2018年11月23日



最近ニュースでも
取り上げられてますが


保育園a



昔は子供が
1歳になるまでの育休でしたが


2005年から1歳半になって
2017年10月から2歳までに延長されました


そしてニュースでも問題になっていますが


1歳以降は

「保育園に入れない場合」に限って延長なので


申請をする→入れない→不承諾通知もらう


この流れで

不承諾通知を貰わないと
延長出来ないので


みんな「わざと」落ちる申請をします





・我が家は2年までは取りませんが


お兄ちゃんは1月生まれで
翌年4月から新入園したので

1年3ヶ月間の育休を取りました


妹は11月生まれなので
今月で1歳なのですが


こちらも4月入園希望なので
1年5ヶ月間の育休が希望です



もちろん会社に
復帰後の立場もあるので


全員が期間延長
出来るわけではないですが


育休中の給付金が
最大2年間保障されるので

このような問題が起きています






・具体的なわざと落ちる申請


1年間以上の育休は


保育園の不承認通知が必要なので
まずは保育園に落ちないといけません



私が住んでいる甲府市の場合ですが

市役所のサイトに

保育園b


毎月の募集定員が掲載されているので


こちらの定員が0の所に
申請をすれば入れないので


不承認通知が貰えます


年度以外の募集はそれほど無いので
定員が0の保育園も多いと思いますが


我が家が申込みをしに行った時は

お兄ちゃんが通っている保育園が
定員1と空いていたので


これを避けるために
他の定員0の保育園を申込みしました






・4月募集を避ける場合


我が家の場合は

4月から通わす予定なので問題ないのですが

保育園c


当然新年度は募集人数が多いので


甲府市の場合だと
全ての保育園に空きがあります




甲府市の場合は

募集人数よりも
応募人数が多かった場合は


抽選では無く

保育園d


このように

家庭状況で点数を付けて
高い家庭から通ります
(同点の場合は抽選らしいです)


フルタイムで月20日間以上
労働している親だと
10点が加算されますので


普通の正社員なら10点になります



そして仕事以外の加算点ですが

保育園e

お兄ちゃんと同じ保育園を希望すると
25点加算されます


シングル家庭の加算でも13点ですので


我が家の場合は
かなりの高確率で受かると思います



申請の際に


市役所の方から
「受かったら本当に通わせますか?」と質問されました


今は不承諾通知を取りに来る方が
新年度でも非常に多いらしく


この時に正直に
「不承諾通知が欲しい」と言えば


色々してくれるらしいです






・あきらかに制度上に問題があると思いますが



市役所の方も

合格通知を出したのに辞退したり


本当に入りたかった子供が
希望の保育園に入れずに


落ちたり他の保育園に行ったりなどあったら
可愛そうですので


わざわざ

「本当に合格したい?」って聞いてきますが


普通に最大2年間と決めたのなら

2年間は不承諾通知など無くても


育休期間を自動的に延長出来れば
何も問題はないと思うのですが



実際お兄ちゃんは
1歳3ヶ月から保育園に入りましたが


年中熱が出て早退したり
休んだりなどあるので



「最初から2年まで育休が取れる」
何も問題がないと思うのですが・・・


私の周りにはいませんでしたが


育休2年取った後すぐに退職したり


最大2年ですからそれまでに

次の子供を妊娠して
数年間育休を取り続けたりなどが

問題らしいのですが


うちの妻は普通に2年待たずに
復職しますし



別に子供>>仕事で
育休後にすぐ退職しても


しょうがないと思うのですが



どちらにしても


最大2年だけど

1年以上は不承諾通知が必要なら
この問題が出るのは当たり前なので


不承諾通知も必要なく最大2年間までなら



わざと落ちる問題は
すぐに解決すると思うのですが・・・


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村




2015年4月~16年3月生ランキング





コメントする

名前
 
  絵文字