アルヒ

2018年04月19日


金消1
会社の経理に書類出したら
アルヒじゃなくて
「アヒルと思ってました」
と言われました



aスケジュール540-360

完了検査が終わってから最終的なローンの手続きをします



フラット35の場合
家が建ってから
フラット35の人が家の検査をします


クロスなど
家の性能に関係ない部分は
出来てなくても大丈夫です


検査が無事終わると
適合証明書が出ます

アルヒ1

問題なくフラット35Sで通りましたので大丈夫でした

そして証明書の発行日から
引き渡し日までに


お金を払わないと
引き渡し出来ませんので


金銭消費契約というのを行って
(略して金消っていいます)


お金を借入れします



数千万円が口座に入金されますが
すぐにレオハウスに振り込むので
現金は見れません





・アルヒ甲府店が潰れました・・・


いきなりタイトル通りなのですが


事前審査と本審査を行った
アルヒですが


アルヒは銀行などとは違い
支店は代理店になるので


アルヒが直接経営してる訳ではありません
(ドコモショップなどと同じ仕組みですね)


そして本審査を行った
アルヒ甲府店も代理店でしたが

いきなり


アルヒのフラット35から
セゾンのフラット35の取り扱いに
変更したからと言う事で


潰れてしまいました・・・


本当にいきなり潰れました



・ローンは問題ないですが・・・


本審査そのものはアルヒの本審査
通っているので問題は無かったのですが
(代理店で審査してる訳ではないので)



甲府店は閉鎖の為
以後の手続は


長野店に引き継ぎますという事でした


甲府市から長野市だと
高速使っても2時間はかかります


代理店の方が
凄くいい人だったので
地震保険もこちらで申込しようと
色々話をしていましたが


それどころでは無くなりました・・・



・幸い去年もう1件オープンしてました


甲府店ともう1件
去年「西甲府店」がオープンしてまして

金消2


現在は甲府店が潰れたので
山梨県で1軒しか無いのに「西甲府店」・・・



「金消の契約は西甲府店で
出来るようにしておくから」

という事なので
手続そのものは出来るのですが


先程も言ったように
アルヒは代理店ですので


私が申込したものは
アルヒの本社
元甲府店の利益になってるので


別の代理店である
今回の西甲府店は
1円の利益にもなりません


西甲府店でも
飲み物位は出るでしょうから赤字です・・・



・なので契約がつらかったです


1円の利益にもならない客ですから
色々言えません・・・


本契約も事前審査も日曜日に行えましたが


「平日しか空いてません」
という事で
有給休暇取って行ってきました



・地震保険が申し込めない

アルヒのフラットに申込すると
AIUの地震保険が割安になるという
話を聞いていたのですが


私達は面倒な客ですので
(何しろ扱いは長野支店の客ですから)

申し込みが出来ませんでした


その他にも8大疾病特約とか
アルヒで行っているサービスもあるのですが
何をするにも長野支店とのやり取りですし


申込が出来ません・・・
(長野まで行けば可能ですが)



・一応手続は無事終わりました

フラット1

こちらがフラット35Sです
2,104万円の借入で最初10年が0.8%
11年~35年が1.1%の固定金利です



フラット2

こちらが残り1割分借りれる
アルヒフラットαで234万円です
金利2.55%の半年変動です




それでもフラットの手続は問題なく終わって
引き渡しの前日に入金されます。


引き渡し日が祝日なので
入金される日は午後休を取って
銀行へ行きレオハウスに振り込みすれば
支払手続完了です


地震保険も結局レオハウスから




2018年03月26日



我が家の住宅ローン
フラット35S
アルヒフラットαで借りていて
2018年3月で支払い1年が過ぎました
(残り34年・・・



・10割融資が可能なフラットα

簡単に言うと
フラット35は9割までしか借りれないので
残り1割はアルヒで借りれますというローンですが


アルヒのフラットαは金利が高いです

a繰上


現在の支払金利が

フラット35S0.8%
フラットα2.55%

このようにかなり違います



・フラット35Sは繰上返済しない方が得

フラット35Sに関しては
10年間は0.8%ですので

住宅ローン減税で1%所得税住民税から
戻ってきますので

10年間は繰上げ返済しない方が得になります。


なので繰上返済する位なら
10年間貯めておいて
減税がなくなる10年後に
まとめて返済した方がいいです。



・フラットαは繰上返済をしたい

フラットαは2.55%
さらに半年変動なのでさらに
高くなる可能性もあります。


昔は住宅ローンなんて最初は利息ばかり払ってた
なんて話をよく聞きますが


234万円の35年払いだと
毎月8,453円しか支払いがありませんが

初回時の内訳は

8,453円の内
元金 3.488円
利息 4,965円

ですので
利息のが多く支払ってる状態です。

b繰上


仮にフラットαが
フラット35やフラット35Sの金利で借りれた場合の
利息の比較です。


やはり金利が高いので
なるべく「繰上返済」を行っていきたいです。



・繰上返済するなら最初の方が効果が大きい

支払も最初の内は利息の方が大きいので
その分繰上返済の効果が大きいです

c繰上

2018年1月を1回目とした場合の
元金と利息ですが


1回目から28回目の元金の
100,530円を繰上返済すると


利息分の136,154円
支払しなくていいので効果が凄いです。




・最後の方は効果が少ない

最終の支払時は
元金が8,239円
利息は17円になります

d繰上

同じ10万円を繰上した場合でも
最後では1,377円しか利息が減りません。



・1年間で114万円繰上返済した結果


どうにか頑張って
2017年6月から2018年2月までで
114万円繰上返済しました。


当初予定の支払利息1,200,582円
261,478円まで減っています。



114万円払って効果は208万円と
同じですから繰上は凄いです。


仮に繰上しない場合と比較したら
今の時点で94万円徳になります
(フラットαの金利が凄いからなんですが



支払総額も
3,540,582円から
2,601,478円まで減りました。

e繰上


残高は当初の234万円から
1,133,399円まで減りました。




・期間も20年以上短縮に

35年ですと終了予定が2051年12月でしたが

今現在が
f繰上


2031年6月
35年が14年ちょっとまで減りました。


だんだん金額の内訳が
元金が上がって来て、利息が下がっていくので

繰上するなら早い方がお得です。

g繰上


初回は
元金 3.488円
利息 4,965円

でしたが今は
元金 6,032円
利息 2,421円になっています。


この段階でも
例えば来月5万円繰上すると
19,000円分の利息
支払わなくてよくなりますので
出来る限りは繰上していきたいです




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年02月01日


前にも書きましたが住宅ローンは



フラット35をどこから申し込みするかですが
普段使っている銀行が

・地元地銀
・楽天銀行
・新生銀行


地元地銀手数料が高いので却下

新生銀行はフラットの取り扱い無し


楽天銀行は手数料が
アルヒより安かったのですが

支店がないためネットでの申し込みで
結果まで2~3週間かかるとの事


アルヒは本審査でも3日で結果が出るのと
(事前審査は何と1日)
店舗があるので色々相談出来ますし


楽天銀行より
手数料は若干高いのですが

事前審査をしたアルヒさんで行いました

本契約はアルヒさんの支店で行うので伺う事に。





・借りれるお金って案外少ない・・・

事前審査で特に減額とも言われてないし

そこから予定の総額も変わってないので
深く考えずにアルヒさんに行きましたが


住宅ローンで借りれるお金は
建物工事費と土地代のみなので
別途工事費、諸経費などは借りれません。



住宅ローンで車買ったよという話も
聞きましたが

要は建物工事費を実際の金額より
上乗せして借りています。



このような話は結構聞きますし
メーカーも売れないと困るので

相談すれば建物工事費の上乗せしてくれる
メーカーもそこそこあるかもしれませんね


レオハウスも
「エアコンとかカーテンとかうちで間違いなく買うなら
予め工事費に入れれるよ」
と言ってましたが
無い物を増やすズルは出来ないみたいです


土地が格安で買えたおかげで
予算に余裕が出たと「勘違い」してましたが


今の段階での予定総額が2,750万円位
土地代と建物工事費は2,350万円になります。

通常フラット35は、この2,350万円の
9割融資なので2,115万円まで借りれます。


用意している頭金が500万なのですが
今の段階だと635万円必要なので
何と135万円不足!


土地代が下がった分融資額も下がるので
全然余裕がありません・・・


まだまだオプション費など総額でいくらかかるか
分からない状態でしたし
エアコンなどの家電品、家具類もかかるので
「足りないかなぁ」と不安です。

選択肢は3つで

①定期とか積立とかとにかくお金を持ってくる
家建てた後に何かあったら困るので
500万以上出すのはキツイ

②支払総額を安くする

③9割融資じゃなくて10割借りる

これくらいですが我が家は③の10割借りるを選択



・フラット35の10割融資は割損

フラット35は9割融資だけではなく
10割融資も一応あるのですが

10割にすると金利が約0.4%位高くなります。

フラット9割10割600-100


10割だと2,350万円借りれますが
支払総額が2,974万円

1割の235万円用意して
2,115万円借りれば支払総額が2,507万円


なんと235万円多く借りるだけで
支払が467万円増えてしまい
利息だけで232万円も増えてしまいます



・アルヒフラットαで残り1割を借りる。

アルヒにはフラットαという
残り1割を別で融資してくれるローンがあります。
(住信SBIや楽天銀行でもやっています)


フラットαの金利は高いのですが
(私の時は2.55%で半年毎の変動金利)
それでも235万円の2.55%の総利息は
120万円なのでフラットの10割融資よりお得です。

フラットアルファ600-100


またオプション費用や家具、家電類の予算が
余ったり、支払いに余裕が出来た時に
金利の高いフラットαのみ
繰上出来るのでお得になります。


10割り分の2,350万借りれば
必要な頭金は400万円なので
余裕が出来ます。

なのでフラットαも申込しました。



・レオハウスだとつなぎ融資が凄く安い。

住宅ローンで借りたお金は
住宅が完成すると借りれますが
どこのハウスメーカーも支払は完成前にも行います。


ほとんどのハウスメーカーが(レオハウスも)
着工金、中間金、引渡し時で3分の1づつ支払います。
(土地代も借りる場合は土地代も通常は着工前支払)


その為に
「つなぎ融資」でお金を借ります。


もちろんアルヒにもつなぎ融資はあるのですが
「レオハウスさんならレオさんから借りたほうが安いです」


レオハウスはナックライフパートナーズという
つなぎ融資専門の子会社があって
アルヒや他の銀行などよりも手数料が物凄く安いです。


しかもレオハウスで署名と捺印するだけですから
設備や間取りの打ち合せ時に
「ついでに」申込可能です。



事前審査通ってるから問題ないですよと言いますが
この審査結果が出る3日間は緊張しましたが
審査は通りましたのでお金の面は全てクリアしました。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年01月29日


色々ハウスメーカーを回りましたが
レオハウスと契約する事にしました

その前に住宅ローンの事前審査を通らないと
契約が出来ません

なので今回打合せ時には銀行の方も来てくれました


事前審査が通っても本審査はもう少し先になるのですが
「本審査まではローンやカード作るのはダメです」
と言われました。
まあ特に予定もないので大丈夫です。


ハウスメーカーの契約してから
ローンの本契約なのでこれで落ちたら
大変な事になります



元々子供が生まれたのが家を建てる理由もありますが
金利が凄く低くなっていたので
今のうちに家を建てようと思いました。



住宅ローンはフラット35を選びました。
フラット35Sに対応してるので最初の10年は
さらに0.3%下がります。


申込時でフラットの金利が1%前後
35S優遇で10年間は0.7%前後
10年は住宅ローン控除で1%税金が戻ってくるので
最初の10年間は金利負担どころか
戻ってくるお金のが多いという素晴らしさ
(1%フルに戻ってくるほど税金納めてるか微妙ですけど


※今は35S優遇は0.25%ですが
その代わりまだ子育て支援の0.25%がまだ無かったです。



金利H15-H19-600-400
金利H19-H22-600-400



8年前には最高4%
13年前には最高4.5%
バブル期の1990年には
住宅金融公庫の固定で5.5%
銀行の変動金利は何と8%でした


1%の今は物凄く金利が低いのですが
8年前に4%だった訳なので
8年後に4%になってもおかしくないかなと思ったので
35年固定金利しか考えなかったです。

ちなみに借入金が2,000万円の場合
金利が1%と4%だとこれだけ差が出ます

金利比較600-80


営業さんと銀行の方に聞きましたが
今はフラット35で申し込む人がかなり多いとの事


もちろん変動や10年固定で申し込む人もいるそうです。
そういう人は10年以内に繰上げする
予定の人が多いそうです羨ましいです

しかし金利確定は家が完成した時なので
それまでは金利が低いままなのを祈るのみです。


次回本契約になるので、間取りもほぼ最終の打ち合せ

見取り図600-400

前回時と何も変わってないのですが


リビング側から冷蔵庫見えないようにしたいなと
希望が出て、この図面から
「冷蔵庫を右にして隠れるように壁を作りたい」
という希望を出した所
 

「そこに壁作れれば廊下への扉が引き戸に出来るよ」
というナイスな提案を頂いたのでそちらへ変更する事に


翌日「事前審査は通りました」と連絡が来たので
まずは一安心
これで何の問題も無く契約出来ます。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング