2018年05月07日

私も契約前や建築途中の
打ち合せをしてた時は
たくさんのブログ見ましたたが


失敗したブログのが
参考になるんですよね


前回書いた
出来るなんて考えもしてなかったので


嬉しい誤算で済むのですが

今回は素直に
「あ、失敗した」って思った部分です




我が家の1階間取り図です

点検口a

赤い○2つが床下点検口です
キッチンに1つと
脱衣場に1つあります


当然の事ですが
間取りは何回も
営業さんや設計士さんと
話をして決めましたし


今も我ながら
「いい作りだ」
思っていますが


床下の点検口
工務さんとの話の流れくらいで


「キッチンと脱衣場に
点検口設置するので
ここに付けますね」



「ここでいいと思います」

位の軽い話だったと思います


点検口は床下収納庫にもなるので
床下にちょっとした物は入れれるので
キッチンにあれば便利だし


段差が出来る事は分かっていたので
キッチンでも奥の方にしましたが



正直点検口の位置に拘りがないので
工務さんにおまかせしました





・そして失敗した床下点検口

点検口b



こちらが脱衣場にある点検口です
右側のデコボコしてる床はお風呂です


一見何も問題が無いように見えますし
もちろん普段は問題がないのですが



点検口c

こちらは引越してすぐに買ってきた
ニトリの珪藻土マットです



「すぐ乾いていいよー」
なんて言って
喜んで買ってきましたが


・・・・
・・・
・・

点検口d

・2日目で割れました


点検口のフチの部分が
数ミリ高くなってるので


ほんの少しですが段差が出来て

位置的に珪藻土マットと
重なってしまうので


割れてしまいました


後5センチずれていたら
何も問題が無かったのですが・・・



さすがに家建てる時に
床下点検口の位置を


「珪藻土マットとかぶる」まで考えて
作れる人はいないと思うのですが・・・
(2回目なら可能かも)



今は珪藻土マットは諦めて
普通のお風呂マット使っています



ちなみに
床下点検口
必ず付けなくてはいけない
訳では無いらしいのですが


付けないと
長期優良住宅フラット35の審査が
通りませんし



「基礎や床下配管は点検しないよ」って
言われてるようなものですから


「売った後の事は考えてない」
メーカーって事ですので
必ず付けてもらいましょう



普通のメーカーなら
「どこに付けます?」って
向こうから言ってくると思いますが


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング





コメントする

名前
URL
 
  絵文字