2018年02月08日




契約が終わって間取りが決まっても
まだまだ家の打ち合せは
たくさんあります。


契約が終わると基本的に
営業さんとはお別れで
打合せは工務担当者さんになります。



工務さんとは
・家の基本の事
・設備関係
・照明の配置
・完成までのスケジュール
などなどですが


工務さんとは別に
インテリアコーディネーターさんがいて

・カーテン
・サイディング
・壁紙
・玄関や玄関タイル

この辺は
コーティネーターさんと打合せになります。



・いきなり72,000円追加

工務担当者=現場監督さんになります。

引渡しまで担当しますので
おそらく営業さんより長い付き合いになります。


物凄くいい方で最後まで安心して
家を建てれたのですが

最初にいきなり

予定の見積りに入れられなかったのか
入れ忘れたのか

・水道メーターBOX材料工事費
 37,500円

・不凍栓バルブ設置工事費
 34,500円

この2つが追加になるので
お願いしますとの事


こっちはこの先何が必要か分かりませんので
「もしや毎回こうやって追加されるのか」
いきなりの7万円追加にビビります。


まあ無くては困る物なので
仕方ないのでサインしました。



・ここで100万円は変わる地盤調査

土地を購入して家を建てる前に
地盤調査をします。

地盤改良が必要になると
50万円~場合によっては200万円必要になります。


地盤調査後に土地を買えるシステムが
あればいいのですが無理なので
運も左右します


見積り額では50万円になってますので
ここで200万は非常にキツくなります。
逆に改良必要無しなら余裕が出ます。


レオハウスでは
「地盤ネット」という会社に
依頼をしますが




ここでは地盤カルテというサービスが
あり、住所を入れると
地盤改良の可能性や液状化のリスクなどが
無料で分かります。

もちろんここで大丈夫でも実際は
改良が必要だったりしますが


工務さんに聞くと
4区画の分譲地で1区画のみダメだったり
その逆もあったりで
やはり調査終わるまでは微妙みたいです。

地盤ネット400-600

我が家の土地です。


全国平均点が63点みたいなので
75点はまずまずです

地盤改良リスクはAで
「ほぼ大丈夫と」出てますが

かなり離れた地域も同じ評価になるので
ピンポイントの精度は不明です。


早速あさってに調査と言うので
来週には結果が出ます。







・地鎮祭の打ち合せ

レオハウスの見積りには
「地鎮祭費用3万円」が入っています。

神主さんと、その他準備費用が全て込なので
何もする必要がないのですが


「この神主さんってどこの神社の方ですか?」
営業さん「○○町の神社です」

・・・・
・・・
・・
住んでる所の隣の隣の町です。


「地鎮祭って住んでる町の
神社じゃなくて意味あるのかなぁ


今回引っ越すところは徒歩3分位で
大きい神社があって
○○市●●の地名の由来になるくらい
古い神社です。


こっちで頼んでもいいとの事なので
直接神社に依頼する事にしました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング





コメントする

名前
 
  絵文字