2019年08月19日





どんどん太陽光の
買取価格が下がってきて


後数年したら買取制度が
廃止されるかもしれません



しかし10kw未満の家庭用でも
契約したら10年間は国の買取保証がありますから
途中で無くなるという事はありません





・絶対に得する?


2019年の個人(10kw未満)買取価格は


太陽光a
24円です
(東京電力の地域の場合)


我が家は3.25kwしかありませんが


それでも1年間に10万円ちょっとは
太陽光の収入があります



収入以外にも
太陽光は「余剰」した分を売るわけですから


支払う電気料も安くなっていますので
だいたい1年あたり12万円程の計算です


太陽光b
我が家の場合は31円契約なので
今よりも高いですが


その分太陽光パネルも値下がりしていますので


今の買取価格でも
4kwで12万円程は行きますから


10年間で120万円になります


太陽光c


3.25kwだと全ては賄えませんが
春~秋は収入の方が多くなります


オール電化ですから
今の時期は光熱費0円になります


新築で家を建てる際は


ハウスメーカーによっては
かなり安く太陽光を導入出来ますから


仮に4kwが80万円だとすると
7年間で元が取れる計算です


仮に今から家をもう一度建てるとしても


予算が余っていれば
私なら必ず太陽光を設置します


最初に80万円払う代わりに
毎年12万円を10年間貰える


しかも国が保証してくれるのですから
かなりお得な投資だと思います





・10年過ぎた後の価格も決まりました


買取価格を保証してくれる10年後以降は

太陽光d


東京電力の場合
買取価格が8.5円とかなり下がりますが


少なくともムダにはなりませんし


電気の預かりサービスというのも
提供される予定なので


蓄電器の設置もしなくて大丈夫そうです





・お金以外のメリットについて



一番のメリットは
電気を使う罪悪感が減ることです(笑)



個人の性格にもよりますが


どうも昔の人は
「暑い、寒い」を我慢するという
美徳を持っていて


学校のエアコンも「教育」だと反対したり
エアコン=悪みたいな考えをする人がいます


私の妻も割と
我慢する性格なのですが



私はとにかく快適に過ごしたいので
出来ることなら
夏、冬は1日中エアコンを稼働させておきたいです


太陽が出ている時間なら
エアコンを使っても使用量よりも
太陽光の収入の方が多いですから


我慢する性格の人でも
割とエアコンを使えます



我が家は財布が別で


住宅ローンや光熱費は
全部私が支払いしてるので


妻はいくら支払っているかも知りませんが
何故か我慢だけはしたがります







そしてもうひとつのメリットは


毎月の光熱費の
支払いがかなり楽になります


我が家もこの時期は
光熱費が0円どころか
収入の方が多いので助かります


家を買う際は
結構な頭金を用意したり
数千万円のローンを組んだりしますが


新築の際に設置すれば
住宅ローンで払えますから


太陽光e

太陽光パネルを80万円で設置した場合


35年ローンで金利1%
1回も繰上返済しない場合でも


利息は148,480円ですから
元金と合わせて支払い総額が


948.480円です


これでも毎年12万円のリターンなら
9年で元が取れます

太陽光f

製品の保証は10年
出力保証は25年ありますし



新築の際に取付すれば
火災保険の対象にもなりますから


4kwで80万円


1kwあたり20万円程度なら
絶対に得する計算です


太陽光g


後付けでも1kw単価が20万円切るメーカーもありますので


もし検討しているハウスメーカーの価格が高ければ
自分で設置してもいいですね



逆に10年以内で
元を取れる金額じゃなければ


私なら設置しないと思います


4kwでいえば
120万円以上って言われたら設置しません





・太陽光パネルの処分について



私の会社でも
最近は太陽光パネルが産業廃棄物として
運ばれてきます



処分代金ですが現在は
1m3(立法メートル)あたり20,000円になります



1立法メートルってどれくらいかというと


我が家の場合
太陽光h

我が家は

XLMA-271VKという
271wのパネルが12枚あります


1枚の大きさは
太陽光i

1,625×1,019×46mmなので


1枚あたり約0.08/m3なので
12枚で0.96/m3

約1立法メートルなので


私の会社なら
20,000円の処分代金になります



アルミなどの金属類もかなり
使われていますから


自分でバラして
ガラス類は処分業者に


金属は金属買取業者に持っていけば
もっと安く処分は可能です
(動く状態なら買い取ってくれる業者もあります)


私は解体も処分も自分の会社で出来ますので
かなり安く処分出来ますが



通常の場合だと


まず屋根から運び出すだけで
撤去費用と収集運搬費がかかりますので

運搬費が県内でしたら15,000円
処分費が20,000円
足場はシート掛けは要らないので10万円


作業費含めると

15万円~20万円ほど
かかってしまうかもしれませんね


どうせ足場組んで屋根登るなら
屋根のメンテナンスと同時にした方が
お得だと思います



屋根のメンテも15年ほどで
絶対必要ですから


そうしたら単純な撤去費用は
5万円以下という事になります



しかし、10年後は
かなりの量の廃棄処分が出ると思うので



今の冷蔵庫やテレビみたいに
リサイクル券などの制度が出来るかもしれません


廃棄処分まで考えても
太陽光パネルを設置した方が
お得な計算になりますし


毎月の光熱費が少ないのは
精神的に大変楽ですし(笑)


蓄電器が無ければ昼だけですけど
万が一の停電の際にも電気が使えたりと



予算さえあれば
オススメです
(4kwで80万円前後ならですが)






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村





ローコスト住宅ランキング







コメントする

名前
 
  絵文字