MENU
カテゴリー
新着記事

解体屋から見た樹脂サッシの耐久性について「実際どれくらい劣化するか実験」

  • URLをコピーしました!
樹脂サッシって
耐久性がアルミサッシに比べて
良くないって言われます
耐久性が◎と△ってのは
さすがにLIXILさん
言い過ぎでしょって思いますし


昔ながらの
フレームも太い
アルミサッシなら


間違いなく
アルミのが絶対に頑丈ですけど
リクシルだと
サーモスはLもXも
Ⅱ-Hも細いですからねぇ・・・


「あんだけ細いんだから
耐久性◎は言い過ぎじゃない?」と
個人的に思います


同じ太さなら圧倒的に
アルミですが
強い分細くしてますからね


もちろん
素材的に見たら
半分の細さだって


樹脂とアルミを比較したら
アルミの方が半分どころか1/3でも全然強いのは
間違いないのですが


「そもそも樹脂サッシって
そんなに劣化するの?」
という疑問もある人が多いので



今回は
実験材料が見つかったので
解体屋として
古い樹脂が実際
どれくらい劣化するか
見て行きたいと思います

目次

・残念ながら築30年の樹脂サッシは無いですが・・・

数件だけですが
実際に築30年以上経過している樹脂サッシの
ブログがあって


「全然劣化していません」みたいな
記事はありますが


「これだけで大丈夫と
信じるのはどうかなぁ・・・」と思うのは


まず日本で30年前に
樹脂を使っている家ってのは


・相当断熱に気を使っていて
 メンテナンスも完璧なはずってのと

・製品自体が
 フラッグシップモデルですからね


今みたいな
こういうエルスターや
APW330の普及モデルは


「実際どうなるんだろう」って
思うのですが
30年前の樹脂サッシがガンダムとしたら
今は普及してるのでジムみたいな
可能性もあります(笑)


残念ながら
今普及している樹脂サッシ
これの30年経過した現物はないのですが


ほぼ同じ素材で出来ている普及品
めちゃ古い
塩ビ管があるので
こちらで実験します

・パキっと割れるけど・・・普通に使えば大丈夫?

新品の塩ビ管は
ホームセンターなどに
売ってますから


素手で割ろうとしてもらうと
分かりますが


こんなもん
格闘家でもなければ
素手で割れないと思います(笑)


地中に入ってる
塩ビは紫外線の影響を受けないので


地上に出てる古い塩ビを
割ろうとすると
樹脂サッシより
やや厚みがある塩ビ管でも
割れるんですね


なのでリクシルの言う
耐久性ってのも間違ってないのですけど


ちょっと想像してみて欲しいのですが


実生活において
サッシに対して
割ろうとするほど
力を入れる事ってあるでしょうか?(笑)
ドラえもんとかで
野球やサッカーなどの
ボールで窓ガラス割る描写がありますが


令和の時代に
こんな事するとは思えませんし
私が小学校の頃は
サッシの部分で瓶コーラの栓を
抜いてた事ありますが


こちらも今は
瓶の飲み物がありません


栓抜き使う飲み物って
瓶のビール位ですかね
ビールは大人の飲み物なので
そんなバカな事するとは思えませんし


なので
耐久性がアルミより
落ちるのは事実だけど


そもそも
そこまでの耐久性が要らない部品
ってのが私の感想です


色落ちに関しては
これはアルミの方が
紫外線に強いですし


塗装してないシルバーのアルミなら
色褪せせずに何十年と持ちますけど


まあ塗装が焼けてきたら
「塗装すればいいんじゃない?」
って思っています

・もうひとつの懸念「地震の時の耐久性」について

これに関しては
残念ながら
データが無いのですが


たいてい、ドイツとか
ヨーロッパの高性能製品が
日本で普及しないのって


・高湿度で使えないか

・地震の問題が多いです


まずは湿度の問題ですが
これはPVCの物質としての
データです


ちなみに
「樹脂サッシは結露しない」って
言う人もいますが

そんな事はないんですけど


若干ですがPVCなので
金属に比べたら
水分を取り込みます


まあ若干なので
そこまで心配する程じゃないのですが
結露した際に水分を素材が吸うので
弱くなってしまいます



「日本は温度も高く
紫外線も強いから樹脂はダメ」論も
多いんですが


素材として
多湿地域には
アルミに比べたら樹脂は不利ですが


30年~40年持てばいいんですから
そこまで気にしなくても
大丈夫っぽいですが


そして日本特有の問題地震ですね


これに関しては
データはありませんが

アルミ樹脂も樹脂も
変わらないと思います


アルミは強いと思いますが
今のアルミ樹脂は強度があるから
ギリギリまで細くして
ガラス面を大きくという流れなので


そして地震に対して
樹脂だろうとアルミだろうと
ガラスの方が圧倒的に
弱いわけですから


樹脂サッシ並の
太いフレーム枠で

アルミ樹脂サッシ作れば
そりゃ地震にも強いんでしょうが
そんなの多分売れないですね(笑)


なので
法律で満たしている以上の
耐火性能が欲しいってなら
話は別ですが


「地震に関しては同じだろうなぁ」と思います


どちらにしても
今のサッシは

・樹脂だろうと

・アルミ樹脂だろうと


一体型なので
ガラス部分だけ交換って
出来ないですからね


サッシのダメージの前に
ガラスがダメになったら
どちらにしても全交換です

・という事で多分平気かなぁと思います

普通の使い方をしていれば
日常において
それほど耐久性は気にしないで
大丈夫かなぁと思います



というか
地震の心配は
正直大震災レベルだと
どうなるか分かりませんが


今の細いアルミ樹脂サッシ
見る限りはそれほど耐久って事に
優位性があるとは
思えないんですよね


もちろん
昔ながらのアルミサッシの感覚で


シェードの金具などを
サッシに取り付けるとか
こういうのは
アルミなら平気だけど


樹脂サッシなら劣化してたら
「パキーン」と割れると思いますが


その辺に気を付けて使えば
それほど耐久性は気にすることは
無さそうですね


なのでリクシルも
アルミ樹脂売りたいなら


耐久性なんて事よりも
フレームが細いという
ビジュアル面を訴えた方が
いいと思うんですよ


・・・・
・・・
・・
・


それよりも
どんなに高性能な窓だって
ゴムやコーキングは劣化しますから


こちらの性能低下は避けられないので
ちゃんと10年程度で
メンテナンスをする事ですね


◆参加ランキング◆

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次