2021年07月16日







我が家の外構で
絶対に付けたい



日射a


パーゴラかテラスですね



夏の日射を防ぐ
便利な設備です




色々と
長さとか角度を選べるので


日射b


ここに2つ設置したいのですが



我が家は1階左側は軒が無く
右側も45cmほど出てるだけなので



ここにテラスなどを設置して


・夏は遮蔽

・冬は日射を取り込みたいのですが




日射c



これ
よく日射遮蔽と日射取得の説明で
見る画像ですけど



「夏は太陽の角度が高いので
軒などで遮蔽して」



「冬は太陽の角度が低いので
こちらは日射取得をする」





日射d





「なので軒があった方がいいです」ってのも
良く聞きますけど



太陽の角度が一番高い夏至って
6月21日なので



まだ、そこまで暑くないんですよね・・・





こちらの写真


日射e



我が家の南面の軒は


1階部分が

・0cm

・45cm



2階部分は

・60cm

・160cmと


軒の長さ実験には
ピッタリな位に
全部の長さが違いますが(笑)




この写真の撮影日が


日射f



6月5日の
昼12時なので
ほぼ夏至と同じ76度です



これなら軒が45cmでも
ほぼ日射をカバーして


60cm軒があれば
窓からは一切日射は入りません





次にこちらの画像


日射g



これだと2階左側の
60cmの軒でも半分以上は
窓に日射が入りますが




この画像は


日射h



5月30日の昼3時なので
太陽の角度は約45度です



45度という低い角度でも
2階右側の160cmある深い軒なら
太陽光は入りませんが





じゃあ、一番暑い
8月の太陽の角度はどうなのかと言うと


日射i



めちゃくちゃ暑いお盆の時期


8月15日の昼2時が
おなじく45度です




つまり
軒だけで日射対策をしようとしたら


一番暑い8月は
案外太陽の角度が低いですから


全部に200cm以上の軒が無いと
窓から太陽光が入ってきます


全部200cmの軒なんて
物凄い金額になりますし



しかも切妻屋根のように
斜めにして200cm必要ですから
平な軒だともっと長さが必要なので


日射j


この軒がカッコイイ家でも
夏の太陽光は全部は防げません




ちなみに
軒だけで角度45度の太陽を
全部遮蔽するには



日射s


220cmちょいなので
こんな感じですね・・・



ちょっと2階建てで
この軒は現実的じゃないです






・遮蔽と日射取得のプロ「パッシブハウス」はどうしてるのか?



日射と遮蔽と言ったら
パッシブハウスですが




計算上
「軒だけで全部遮蔽なんて無理じゃん」
思ったのですが





じゃあ
パッシブハウスは
どうやってるの?と思ったら


日射k


すだれなども
利用してるんですね


もちろんパッシブハウスの場合は
そもそも土地にあった
窓の位置など計算しますが


そもそも
絶対に軒だけで対応出来ないのは


太陽の角度と暑さに
ズレがあるからですね






・同じ太陽の角度でも寒い日と暑い日がある




・一番太陽の角度が高いのが6月で

・でも暑いのは8月なので


このような事になりますが



中学生あたりで習ったと思いますが



日射p


出典 : https://www.naganomathblog.com/entry/archives/2528



夏至は6月ですが
太陽が地面や海水を暖めきってから
暑くなるので


夏至よりも遅れて
8月が暑さのピークになります



なので夏至の日は
軒で遮蔽出来ますなんて
アテにしちゃダメなんですね



もっと太陽の角度が
低い時まで想定した方がいいんですけど





さらに
これ以外にも問題があって


日射q




・春分の日(3月20日前後)と


・秋分の日(9月22日前後)は


太陽の角度って同じなんですよね




地域にもよりますけど


私が住んでる山梨県とか
まあ関東地方も含めて


春分の日の3月20日頃は
まだ暖房を使ってますが


秋分の日の9月22日って
冷房を使うんですよ





こちらが春分の日
3月20日の
過去7年の気温


日射L


最高気温は

・一番暑い年は23.5℃

・寒い年は12.4℃

まだ寒いですから暖房ですね






こちらが秋分の日
9月22日の
過去7年の気温



日射m



だいたい30℃近いですから
冷房使いたいですよね





つまり同じ太陽の角度でも


・春分の日は日射が欲しくて

・秋分の日は遮蔽したいんですが


太陽の位置が同じなので
どちらかしか選べませんね



まあ、3月と9月は
どちらも
そこまで厳しい気温じゃないので
いいのですが



真夏と真冬だと
しっかりと遮蔽と日射取得をしたいですね










・ベストな長さは地域で違う?




こちらは
エリア別の軒の長さですね


日射n



北海道では全体の8割が
40cm未満なのは


日射取得したいわけじゃなくて
雪の影響ですね



日射o


無落雪屋根という
Vの字の屋根なので軒がありません



後は、首都圏も
軒無し住宅が多いですが


これは土地の事情ですよね


日射r


土地が狭く
隣家とも近いので
軒とか言ってられない事情があります



関東では一番多いのが
60cm~80cmですね


軒だけでは
太陽光は全部防げないとは言っても
やはりあると違いますし


雨漏りや外壁保護という
メリットもありますから
やはり軒はあった方がいいですね



1メートル以上だと
建築面積に入っちゃうという
ルールがあるので
ベストは90cmでしょうか


90cmだと実際に高いんですが
高級感出ますしね・・・



予算が取れなければ
60cmが現実的だとは思いますが


少なくとも
夏の遮蔽を軒だけでするなら
200cmは必要で


こうすると逆に3月は
日射が欲しいのに取れないという事になるので


最初から「すだれ」などを
設置する前提で作るのがいいですね







我が家は
考えて作らなかったので


設置するのにかなり大変でしたから・・・


最初からすだれやシェードの
取り付け金具を付けておくのを
オススメします




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年03月08日






ちょっと前に
5歳になったお兄ちゃんですが



我が家は
子供が満1歳になる位に
家が完成したので




1歳になった時の
写真を見ていたのですが


性能a


真冬の1月なのに
ありえない薄着で




当時は
「こんなに暖かいなんてすげー」って
感動してたのですが



今ではすっかり贅沢になり(笑)




昔は仕事と保育園が終わって
帰宅してから暖房を点けていましたが


性能b


今では
「20℃以下なんて無理」




朝の起床時から
寝る前まで
「いつも22℃は最低欲しい」という





暖かさに慣れた生活をしているので





4年前は満足してたけど
「今はもう少し性能上げても良かったなぁ」なんて
ツイートをしたところ





「過去に戻って1つだけ性能上げれると
したら何をします?」って聞かれたので




ちょっと色々と考えてみました





・50万円で窓を変えるなら軒が欲しかった・・・



ご存知の通り
我が家は予算が無かったのですが(笑)




「なるべく安い住宅ローンを」
当時はもっと慎重でしたので





「サーモスXにしましたか?」と聞かれて




これに関しては
過去記事にも書いたのですが



差額20万円なら取り付けましたが
50万円以上と言われてやめました




https://reogress.net/archives/20730356.html





エアコン1台だけで家の中
全部暖まるラインが

・C値1.5程度以下

・Ua値0.6程度以下



これだけあれば
部屋の仕切りがなければ
家の中全部暖かくなるので



実際に冬は暖かいですから



50万円以上出して
サーモスXの選択肢は当時は無かったです




当時の心境として

・サーモスXで20万円

・APW330で30万円なら


変えたと思いますが



「今なら50万円でも
変えたかなぁ・・・」
たまに思ったりしますけど



これは、生活が割と
安定していて


今の所は
お金にそこまで苦労してないから
言えるので



コロナの影響もありますし
人によっては職を失っている方もいますので



まあ、これで良かったかなぁと思います


もちろん、高性能な窓の方が
光熱費は下がりますし


快適度は違いますから


予算ある人は
高性能にした方がいいですが





仮定の話で
当時に戻って一つだけ性能上げるなら
窓ではなくて


性能c


深い軒が欲しかったですね




まあ
この写真の軒では50万円じゃ
全然無理ですが(笑)




性能d


こんな感じとか



・夏は遮熱出来ますし

・家と外の一体感が増すので



春や秋だと



外を見ながら
ここで「ぼーっと」出来ますし


延べ床面積はこれ以上
狭くしなくないので
これでも50万円では無理なのですが



理想を言えば深い軒が欲しかったですね



50万円で断熱材を増やすという
選択肢もありますが


屋根断熱は
アクアフォーム170mmなので


ここから200mmとか250mm増やしても
体感でどこまで変わるか微妙ですし


壁は90mmですけど


これも
「4寸柱マックスの120mmにしても
そこまで変わるかなぁ・・・」って思うと


やはり遮熱&居心地の良さで
軒かなって思います


結局、窓だけor断熱材だけ
どちらか変えても
バランス悪いですしね・・・



両方変える予算は
ありませんし







・4年前に戻れるなら「要らない窓」を減らして性能上げた



Ua値ってのは外皮の平均ですから


とりあえず要らない窓を無くせば
0.6から0.5まではいけそうですが


何しろ4年間
掃除以外には全く開けない
24時間カーテンしっぱなしという窓があって




1つは寝室

性能e


この右側の窓は
本当に要らなかったですね・・・



そのうちプラ板でも購入して
完全に塞いじゃおうと思います(笑)



後は勝手口ですね

性能f


こちらは採光的には欲しいですが


それなら小さい縦すべり窓だけで
良かったので
この2つは要らないですね



それ以外でも
滅多に開けない窓もありますけど


採光で便利とか


掃除の時とか換気時で
開けるところばかりですし


私はお風呂もトイレも
窓があって良かったと思っています


どちらも換気って為だけなら
今の家は気密性がいいので
換気扇だけで充分ですけど




お風呂に関しては
漂白剤とか使いますから


臭いを取るのは換気扇では
なかなか全部取れませんし


休日とか、昼や夕方にお風呂入るのに
電気とか嫌ですし



トイレも同じで
昼は電気要らないですし



私は夜も
電気付けないでしたりしますが(笑)


月明かりあれば充分なので


こうすると寝る前のトイレとか
眠気が覚めませんし



何より
万が一の害虫対策ですね



あいつがいたら
大変な事になるので


トイレはいつも
電気点けなかったりします(笑)






・やはり広さに使いたい




という訳で


色々考えた結果
ツイッターでは






「性能はいいから
脱衣場を広くしたかった」と回答しました


性能g


子供が年頃になって


・15歳のお兄ちゃんと

・13歳の妹なんて状況では


この狭い脱衣場に
洗面台もここですから


ちょっと考えただけで
窮屈ですね・・・



もちろん2人目も
欲しかったんですけど


年齢的に厳しいかなぁと思い
特に不妊治療とかもしてなかったですから


40歳でも「子供が増える可能性」
考えて作った方がいいですね



物置&来客部屋として
予備の部屋を作っておいて
本当に良かったです




https://reogress.net/archives/8328054.html



なので、予算があったら
したかった事は


1位・脱衣場を広く

2位・軒を出す

3位・窓を変更


この順番かなぁと思います



とりあえず、夏涼しくて
冬暖かいが出来ていますし




実際に住めば
皆さん分かりますけど





Ua値以外にも色々と
暑い、寒いの要素も多いですからね










・なるほど・・・1℃の差で80万円



最近「なるほどなぁ」と感心する
ツイートがあって



室温で1℃差が出る時に
だいたい建築費が
80万円変わるというツイートです



過去記事の無暖房実験の
比較で言うと






・外気温が0℃

・室温が22℃から


一晩、暖房を切った場合に
我が家だと15℃まで下がりますが




建物本体価格が

・15℃ 1,600万円(ZEH Ua0.6)
・16℃ 1,680万円
・17℃ 1,760万円(HEAT 20 G2 Ua0.46)
・18℃ 1,840万円
・19℃ 1,920万円(HEAT 20 G3 Ua0.26)



たしかに
工務店やローコストメーカーなどの


豪華に飾らない造りなら
30坪~35坪の家だと
これくらいの金額かなぁと思います


これに設備品や無垢材
床暖房など
色々変えると


もっと高くなりますが


こう見ると
快適と金額のコスパがいいのは
G2あたりですかねぇ


G3だと本体で2,000万いってしまいますし




大手ハウスメーカーだと
意匠、見た目にもお金を使うので
この予算だと足りませんけど






「家なんて最低2,000万円以上する」
思っている人なら


高性能住宅派なら

・G3なんて当たり前

・樹脂窓以外に選択肢はない





大手メーカー派なら

・軒は深くて当たり前

・軒天は木目がベスト




などなどあるんでしょうが


ローコストを検討してる人だと
1,500万とか1,600万しか
出せない場合もあります・・・







しかも今は、これくらいの差ですけど
私が建てた時は



もっと高性能にするには
金額に開きがあったので



ちょっと私の収入では
「どう考えても無理です」って感じでしたが



今なら、タマホームやレオハウスの
ローコストメーカーも


プランによっては標準で
G2レベルですからね


とにかく高性能化と
それに伴う高価格化が凄いですね・・・






・幸いにも後悔ってほどの物はないですが


人それぞれ
性格でも違うと思いますが


「こうしたかった」と思ったのを
想像して書きましたけど



別に後悔ってほどの物はないのですが



2位に選んだ軒だって

性能h

(これ安いな・・・)

こういう後付けテラスでもいいですし




窓にしても
我が家は今の
断熱性能に満足していますけど


ちょっと不満でしたら


性能i


内窓付けて高性能化も後から出来ます



ただ

・家の広さ

・土地と周りの環境

・躯体や断熱材


この辺は後付けで変えるってのが
出来ないor物凄く大変ですから



土地は満足してますし
断熱材も吹付にして良かったなぁと思いますから



この辺が今から建てる人は
最重要項目かもしれませんね



でも本当の最重要項目
家族の意見ですけどね(笑)





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















PVアクセスランキング にほんブログ村






2020年04月24日






雨や雪の日以外は
余り役に立たないと思う
「玄関屋根」ですが



日差しを遮るので
玄関に直射日光があたると
当然家の中も暑くなってしまいます



玄関屋根は
ほとんどが2パターンで




まずは
玄関の前に庇が付いていたり


庇a
(画像はcube系に多い後付けの庇で90cmです)



Cube系の家というか
ガルバの外壁だと
この板みたいな庇もオシャレなんですが


普通の洋風の家に付けると
ちょっと安っぽいのが欠点です





庇b

逆に玄関部分を凹ませて
屋根にするのも多いですね
(こっちも割と多いパターンで凹みが90cm)



玄関屋根が無い家っていうのは
無いと思いますが・・・



特定の条件下の家では
90cmだと短すぎて
絶対に濡れてしまいます




「雨の日くらい濡れてもいい」
って人もいますが



子供が小さかったり
お年寄りだと


玄関のタイル部分が濡れると
転倒の恐れがありますし


後述する
色々な理由があるので



我が家は絶対に
濡れない設計にしました



ちなみに同じ90cmでも
3方向の風に弱い最初の画像よりは



2番目の画像の方が
3方向の風を遮るので
同じ90cmでも濡れにくいですね






・我が家の玄関屋根は180cmあります




タイルの長さや
雨に濡れたくないと考えた結果
低予算でも玄関屋根を180cmにしました


庇c


もっと金額が高いメーカーなら
当たり前のように
最低180cmはあると思いますが・・・



ローコストだと
設計を意識いないと
90cmだけの玄関屋根に
なったりする事も多いです




一番多いタイプの90cmに比べると
倍の長さがあるので
雨でも濡れないですし




我が家の場合
玄関タイルが

庇d

(お掃除お手伝い中です)



150cmありますが
並みの雨なら
タイル部分は一切濡れません






・凹みと庇で180cmを確保しました




庇ですが一番多いタイプは90cmです




玄関を凹ませて
屋根を取った方で
「ちょっと長さが足りない」
と思ったら



インパクトと
壁にネジを打つ「勇気」さえあれば
後付でDIY設置も簡単に出来ます
(実際ちゃんと処理しないと雨漏れの原因になります・・・)



単純に余り長い庇だと
柱を使わないと
安全面にも問題が出ますが


庇は1メートル以上あると
建築面積に含まれるというルールがあるので


固定資産税の問題も出ますし


我が家は田舎なので問題ないですが
都会だと建ぺい率の問題も出てきます




最近多いのは
玄関部分を凹ませて
2階の部分で庇として使う家が多いですが




我が家も

庇e

90cm分は2階の方が出ていて
そこに90cmのルーフ
を付けているので


トータルで
180cm分のスペースを確保しました


効率だけで考えたら
180cm凹ませれば良さそうですが



これ以上2階を広げる予算も無いですし
広さも必要無いと思ったので



かといって玄関を
これ以上狭くも出来ないので
90cmは庇で対応しました






・90cmでいい家庭もあると思います



我が家が玄関屋根部分を
180cm欲しかった理由として


庇f

タイルって濡れると滑りますので



子供が小さいですし
近くに住んでいる実家の母も足が
悪くて杖使っていますし



さらに田舎で行き止まりな土地ですから
家の前も誰も通らないので



我が家は外に傘立てがあるので

庇g


家の中ではなくて
玄関の前で傘を閉じたり



郵便ポストもここに置きたかったので
180cmは必要でした



後は私はタバコを吸いますが


2階だとベランダ
1階だと玄関で吸いますので



90cmだと
色々不便だなって思いました


家の中で傘たたむって人なら
問題ないですし


子供がいない、もしくは大きくて
夫婦も若ければ


濡れたタイルでも
転ばないと思うので
そういう場合は90cmでも
いいのかなぁって思います


キューブ系の家だと
タイルじゃなくて
滑らないコンクリートでも
似合いますし


景観上玄関屋根の庇が
イヤって人もいると思います










・90cmと180cmで雨の日にどれだけ違うのか実験



玄関が引き戸なら問題ないですが
通常の玄関の場合

庇h


ドアを開くだけで
これだけのスペースを使います





大人一人だけなら

庇i

普通はこの位置に立って
ドアを開けると思うので



90cmでも大丈夫ですし
(大雨の場合は風もありキツそうですが)



そもそも出入りするのに
ドアを全開に
する必要も無いですが





子供が2人いると

庇j

ドアに指挟んだら困りますし
危ないので全開で開けますので


基本は
こんな感じになりますが


子供の位置は
毎回バラバラですね


庇s

(ドア開けたらぶつかるパターン)




庇t

(なぜ毎回目の前に立つのか・・・)


ただ2人とも
私の前には行きたがります




なのでタイルの上段も
3段90cmではなくて


4段で120cmになっていますが
(90cmだと落ちちゃいます)



雨の日に
子供二人と一緒に帰ってくると


玄関屋根が90cmだと
かなり厳しいと感じます


特に4歳のお兄ちゃんは
車から降りると


「雨だーいそげーなんて
走ってしまうので


タイルが濡れるのは
結構危険です



個人的には
濡れた傘などを

湿度や汚れの関係もあり
家の中に持っていきたくないので


外で傘を閉じて

保管も玄関の外でして



それでも濡れなくするには
180cmはあった方がいいと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村