日射

2021年07月16日







我が家の外構で
絶対に付けたい



日射a


パーゴラかテラスですね



夏の日射を防ぐ
便利な設備です




色々と
長さとか角度を選べるので


日射b


ここに2つ設置したいのですが



我が家は1階左側は軒が無く
右側も45cmほど出てるだけなので



ここにテラスなどを設置して


・夏は遮蔽

・冬は日射を取り込みたいのですが




日射c



これ
よく日射遮蔽と日射取得の説明で
見る画像ですけど



「夏は太陽の角度が高いので
軒などで遮蔽して」



「冬は太陽の角度が低いので
こちらは日射取得をする」





日射d





「なので軒があった方がいいです」ってのも
良く聞きますけど



太陽の角度が一番高い夏至って
6月21日なので



まだ、そこまで暑くないんですよね・・・





こちらの写真


日射e



我が家の南面の軒は


1階部分が

・0cm

・45cm



2階部分は

・60cm

・160cmと


軒の長さ実験には
ピッタリな位に
全部の長さが違いますが(笑)




この写真の撮影日が


日射f



6月5日の
昼12時なので
ほぼ夏至と同じ76度です



これなら軒が45cmでも
ほぼ日射をカバーして


60cm軒があれば
窓からは一切日射は入りません





次にこちらの画像


日射g



これだと2階左側の
60cmの軒でも半分以上は
窓に日射が入りますが




この画像は


日射h



5月30日の昼3時なので
太陽の角度は約45度です



45度という低い角度でも
2階右側の160cmある深い軒なら
太陽光は入りませんが





じゃあ、一番暑い
8月の太陽の角度はどうなのかと言うと


日射i



めちゃくちゃ暑いお盆の時期


8月15日の昼2時が
おなじく45度です




つまり
軒だけで日射対策をしようとしたら


一番暑い8月は
案外太陽の角度が低いですから


全部に200cm以上の軒が無いと
窓から太陽光が入ってきます


全部200cmの軒なんて
物凄い金額になりますし



しかも切妻屋根のように
斜めにして200cm必要ですから
平な軒だともっと長さが必要なので


日射j


この軒がカッコイイ家でも
夏の太陽光は全部は防げません




ちなみに
軒だけで角度45度の太陽を
全部遮蔽するには



日射s


220cmちょいなので
こんな感じですね・・・



ちょっと2階建てで
この軒は現実的じゃないです






・遮蔽と日射取得のプロ「パッシブハウス」はどうしてるのか?



日射と遮蔽と言ったら
パッシブハウスですが




計算上
「軒だけで全部遮蔽なんて無理じゃん」
思ったのですが





じゃあ
パッシブハウスは
どうやってるの?と思ったら


日射k


すだれなども
利用してるんですね


もちろんパッシブハウスの場合は
そもそも土地にあった
窓の位置など計算しますが


そもそも
絶対に軒だけで対応出来ないのは


太陽の角度と暑さに
ズレがあるからですね






・同じ太陽の角度でも寒い日と暑い日がある




・一番太陽の角度が高いのが6月で

・でも暑いのは8月なので


このような事になりますが



中学生あたりで習ったと思いますが



日射p


出典 : https://www.naganomathblog.com/entry/archives/2528



夏至は6月ですが
太陽が地面や海水を暖めきってから
暑くなるので


夏至よりも遅れて
8月が暑さのピークになります



なので夏至の日は
軒で遮蔽出来ますなんて
アテにしちゃダメなんですね



もっと太陽の角度が
低い時まで想定した方がいいんですけど





さらに
これ以外にも問題があって


日射q




・春分の日(3月20日前後)と


・秋分の日(9月22日前後)は


太陽の角度って同じなんですよね




地域にもよりますけど


私が住んでる山梨県とか
まあ関東地方も含めて


春分の日の3月20日頃は
まだ暖房を使ってますが


秋分の日の9月22日って
冷房を使うんですよ





こちらが春分の日
3月20日の
過去7年の気温


日射L


最高気温は

・一番暑い年は23.5℃

・寒い年は12.4℃

まだ寒いですから暖房ですね






こちらが秋分の日
9月22日の
過去7年の気温



日射m



だいたい30℃近いですから
冷房使いたいですよね





つまり同じ太陽の角度でも


・春分の日は日射が欲しくて

・秋分の日は遮蔽したいんですが


太陽の位置が同じなので
どちらかしか選べませんね



まあ、3月と9月は
どちらも
そこまで厳しい気温じゃないので
いいのですが



真夏と真冬だと
しっかりと遮蔽と日射取得をしたいですね










・ベストな長さは地域で違う?




こちらは
エリア別の軒の長さですね


日射n



北海道では全体の8割が
40cm未満なのは


日射取得したいわけじゃなくて
雪の影響ですね



日射o


無落雪屋根という
Vの字の屋根なので軒がありません



後は、首都圏も
軒無し住宅が多いですが


これは土地の事情ですよね


日射r


土地が狭く
隣家とも近いので
軒とか言ってられない事情があります



関東では一番多いのが
60cm~80cmですね


軒だけでは
太陽光は全部防げないとは言っても
やはりあると違いますし


雨漏りや外壁保護という
メリットもありますから
やはり軒はあった方がいいですね



1メートル以上だと
建築面積に入っちゃうという
ルールがあるので
ベストは90cmでしょうか


90cmだと実際に高いんですが
高級感出ますしね・・・



予算が取れなければ
60cmが現実的だとは思いますが


少なくとも
夏の遮蔽を軒だけでするなら
200cmは必要で


こうすると逆に3月は
日射が欲しいのに取れないという事になるので


最初から「すだれ」などを
設置する前提で作るのがいいですね







我が家は
考えて作らなかったので


設置するのにかなり大変でしたから・・・


最初からすだれやシェードの
取り付け金具を付けておくのを
オススメします




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年07月09日







初夏~夏に土地を見に行って


「日当たりも大丈夫ですよー」なんて言われて


冬に日が入らなかったとか
悲しいですね・・・



パッシブハウスとか
日射取得値などを計算してくれる
高性能工務店ならともかく




ローコストメーカーや
大手メーカーでも普通の営業さんだと
ただ見た目で言っちゃいますから


日当たりa


夏はよくても



冬の時期は
隣家と8メートル間隔があっても
日射に影響が出ます



夏の遮熱は
軒を長くしたり


シャッターやすだれなど
自分で対応出来ますが


邪魔な建物を
どかす事は出来ませんからね



特に南側隣家の影響ですね


今の家は基礎高や
天井高も結構あるので


一般的に10メートルはないと
影響を受けるみたいですが




フリーのシュミレーションソフトもありますので
計算すると








住んでる地域にもよりますが
私の住んでいる山梨県甲府市だと


日当たりb


隣家と10メートル離れた位置での
12月のシミュレーションですが



10メートル間隔があっても
1階の日当たりに影響が出てますね



これは隣家が
切妻屋根ですが



もっと影響が大きい
片流れ屋根の場合



日当たり2


10メートル離れていても
影響が出るので




完全に無くすには
13メートルですね


これだけあれば
何があっても隣家が
2階建てなら大丈夫です



田舎と都会で
隣家との距離が


・10メートルとか

・13メートルってのは


簡単に取れるか
難しいかってのは違うと思いますが



比較的距離が取りやすい土地と

そうじゃない場合の対処法を書いていきます





・南向きで前が6メートル道路なら割と簡単



こちらは地元の
分譲地です


日当たりc


地方都市によくある
分譲地の形ですね



これより田舎だと
周りは畑で
日射の影響は何もないとか


都会だと
6メートル道路が取れない場合も出て来ますが



このNo.5と6の家


この南向きの家に関しては
13メートルは簡単に取れます




普通に間取りを作るなら


日当たりd


我が家もそうですが
南向きなら
家を奥にして
手前に駐車場が多いと思います




我が家も
目の前には6メートル道路がありますが


日当たりe


私が立っている場所が
10メートルです


我が家の土地は64坪で
奥に建物、手前が駐車場ですが


庭と駐車場の部分が7メートルあって
6メートル道路の半分の位置に立っているので
10メートルですね



当然、道路には建物はないので
7メートルの庭と6メートルの道路で
13メートルは確保出来ます



まあ我が家の場合は

日当たりf


30メートル以上は確保出来ますが(笑)



仮に1階南側の
窓2つが建物の影で隠れたり
北側で日射取得が出来ないと



1つの窓で600w程の
太陽からの放射エネルギーなので


2つの窓で1200wの
エネルギーが入りませんから


光熱費換算だと1ヶ月6,000円位は
違ってきますね



それほど
南側の日射というのは
エネルギーを取得出来ます


その分
夏の暑さも凄いので



予算があるなら軒を深くして
対策ですね



「すだれ」や「シェード」でも
いいですし



うちは共働きで
普段は昼間誰もいないので




https://reogress.net/archives/21626048.html


シャッター閉めたりして
対策する場合もあります




毎日だと面倒なので
電動にすりゃ良かったと思いますが・・・



結局今シーズンからは
ずっと「すだれ」をしてますし





・自分の建物の影にも注意



上記の他人の影は


隣家から近いとか
土地によってはどうしても
出てしまう場合もありますが



自分の建物で
エネルギーロスするのも
勿体ないですね



例えば
これが我が家の間取り


日当たりg


凸凹していますが




太陽が真南に来た時の
影の影響は


日当たりh


これも12月のシミュレーションですが


この形ではLDKには
何も影響ありませんけど




こちらは
タマホームの営業さんが
作ってくれた間取り


日当たりi


凸凹が逆なので
これでシミューレートすると





日当たりj


一番太陽がいい位置の時に
影響が出る形になっちゃっています


さらに南東側には
窓を付けていませんし



この辺が日当たりを考えている人と
そうじゃない人の間取りの差かもしれませんが


勿体ないですからね



どうしてもしたい間取りや
プライバシーの確保、隣家の影響など
事情があるなら別ですが


そうじゃなければ
わざわざこの作りにする必要はないですね





・経済性か利便性か・・・




南向きで目の前に6メートル道路があれば
まず問題ないですが


日当たりk


最初に売れて「済」な土地とか
No.1の土地など


北向きで
南側に家がある場合ですね




地方でよくある
駐車場は2台という間取りで考えると




仮にNo1の土地を買うとして
当然南側の家は

日当たり1


このように上に
建物を配置するので





一番日射効率だけを考えたら

日当たり2


自分も北側に配置ですが
これでも10メートルは取れませんし



なにしろ車も止めれませんし
道路側でうるさいし普通はしませんね(笑)





なので
まずはパターン①

日当たり4


オーソドックスな配置
南側の家と隣接するパターンです



これだと車の出し入れはしやすいですが
全然日が入りませんね



この配置なら
少しでも日が入るように
2階リビングも考えた方がいいです




後は
パターン②

日当たり3


建物を左に寄せる
縦列駐車パターンです



これだと車の出し入れは
大変な時がありますが


東側の日が取れるので
少しは変わりますけど



それでも南側の家の影響が
大きすぎますからね




私なら
日が当たらなくても
縦列駐車は絶対に嫌なので
パターン①にすると思いますけど




ぶっちゃけ
こういう土地は最初から選ばないですね・・・



例えば
希望の土地範囲が狭かったりして


なかなか希望通りの
土地が出ない場合もありますし
凄いお得な金額だったりで


考える場合もあると思いますが・・・



この辺は予算と好みだと思います





私の土地なんか






線路沿いですから
絶対に嫌って人多いですけど(笑)



私は隣家が絶対に建たないし
13メートルどころか


30メートルは線路のおかげで
何も無いので気に入っていますけどね










・日射と陽射しは別物です



デザイナーハウスとか
よく考えられたデザインとかは


日当たりp


北向きでも明るく作れたり
色々と凝ったデザインもありますが



その点はローコスト住宅だと苦手ですけど



どんなに頑張っても
陽射しはとにかく
やはり日射は取れません



暗いのを明るくする陽射しは


北、東からでも
ある程度取り込めますが




太陽からの放射エネルギーに関しては
やはり南向きじゃないと
余り取れません



冬の光熱費で
ワンシーズン30,000円変わるとしたら


30年間で900,000円違いますから



分譲地とか
南向きの方が高いですけど
金額によっては



気持ちいいとか住みやすい以外に
単純にお金の面でも
長い目で見れば
元が取れるかもしれません



特に今の家は断熱も気密もいいですからね


うまく昼の日射を取り込めれば
夜の間も熱をかなりキープするので
かなりの光熱費削減になります





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村