が家は組長になりました



中には8軒あるけど
70歳以上の家庭ばかりで
3年に1回組長が回ってくるなんて
所もあって



「合併すりゃいいじゃん」って
組長会議でいつもいってますが・・・



ちなみに
地域によっては


町内会じゃなくて自治会
組長じゃなくて班長って言う所もありますが


基本は同じです



私が住んでいる所では

・毎月1回の組長会議が1時間位

・有価物の日は朝から1時間位立会い



後は専門の当番があって
私は子供が小さいので



育成部長ってのをやらされて


・こちらの会議が月1回


組長b

地区の運動会は
前日や当日早朝から準備をして





組長c

夏季、冬季のスケート教室なども
参加しています



その他ラジオ体操の参加や
忘新年会の参加などなど



既に定年退職された方や
夫婦どちらかが専業なら


そこまで大変じゃないのですが


我が家みたいに
共働きで


しかも妻は平日休み
私は土日祝休みと合わないので


3歳と1歳の子供を見ながら
町内会のイベントは本当に大変です






・町内会に入らないデメリット


我が家の場合は
町内会費は毎月700円で
年一回の納入で8,400円です



その他赤十字の寄付や
神社の寄付など
だいたい年間1万円ほどかかります



ものすごい田舎だと


町内会に入らないと
ゴミが捨てれなかったりしますが


私の住んでいる所は
ゴミは関係なく捨てれます


後は毎月市の広報や
回覧板が回ってこないというデメリットもありますが

別に見なくても問題ないですし




組長d


市役所などで配布もしてますし
ネットでも閲覧出来ます



という事で町内会に入ってない家庭もあり



我が家の組でも
40代の夫婦ですが
町内会に入ってない家庭もあります



という事で普通に生活していれば
町内会に入らない
デメリットは余りないのですが・・・








・子供がいると入らないと困る・・・


組に入っていない若い夫婦は
子供がいない家庭がほとんどです


実際、色々な子供向けの
イベントが多いですし


同じ地区ですから
小学校も当然同じですし



保育園が違っていても
子供の年齢が近いと
親同士の交流も増えますから



我が家も子供がいるから
入っておこうって感じです



特に小学校の子供がいると


・運動会
・冬期、夏季スケート教室
・魚のつかみどり
・スイカ割と花火大会
・キャンプ


などなど割と楽しいイベントが多いですし
参加は無料ですし


大人も食事はビールまで
出ますので


色々と行事に参加すると
年会費は簡単に元が取れます(笑)



なによりも田舎ですので
足が不自由などの理由も無く
町内会に入っていないと


「あの家庭は変わり者」って
呼ばれてしまうので


田舎は特に近所付き合いが大事ですし
入っておいて損は無いかなぁと思います


若い間は自分達だけで
どうにかなっても


年取ったら色々と協力も必要でしょうし
定年後の町内会の集まりとか


結構楽しそうですし




逆にそういう付き合いが嫌でしたら
土地を買う前に


業者や近隣の方に
町内会のシステムを確認した方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング







2019年10月30日





最近ツイッターなどで
色々な住宅ブログを
書いている方と交流があります





ずっと住宅ブログを
書いている方々が多いですから


大抵は自分の建てた
ハウスメーカーや工務店を
気に入っていますので


自分の建てたメーカーが
いかに良かったかを書いています



とはいえ、違うメーカーを
けなしたりはしませんし
(一部そういうブログもありますが



「そういう考えもあるよね~」
色々と参考になる話をしているのですが



満足している方のほとんどって


自分が決めたハウスメーカーや
工務店の間取り


もしくは建売住宅や
モデルハウスを実際に見て


「これだ!」ってときめいているんですね


まさに運命的な
出会いといいますか


これっていう間取りがあるわけですから
当然失敗も少ないので


満足出来る家が出来ます






・私は別のメーカーで「ときめいて」しまいましたが・・・


私の場合は
建売住宅は6~7件


ハウスメーカー、工務店も
5~6軒廻って


モデルハウスやオープンハウスも
何件も見学していましたが



その時は
「ここは参考になるな」とか


「こっちはいいけど、ここはダメだなぁ」とか
色々と思っていたのですが



ときめくa


タマホームのモデルハウスを
見た時に




「この家に住みたい」
間取りが決まりました



ときめくb

3軒モデルハウスがありますが
一番右の家です



モデルハウスが大きかったので
要らない部屋を削ったり


なるべく長持ちしたい家がいいので
切妻屋根にして瓦屋根に変更したり
していますが


我が家の間取りはタマホームの
モデルハウスとほぼ同じです




タマホームの営業さんに


「あのモデルハウスと同じにして」
頼んだ最初の間取り図がこちらです


ときめくc



そういう経緯もあり
特に問題が無ければ
タマホームで契約になる所でしたが


営業さんとの相性など、色々あって
レオハウスと契約しました




こちらが実際の間取りですから
ほぼ同じです

ときめくd



その辺の話は過去にこちらに書いていますが






私を担当してくれた
レオハウスの営業さんが


元タマホームの営業だったので
モデルハウスがそのまま分かるので


こちらでも話は早かったです



実際に住むのに
収納を変えたり


子供が小さいので
安全面で変更した箇所や
希望の開放感を増やすなどの
変更はありますが



基本の間取りはほとんど変わってなく


「この家に住みたい」という家ですから
当然満足しています





・20社とか30社見るのも大変ですが


なんか間取り作成無料の
サイト紹介みたいな流れになってますが(笑)


ヒアリングも無く
実際のモデルハウスも見ずに



間取りばかり作ってもらっても
意味は無いと思ってますので



某タウンライフとかは貼りませんが(笑)
(むしろ営業電話が増えて大変・・・)







こういうの・・・



本当に満足している方のブログって


運命的に出会ったとか
見た瞬間決めたとか


まるで結婚相手のように
決まるみたいです


まあ私の嫁を最初見て
まさか結婚するとは思ってなかったので
その例えにならない人もいますが


数を多く見れば
「やっぱりあっちの方が良かったかなぁ」って
迷いも出ないですし



少なくとも私の場合は
予算内で建てれる所は
ほぼ全て見ましたので


全く後悔などはありません


1軒見るのに営業さんとの話も入れると
2~3時間はかかりますから


本当に大変なのですが


数千万円の買い物ですし
自分が満足出来る家が出来る
第一歩なので


ここは本当に時間を掛けて
選んで欲しいです








・素人が間取りを作って大丈夫なの?


何件見ても「ときめかない」人もいれば


最初から自分で決まっていて
間取りを作成する人もいます


ときめくe




こういうのがあって
安いものだと1万円以下で購入出来ますが








住宅関係、デザイン等の
経験者さんならともかく


全くの素人がイチから作ると


「絶対に実際に生活したら
住みにくい家になる確率が上がります



特に、広い家なら
まだ大丈夫なのですが


割と多い失敗が


限られたスペースに色々と
希望を詰め込み過ぎて失敗するのが
多いという事なので



最初の案を設計士さんに作ってもらう
それを参考に手直し


これの繰り返しがいいと思います



あきらかに通常の建売や
規格住宅では無い作りの場合


「設計士さんならどう思います」って
聞いた方が絶対にいいです


なにしろ相手はプロですから


そのためにも
「自分と合う人」がいるメーカーを見つけて
色々と言い合える関係にならないと



満足出来る家が作れないと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月27日





他のブログをいくつか見ると


ローコスト住宅だから
欠陥が多いみたいな記事もあるのですが



実際もっと高いメーカーも
色々と欠陥やクレームも
あったりもしますが・・・


欠陥a

我が家の場合は施工も特に問題無く



不満も何も無く
快適に暮らしています


しかし、欠陥やクレームの
ブログを見ると


施主の行動によっては
充分防げたというのがあるので



私の経験談から
なるべく被害に
遭わないコツを書いていきます





・大前提は気の合う営業さんと納得いく間取り


まず工事に入る前の段階で
「イマイチ」って思っていたら
絶対に満足いく家は建ちませんので


・納得いく間取り
・納得いく性能
・納得いく値段


こちらが大前提なのですが


クレーム記事を見ると


「本当は私は〇〇したかったのに
営業さんは〇〇を勧めた」

とか・・・



これは結局は施主さんの
ミスですので


もちろん的確なアドバイスを無視して


住みにくい家になっては
意味もありませんが・・・



お互いに色々と言い合える
仲にならないと
いい家は建たないと思うので



まずは営業さん、設計士さんが
自分に合うメーカーを選んでから


家作りをスタートさせましょう



この段階でダメなら
先には満足に進めません


欠陥b

たくさん印鑑押すので
割と簡単に考える人もいますが


契約後に解除なんて話になると
手間もお金も大変ですから


ここはどんなに
時間がかかっても



納得いくメーカーや工務店を
選びましょう







・工事開始~の欠陥を防ぐコツ①
 
「一番いい人に担当になってもらう」



凄い高いメーカーは
見てもいないので知りませんが


なんとなく高いメーカーは
全員が一流ってイメージはありますが・・・



そしてローコストメーカーですが


やはりちょっと腕が落ちたり
ちょっと「??」って
工務さんがいるかもしれません
(もちろん素晴らしい人もいますよ)



それでも施主さんの行動で
防げる事もたくさんあるのですが


まずは、そのメーカーで
一番信頼が置ける人


一番腕のいい人に
担当してもらいたいと思いますが


少なくとも
私の家を作った大工さんは
問題無かったですし


担当工務さんは
素晴らしい方で


甲府店の工務長さんでしたから
一番偉い方だったので
全く問題は無かったです




営業さんは
最初に付いた人がそのまま
担当になる事が多いので運だと思いますが



工務さん、現場監督さん
設計士さんは



例えば
私が注文した
レオハウス甲府店でも


ある程度規模のある
メーカーですから
一人では無くて何人か
工務さんはいます




そして、私の担当の工務さんは


甲府店の工務長さんでしたので
一番立場が上の方です



もちろん予定が
いっぱいって事もありますが



一番いい人に担当になってもらうには




そのハウスメーカーで
一番大事なお客と思われればいいと思います



そして割と簡単に
大事な客になれる方法があります





・一番お金を使う



せつない話ですが
やはり商売な以上お金は大事です



妻は20年ほど
アパレルで販売業をしていますし


私も前職は
ホテルマンでしたので


最終的な
ハウスメーカー選びの一因とも
なったのですが



「高いメーカーの安いプラン」の客になるよりも

「安いメーカーの高いプラン」
の客になった方が


お客を大事にすると感じました



理想論では
全員に満足して、同じ対応を
取りたいですが


現実はそこまでうまくいきません



私が旅館の
支配人をしていた時代の話ですが


一番安いプランですと平日なら12,500円
一番高いプランだと平日で38,000円です


もちろん部屋のグレードも違いますが


料理を出すタイミング
何か言われてたらすぐ対応する
一番近い駐車場を専用に使える


などなどやはり高いお金を払うお客様は
色々と気を使います




そして注文住宅に置き換えると
例えば出せる予算が2,500万円として

欠陥b2


Aの高級メーカーで一番下の
グレードを注文するより



Bの安いメーカーで
一番高いプランを注文した方が
私達はいいと思いました



しかし注意点として


Aの高いプランだけ外壁がタイル
他はサイディングなんてパターンの場合


仮に他の施主さんは
10人いたら1人しかAの高いプランを
申し込まないような場合は


現場の方が
めったに施工しない
タイル外壁を作る事になりますから



こういうパターンなら
やめたほうがいいです


やはり作り慣れている物を作るのが
一番欠陥が起きません


レオハウスの場合
同じ大人気の家cocoでも

Dセレクト
Vセレクト
Bセレクトとあって


サイディングの種類や厚み
サッシ類などのグレード


設備のグレードなどは違いますが


基本設計は同じです


欠陥c

我が家は土地代、土地関係のお金を抜くと
2,050万円と



かなりローコストですが
レオハウスでは上のグレードになります



さらにDセレクトは
吹き付け断熱なので


グラスウールよりも
施工は簡単ですから


欠陥の可能性はもっと減ります






・工事開始~の欠陥を防ぐコツ②
 
「知ってる建築関係者を使う」



営業さんが
「うちは施工もしっかりしてます」とか


「大工さんは一流です」などなど



工事の話をしてきたら




「その点は義兄が大工なので
チェックしてもらいます」とか


「親戚が建設関係多いので大丈夫です」


とか、この辺のハッタリは
言って損はないと思います(笑)



私の場合は
義父が本当に大工ですし


私も大工じゃないですが
解体して処分する会社にいますから


ある程度は分かりますので


「こいつ、うるさそうだな」って
思われるのは
好都合です



決して、嫌な客にはならず
知ってそうな客って思われればいいので


今は住宅系ブログもたくさんあるので
知識を得るのはやはりオススメです



信頼出来る工務さんが付いて


工務さんから大工さんに
「この客の家はちゃんとしてくれ」って
伝われば


その時点で8割以上は
家作りに成功すると思います(笑)


もちろん
全ての工務さん、大工さんが
優秀のメーカーもありますし


小さいところでは
全ての施主が同じ人が
担当という所もありますが


大手のハウスメーカーでは
夫婦とも客商売が長い経験上
割と有効なアイデアだと思っています








・工事開始~の欠陥を防ぐコツ③
 
「やはり現場は見る」



後は色々なブログに書かれていますが
やはり現場はある程度みた方がいいです


私の場合は
毎日工務さんが
進捗のメールをくれましたし


家も近かったので
割と見に行けました


さらに上棟後の打ち合せは
建設途中の家で行っていましたが

欠陥d

仕事もあるので、毎日ではなくて
週2回程度の見学だったと思いますが
自分でチェックはしていました


理想は毎日見れればいいのですが



それでも

・基礎の施工
・基本的な木材の施工
・吹き付け断熱の施工
・タイベックの施工


などなど
隠れてしまう部分は


かならず次の工事で
見えなくなる前にチェックはしました


そして疑問点があったら
必ず工務さんに


質問をして
その都度問題なかったですし




ちょっとしたミスも2箇所ありましたが
すぐに直してもらったので




今も満足している
家を建てれました





◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2019年10月21日





先日、かなり大きな台風が来ましたが


私が住んでいる山梨県でも
結構な強風、大雨がくる予報でした



我が家の窓には

シャッターa

標準でシャッターが付いているので


話題になった
養生テープを貼るみたいな事はなかったですし



万が一台風で物が飛んでも安全なので



もしオプションだったら
値段次第ですが
「付けなかったかもしれない」ので



標準で付いてて
ありがたいなぁと思いました




幸い我が家は、そこまでの風や雨ではなく
家には一切被害なかったので良かったです




去年の台風の時は

シャッターb

DIYで作った柵が壊れてしまったのですが










今回は何も被害が無くて良かったです



ツイッターなどでも
「シャッター付けておけばよかった」
という発言が結構あったので


こういう災害時に役立つ物
普段は使わないので

ありがたみが
普段は分からないのですが





地味ですが、余裕があればあったほうが
当然いいですね。



シャッターc

我が家は庭にベンチとか
砂場とかありますが



万が一飛んできても
ガラスは割れないですから



台風が深夜に来るときでも
安心感はあるので
そこまで心配せずに寝れます






・台風以外のシャッターのメリット


台風時には
「あってよかった」と思うシャッターですが
仮にオプションで、付けた場合に


全部で10万円以上する
結構な金額の物ですから


地域にもよりますが
年に1,2度しか来ない
台風のために設置するのは
結構な高額です



防犯目的にと言う営業さんも
いるかもしれませんが

シャッターd



実際に泥棒で一番多い侵入経路は
1階の窓からなので




泥棒の心理として
5分以上侵入に時間がかかるような家は
入りくいという事ですから


シャッターe


シャッターは施錠も出来ますし


シャッターを開けると
音がしますので


心理的効果はかなり期待が出来ます







ただガチの泥棒が来たら
シャッターだけでは
5分かからず入られると思いますが・・・


後、理由は後述しますが
普段はシャッターしないので
防犯って意味は余り無いかもしれません・・・











・断熱、遮熱にも効果あり



その他の
台風などの災害被害以外のメリットとしては

シャッターf


シャッターが付くと
U値が上がりますので
断熱性能が高くなります



また特に西日が入る窓などは
シャッターがあると遮熱効果は高いですから

シャッターg

夏の暑さ対策には非常に有効です


断熱性能的には普段から
シャッターした方が数値はいいですが


当然リビングとダイニングは
真っ暗になってしまいますので


我が家で使うのは


・台風の時

・夏場の夕方などに限られますので


性能目的でシャッターを
付けても余り使えないかもしれません



西日対策には便利なので
西日が当たる方だけでも付けるのは
かなり有効だと思いますけど





・耐震対策よりは大事かも


どこのハウスメーカーも
耐震はかなり重視していますが


台風対策には
シャッターがあると無いのでは
かなり効果が違いますから


地域にもよりますが


日本なら
年に1回は台風が来るかもって
所も多いですから


頻度としては
地震よりは多いと思うので


家の窓が割れると
色々と大変ですし

家の中にも水は入りますし


台風災害時は
修理業者もすぐには来ませんから


シャッターは付いていたほうが
いいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング