2020年03月21日






我が家でお気に入り間取りのひとつ
スキップフロアです


スキップフロアa
(上から撮影するとこんな感じです)


階段の下から数えて
5段目に
3畳ほどのスペースがあります




子供が1歳の時に
完成したので
最初は私の物置みたいに
なっていましたが・・・



現在は子供が3割
私が7割くらい使っています




私は落ち着くし便利だし
非常に気に入っていますが



必要では無い家庭では
他のスペースにした方が
いいと思うので・・・



実際にスキップフロアの家に
3年間住んでみて



あった方が便利だと思う家庭と
無くてもいい家庭の違いを書いていきます





・スキップフロアvs和室vsリビングを広くする




我が家の間取りがこちらです

スキップフロアb


スキップフロアの分をリビングにすれば
さらに広いリビングになるし


別室で和室でも作れば
それも便利だなぁとは思いますが



我が家はどうしても
スキップフロアが欲しかったので



3年間生活して


「本当に良かったなぁ」と思いますが
要らない家庭だって当然あります



ちなみに
スキップフロアの宣伝で多いのが


「狭小住宅でも広々」みたいな
売り文句が多いですが




画像は
セキスイハイムのモデル例ですが

スキップフロアc


このように段差を使って
さらに下も使えば
面積は増えますが






スキップフロアd
(こちらもセキスイハイムから)


このように下が
使えないと


見た目は広々しますけど
実際の面積は変わりません


我が家も下の部分を
使おうか考えましたけど


天井がかなり低くなるので
子供が小さいうちは有効に使えますが


将来はただの
荷物置き場になりそうだったので
やめました



リビングに
見せる収納スペースなんて
作っても


オシャレに出来ませんから
ただの見える物置になってしまいます



なのでここを
リビングにしても
別室を作っても良かったのですが



色々と考えて
スキップフロアにしました






・要らないパターン1「夫婦がラブラブの場合」




別に我が家も
夫婦仲が悪い事はないと思いますが(笑)



・見たいテレビも一緒で
 夫婦でソファに並んで見る


・雑誌なんかも一緒に並んで見るなんて
 ラブラブっぽい家庭では



そんなに必要じゃない気がします



↓イメージとしてこういう夫婦↓

スキップフロアe
(40代の夫婦でいつもこんな状態って人いるんだろうか・・・)


こんな夫婦なら
スキップフロアは要らないと思うので
その分リビングにした方がいいですね(笑)




私が一番使うパターンとしては



妻はリビングでテレビを見て
その間に私はスキップフロアで
PCを使うというのが
一番多いですし
(ブログを書いてる時もそんな感じです)



見たい本やネットも違いますから
2人バラバラで見ます


妻はテレビ大好きで
録画もたくさんしますが


私はテレビを見ないので
テレビもブルーレイも
妻が自分で買いましたし・・・



かといって
片方はリビングで
もう一人は寝室ってのも
寂しいですし・・・




なんとなく一緒の空間には
お互い居たいので
妻はリビング
私はスキップフロアという時間もあります






・要らないパターン2「こどもがいない、大きい場合」




とりあえず夫婦仲は置いといて(笑)





元々、我が家の場合は
私のPCスペース兼子供の勉強用に作ったので

スキップフロアf

(ひらがな書き取り中です)



スキップフロアのうち
2面は全部造作で
デスクになっています



10歳くらいまでは
まだ自分の部屋で勉強はしませんが


リビングやダイニングだと
勉強しにくいので


ここだと家族と同じ空間にいるけど
集中して勉強が出来ます



実際に私もここで
ブログを書きますが
ダイニングよりもずっと集中出来ますし





我が家はテレビが1台しかないので
妻とのテレビ争い負けた
子供2人が

スキップフロアg

Youtubeや動画を見たりします






スキップフロアh

妹はすみっこが大好きで
ここが定位置です



逆に中学生くらいになれば
自分の部屋で勉強すると思いますので



子供用にはスキップフロアは
要らないと思いますので



その時になったら
私が全部使う予定です(笑)



スキップフロアi

すげー適当な明細ですが・・・
(金額に納得してますからいいですが)


30万円のオプション料金が
かかったので


ハウスメーカーのプランなどで
和室は1つだけ標準内で無料など
ありますから


夫婦はいつもリビングで一緒
子供も使う予定が無いって事なら


無理に作る必要は無いかなぁって
思います



色々荷物も置けて
便利ですけど



それだけの目的なら
同じフロアに
別室作ってもいいですし










・子供が小さいと作れるスキップフロアも限られます



最初に書きましたが
狭小住宅でも広く使えるというのは



スキップフロアの
下の部分も使えれば


単純に2倍の
スペースになりますが

スキップフロアj

我が家のスキップフロアは
そういう事はありません



吹き抜け部分も見えますから
見た目は広くなりますけど・・・




実際に我が家が
一番最初にレオハウスに行った時に



「スキップフロアが欲しい」
言葉で伝えただけだったので



最初の提案に出てきた間取りは

スキップフロアk

これでした・・・


というか
一般的なスキップフロアは
こちらですね・・・





こういうスキップフロアだと



・下の部分は、かがまないと入れないので
 子供が大きくなると使い道が・・・


・子供が飛び降りる可能性がある高さもちょっと・・・


・私の趣味スペースにも使うので
 見えると収納に困る


・片付け下手だし
 見せる収納とか出来ないので
 隠せるスペースがリビングに欲しい



などという理由と



元々「自分のパーソナルなスペースが欲しい」
と思っていたので





スキップフロアL


このような
スキップフロアになって



リビングからは
それほど見えるようには作っていません



子供が
いたずらとか
しない年齢になったら



下は空洞なので
収納にしようかなぁとは
思っていますが




スキップフロアm

スキップフロアから
リビングは見渡せますので



本当に別室と
リビングの中間って感じです



「中間」なので
明確に使用用途がないと
中途半端になると思いますので


例えば
書斎として絶対に
別室が欲しいとかなら
余り向いていないと思いますし


夫婦で趣味があって
物を置きたいとかなら


その分を玄関スペースなどを広くして
土間収納を設置したほうがいいと思います



・お互いテレビやPCとか別行動をしたいけど一緒にいたい

・子供が小さいから自分の部屋で勉強出来る年齢ではない

・見せたくない収納や趣味の物があるけどリビング近くに置きたい


などがあれば
スキップフロアはかなり便利だと思います








コメントする

名前
 
  絵文字