2020年08月21日






「そもそも室内干しに
すればバルコニー要らないでしょ」


という意見は


今回は
置いときまして


私も妻も
外干しじゃないと
満足しないですし


布団も干したいですし


庭には置きたくないし





こちらは過去記事




多分、我が家のバルコニーが
使いやすいのは
階段が1.5坪あるからだと思いますが
(1段あたりが低くて広いので昇り降りが楽です)


とにかく便利に
ベランダを使っているのですが



・・・・・
・・・・
・・・
・・



元々バルコニーの希望は
こういうモデルハウスを見て


バルコニーa


・半分は広いスペースで遊べて

・半分は屋根付きで雨でも安心




これが気に入ったので




間取りの打ち合わせの際に



「共働きなので
雨に濡れないように
インナーバルコニーにしたい」



という希望を伝えて



バルコニーb

このように半分は
インナーバルコニーになっていて



当時は10歳の犬もいましたので
犬の遊びスペースや



妻は「ベランダにハンモックを置いてゆっくりしたい」




という事で




バルコニーc


半分はインナーバルコニーで


この軒の長さで
斜めになってますから



凄い雨でも平気です






バルコニーd


もう半分は普通の軒の長さで



屋根の無いバルコニーにしてあって
かなり広い面積になっています



洗濯する場合に



1日晴れてる日や
休日で家に居る場合は
基本的に広い方がメインで



二人とも仕事の場合は
インナーバルコニーの方に
洗濯物を干していたのですが



最近思うのが



子供も4歳と2歳になって
結構洗濯物が増えてきたんですね




多分洗濯量のピークって
小学生じゃないかと思うので



まだまだ増える感じですが




そうなると
共働きの我が家だと



canvas


ここにも屋根を設置したいんですが



このスペースを屋根で覆うのは


大変そうだし
重厚感ありすぎと



設計当初は
考えもしなかったのですが





最近広告で
テラス屋根というのを見て


バルコニーf


これなら圧迫感なく
屋根が出来るので



それでちょっと検討して



どうせなら1年半後に
築5年になるから



ここでベランダの
トップコートの
再塗装をする予定なので



その時に増設する予定でしたが





余りにもメリットが多くて


「こりゃ今すぐにでも
リフォームしたい」



と思うようになりました





・1つで3度美味しい我が家の屋根計画



もちろん最初の目的が
雨でも濡れないようにしたいですから



ベランダが濡れなくなるメリットは
当然なのですが



我が家の作りだと

バルコニーg


こっちに雨樋がないので
テラス屋根を結構伸ばして





バルコニーh


ここまで
屋根を伸ばすと
1階の雨樋いも兼ねるんですね



当然ベランダは
ここまで延ばせば
雨が降っても平気です



今の所
ベランダに脚立置けば
すぐに2階屋根の
雨樋い掃除が出来るので




これ付けると
屋根の雨樋い掃除を
どうするのかは疑問ですが
(ベランダ無い人って掃除どうしてるんでしょうか?)



これを付ければ


・ベランダが濡れなくて済むのと


・1階の雨樋いの代わりにもなって



元々半分は
インナーバルコニーなわけですから


バルコニーの一番の懸念材料



・将来の雨漏りの心配が無くなりますね




UVカットで
トップコートの持ちも良くなるし



クリアですから
開放感はほぼそのままなので



「これは設置したいなぁ」と思いますが



問題は
価格ですね




工事費も含めて
まあ30万円位かなぁと思っていたら


バルコニーi

なんと76,508円~



この価格は一番安い奴でしょうが
簡単に手が届きそうな金額なので



ちゃんと希望の
長さを見積もりしてみます





・テラス屋根って安い・・・




一番安い76,000円の奴は

バルコニーj


こういう短いタイプなので






我が家の屋根の無い方の
バルコニーは


バルコニーj2


・幅が364cm
・奥行が192cmなので




とりあえず希望の
長さを入力します




バルコニーk


幅は3,660mm
奥行は2,085mm



これならベランダが濡れる事なく
1階の雨樋いも兼ねれます




バルコニーL





工事費も込みにして
多分余りませんが




念のためカットする工賃も含めた総額が


バルコニーm


なんと15万円です



オシャレなクリアのテラス屋根で



ベランダ全部プラス1階の雨樋い兼用までの
大きなサイズで


雨漏りの心配もなくなって
UVと熱射カットですから


ベランダの
保護層の塗装も長持ちしますし


これが15万円なら


むしろ
「最初から付けとけば良かったじゃん」ってレベルです













・何故最初から付けなかったのか



一番の理由は


こんなオシャレなクリア屋根を
知らなかったので


こちらから提案も
出来なかったんですが




当時の打ち合わせメモが
残っていて
バルコニーn


隣のインナーバルコニー部分ですね



こちらを無くしたり短くしたら
どうなるの?って話をしていて



全部無くすと10万円位変わるよと・・・



インナーバルコニー希望でしたから
10万円では考えなく付けたのですが



クリア屋根って発想もなかったので
広い方のベランダまで
屋根を延長したら
開放感無くなりますし・・・



こっちにも屋根欲しいなんて
言わなかったんですね




最近多い

バルコニーo


こういうタイプの凹ますタイプは
瓦の切妻屋根が希望だと無理ですし





かといって
切り妻タイプで
192cmのバルコニーを覆うには


バルコニーp

緩勾配にするか
天井高を上げないと
無理ですし



この写真くらい出すと
そこそこの予算ですしねぇ・・・





「なんかここに合う屋根
ないですかねー」とか言えば



提案してくれたかもしれませんが


こっちには屋根は無いという
思い込みですね・・・



元々理想にしていた
モデルルームも屋根無かったですし




今回たまたまネットの広告に出てきたので


「お、これは良さげ」と思ったので


結局は施主の知識不足ですね



15万円程度なら
すぐにでもしたいですが


家の保証の問題もあるので
レオハウスに言わないと


勝手に工事したら
保証切れちゃう事もあるので・・・



次に我が家に来るのは
来年の5年点検になってしまいますし



今年も感謝祭するなら
その時に言ってみる予定ですが



ヤマダレオハウスになった今年は
感謝祭するかも不明です









◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング





















コメントする

名前
 
  絵文字