2018年03月06日




3月3日は下の子の初節句でした

aアリス

ギリギリで買ったためイトーヨーカドーで
13%引きになっており上の子と金額ほぼ同じでした


たまたまですが
3月3日が生後100日なので
お食い初めと重なりました。


お宮参りはクリスマスと重なったし
イベント好きな子になるかもしれません(笑)



・記念日なのでスタジオアリスへ

上の子もお食い初めと初節句で
スタジオアリスへ行ったので
同じ台紙を使って同じように
撮ろうという事になりましたが


「女の子の衣装が多すぎです」
男の子の5倍はあるんでしょうか

大人になっても
だいたい妻のが服持ってると思いますが
小さい時からの積み重ねなんですね


・お食い初め
・初節句
・家族写真
・子供2人の写真

これは必ず撮って
上の子が「ひよこのコスプレ」写真も
撮ったのでそちらも撮りたいですが
子供の機嫌次第です。



・写真を消されるので何か買うしかない


スタジオアリスに行った方ならご存知ですが


・何着来ても無料
・何枚撮っても無料です。

一応撮影料は3,000円らしいですが
1年以内なら無料ですし
常にキャンペーンしてますから
実質無料みたいなものですが

bアリス

3,000円の参加料で
撮影料は無料になるし
四つ切フレームが1枚付くのでお得です。



・動画は取り放題です。

写真撮影で儲けてるので
当然写真撮影は一切禁止ですが
動画はどんなに撮ってもいいので


動画を撮って、その後自分で
スクリーンショットにして画像で保存
などもしています。


画像的にベストショットは
スタジオアリスのカメラ位置なので
なかなか良いのが撮れませんが







・じゃあどうやって利益を出すの?

衣装無料、撮影無料で
どうやって利益を出してるのかと言うと

子供が頑張って取った写真も
商品を買わないと
「その場で消されます」

データすら残りませんので
何か買わないとなりません。


そうなると親心として
1つのセットと衣装につき必ず1枚は残したいですが
店員さんも分かってますので

cアリス

こちらが初節句の写真ですが


「竹のセットも可愛いですよー」
なんて言われて撮ったら最後

dアリス

こちらも購入
(別に買わなくてもいいんですけどね



・営業は無いけど勝手に買ってしまう

別に購入を迫るような事は一切ないですが
自分の子供が一番「可愛い」ですから
色々買ってしまいます。


・格安ですむ「シール」が無くなってました


何か商品を買わないと
データすら残りませんので

一番安く済む裏ワザとして定番なのが
「シールを買う」というのもあるのですが
久々に来たら無くなってました。
1枚500円だったと思います。


元々L版プリント派なので
シールは買った事は無かったですが。
ちなみにL版プリントは1枚1,800円(税抜)です。


記念に台紙やフレームを数枚
後の20枚はL版でなんてすると
5万円は超えて行きますので
気に入ったのだけ選ぶしかないですね。


・データ購入に1年かかる

なんで一番安いシールにしないで
プリントするかと言えば
撮った写真を商品にしても
「データはくれません」

商品にしてデータが残った写真は
後日買えますがなんと
「1年後」です。


とはいえ今はプリントよりも
データのが重宝しますので

L版プリントにして
それをコンビニに持って行き
「スキャン」してデータ化してます。


今回は
3面台紙1つ
四つ切フレーム2つ
L版プリント12枚

で総額39,000円でした。


必ずしてるキャンペーンで
四つ切フレームが3,000円で買えるので
トータルで考えると
地元の写真館よりも安く撮れますね。

衣装も多いので
記念日は行く事にしています。


にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村


2017年4月~18年3月生ランキング





2018年03月05日




屋根材は大人気の家CoCoのDセレクトだと
a瓦540-480


・瓦
・ガルバリウム
・スレート(コロニアル)

以上の3種類から選べます。

大人気の家CoCoの中でも

・ベーシック
・Vセレクト
はコロニアルしか選べません。



・最初から屋根だけは瓦がいいと言ってました。


ハウスメーカーが決まる前から
「屋根は瓦がいい」と言ってたのですが

理由は
「やはり瓦が一番長持ちするから」なのですが


仕事で毎日解体、廃棄する
瓦、カラーベストやコロニアルのスレート屋根を見ますが


スレート屋根は劣化が凄いです。
10年前の製品でも
「これは雨漏りするんじゃね?」レベルです。




・ここ数年のスレートは昔より長持ちしません

昔のスレートは石綿(アスベスト)が使っており

健康被害を「考えなければ」
耐久性も高く、熱にも強く屋根に使う素材としては
なかなかいいのですが
体に害がある事が分かったので
当然今は使っていません。


※勘違いしてる人多いですが
屋根や壁材そのままの状態では石綿は飛散しませんので
今普通に使ってる分には問題ありません。
破砕時に飛散します。


ずっとスレート=石綿入りだったので
私もお客様が「スレート持ってきました」って言うと
ピリピリしますが
(石綿は処分出来ませんので


1993年にアスベストを5%以下
2004年にアスベストの全面禁止になったので


14年前より新しいと石綿は入っていないのですが
耐久性も高く、熱にも強かった素材が
使えなくなったので、特に10年前位の
スレートは耐久性が無く


「これで10年?」って位ボロボロになっています。

もちろんこの10年で色々研究してるはずのですので
今のスレートは長持ちするかも知れませんが
10年前でボロボロのスレート見てるので
これは使いたくないです。







・ではガルバリウムは?

これはメーカーが認めてますが
「錆びにくいけどステンレスより錆びるよ」って言ってます。

ガルバリウムは
トタン(銅板に亜鉛メッキした製品)に
アルミや珪素、マグネシウムなどをメッキした商品です。


キッチンのステンレスも普通に10年で錆びますので
こちらも10年先が心配です。

後は金属ですから防音性や断熱性は悪いです。



・耐久性、断熱性、防音性は瓦が一番


瓦は簡単に言うと
粘土質の土を焼いて釉薬で色付けた物です。
縄文土器などと基本は同じです。


金属の板と土の壁を想像してもらって
どっちが断熱性や防音性があるか
すぐに分かると思います。


「瓦は平気で50年持ちます」
その前に家を建て替えるので瓦も処分されますが
割れてない瓦を見ると
「こりゃまだ使えるな」位の見た目が多いです。


たまに古い家で
妙にボロボロの収縮してるような瓦がありますが
それは「セメント瓦です」
(コンクリートを瓦の形にした奴)


本来の瓦は長持ちしますし
日本でも1000年以上使ってる歴史があります。


瓦は重いというデメリットがありますが
通常の住居レベルでは問題なしですし
(問題なかったのでずっと使われています)

後はガルバやスレートより値段が高い位しか
デメリットが無いです。



・太陽光載せるので1種類、4色からしか選べません
b瓦540-360



太陽光パネル載せるので
フラット瓦でないと安定さに欠けますので
(載せれない事もないのですが)

選べるのはこれだけです。


まだ瓦を選んでいる時は
サイディングの色も決まってないのですが
紺だと純和風になるので緑を選びました。

c瓦540-360


我が家の瓦です。
見た目は好みがありますが
耐久性に関しては間違いなく1番です。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年03月03日




流産を3度繰り返して
初めての子供が生まれたのが夫婦が41歳
二人目が誕生したのは43歳です。


39歳の時に婦人科で不妊治療に行きだしました。
その時に思ったのが

「今って本当に高齢出産って多いんだなぁ」

「貴方何歳ですか?」なんて聞きませんが
40歳前後の方が中心かなという印象でした。



上の子は今保育園に通っているのですが

・周りの保護者が凄く若いです

入園式や運動会のイベント時など
本当に若い方ばかりです。



余りに気になったので
お迎え時に保育園の先生と話をしたんですが

・・・・
・・・
・・
「私達以外ってみんな保護者の方若いですよね」

先生「そんなことないですよー」
先生「でも30歳前後が一番多いですねぇ」
先生「最近は本当に年齢が上がりましたねぇ」


恐らく「そんなことないですよー」
妻と私への気づかいだと思います(笑)
その後に続く「でも」が本音だと思いますが・・・


先生も保護者の年齢を全部把握してる事はないのですが
見た目、体感で30歳前後が多いんだと思います。


そして分かったのが
年齢が上がった=30歳前後なんですね。


厚生労働省の資料があるのですが

出産a540-360


第1子が誕生した時のお母さんの平均年齢ですが
40年前の昭和50年で平均年齢が25.7歳
30年前の平成元年で平均年齢が27歳
 5年前の平成25年で平均年齢が30歳です


でも40年前に比べて女性の人って
明らかに見た目5歳以上若くなってますよね。

20代後半の人でも
「今いくつに見えます?」なんて聞かれたら
20代前半って答えます。


なので平均年齢が30歳になっても
見た目も若くなってるので
「周りがみんな若い」って感じです。


そしてヤマンバギャルとかが
流行ってた時代(平成10年)あたりから比べると
出産年齢は2~3歳しか上がっていない事が分かります。

「40代の高齢出産」
まだまだ少ないと思います。







・何歳から高齢出産

日本産科婦人科学会の定義だと
35歳以上からが高齢出産というらしく

やはり、35歳以上は今も少なく
一番新しいデータだと
出生数1,005,673人
40代以上 54,000人
その内初産 21,000人

40代以上の割合は5.4%
初産で40代以上だと2%になります。

この割合が多いか少ないかは
人それぞれ感覚が違うと思いますが
割合的にはやはり少数ですね。

・20年前の4倍
・40代以上の出生数が4万人超え

とか数字を見ると凄い上がってそうなのですが
我が家みたいな40代の出産は
全体で見ると5%なので結構少ないです
しかも初産なので2%しかいません

40歳以上の出生数が
実際に4倍上がっているのは間違いないですが
データで見ると「凄い上がってる」って
ほどでは無いと感じています

マスコミの煽りと、30歳前後の方が
「私、高齢出産なんですよー」って言うのが
なんとなく高齢出産が多いって思わせてる気がします。



・高齢出産のメリットもあります

女性の見た目がどんどん若くなってきたとはいえ
やはり妊娠する年齢が限界がありますし

データを見ると43歳で自然妊娠出来た我が家は
数字だけで言うと「奇跡的」な数字になります。


生まれた後は
子供が成人式を迎える時には
親は還暦を迎えてますし

小学校の保護者参加の運動会も
20代には負けるでしょう


でも体感したメリットもあって
まず1つが(これは個人差ありますが)
もう趣味に没頭する年齢では無いので
子育てに集中出来ます。


職場でも休みの度に夫婦で釣り行って
子供はまだいいとか
冬はほとんどスノボなのという人もいます。

私も20代ならそうでしたが
今はそこまで趣味に没頭する集中力がないので
子供が育ってるのが趣味です。


もう1つが
金銭的余裕があります。

子供が生まれたので家を建てようと
思った時に余裕は(どうにか)ありましたし

スライドドアのが便利かなと
ミニバンに変えたりと
この辺は20代だったら無理だったかなと思います。

20代でしたら給料も少ないですし
服買ったり趣味に使ったりで余裕がありませんでした。

後は兄弟、友達が子育て終わってるので
服やベビーベッド、バウンサーなどを
貰えるのも大きいですね(笑)


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村

2015年4月~16年3月生ランキング