2019年03月04日





住んで2年経過したので

我が家にも2年の定期点検が来ます



過去の定期点検の記事はこちら












今は定期点検の期間が変わっていますが
我が家が契約した当時だと


・1ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・5年
・10年

というスケジュールになります



2年a

1年点検は
合計3回ほど訪問に来たので
結局書いてないままでした





2年b



こちらが現在契約した人の
スケジュールです



残念なら1回減っていて
1ヶ月点検が3か月点検になっていて
なんと1年点検がありません





・2年点検が一番大事な理由


もちろん毎回定期点検は大事なのですが


我が家みたいに
特に住んでいて問題が無い場合でも


2年c

このように
住宅関連の保証は
2年で切れるものが非常に多いです


もちろん明らかなミス等あれば
2年経過しても交換などは
してもらえると思いますが・・・



2年d

下地材や造作材の反り
軽度なひび割れなどなど


ちょっとした事でも
2年間なら保証がありますが


それ以上経つと
経年劣化もありますし

あきらかな不具合が出ないと
保証されません


2年e

その為にも
定期点検の項目は


あらかじめ自分でも
チェックした方がいいと思います


なにしろ次の定期点検は
5年点検なので


3年間も空いてしまいます








・そして2年点検のメイン「壁紙の隙間補修」


1年点検の際に補修する方も
いると思いますが


我が家の場合は
1年ではそれほど目立ってなく




1年点検の記事の時でも


2年f



木材の収縮は
1~2年間あるので

「では2年点検の時に全部お願いします」

という話で何もして無かったので

あらかじめ
家中をチェックします


1年点検の時は
2年f-2

謎の汚れがサッシに複数でたり





2年f-3

クロスの張替えを行ったり


結局3回来て頂いて
全部終わったのが6月だったので

「半年経ったら2年点検だし・・・」


という事で2年点検時に
全部隙間の補修をしてもらいます




2年g

こちらは玄関ですが
かなり隙間が空いてます




2年h

こちらはリビングです

玄関ほどではありませんが


拡大すると


2年i

結構隙間が出ていますね


こちらも2年点検で全部しないと
ダメなので


2年点検時は
工務さんが来る前のチェックが大事です


隙間補修といっても
クロスを張り替えるなどは無くて

コーキング剤で補修するだけなので
自分でも出来ますが

慣れている工務さんに
してもらった方がいいですし


何しろ保証内ですから
もちろん無料です



2年j

壁紙以外にも
こういった部分の「浮き」なども
2年経つと出て来ます


その他にも
工務さんが点検に来る前に
修繕して欲しい箇所は全てチェックします



実際の点検と補修作業は
次回に続きます


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





コメントする

名前
 
  絵文字