2018年03月27日

契約時に貰った見積りの
上下水道の加入金等です。

水道加入金a


見積りは15万円ですが
東京で家建てる人なら余る人が多そうです。



東京都に住んでる方は
「水道加入金?」という感じですが

東京都だと水道を新規に引いても
加入金はかかりません。
(羨ましいですね


しかし東京以外の「ほとんど」の場合は
水道を新規に引く場合
(新築なら必ず引くと思いますが)

水道加入金という
「結構な金額」がかかります



・市町村によって金額が全然違います


例えば神奈川県横浜市だと

新規に引く場合

13mm20mmも同じ金額で
162,000円かかります。

しかし横浜市に3年間住んでいて
横浜市内へ引っ越した場合は
半額になって81,000円になります。


同じ神奈川でも川崎市だと
162,000円は同じですが
川崎市に3年間住んでいて
川崎市内へ引越しの場合は
なんと無料になります




・住んでる町にも減額制度がありました

市町村によって金額と割引がかなり違うので
山梨県甲府市の場合を調べると
減額制度がありました

水道加入金b


我が家は13mmなので
通常だと水道加入金8万円です。


トイレをタンクレスにする場合は
20mmは必要なので
倍の金額になってしまいます


そして気になる割引ですが
甲府市に3年以上住んでるので
減額の対象です



神奈川と違って
割引金額が書いてないので電話すると


水道局「2万円割引です」

「2万円ですか・・・」


無料や半額がある市町村も多い中で
2万円は「しょぼい」ですね



・結構早く言わないと減額されません

半額や無料になる市町村なら
恐らく全員制度を使うので

ハウスメーカーの方から
言ってくれるかもしれませんが



甲府市の場合は
割引が2万円ですので
知らない人も多いのか

営業さんも工務さんも言ってくれなかったので
こちらから言わないと割引になりません。



そして「水道加入金」ですから
工事途中の段階で水道は加入します


水道工事してくれてる方が
立て替えて支払ってくれて
最後に精算になります。


3年間住んでいる証明書などを
自分で用意して水道局に提出しないと
いけないので


早めに準備して自分で手続をしないと
定価で立て替えられてしまったら
当然定価を支払いしないといけなくなります




水道加入金c


引き渡しの3ヶ月前には既に
支払いが終わっているので
早目に手続きしたほうがいいです。


我が家は8万円6万円
割引になりました




・見積りの15万円から浮いたのか

6万円といっても検査料や手数料が別途なので
写真の通り総額は79,300円になっています。

それでも見積りの15万円に比べると
約半額なのですが

これは上水道の加入金です


下水道はまた別です。

下水道は既に引いてあったので
今回は土地を売ってくれた地主さんが
過去に支払った分を
私が地主さんへ支払いましたが

金額は83,000円でした


なので上下水の加入金合わせて
162,300円になるので

見積り額より若干オーバーしました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング





コメントする

名前
 
  絵文字