2018年03月17日




私が住んでる山梨県甲府市の待機児童数は

a待機児童


0人です。


甲府市というか
山梨県全部で0人なのですが


妻の育休が基本は1年だったので
1年後に妻の職場に近い保育園にしようとした際に


「今定員なので無理です」という回答があって
育休はまだ延長出来るからと
空くまで待ったのですが


会社に保育園に入れなかった
証明書を提出しないと

1年以上の延長は出来ないらしく


定員0の保育園を申込して
当然落ちたのですが・・・


この場合は待機児童にならないんですね




・次からは出るらしいですが


2018年4月なのでこの春より
待機児童のカウントが全国で統一されるそうなので
今まで市町村の違いでカウントされてなかった
我が家みたいな


・子供を保育園に入れられないから育休を延長した場合


これは今まではカウントされてないらしく
山梨県は全部の市町村で待機児童が0でした。


保育園に入れたら仕事に復帰するのに
入れないので延長するわけで
どうして「待機児童」
じゃないのか分かりませんが・・・




・そもそも甲府市は待機児童が出なかった

自治体ごとに待機児童の定義が違うのが
おかしい話だったのですが


下の子は今年の冬から保育園に通う予定ですが
ずっと待機児童が0なのに
「ここしか入れたくない」
数字が上がったら悪いなぁと思って聞いたのですが



甲府市の場合
「基本どうやっても待機児童」にならないそうです。


途中入所ではない4月入園は
甲府市の場合「第5希望」まで書くのですが


我が家は職場近くが1つしかないので
第1希望のみ書いて提出しました。

b待機児童

(市役所のサイトです。第1希望のみ書いても有利にはなりません)



「幸い保育園には入れましたが」

「第1希望」だけ書いて落ちた場合は
まだ待機児童にならないのも分かりますが


「第5希望」まで全部書いて
仮に全部落ちた場合でも
待機児童になりません。







・甲府市の待機児童のカウント

こちらは市議会の議事録ですが

c待機児童

甲府市には
市立保育園=5ヶ所
私立保育園=21ヶ所
認定こども園=26ヶ所

あるのですが、全部の保育園の定員を足すと
市内の保育園に通う年齢の子供の数より多いです。

市役所に問い合わせた所
今年度(平成30年)は
入園希望数が約600人に対して
保育園の定員は850人あります。

そして住んでいる所から
車で30分以内に空きがあればカウントしない
という計算なので


待機児童は数値上出ない=待機児童0という計算です。


d待機児童


ほぼ真ん中に甲府駅があり
そこを中心として昔は北側のが人がいましたが
南側に甲州街道(バイパス)が出来てからは
こちらのが人が多くなってます。


こんな感じで縦に長く40km以上ありますが
上下の端は「ほとんど」人はいないので
実際車で30分だと20km位までの距離は範囲です。

とはいえ家や職場から30分離れてると
大変なのですが



・それでも都会よりはいいみたいです

とはいえ30分以内には
「必ず空きがある状態」なので

地方都市にありがちちですが
ピーク時より人口が減ってますので
定員より子供の数が多くなる事は
これからも無いと思います。



既に人数が定員より多い都会だと
どうやっても待機児童が出てしまうと
思いますけど

「子供の声がうるさいから保育園作るな」
なんて人がいるうちは解決しないでしょうね


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村


2017年4月~18年3月生ランキング





コメントする

名前
 
  絵文字