◆失敗しない家づくりのコツ

2020年10月07日







ツイッターで
このような質問をされる方がいて






その時は「そこまで需要がないのかな」なんて
思っていたのですが






他にも「もっと大手も高性能にしてほしい」とか
言う人もいますけど






解体とかリフォームとか
古い家ばかり見る私の正直な感想は




「今はどこも高性能だよ」って感じですが




実際、断熱性能に関しては
今は大手でも中堅でも
普通に快適に生活出来る
程度には高いですし





気密に関しては



どうしても気密が取りにくい
鉄骨メーカーはともかく




他の会社は
どこも性能は高いです





それでも
超高気密高断熱かと
言われると違うので




「なぜ大手の方が高いのに・・・」
って疑問も分からないではないのですが





そもそも求める物が違うというか
顧客層が違うというか




大手ハウスメーカーa


積水ハウスのwebサイトには最初に
圧倒的開放感という売りが書いてあり




「性能も大事だと思いますけど
家ってそれだけじゃないよなぁ・・・」




などなど最近思うのは


大手ハウスメーカーb


「今建てるならBESSもいいなぁ」
言っているのも影響があるのですが(笑)



・元々インドア派だったのに
 ↓
・子供が出来たので庭遊び
 ↓
・テント張ったり公園行ったり
 ↓
・やべえアウトドア楽しい




という経緯があるので
今の家を建てる際は
考慮もしなかったのですが




BESSも積水ハウスも
「コスパ」とは無縁ですよね






・コスパの反対語のメーカーだって必要だった



私がこのブログを作って
家の記事を書いている際に


多分50回以上は
「コスパ」って書きました








こちらの過去記事



詳細は読んで頂けるとありがたいですが



妻の友人(金持ち)が
住友林業で建てまして


単純なC値、Ua値などの性能値は
我が家と余り変わらないので




「じゃあ我が家の方がコスパいいし
お得じゃん」と思ったのですが




妻は「モデルハウスみたいでオシャレだった」
羨ましそうに言うんですね




決して「コスパが悪い」なんて事はなく
住んで感動する家って感じでしょうか




それで「コスパの対義語ってなんだろう」
調べてみたら




うまい事言ってるブログがあって






コスパの反対語は「プライスレス」と・・・




これで全て納得しましたね




だってデビ夫人みたいな金持ちが
一条工務店の家とかに住んだら



「あなた、この家窓が小さいわねぇ・・・」って
言うと思うんです(笑)






・元々の顧客層が違うから家が違う論



今の超低金利なおかげで
我が家みたいな
平均年収程度の一般市民でも





「頑張って積水ハウスいっちゃう?」
なんて事が可能ですけど


大手ハウスメーカーc



バブル時代の金利8%は異常としても


金利5%って時代は普通にあって


むしろ今の低金利が異常ですが・・・






4,000万円を借りたとして
仮に当時の金利5%で計算すると


大手ハウスメーカーd



毎月201,875円


4,000万円借りると
毎月の支払いが20万円超えますから




平均年収程度では
厳しいですが





今の金利1%で計算すると


大手ハウスメーカーe



同じ4,000万円の借り入れでも
毎月11万円ちょっとなので
これなら可能な人も多いんじゃないでしょうか






当時の金利5%で
同じ支払い額の11万円にするには


大手ハウスメーカーf


2,200万円しか借りれません




しかも積水ハウスクラスなら
実際は5,000万円以上かかる場合も多いです・・・




なので




・今までは庶民が踏み入れる事のない
 お金持ちの領域に


・低金利で
 どうにか踏み込めたおかげで





「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」とか



色々言う人が出てくるのですが


大手ハウスメーカーg

これも積水ハウス





大手ハウスメーカーh


こっちはヘーベルハウス




元々お金持ち対象のメーカーですから



コスパじゃなくて



プライスレスの感動を作るので
そういう次元で争ってないんですね



庶民がたまに
ホテルに行って広い窓の開放感で感動する
プライスレスな体験を
金持ちは自宅で出来るわけです


・・・・・
・・・・
・・・
・・





私は
コムデギャルソンというブランドが大好きで



大手ハウスメーカーi


Yシャツで5~6万円
ニットだと10万円位するので



結構高いですから



どんなにいい生地でも
いいデザインでも


コスパは悪いんですけど



特に冬服なんて


ユニクロの方が
10分の1の値段で
もっと暖かいと思うんですが


ここの服を着るのは
プライスレスなんですね










・コスパ客を相手にしない戦略



家は建てたら終わりじゃありません




何十年と使う物で
色々とメンテナンス費用
リフォーム費用がかかります


大手ハウスメーカーj


無料点検なんて言えば
聞こえがいいですが


要は顧客の囲い込みなんですけど



ぶっちゃけ
私もそうですけど


コスパを気にする人は
金払いが悪いんですね(笑)




なので私みたいな
コスパを考える層を
相手にすると
会社的に儲かりません・・・




・・・・・
・・・・
・・・
・・




たしかに高性能は家は



凄い暑い日、寒い日も
数値上はたしかに


大手の値段の高いメーカーより
気温は快適かもしれません


でもそういう日って
地域にもよりますが
夏、冬とも1ヶ月ちょっとで


残りの季節の方が長いわけですし



関東地方なら
エアコンが動いてない日の方が
多い訳です




大手ハウスメーカーk


この写真を


「星空が見えて楽しそう」と思うか

「寒そう」と思うかは


人それぞれですけど




プライスレスの感動は大事ですし


どの業界だってそうですが



庶民ブランドと
高級ブランドは両方必要で
戦略も違ってきます





まあどこで建てたって
安くたって
満足出来ればいいんですけどね




私は満足してるから
ここまで好意的に
ブログを書いていますし





ツイッターなんかでも
ヘーベルの施主さんとか見ると


「金持ちすげー」なんてコメントします



今でこそSNSで繋がれますけど
そもそも
別世界ですしねー



それを
「大手は性能が悪い」とか

「コスパが悪い」
とか


色々言う人って・・・



妬みなのか、今の家に満足出来てないのか
分かりませんけど


私が着ている服を


「ユニクロのが
コスパいいのにそんな服着て意味あるの?」


とか言われたら



何言っても理解は無理だと思いますから




「そうだよねぇ・・・無駄に高いよねぇ」



程度に軽くあしらいますし



まあ服程度なら
高い物でも買えますけど


高い家なんて
本当に金持ちしか買えませんし




昔から「金持ちケンカせず」って言いますからね


・・・・・
・・・・
・・・
・・




「大手は高性能じゃない」とか

「何故作れない」じゃなくて



そういう世界とか
違う世界も必要だよなぁと



本当の金持ちが
これ書いたら
それこそ妬まれますけど(笑)



庶民どころか
ローコストで建てた施主は
思ったりしております








◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング















2020年10月02日







本当に多いんですよね、この話題・・・




ツイッターなどでも
本当に多いのですが





施主側でもプロの工務店側でも


・C値1.0以下は絶対必要とか

・HEAT20G1レベルは最低必要と言う人がいれば




「数値にこだわるよりも
間取り、開口の方が大事」とか




「数値は重要じゃなくて
それより住みやすい家」
など



まあ、色々な意見がありまして






家を建てるってのは


「快適な生活をしたい」ってのは
全員同じはずなのに



「なんでここまで噛み合わないんだ」




今回、このような事を書いている
ツイート、ブログを見ましたが



お互いを見てるとこの争いが
無くならない原因が分かりました






・争いが無くらない原因① C値5.0の嘘



家を建てる時に
初めてC値とかUa値って言葉を知った人も
いると思います




そこで良く見るのが


性能a


一般的な住宅=C値5.0って奴ですね









実際1999年に指針が出て
その後C値の目標は削除されたので


性能b


このような
普通の家=5.0ってのを信じる人も
多いと思いますが






じゃあ、実際の所
高気密とか言ってない昔の家の
数値っていくつかと言うと


性能c


財団法人・省エネルギー機構が調べたデータがあって





右側の図を見てもらうと



25年前の家の平均中央値が
在来工法でC値3.0
ツーバイやパネル工法でC値2.0です




25年前ですら平均すると
C値2.0程度はあったわけですね





今の時代はさらに性能は上がって
気密シートや吹き付け断熱


在来工法でもダイライトなどの
耐力壁を使えば




欠陥住宅とか
余りに大開口とかの間取りを除けば


普通に作れば
2.0より悪く作る事は
なかなか出来ません



性能g

日本アクアとか
C値2.0以下ですよーって
ちゃんと書いていて




これって
作ってる方は
知っているはずですが



何故かC値5.0と比較するんですよね・・・



そりゃ全く知らなかった人が


「普通に作ると5.0で寒いですよー
うちで作ると1.0以下ですよー」って言われて



それを信じてしまったら
数値にこだわっちゃいますね




私だって
C値5.0と1.0と比べたら
さすがに5.0なんて家は住みたくないですけど





「2.0だとちょっと物足りないから
うちは0.5です」
って
広告とか見たことないです(笑)







・争いが無くらない原因② 数値に詳しい数値否定派の書き込み



もうね、多分これです
争いが無くならない原因は(笑)





だいたい高断熱高気密という
言葉は有名でも



具体的に数値いくつからが
高断熱高気密かなんて
ルールは無いので




一般的には
国の北海道、東北地域の指針=C値2.0以下
高気密らしいのですが




数値重視派の方だと
恐らくC値0.8以下くらいからが
高気密って考えだと思います



・・・・・
・・・・
・・・
・・



それで
「高気密は要らない派」の意見を
普通に読むと




「別に数値に拘らなくていい」


とか

「間取りの方が大事」


など書いてあるのですが




これをちゃんと
読み解くと


(C値2以下なら)「別に数値に拘らなくていい」

とか


(C値1.5程度なら)「間取りの方が大事」


などなど




だいたい
「この位の数値あれば快適だから」って言うのを
知っている人の意見が多いんですね



私も壊す側の仕事とはいえ
現場の大工さんなどとは
付き合いも多いですから





ツーバイや耐力壁の建物で
それに吹き付け断熱を選んだら



普通に作ればC値1.5程度になる事は
分かっています





つまり
最低ラインの基準を理解していて



「それよりも自由度の方が大事」とか
言っている意見なのですが





それを全く知らない人が


「じゃあ家を建てよう」となった時に




ハウスメーカーなりを周ると



先程紹介した
C値5.0みたいな性能や




性能d


こんな昭和初期みたいな
とんでも無い数値と比較されますから



知らない人は
信じちゃいますよね・・・




なので
「いやいや数値は大事だよ」って
反論しますから




知っている人は
「C値2.0以下あれば
こだわらなくていいよ」って言ってるのに



知らない人は
こだわらない=C値5.0
思って会話するわけですから



不毛な争いになるわけです




なので是非とも
「数値は重要じゃ無い派」の方は




(C値1.5 Ua値0.6程度あれば)
「数値よりも大事な物がたくさんある」
具体的な数値も
書いて頂ければと思いますが(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・







こちらはプロの
現役営業さんのブログです



数値に全く興味は無いと
書いてますが



こういう本当のプロは
必要以上の高性能な数値は
無意味という意味で



快適に生活出来るラインの性能は
当然ながら保っています





http://www.yuni-myhome.com/archives/24846442.html



こちらは私の300記事記念で
対談させて頂いた
地元工務店で建てた施主さんのブログです



まあ、とにかく
オシャレな家で


庭も広くて
アウトドアライフを満喫している
理想な生活をしている人ですけど



この記事も
「高断熱高気密にはこだわらない」と書いてますけど




温暖な6地域に住んでいて
吹き付け断熱にサーモスLなので




生活するには
充分な性能を得た上で



「高断熱高気密は要らない」
言ってるんですね






ある程度の性能より先は



光熱費が〇〇円安くなるって話で
快適性とは関係無くなっちゃいますからね



要は快適かそうじゃないかって
家の中全部がエアコンで
快適な温度になるかどうかですから











まあ光熱費も
相変わらず30~40年前と
比較しちゃうメーカーばかりですが・・・








・何故、車と比べられないのか



性能、大きさの種類があると言ったら
自動車も同じですね





そして、数値の話で
良く例え話にも出るのですか



こちらも
イマイチ噛み合っていません(笑)








仮に
軽自動車=断熱等級4(Ua値0.87)で
C値2.0と仮定した場合


性能e


軽自動車=Ua0.87  C値2.0
フェラーリ=Ua値0.34 C値0.5
と仮定して


車種は大きさや燃費は
置いといて
今回は速度のみで例を書きましたが




軽自動車だって
時速80キロは出ますから
高速道路も走るし


普通に街乗りは問題ありませんが




今の住宅業界は


最高時速が50キロの車でも
規制が無いから売れてしまいます・・・



つまり
法整備が整ってないのが
問題ですね





もう少しで決まりかけていた
2020年の省エネ等級義務化ですね



Ua値0.87より悪い物は
作っちゃダメだよ規制は
結局廃止になりましたが




仮に全ての家が
Ua値0.87、C値2.0より
悪い建物は作っていけないという
決まりになったら




「別に数値にはこだわらない」って意見も
普通になるし



「どうせ作るなら最高性能」って意見も
分かりますが






残念ながら
今は最低基準がないので


性能f



おそらく
大手のハウスメーカーだと
一番安いアイダ設計でも
今はこの数値以上はあるので




大手ハウスメーカーだけなら
義務化しても全く問題ないですが




未だに
「Ua値?何それ?」


計算など一切出来ない
工務店もたくさんありますし




http://reogress.net/archives/16999180.html




気密シートも耐力壁も使わず
筋交いだけで
普通のグラスウールという
工務店も多々あります



こういうとこは
未だに断熱等級4すら無理なので・・・




その為
いつまでたっても
「数値は大事だよ」派と



「そこまで大事じゃないよ」派の
話が噛み合いません(笑)



何しろ
想定がC値5.0と2.0だと


数値にこだわらないの
前提が違いすぎます・・・




これが
・数値重視の家=HEAT20G2レベル
・こだわってない家=ZEHレベルとか



これくらいの差なら
双方が歩み寄れるんですよ(笑)







最低基準さえあれば


数値重視派の人だって
「まあ人それぞれ」で済ますんですが



今の状況だと
親切心もあって



特に数値を知らない人で
高気密住宅を建てた人なんかは



本当にC値5.0なんて家も
未だに新築であると思っていますから



「数値に拘らないと
夏暑くて、冬寒い家になるよ」
アドバイスしますね




中には
HEAT20G2レベルは
最低必要なんて人もいますけど



・換気や家の温度ムラは全部なくたい人

・本当にG2レベルの性能じゃないと快適と思わない人

・そういう家を売りたい人



こういう人と



「普通に快適なら
それでいいじゃん」って人とで



話が噛み合う事は
なかなか難しいですね






もちろんC値0.5などの
超高気密はメリットも多いんです


・換気が計画通りに行われるし

・3種換気でも大丈夫なのでコスト減りますし

・内部結露だって気密が高い方が起こりにくいですし



どの棟も0.5位の気密性能を
グラスウールで建てれるなら


腕のいい大工さんを
ずっとお抱え出来てるいい工務店さんですしね



ただ、未だにハウスメーカーの広告って
暑い、寒い、光熱費だけの比較で
5.0の家は寒いで煽るんですよね・・・













・とはいえ自分の家が不安な人へ




「自分の建てる家が
不快だったら困る」というのは分かりますし



既に建てた人でも


「もしかしたらC値5.0位なのかも・・・」
って不安な人はいるのですが




本当に、今の家は



欠陥さえ除けば
どうやってもそこまで悪く作れませんが



耐力壁も無い筋交いだけの木造で
適当なグラスウールなら
そうなっちゃいますけど・・・




普通に作れれば
そんな事ありませんから



そういう小規模な
建売や注文作る
工務店も未だにあるんですけど・・・



・・・・・
・・・・
・・・
・・


我が家だって
ローコストの普通の家ですけど


ダイライトにアクアフォームなので
普通に作ればC値2以下になりますし
Ua値は0.7程度なのですが



親や友人などは
冬にくれば
「この家は暖かい」って言われます





それでも不安でしたら


だいたいが今の家って
玄関を開けるのに昔の家より
力が必要だと思いますが


それだけ気密が高いからです


本当にC値5.0なら
そんな事は起きません



なんなら家のレンジフードを
数十分ほど動かして負圧にさせて



ドア開けようとすると
かなりの力が必要です



昔の家って
そういう事はないと思いますので


それだけ気密性が高いって事です




特に引っ越したばかりの方なら
今まで住んでた家と同じ感覚で



扉とか閉めようと思ったら
絶対に閉まりませんから



こだわって無い家=C値5.0なんて事はないですね



Ua値に関しても
今はタマホームやレオハウスでも
普通に樹脂トリプル選べたり


安いプランでもAPW330とかなので
問題ないですね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


















2020年09月28日






木造のメーカーや
工務店さん


施主ブログなんかも


サイトやブログなどで
鉄骨のデメリットを
書いてあったりしていますが





その反対に
「鉄骨のメーカーが
木造を悪く言う」
って
余りないのですけど・・・



鉄骨で作るのが
大手メーカーしかないので
いちいち反論しませんからね



それでも営業さんによっては
色々と言うと思いますが




何度か書いてますけど



ハッキリ言って
住宅において
鉄骨というのは


ある目的においては
非常に理にかなっています




お金がかかるという部分は
余り理にかなっていませんが(笑)



家が完成している時は
パッと見それほどの差はないですが


解体すると
「鉄骨の方がいいなぁ」って部分も
個人的には非常に多いです




ただ、色々と理由を
後述しますが




例えるなら
どこかに旅行に行く場合に



「電車「車を比べる位に




鉄骨と木造ってのは
全然家の性格や
家に対する方向性が違うので



「どちらにしよう」
悩んでいるうちは



まだ契約とか
しない方がいいです



お互いのメリット
デメリットが分かれば



全然方向性が違うものなので
木造か鉄骨かで悩むことは余りありません






「私は鉄骨がいい」

「俺は木造のがいい」って

答えがハッキリしてくると思います



まあ、お金がないから
妥協して木造ってパターンもありますが・・・



実際に木造に住んでいる私ですが
「鉄骨もいいよなぁ」って部分は多くて




人によっては
「鉄骨しかない」ってのも
充分分かります





・鉄骨のメリット①耐震性に強い建物が多い



単に「耐震性がある」と書かないのは
理由があるのですが




例えば小学生が


鉄骨a


こういう簡単な工作を
木造と鉄骨で作ったとしたら






どちらが地震に強いでしょうか?




恐らく答えは
「どっちも変わらないだと思います」




素材的に鉄骨の方が
しなるので若干は強いと思いますが




「しなる」のが想像出来ない方は
40代の男性なら


鉄骨b


ハイパーオリンピック最強の
金属製定規を思い出してもらえれば
納得すると思いますが




女性で意味が分からない場合は
旦那様かお父さんに聞きましょう(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・


まあ、素材の強さは置いといて
なぜ鉄骨の方が
耐震性が高いのかといえば


建築基準法のルールが違うからです




同じ耐震等級3でも



種類があるのは
過去に書きましたが








とりあえず基準の量だけあれば
バランスは考えなくていい
壁量計算




ちゃんとバランスも考える計算の
許容応力度計算の2種類があって



鉄骨c




鉄骨は壁量計算では作れませんが
木造なら作れます




さらに木造2階建ては
4号特例という制度もあって







詳しくはこちらをご覧頂ければと思いますが




要は木造なら構造計算をはしょっても
家は作れますから




余り意味の無い
耐震等級3ってのも出てきますが




鉄骨はそういうわけにはいかずに



ちゃんとした
許容応力度計算をしないと
家は法律で建てれません


何故かと言えば


世の中の中小工務店なんかは
「構造計算???分からん・・・」という会社も
未だに多数あり



そんなの義務化してたら
潰れてしまう工務店が多数ありますから



「まあ普通の戸建てはOK」って感じで
2階建てまでの木造住宅には
このような特例がありますが




鉄骨ってのは
本来は
会社とか商店とか



不特定多数の人が
建物内にいる事を想定していますから


「ちゃんと計算しないとダメ」っていう法律ですね




木造も3階建てはちゃんと計算しないと
ダメなので



要は木造2階建てまでなら
手を抜いていいよっていう
今の法律は



町の工務店などを
救済する意味もあります




なので
「うちは許容応力度計算は
ちゃんとして
耐震等級3だよー」って言う
工務店なら


大丈夫だと思いますが




鉄骨の場合は



全メーカーが
そういう事をしますので
全部が耐震に強いという事になります








・鉄骨のメリット②シロアリに強い



これも大きなメリットですね


よく鉄骨もシロアリは食べるなんて
書いてるサイトもありますが



あれは断熱材とかを食べるから
被害にあるわけで



さすがに「鉄」はかじる事はあっても
食べません





そのため被害が0って訳ではないですが




単純に好物の木と
食べれない鉄の比較ですから


鉄骨の方が強いのは
当たり前ですね






過去記事に



http://reogress.net/archives/10582807.html




「シロアリ被害の家なんて見ないよ」って
記事を書くくらい



結構な数の解体した木材見ますが
被害にあった家は見ないので



地域にもよると
思いますが



当然ながら
シロアリ被害には
木造より強いですね







・メリット?デメリット?内部結露の「被害」は少ない



こちらが一番
双方が言い合ってる気がしますが


木造派の方は
鉄骨は結露しやすいってよく言いますね



まあ、サッシと同じで
なら
どちらが結露しやすいかは
すぐ分かりますが



じゃあ実際に解体する建物見たって
躯体がダメになっているなんて事は
ありません・・・



何しろ鉄ですからね



木材なら腐るレベルの
内部結露だって
鉄骨ならサビで済みます





分かりやすい例えだと


鉄骨d


こういう雨にも濡れる
外階段



鉄製だと
年月経つとサビが凄いですが


普通にまだ使えます


これが木材なら
絶対に登れません・・・



なので木造よりも
結露しやすいけど


結露しても強いって感じですね



まあ、こちらは
どちらにしても
内部結露を起こさせないように
するのが一番です



鉄骨だって
中身が全部鉄じゃないですからね・・・



断熱材とかボードなどは
腐っちゃいますし





次は
木造派がよくいう
鉄骨のデメリットですが




こちらも昔ほどは
考えなくて大丈夫かなぁと思います







・言われているデメリット?①断熱性がない



これは昔は
そうだった思いますし



今も「しっかりした」
木造住宅に比べたらって話しですが





サッシを想像してもらえれば
分かりますが


・アルミサッシより樹脂サッシ

・樹脂サッシよりも木製サッシの方が


断熱性能がいいわけですから




昔の家の場合
北海道など以外は
断熱材がなかったわけですが




そうした場合に
木造と鉄骨の差は大きいですね




特にツーバイとか耐力壁があれば


断熱材が無い時代なら
木材の躯体だけで断熱性能は
若干出ますから




一方鉄骨は
何しろ鉄骨ですから
熱いし冷たいです・・・




しかし今は
当たり前ですが
断熱材も使いますし


鉄骨e


木造はエアコン無しだけど
鉄骨は必要って位の差が出る訳ではないですし



どちらにしてもエアコン使いますし
鉄骨だろうと昔の家に比べたら快適です



ZEHレベルの断熱性能は
普通に作れますし






・言われているデメリット?②気密性がない




これは鉄骨の宿命ですね・・・



それでも各メーカーの
C値ランキングで


鉄骨メーカーはC値5なんて
とんでもない事書いてるサイトもありますが




今はそんなに悪くはないですけど




公式でちゃんと出しているところも
C値2.0程度ですね





個人的には
「快適に生活する分には2以下なら充分」と思いますが




C値1切らないと家じゃない派の方は
その時点で鉄骨は無理ですね・・・・




なにしろ木造ってのは
法律で定められている耐震性を
確保するだけでも



鉄骨に比べたら
圧倒的に柱の数が多いですし
ツーバイフォーや耐力壁もありますから


柱と壁の多さが全然違います



その分鉄骨は柱が少ないので
開放的な大空間を作れるのですが





仮に建築基準法無視して
耐震を一切考慮せずに



木造で同じような大空間作ろうと
思えば作れますが



そのような家は
鉄骨と同じように


C値はどんなに頑張っても
2程度になってしまいますし



逆に木造なら普通に作れば
ツーバイか耐力壁作って


吹き付け断熱でもすれば
簡単にC値1程度まで持っていけますから



気密性能は
木造の方が上ですけど


本当に好みの差です




柱の数が少ないのを
メリットと取るか
デメリットと取るかは
建てる人それぞれですが



要はエアコンが家の中全部効くレベルの
気密性、断熱性があれば
快適に生活は出来ますから






・まとめると・・・




・木造の欠点も

・鉄骨の欠点も



今はどちらも
かなりカバー出来ていますので




凄い気にするほどじゃないような
気はしますが



木造の欠点
耐震、耐火の悪さも
今はかなりカバーしていますし



鉄骨の欠点
気密、断熱も
かなりカバー出来ていますが




・耐震重視なら鉄骨ですし


・実家がシロアリにやられたので
 被害に合いたくないって場合も鉄骨ですし


・大空間が欲しいとか
 ガレージが欲しいとかでも鉄骨です





高気密高断熱がいいって人は
木造でしょうけど




家って
「高性能が家が欲しい」わけじゃなくて


住んで快適な家が欲しいわけで



どうも最近は
数値メインになっている気がしますが・・・



エアコン使っても無理ってほど
鉄骨の性能が悪いわけではないですし



実際壊す側の仕事だと
やはり鉄骨の頑丈さってのは
大きなメリットなので



大空間で全面ガラスとか
憧れますし(笑)



私は割と鉄骨派なのですが




じゃあなんで木造で作ったのかと言えば

「金額が高い」ですかね・・・


というか
コスパが良くないというか



・・・・・
・・・・
・・・
・・



大空間が欲しいとなると
ユニットのセキスイハイムや
トヨタホームは
つらいので




他の鉄骨メーカーとなると

・積水ハウス
・ヘーベルハウス



などなど
高いメーカーばっかりですね・・・



実際に仕事で見る
解体する古い家の
基礎なんて


それこそ石の上に
柱が乗ってるレベルの
家もあるのですが



それに比べたら

・ベタ基礎で
・耐力壁があって
・制震ダンパーも標準で


私の中では
「木造でも大丈夫」感と



ツーバイじゃ無理でしたが
在来工法なら
希望の間取りが出来ましたし



耐力壁+吹き付け断熱で
低予算で割と気密と断熱を確保出来ましたし


この辺で納得して
在来工法で建てましたが



やっぱ予算ですね(笑)





ドラクエの世界では


鉄骨f


・ひのきの棒と
・てつの槍に


結構な値段差ありますけど




現実世界で
素材だけの値段を考えたら



木と鉄で
本来ここまでの値段差は
付かないはずですが



大手メーカーしか作ってないですから
やはり高いですね・・・



鉄骨のメリットに惹かれて
検討したとしても
大手数社の独占ですから


メンテナンスなども
全部作ったメーカーに
おまかせしないといけませんし・・・




他社でメンテナンスや
修理なんて絶対出来ませんからね


そうなると
一生そのメーカーで
有償メンテナンスになります・・・


かといって
小さいメーカーで
鉄骨なんて造れるものでは無いですから


大手だけが作れる鉄骨は


品質の安定って
メリットもあります


・・・・・
・・・・
・・・
・・



とにかく家の性格が
全然違いますから



例えば我が家の間取りは
ツーバイフォーでは無理って
言われたように


希望によっては
鉄骨じゃないと無理って
人もでますし



とにかく高気密高断熱って考えなら
木造しゃないと無理だとは思いますが



鉄骨系の方のブログ見ていても
今の家は充分快適だよなぁとは思いますけど


どうなんでしょうかねぇ




C値1.0以下じゃないと
快適じゃないって人もいますし



実際に1.0と2.0を
住み比べた訳ではないので
分かりませんが・・・






とにかくある程度の
欲しい家の方向性が
分かれば


「鉄骨で行こう」

「木造にしよう」ってなりますので



なぜタイトルにある


どちらか決めれない状態で
家を建ててはいけないかと言うと


どっちにしようかなんて
悩んでいる状態で


色々とハウスメーカーに話を聞きにいくと



木造メーカーは
鉄骨のダメなとこばかり言って
その逆も然りですから



多分嫌になっちゃいます(笑)





◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




















2020年09月21日







最近の家は
高性能の断熱材に窓などが
当たり前になっていますが



それでも結露する家があったり



逆にそこまで
高性能な家じゃなくても


「我が家は全然結露しない」ってのもあります





結露の問題は
壁に断熱材を入れ始めた頃から
既に問題になっていますが




当然今ほど
高性能な断熱材や窓などの
建材が出る前から




結露対策もあります


結露a


こちらは55年前の
建築知識です








今みたいな高性能サッシや
高気密なんて無理な時代から


結露b


結露を防ぐ設計の考え方というのがあって






逆に今の家なんかは


「こんだけ高性能な物使ってるから大丈夫だろう」


なんていう考えで




結露を減らす間取りってのを
しないために




結局結露しちゃったりする家も
あるのかなぁと思います





我が家は結露なんて
見ないので



何故もっと
高性能な家に



見えるほどの結露が出るのか
色々と謎でしたが








「この時代の間取りや
結露対策の考え方」


プラス


「今の高性能な商品を」


組合わせば


かなり結露対策した家が出来ます




しかも
この55年前の書籍には


「結露対策は
それほど困難ではありません」って
書いてあります







・まずは結露の基本



本の内容の前に


「何故、家で結露が起きるのか」っていう
話ですが





屋外と室内の温度差、湿度差で
結露が出るんですから



1日中全部の窓を開けっぱなしにして
外と室内を同じ温度、湿度にしたら
結露はしません






色々なブログで
結露の例えを
氷入りのグラスで例えていますが

結露c


これだって外が氷点下で
やったら温度差が出ないので
結露は起きません

(中の水も凍っちゃいますけど・・・)





とはいえこのままだと
住みにくいというか



屋外と変わりませんので
まともに生活出来ないですから




家と外で温度差があっても
結露しないように対策をします



まずは55年前の
結露対策を見て見ます





・基本は冷たい壁を作らずに循環させる事




こちらの結露対策は
55年前の北海道の記事なので




北海道では断熱材が
一般的になって
結露問題が出始めた頃ですが






基本は今と同じ

結露d


とにかく家の中に
冷たい部分を作るなですね






どんなに高性能な
断熱材や窓を使っても


結露e


例えばこちらの間取りの
1階和室なんかは




使ってないから
扉をしめて
ここだけ寒いってのは


寒暖差が出るので
余りよくありません



2階もですね


結露対策なら
全部屋扉を開けて
温度差無くす方がいいです






これを解決するには


・ワンルームのような間取り
・エアコン1台で全て同じ気温になる性能
・全館空調
・熱交換の第一種換気



この辺が役に立ちますね





人がいない場所も暖めるので
基本「もったいない」
真逆の考えですが



今の家の性能なら
充分可能ですね







第二の対策が


結露f


空気の循環ですね



今は高気密化されて
さらに換気システムがありますから


中には寒いからと
止めてしまう人もいるのですが




何があってもずっとON
(OFFは掃除する時だけ)






我が家のは第一種換気で
「強」と「弱」がありますが
365日24時間「強」で動かしています




メンテナンス性とか
寒さ、暑さで一種と三種の比較は多いですが



結露という面では
圧倒的に全熱交換の第一種が有利ですね




間取り的に対流しにくい
ウイークポイントがあるなら
冬でもサーキュレーターなどを
稼働させるというのも役に立ちそうです







・室容量を上げるのも大事らしい






これは考えもしませんでしたが
言われたら納得ですが


結露g


室容量が多いほど
結露対策にはいいらしいです



単純に室容量が大きければ
対流は起きやすいし


家の暖かい空気が
多ければおおいほど


外気の寒い空気の
影響も減りますからね




ただ、これは
省エネって面では
いい事ではないですが



まあ結露対策は
基本省エネの逆なのですけども・・・






例えば同じ20畳のワンフロアがあって
天井が高い部屋と低い部屋なら


同じ性能なら
室容量が大きい天井が高いほうが
当然外気の影響は受けにくいですね






後は今の家は当たり前ですが
基礎高、床高の方が
地中からの影響は少なくなりますね


結露h


我が家は今の標準の
GL=450ですし



床までは626なので
こちらも今の標準位ですが



昔の家はもっと低かったですからね
結露対策の面においては
高床、高天井は役に立ちます














・とはいえ昔の対策はアテにならないのも多い・・・





「簡単に対策出来ます」
書いてあるわりには



「本当にこれだけで平気なの?」って
思うのは




やはり今の家ほど
気密が無いから簡単なのかなぁと
思うのですが

(隙間風当たる場所は結露しませんし・・・)







石油ストーブの位置とかの
対策もあるのですが



今の高断熱高気密の家は
石油ストーブ禁止ですし



もちろん気密が高いので
空気の問題ですが



火を燃やす=水分を出すので
そもそも結露の面でも
全くいい事はありません




・ストーブじゃなくてエアコン

・ガスコンロじゃなくてIH



空気の汚れの問題ですが

結露にも有利ですね




ちなみに薪ストーブなどの
煙突がある場合は



空気も水分も排出しますので
使用に全く問題ないです





と、いうことで
冬は逆に過乾燥になって




加湿器を使う家庭が多いのですが








私は皮膚が弱いため
過乾燥でも湿度が高過ぎても
じんましんが出るので分かるのですが



加湿器使っている家庭は
湿度が高過ぎな家が多いです・・・



健康、ウイルス対策なら
相対湿度で50%あれば充分ですから



特に大量の加湿が出来る奴を
使っている場合は注意が必要ですね




特に昔の家と比べて


・今は木は壁の中ですし

・石膏ボードに吸湿シートと




家の中に湿気を蓄えられる物がありません


結露i

エコカラットは珪藻土の6倍
調湿壁紙の25倍も
吸湿するそうですが



それでも1㎡で400gなので
家全部に貼ればかなり効果はありそうですが



ちょっとだと厳しいですね





そもそもずっと過加湿してたら
意味もないですし・・・








個人的には



今の高断熱高気密には
必要以上に湿度が上がらない気化式が
最強だと思います



昔の家だと
能力無さすぎですが




今の家にスチーム式とか
超音波式は
能力がありすぎです











・結露しないハウスメーカーもある!



まとめると



・1日中家の中全部を
 暖かく寒い場所を作らない


・火などの水分が発生するものは
 使わない


・加湿器は45~50%程度までにすれば



大丈夫だと思いますが




・全家庭が24時間暖房でもないし


・寒い地域ならエアコン切って寝たら
 窓なんかは10度以下なんて家もあるでしょうし


・そもそも人間だって
 水分を出すので



「我が社の家は結露しません」



なんて言うメーカーは
信用出来ませんし



ちゃんとしている
メーカーや工務店は
そんな事言いませんね



「極力減らせるけど0ではない」
言うと思います






しかし、結露0で
作れる家もあって
絶対に結露させたくないなら



結露j



BESSなどのログハウスですね




工法のところが
「丸太組工法」って書いてあるのが
凄いですが



調湿機能だけなら
エコカラットの比じゃないです


だって丸太が剥き出しですもん(笑)



昔の家が
ここまで結露しないのも


真壁工法といって
木が剥き出しでしたからね



いつからか
快適の代替に


木造のメリットを
失ってしまいましたが




こちらはログハウスなので
全部木ですから
物凄い量の調湿機能ですし



内部結露だって
ログハウスには内部が無いですから


昔の家が結露しないのも
同じ理屈ですからね



ログハウスで
適切な湿度を守って



樹脂サッシか木製サッシでも使えば



結露が無い家になりますね



そう考えると
昔の工法もメリットは
多いのですが


やはり断熱、気密は取れません



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



















2020年09月18日






解体工事で
アスベスト入りの建材を
調べるために




50年ほど前の
建築知識という書籍が
何冊かあるのですが




50年程前の雑誌を読むと
広告が面白いんですよね


広告a


グラスウールを着てたり(笑)







今回は手持ちの資料から
昔の建材、設備メーカーの
広告を集めてみました




とはいえ
広告を出している企業の
半分は潰れていますので


広告b
(自信を持って勧めた結果がアスベスト問題に・・・)


アスベストがメインの会社は
かなり倒産しましたし







広告c


21世紀に
必ず「よかった」と感謝されたかは
分かりませんが



吸収合併、子会社化で
無くなってしまったり・・・
(一応21世紀になった時点では残ってましたが)





・ロゴが変わってない歴史ある企業



今回は基本的に
今も残っている企業のみ紹介します



ぶっちゃけ会社が存続しているだけでも
凄いのですが



なかにはロゴが
今と同じ企業もあります




まずはこちら


広告d


会社名は
昔の井上工業ですが


クリナップの商標とロゴは
1961年から変わっていません






昭和54年新築の
板前さんの家もクリナップという広告ですが


広告e


お店がまだあるのか
調べても分かりませんでした・・・
(築地にある肴屋とう料理店です)





ロゴが古いくさい
システムキッチンのツートップは
(褒め言葉ですよ)



クリナップ
タカラスタンダードなのですが


広告f


タカラスタンダードのロゴが出来たのは
1971年なので


ロゴの古さなら
クリナップの勝ちですね(笑)





タカラの
1960年代のロゴも載っていますが


広告g


ちょっとタカラのロゴが違います


こちらはタカラベルモント傘下の時代です





ロゴの古さでいえば


トクラスは2013年設立なので
当然ありませんし


今はヤマハとの
資本関係もありませんが


ヤマハリビングテック名義で
システムキッチンを1976年から製造して




ヤマハは建材も作っていたので


広告h


こちらもかなり古く
1967にこのロゴになっています



「オルガンとピアノで木材使うんだから
建材も作れるでしょ」


というヤマハの発想は凄いですね(笑)





・昔の印象が強すぎるロゴ



他にも「昔と変わってない」
思っていたロゴが


何年から使っているのか調べるために
企業サイトを見たら


知らないうちに
変わっていた会社もあります



多分昔のロゴの方が
有名だと思うのですが・・・




まずはこちら


広告i


最近はちょっとパッとしない
三協アルミですが



従来のアルミサッシから
熱貫流率が2分の1になる


40年以上前としては
超高性能サッシですね




三協アルミと言ったら
今もこのロゴだと思っていたら


広告j


知らないうちに変わっていました



個人的には前のロゴの方が
好きなのですが・・・


まあ、こちらも
悪くはないですけど





もうひとつ驚いたのが


広告k


床材などを作る東リです





東リなんて絶対に
今もこれだと思ったのですが


広告L



なんだこれ・・・・




アタック25なんて数年見てないから
気づきませんでした(笑)



というか
今はアタック25の
スポンサーじゃないんですね・・・



今40代だとアタック25は
東リとエールフランスという
イメージしかないのですが






・兄弟会社?「TOTOとINAX」



なぜか兄弟会社や
元々グループ会社と
間違って紹介しているサイトも多い




TOTOとINAX(現LIXIL)です


広告m


グループ会社だった訳でも
無くて


家系図たどっていったら
親戚だった位の間柄ですけど


TOTOの社長だった人が
INAXの会長もしてたので


全く関係が無い訳でもないのですが



LIXILなんてつい最近ですから


50年前の書籍には
当然無いのですが



その分LIXILロゴの
トイレやお風呂を見ると
「新しいな」って
分かるのがいいのですけど(笑)



50年前には
TOTOもINAXも両方なく




まずTOTOは東洋陶器時代


広告n


こちらは1965年の書籍です



1969年にTOTOロゴになりまたけど
これもカッコイイですね




続いてINAXは伊奈製陶時代で


広告o


先ほどのTOTOと
同じ年代の書籍ですが


ロゴが伊奈製陶
(Ina Seitou)の「IS」なんですね




40代でISと言ったら

広告p


ツモリチサトなのですが(笑)
(若い人を置き去りにしてる感・・・)





その後1970年代に
ロゴが変わりますが


広告q



「Xはどこにいった」って感じですが


INAXになったのは
1985年なので
まだ35年前なのですね






・個人的なイチバン


40年~50年前から広告を出して
今も会社が残っているというだけで


素晴らしい企業なのですが



個人的に一番気に入ったのは


アスファルトルーフィングを作るメーカー

広告r


田島ルーフィングです


今も防水材でトップシェアですが
40年以上前の雑誌に



実績と信頼の60年と書かれると
重みが凄いですね


そこからさらに
40年以上トップシェア守ってますから




ロゴも今と変わらないですし



100年前に
アスファルトルーフィングを
日本で初めて作って


そこからずっと
作ってるんですから


・・・・・
・・・・
・・・
・・




長く住むには
家の性能も大事ですけど


設備のメンテナンスや
交換も大事なので


潰れなさそうなメーカーを
選ぶのも大事ですが



50年前の書籍を見る限り
半数以上が無くなっているので


50年後はどうなるか
分かりませんが


田島ルーフィングは
実績と信頼の150年って
広告出してる気がします(笑)






◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング








2020年09月11日








今年の冬に
私の乗っている車が車検になるので

中古車a

子供が生まれて
急遽中古で購入したマツダMPVです


それまでは
平べったいスポーツカーでしたが



子育て世帯には
向いてないですね・・・



13年落ちですし
12万キロですので
次回の車検で買い換えですが



背の高い車は好きじゃないし



車高が低くくて
スライドドアは
不人気なのか


MPVもエスティマも
製造終わったし


どうしましょうって感じです・・・





・今のところ多分また中古車の予定です




子供が4歳と2歳ですから


中古車b


とにかく汚しますし




先日も飴をシートに
こぼしたまま放っておいて



溶けて大変な事になったり





小学校にあがれば
「スライドドアじゃなくても
大丈夫かなぁ」と思ったり





今のところミニバンで
欲しい車も無いので
中古車c


(8年落ちなので4年は乗れて80~90万円ならお得)



「また中古でMPVがいいかなぁ」
思っています





一番好きなマツダ車は
スライドドア作らなくなりましたし


中古車d


新車で欲しいなって思える
マツダ3は子育てには
100%向いてないのでまだ無理ですね



2台持つほど
お金無いですし・・・



しかし
「車は中古でいいや」
思える私ですが



家は中古では
嫌だったのは
いくつか理由がります






・中古住宅もオススメされましたが・・・



最初に家を買おうという時に
義母から
「中古がいいよ」って言われて







義母と妻で
中古住宅を何軒か見たのですが


「いいのが無かった」
諦めてくれました




義妹が中古住宅を買って
今も問題なく暮らしているので



「中古の方がいい」って
オススメしてくれたのですが




自動車と違って住宅の中古は
リスクが大きすぎて
今の現状だと購入出来ないなぁと思います






・何故中古車でもいいのに家は中古じゃダメなのか



簡単に言えば
まだ日本では中古住宅を
ちゃんと買えるシステムが
発達してないからです




私が小さい頃と言ったら



車だって

・持って8~9年
・10万キロで買い替え


ってのが定説で


昔は10年or10万キロで
みんな買い替えしていたと思いますが




今は12,3年は普通に乗れますし
10万キロ超えても割と快適です



そして一部は
巻き戻しとかニコイチとか
まだしてますけど




昔に比べたら
中古車屋さんも健全ですね


中古車e



ネットで調べて
簡単に第三者機関の
評価も分かるので安心です



・・・・・
・・・・
・・・
・・



それに比べて
住宅の性能は
ここ10年位で上がってきて



今は性能値が高いので
次のステージ


「長く持つ家」を作り始めていますから



車業界と同じように


性能を上げて
長く持つ家を


みんなが作り始めたら
中古住宅市場も増えていくと思いますが






今の段階では

・性能もよく分からず
・中身も確認出来ず
・値段もバラバラ



などなど
中古住宅の「市場」ってものが
まともには出来ていません




マンションだと
割と市場があるのですが
戸建てはまだまだですね



車だって
「エンジンの外側は見えても
中なんて良く分からりませんが」



それでも購入出来るのは



自動車メーカーに
「信用があるから」です



作り手側が
ちゃんとした物を作って



販売する側も
適正価格で売っているので



中古車ビジネスは
成り立っていますね






物の信頼以外に
価格に関しても





・新車で300万円で購入して
 13年乗れば


本体価格以外は一切無視すれば
1年あたり23万円




・仮に9年落ちの車を
 13年落ちまでの4年間乗ったら
 

中古価格が80万円なら
1年あたり20万円です




まあマツダなら80万円で
購入出来ますけど



トヨタだと同条件で
探すと120万円は最低しますが



車種や程度によって
車の場合
相場がちゃんとありますから



家の中古よりは
適正価格だし安心です





もちろん
中古住宅を購入するなら


ホームインスペクションの診断は
必須だと思いますけど



それにしたって非破壊の部分しか
検査出来ませんから



何故「不安」と思う人が
多いかと言えば



国産車と違って
今のところ



そこまで
信用がないですし




新築に比べて割高で
相場が出来上がっていないからだと思います













・この辺の信用を作れば新築も売れるはず



未だによく聞く


新築 VS 賃貸 論争ですが


これって家を
最近建てた方なら分かりますが


性能が全然違いますから
家の快適差が違います




賃貸だって
積水ハウスや一条工務店の
アパートもありますが


まだまだ数は少ないですね




この快適性は
実際に住まないと分かりませんから



お金だけの面で
家建てるより賃貸の方が得とか


論争が起こるのですが




新築=高性能で快適
ってのをみんなが分かれば



「比べる物じゃない」って
分かります




そうなれば
賃貸の性能も上がるし
(借り手が減りますから)



なので
車だって


軽自動車からGT-Rみたいな
車まで色々ありますけど





軽だって快適だし
10年は普通に持つのですから



http://reogress.net/archives/16529795.html




やはり
断熱等級の義務化は
必要だったかなぁと思いますね・・・



今なら
かなりのローコストでも
UA値0.87より悪いって事は



ハウスメーカーなら
ほとんどなさそうな気もしますが



未だに
「UA値??」って
工務店があったり


フラット35の基準を満たさない
建売住宅があったりしますので




何も調べずに
家を買う未来は


もう少し先っぽいですね







2020年09月04日







好みの土地は人それぞれで


当然、職場や予算
趣味などでも変わってきますが







どのような場合でも



「あの土地なかなか良かったなぁ」
考えていたら




他の人が既に購入申し込みをしていた
というのはあります




土地は1点物ですから



例えるなら
希望即決価格があるヤフオクと同じです




かといって
急ぎすぎて
何も調べずに購入したら



後で大変な事になった・・・



という可能性もあるので





実際に、我が家の場合は
土地見学から



わずか3時間で購入申し込みをしたので




その間に何をしたのかを
書いていきます





・まずは土地発見までの簡単な流れ




既に何件か土地を見ていましたが・・・



色んなハウスメーカーや工務店さんから
土地も探してもらっていて



何件か現地に見に行きましたが



どれも「これだ」という
土地が無い状態でした



だいたい
どこも似たような土地をというか
同じ土地を提案したり




「掘り出し物件ですよ」
言われて紹介された土地も
普通にスーモに出ていたりと



ハウスメーカーから
紹介されて土地を購入すれば



そのメーカーで
家を買う確率は
かなり上がるので



各社頑張っては頂きましたが


どれも「うーん・・・」という状態でした






購入した土地を見た日は
土曜日で休日だったので




昼に他のハウスメーカーと
打ち合わせを
していました



当時、妻は育休中だったので
ネットを見る時間は結構あったのですが



夕方くらいに



「ここいいんじゃない?」
見せて貰ったのが


土地a



地元の不動産屋のサイトで




スーモなどには出ていなくて
このサイトのみ載っていました





妻は既に前日
一人で見ており
かなり良かったという事でした




こちらは後で分かりましたが




元々違う不動産屋の仲介でしたが
そこはネットなどで出しておらず





販売方法と言ったら
現地の「売り地」の看板のみだったので




売れずに
他の不動産屋にも話しをかけていた
状態という事で




1,2週間したら
スーモなどにも出たかもしれませんね




そもそも道路に面してないし
行き止まりなので看板見る人なんて
いないと思いますが・・・




住んでいる場所から5分かかりませんので
場所も分かったため



特に不動産屋に電話もせずに
夕方の4時位に直接見学に行きました






・「欲しい土地を見つけて」最初にした事





「とりあえず見に行こう」
現地に行くと


土地b


「お、これはいいんじゃない!」




気に入る理由は
人それぞれですけど



・道が広い


・3件の分譲地用の道路なので
 この道路を使うのは3家族分


・さらに行き止まりなので家の前は
 絶対に車が通らない


・線路沿いなので土地が相場の4割引


・隣は線路なので家は建たないし
 正面は地主さんの畑なので
 開放感が凄い




などなどあって


唯一の不安点だった
線路沿いも


そもそも前に住んでいた
アパートも線路沿いだったので


音に関しては
大丈夫なのは分かっていました





「売地」という看板に
不動産屋の電話番号もあったので



すぐに電話する事も可能でしたが
直接地主さんと会いました





ちなみに売地に3つほど生えてる


土地b-2


ホウキの木らしいのですが


地主さんの奥様が
売れるまで趣味で育てているという




なかなかアットホームな土地です(笑)






・その場で「とりあえず」土地を抑える事に成功




土地を見ていて
15分ほど経過した時に


「ここの土地見に来たの?」


と話しかけてきたのが


地主さんの奥様です





元々この辺り一帯が
地主さんの畑だったのですが


高齢化で自分の家と
趣味の範囲で出来る畑と
近所に貸している駐車場以外を
売りに出していて



2軒分の分譲地になって
そのうち1つを購入したのですが




ちょっと分かりにくいのですが
図にすると


土地c


こんな感じで
売っている土地を普通に通って
畑に行っていたので



土地を見ていたら
普通に出会って



畑で採れた野菜もくれました




かなり気に入った土地なので
その場で即決したいくらいですが



欲しいのは「土地」じゃなくて



下水道が引き込んであるかとかは
見れば分かりますが



「家がちゃんと建つ土地」が必要なので
まずは検討しているハウスメーカーに連絡です






・3社に連絡の結果・・・




色々なハウスメーカーや工務店のサイトで


「土地探しはハウスメーカー(工務店)
まかせた方がいい」と書いてある理由は




パッと見良さそうな土地でも



色々な理由があって
希望の家が建たない土地では
意味が無いですから




その為に
家を建てる方にも
見に来てもらわないといけません




とりあえず
その場で




検討中だった
ハウスメーカー3社に連絡して



①仕事の紹介で知ったハウスメーカー
②レオハウス
③タマホーム


この順番に電話をして




①は明日見に行くので
詳しい場所を教えて欲しいと言われ




②レオハウスは
「今から設計士連れて行くから
1時間程待てる?」と言われ



③タマホームは
次の打ち合わせ
(1週間後)までには
現地に伺いますと言われました




なので
その場で来れたのは


レオハウスの営業さんと
設計士さんなのですが



この辺が
「この人頭切れるなぁ」
思っていた営業さんなので




ここで
一番最初に来れば




一気に契約に向かうってのが
分かったのか




たまたま暇だったのかは
分かりませんが(笑)



まあ土曜の夕方に
暇は営業さんも
そんなにいないと思いますが(笑)




営業さんは1時間弱で
現地に着きました



設計士さんも
一緒に来たので



希望の家を作るのに
問題が無い事が分かって





営業さんは
妻が見つけてきた土地なので



必要以上に
「いやー、これだけの土地を
この価格で見つけるなんて凄いですねぇ」



ホストクラブ並みに
妻を褒めて(笑)





「じゃあ、とりあえず
仮押さえしよう」という話になりました












・地主さんの提案はお断りしました





希望の土地の近くに売主さんが
住んでいるので



その場で
「この土地が欲しいから押さえて欲しい」
という話をします




既に買主(私)と
売主さんで直接話をしてますから



地主さんは
不動産会社を通さずに
直接売買したいと言ってきました



間に入っている
仲介の不動産屋を通さなければ



売主、買主とも
仲介手数料は払わなくてすむわけです





600万円の3%+6万円が手数料ですから

24万円ですね




まあそこそこ大きい金額です




その場にいたレオハウスの営業さんは
「それは止めた方がいい」と止めます




間に不動産会社が入らないと言う事は
トラブルになった際に問題が起こります


・境界線が違った
・地中に問題があった

などなどですが


地中のトラブルなんて
仕事上割と経験ありますので




正直、地主さん個人が
ちゃんと契約書を作れる方なら




個人売買でもいいかなぁと思いましたが
その点は分からないという事で



その場で不動産屋さんに電話して


その場で契約したいから
押さえて欲しいと伝えました




翌日は違うハウスメーカーの
打ち合わせで



住宅展示場に行くので
「じゃあ明日そこに行くよー」って話になりました







・売買契約前にする事




「この土地いいんじゃない?」


「じゃあ見に行こう」



からスタートして
わずか3時間で
ここまで話が進んで



「本当に土地って
巡り合わせだなぁ」と思いましたが





翌日は不動産屋が来ますので
それまでに土地のチェックです




ハザードマップ見たりですね




まあ生まれた場所も住んでいた場所も
全部すぐ近くなので



問題ない場所なのはなんとなく
分かっていましたが



一通りチェックして
問題なかったので
翌日仮押さえの
申し込み書にサインをしました



その後は何も問題なく
「いい土地が買えた」と思っていますが





最初に土地を見てから
購入するまでに
大事なチェック項目を振り返ります






・土地を買う際のチェック項目を振り返る




①当たり前ですが価格


何件も見て
「ここもイマイチ」なんて疲れてくると


「ちょっと予算オーバーだけど
まあいいか」という思考になりがちですが



当然ですが家を建てる為に
土地を買っただけですから


正直やっとスタートラインです


車を買いに行くのに服を
買ったような物ですから



ここで無茶しちゃうと
家のあらゆるものを削らないとならないので
大変だし楽しくありません



我が家は予定は1,000万円位でしたが
(この辺の相場)


600万円で土地が買えたので
随分楽になりました








②ハウスメーカーに確認してもらう



家を建てる為の土地ですから
建てるプロに見てもらった方が間違いありません



出来れば営業さんだけじゃなく
設計士さんも見てくれれば

「実は〇〇が〇〇なのでダメでした」とか
防げると思います






③地盤改良が必要かどうか




これは見た目だけで
全部が分かるわけはないのですが



ある程度可能性は減らせます









・昔は沼や田んぼだった
・造成したばかり

などなどの原因ですね








こちらで検索するだけでも
ある程度の可能性だけなら分かると思います







④水害やがけ崩れなどの危険性


こちらはハザードマップを
必ずチェックですね


この辺は必須のチェック項目だと思います





・土地の境界線とか


・高低が付いていて
 追加予算が必要とかもありますが




この辺はまず
検討しているハウスメーカーの方に
見てもらった方が間違いがないです






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング






















2020年08月17日






最近はローコスト住宅でも


窓や断熱材を気にする人が
かなり増えてきたのか
結構いい物を使っています



たくさん需要が出れば
金額は下がるので


ローコストメーカーでも
使いやすくなりますが



当然高価な建材を使えば



家の価格を値上げするか
他の建材のランクを
落とすしかありません



窓と断熱材だけは
いい性能で


他の外観や設備が
安い物のを
気づかずに完成しても悲しいので





窓と断熱材以外


見落としがちだけど
ここは確認しておこうという
建材6選を紹介します



知っていて
予算のために納得して
作るなら問題ないのですが



知らないで完成したら
「こんな仕様だったのか・・・」
だと悲しいですからね



ちなみに
ローコストでなければ
今から紹介する建材は


多分使ってないので
大丈夫だと思いますが・・・






・とにかく安っぽい外壁のコーナー金物



今も超ローコストや
建売住宅でたまに見かける



サイディングの角が
金属やプラの奴です


建材a


こういう状態ですね



分かって作るならいいんですけど
正直これがあると
結構安っぽく見えますし



中のコーキングとか
どうなってるか分かりませんから
色々と不安です





通常は角(出隅)の処理は


建材b

(ニチハのサイディング工場)


こういう出隅用の
サイディングを使うのですが



出隅用を使わずに左右のサイディングを
角で切ってコーナー金物使ったほうが




楽ですしコストも抑えられますが
この見た目はちょっと・・・という感じです



建材c



手間も結構違いますが
値段もかなり違います






もっと??な状態のを
Yahoo知恵袋で見ましたが



建材c2


コーナー金物すら
使ってない施工ですが・・・



さすがにこれは
おかしいって分かりますね



今時は使う事も少ないですが
実際にまだありますので



不安でしたら
「出隅の処理ってどうなります?」って
聞いた方が間違いないですね








次に
こちらもかなり
少数派になりましたが


建材e


こちらの釘打ちサイディングですね




性能面も色々悪いんですが
見た目が非常に良くないです




拡大すると

建材f


まだ新築で人も住んでない状態で
ここまで釘が目立ちます



釘の塗装と
サイディングの塗装は



劣化具合も違いますから
年月が経てばたつほど目立ってきます






・まだそこそこあるコロニアルクァッド




こちらもまだ
ローコスト系の家でよくみかける

建材g



コロニアルクァッドですね




私のブログはとにかく瓦推しですし



瓦が嫌ならガルバにして
なるべくスレートは
使うなって良く書きますが









最悪スレートを使うとしたら
コロニアルグラッサですね


建材h


我が家のプランだと


スレートにするなら
コロニアルグラッサしか
選べなかったので



「もうローコストでもグサッサになるのかぁ」
思っていましたが




結構まだブログで
クァッド見るなぁと思ったら



一条工務店の標準が
まだクァッドだそうで・・・





あそこは全面太陽光載せるから
屋根とかどうでもいいのかなぁとか
想像しますが



建材i



家の中で
一番補修がメンドクサイ屋根で
10年後に補修と再塗装が必要ですから



まさに売りっぱなし素材ですね・・・




高い方のグラッサでも
10年後に補修は必要になる場合も
ありますが・・・







・もうひとつ屋根材から


さきほどのスレートや瓦などの下に敷く


アスファルトルーフィングですね




ローコストと言っても
最近は改質アスファルトルーフィング以上がほとんどで


建材j



こちらだと20年は持ちますが





建材k



一番安いタイプだと10年ちょっとの
耐用年数しかありません




屋根材の下ですから
屋根が瓦などで
しっかりしてれば
もっと持つのですが




実際、瓦屋根なんて昔は
ルーフィングなんてなくて
下に土敷いてましたので













・残り2つはなんとなくですが・・・




6個くらい避けたい設備あるだろうと
思ってタイトル書きましたが



割と許容度が高い私は
案外なく(笑)



残り2つは
「出来ればこっちがいい」って奴ですが
違っても生活には全く問題ないです





5番目は

建材L


750mmの洗面化粧台です


超ローコストだと
未だに多いですね・・・



これに関しては脱衣場が狭い場合などは
無理に付けても仕方ないですが



今は900mmか1,100mmが主流ですので
750mmだとやはり狭く感じますね




とはいえ賃貸アパートは
ずっと750mmで不便無く使っていましたが


建材m


標準で750mmと900mmが選べましたが
どうしても置けない人以外は
900mm選ぶと思います



広いからといっても2人同時に
セット出来る訳ではないのですが
やはり見た目ですね



圧倒的に900mmを
使っている人が多いですから



750mmを見ると
「うーん・・・」となり



900mmの方が豪華っぽく見えます(笑)














・最後はドア





ちょっとはこだわろうと
思ったら標準でラッキーと思ったのは


建材n


ハイドアですね



LIXILの建材だと
標準で202cmのドアと
230cmのハイドアが標準で選択出来ました






建材o


もう一つの住友林業クレストだと
ガラス付は230cmですが


トイレなどのドアは
200cmのみの選択に・・・



全部230cmドアがいいので
LIXILにしましたが



もっと金額が高いメーカーだと
ドアも天井に合わせる場合もあります
ローコストでそこまでは言ってられません




高いメーカーのハイドア仕様だと


建材p


こちらは天井高240cmに
240cmのドアでピッタリ付けてます
スッキリしてますね





一方我が家の場合は


建材q


ドアが230cmで天井高は250cmなので
20cmほど隙間が出来ます



それでも天井高が240~250cmが多い今


200cmのドアだと隙間が空きすぎますし
開放感かなり下がるので
230cmが標準なのは良かったです





昔は天井高の平均は220~230cm位で

・180cmのドアと
・200cmのドアがあって


どんどん180cmのドアがなくなって
200cmが標準になって


今は天井も高くなっていったので
それに合わせてドアも
高くなっていますね







・6選の中で一番使いたくないものは



今回6つ書きましたが
私が使いたくない順で選ぶと


①コロニアルクァッド

②サイディングのコーナー金物

③14mmのサイディング

④安いルーフィング

⑤200cmのドア

⑥750mmの洗面化粧台



ぶっちゃけ⑤と⑥は
住宅の性能、寿命には
全く関係ないですから


ジャイアント馬場位身長があれば
ハイドアじゃないと大変ですが
200cmのドアでもぶつかりませんし


750mmの洗面台も
色々置けなかったり

セットの時大変ですけど


人によっては
髪型のセットなんてほとんど
しない人もいますしね



①はとにかくやめてほしい

②もかなりやめてほしい

③はなるべくならやめてほしい

④は①とセットなら最悪なパターンですね



1~4はどれも家の寿命にも響きますが
屋根の方が負担が大きいので
こちらを1位にしました



大手メーカーなら
この辺の建材は余り使わないと思いますが



最近は
C値とUA値だけ知っている人で
窓と断熱材だけこだわる人向けにも



とんでもなく安いローコストの家あるので
絶対に価格には相場って物があるので


そういう場合は注意が必要ですね






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング

























2020年08月15日







最新のスレートは
新しい技術で



昔よりは
長持ちするのかもしれませんが




仕事上どうしても
古い家ばかり見ますが




石綿(アスベスト)が禁止になってから
結構経ちましたので





最近は解体する家も
アスベストを使っていない
スレート屋根も増えてきました


スレートa

(石綿無スレートが出始めて20年ほど経過しました)



屋根材でアスベスト使用が
完全に禁止になったのは
2004年ですが



実際には色々なメーカーから
1995年ほどから
石綿(アスベスト)を使ってない
商品が増えてきました






この時代のスレート屋根は
劣化がひどい物が多く


スレートb


特に一番ひどい
ニチハのパミールなんかは


まだ築11年でこれです




スレートc


こちらも築10年ちょっと



両方ともわずか10年ちょっとで
このような状態です



20年~30年持つと言われている屋根材の
10年後の姿ですが



私はすでに壊れていると思うのですが・・・






ニチハ側は

・経年劣化
・施主のメンテナンス不足

という事で欠陥は認めていません・・・




「釘のせいかも」と釘を
リコールしたという謎な行動だけはしました




スレートの不具合認めちゃうと
交換費用で大損害ですしね・・・






スレートd


耐候性も防水性も
バッチリと謳って



10年でここまで
ボロボロなのに
メンテナンス不足ってのは



屋根に毎年
登って点検しろって事でしょうか・・・



当時はニュースで
特集もされましたので


逆に
「あなたの家はパミールです」
不安にさせて無駄な工事をさせる



リフォーム詐欺も
あったりしています



ニチハは不具合を最後まで
認めないまま屋根材から撤退しましたが





当時のケイミュー製品も

スレートe



やはり10年ちょっとで
色々とダメになる商品が多いです



それでもニチハよりは
ひどくないですし



諦めずに品質改良して
未だにコロニアルの
名前を使っているのは立派ですね





今はスレート屋根は
ケイミュー1社だけですが

スレートf


「ちゃんと10年ごとに
点検と補修をして
なんなら再塗装もしてね」
案内を出しています



ケイミューはちゃんと
10年、20年で点検すれば


30年は持ちますよーって
言っていますが



この辺がメーカーと
ユーザーで相違がある事が多く



ちゃんと点検、補修すれば
(大事なのに小声)

「30年持つ」ってのを



大事なとこは言わないで



「普通に20年~30年持つ」
ハウスメーカーに言われて
放っておいたりすると



当然ですが屋根なので
雨漏りの原因になります



その他パミールに関しては



今回画像をお借りした
石川商店さん





こちらにパミールの
詳細が色々書いてありますので



もしかしかたら
家のスレートはこれかもって人は
是非ご覧になって見てください



それ以外にも
このサイトは屋根材情報が
非常に参考になります




・・・・・
・・・・
・・・
・・




10年過ぎたら
ボロボロで登るのも不可能で
再塗装すら出来ないレベルの劣化でも



保証等一切なく



特にニチハは
未だに製品には
問題無いって言ってますから



個人的にはニチハ商品は
使いたくないですね






・どうしてもアスベストが必要だったスレート



一応スレートには


化粧スレートと
天然スレートがありますが




一般の戸建住宅で
天然スレートなんて
使っていません

スレートg


東京駅は天然スレートですね




他には国の建物や教会などに
ほんの少し使われる位ですが


この天然スレートは


岩から作っていたので
非常に耐久性がありますが



施工する人も
供給も少なく



高価なので
普通は使いません
(瓦と同じ位~すごい高い物まで色々あります)



一般に普及しているスレートは
全て「化粧スレート」ですが



60年ほど前から
日本で使われていますが



名前こそスレートですが
成分は全く違って



そもそも
アスベストにセメントを混ぜた物が
「スレート」なので



完全にアスベストに
依存していた屋根材です



成分は
セメント85%に
アスベスト15%位でした





本来あったスレートという商品に
アスベストを混ぜたのではなく



アスベストという素材があったからこそ
スレートが出来たわけです



アスベストとセメントを混ぜる
薄くて耐久性も充分な商品が出来る
スレートっぽいからスレートと呼ぶ
アスベストが禁止になる
耐久性が良くないスレートが出来る


この流れですね



現在は当然
アスベストは使えないので




セメントにパルプなどを混ぜた物で
上に塗装している物が主流です



スレートh




色々と品質改良はしていますが



防水塗装(トップコート)を
塗っていますので
定期的な塗り替えが必要ですから



出来たら10年毎に再塗装をしないと


雨漏りなどのドラブルが
色々と起きてしまいます





普通に考えて
壁よりもずっと
雨と太陽に晒されるわけですし



ベランダや庭の部分は
自分でDIY補修も出来ますし


サイディングなどの壁材は
目視の点検も楽ですが



屋根の上なんて
なかなか自分で
DIY出来る物ではありませんし



全部を目視するのも大変です




平屋なら普段から目視も出来ますし
ハシゴがあれば点検も出来ますが



2階建ての場合は
目視で確認するだけでも大変です





家の部材の中で
一番、太陽や雨に影響されるので



屋根は耐久性が
あった方がいいのですが





「今のスレートは大丈夫」と言う
営業さんや建築士さんがたくさんいますけど



10年前、20年前にも
「大丈夫」って言われて
購入した屋根を処分するのは
こちらの仕事なので



ちょっとせつないですね



安価だったり軽かったり
瓦には無いメリットもありますので



ちゃんと売る方も説明して
定期的な点検などを
すればいいのですが




「20年~30年は大丈夫ですよ」
とか平気で言う営業さんもいます
(グラッサでもノーメンテでそこまで持ちません)



まあ営業さんが
何でも分かるわけはないので



特に大手ハウスメーカーだと
完全に分業ですから



建築建材の知識は
無くても仕方ないですが




新しく入社した
ハウスメーカーの営業さんなんかは



解体現場を見学に来れば
どの部分が一番劣化しやすいかとか分かるので




セールストークにも
役立つ気がします(笑)






・瓦がイヤならガルバ屋根がオススメ



古い家を壊せば壊すほど
「瓦ってすげー」って頑丈さに感動しますし




瓦にするだけで
夏涼しくて、冬暖かいですし
遮音性も充分なので






私は瓦推しですし



メーカーも間取りも決まる前から
屋根だけは瓦って言っていましたが


見た目がオシャレじゃないって
いうのも大事な理由ですので



フラット瓦というのも
あって今はオシャレですが




その場合は
ガルバ屋根の方がオススメです




「瓦は重いから耐震性でスレート」って人でも


それならスレートよりも
ガルバの方がもっと軽いですから



私のオススメは
瓦>>>ガルバリウム>>>スレートです



スレートには
値段が安いという
メリットはありますけど



家の中でも
屋根材は一番負担がかかる部分し



修繕も大変ですし
目視で点検するだけでも大変ですから



私なら外壁のランクを落としてでも
屋根材にはお金を掛けます



とくに我が家のような2階建てだと
足場組まないと
修繕など出来ませんから



なかなかの費用が
かかってしまいます・・・






「瓦は耐震性が悪いからと」と言う人も



「じゃあ屋根はどれくらいの重さで
家全体はどれくらいの重さか」
知っている人も少ないと思いますが


瓦屋根



2階建てで30坪の家の場合

(1階15坪、2階15坪)



・スレート屋根で1,000kg位

・瓦で2,100kg位と約2倍の重さです

・ガルバ屋根だと250kgになります




昔の瓦屋根は下に土入れてましたから
3,000kg以上の重さになってしまいましたが
今はそこまで重くありませんし




地震の際にニュースになる
瓦が落ちてくる映像は


スレートi


こういうのは
今の家は工法が違うので
ありえません
(昔は瓦を止めずに施工していたので)




ちなみに建坪30坪の
木造住宅全体の重さが
約30,000kgあるので




30,000kgに
2,100kg(瓦)の物載せるか
1,000kg(スレート)の物を
載せるかの違いですね


スレートj



人間の頭が
体重の10%あって


瓦屋根は
7%ですから


私は問題ないと思いますが


不安でしたら
ガルバリウムの方がさらに軽いですし


総二階じゃなくて
1階を広く、2階を狭く
造ればいいだけです



・・・・・
・・・・
・・・
・・





そもそも
スレートから瓦にするだけで
構造に問題が出るような
建物はダメだと思いますが・・・
(1トンしか違わないんですから)




もしかしたら
耐震等級の数値がギリギリで



瓦だと厳しいって
パターンがあるのかもしれませんが




もちろん家の「見た目」って大事なので



スレート屋根の見た目がいいって人は
使ってもいいのですが



10年毎の点検と補修は必須ですし
出来るなら5~6年毎に
点検した方がいいと思います













・コロニアルグラッサはどれくら持つか?



今現在、一番上の商品は
コロニアルグラッサですね


スレートk



この商品が出来てから
まだ10年ちょっとなので解体現場や
産廃で見た事がありませんが





スレートL


30年間再塗装無しで大丈夫と
言ってますので



もちろん10年ごとに
点検と補修は必要ですが・・・


普及品のコロニアルクァッドよりは
かなり耐久性が高いとは思います





クァッドから
グラッサにすると
差額が20万円ほどかかるみたいです




スレートo


レオハウスは標準のスレートが
コロニアルグラッサでしたが



大人気の家CocoのDセレクトだと
このように瓦、ガルバと
コロニアルグラッサが標準ですから


これでスレート選ぶ人も
余りいないと思いますが・・・




価格の安いスレートプランだと
下のラインの
コロニアルクァッドになります




未だに10年で
再塗装が必要と言っている
コロニアルクァッドは
やはり使わない方がいいと思いますが






しかし高い方のグラッサの
「色10年保証」の内容を見ると


スレートm




・年数に比べて著しい劣化のみ保証



なので通常の経年劣化は保証されず
しかも、その判定はケイミュー側


コケ、カビ、藻は保証対象外という
なかなか意味のない保証ですね






実際、古いスレートを見ると
色褪せ以外にも


スレートn


苔、藻、カビで
汚れて見えるのが多いのですが



スレートだと緩勾配の家も多くて
雨の水が結構残るんですね



その点でも
同じ緩勾配ならガルバリウムの方が
金属な分苔やカビが出にくいと思います
(というか苔は出ない)



という風に


ガルバリウムが一般的に
使われるようになってから


余りスレートの
メリットが浮かばないのですが





・重さは瓦より軽いけど
 ガルバよりは重い


・ガルバ屋根より雨音には
 強いが瓦より弱い


・遮熱性能も
 ガルバよりあるけど
 瓦より弱い




価格こそ安いですが
なにしろ点検するのも
触るのも直すのも大変な



屋根ですからねぇ・・・




私はDIY好きですから
サイディングの再塗装も
自分でしたい位ですけど


さすがに餅は餅屋
屋根は屋根屋なので


屋根はDIYなんて気軽に
出来ないですし




やはり特に理由も無ければ
瓦が一番って結論しか出ないですし



耐震性が心配って事なら
ガルバがあるし・・・



やはりスレートを
選択する事はないですね・・・



ただガルバリウムも
それほど古い素材では無いので


解体するほど古い物を見ていないので
実際はどこまでサビが出なくて
耐久性があるのかはちょっと不安ですが



まあ今の時代
SNSも多いですし
何かあったらすぐ問題になるので



新しい商品なら
スレートでもガルバでも


昔ほどひどい商品は無いと
信じたいですね




我が家も断熱材は
たいして長期実績もない
アクアフォームですし



◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




























2020年08月10日







住宅展示場に行くと



そこそこ高い
ハウスメーカーの営業さんが



「ローコスト住宅なんて
すぐダメになるよー」


とか


「うちの家の方が
メンテナンス費かからないから
最終的には得だよー」



とか
こういう事言いますけど





過去に






ローコスト住宅が安い理由ってのを書きまして




まあ見た目が実際安いですけど



C値、UA値などの性能面だけなら



普通の大手メーカーと
同じ数値で建てれます
(グレード次第にはなりますが)





それで
今回見たのが


ローコストa


大和ハウスの広告です



生涯コストで考えると
得っていう広告ですね



メンテナンス費や
冷暖房費が安いから


「長く住めばお得だよ」って言う
よくある広告ですが








メンテ費はともかく


冷暖房費だけでは
絶対に元が取れないという過去記事ですが



これは何故かと言えば


「元が取れる」と言ってるメーカーは



何故か比較対象を30~40年以上前の
昭和時代の家の性能で比べるので



ローコスト住宅だって
そんな時代とは比べものにならない位
高性能なので


絶対に元が取れないです





・この広告はひどい・・・




今回のダイワハウスの広告は

そんなものじゃなくて



ローコストb

例えば省エネ等級


高性能住宅と書かれている方は
ダイワハウスの広告なので


ダイワハウスの家でしょうけど



省エネ等級4・ZEH仕様って
書いてあるので


UA値が0.87(省エネ等級4)か
0.6(ZEH仕様)ですが





こんなの今のローコスト住宅でも
普通に作っても0.87



ちょっといいグレードなら
0.6はクリア出来ます・・・




まあそれはいいんですが
(良くないのですが・・・)



ローコスト住宅の方に書いてある
省エネ等級1ってなんでしょう・・・




「そんなの知らない」と思って
国土交通省のサイトで調べたら


ローコストc



昭和55年の基準が
省エネ等級2・・・



40年以上前の基準ですね
しかし1は基準が無いです・・・



つまり比較が
40年前の基準の
さらに前の家って事です・・・





そもそも昭和55年基準のUA値って
いくつだろうと



「断熱等性能等級2」なんてワードで調べたら


ローコストd


UA値1.67・・・



これ、今は使わない
高性能じゃない普通のグラスウールを
薄っぺらく使って


アルミサッシの単板ガラスでも


どうやっても
1.67以下になってしまうので


断熱材使えないんじゃないでしょうか・・・



ちなみにこれは
「無印良品の家」の広告ですね



「我が社は0.87ですよー」って奴ですが




タマホームだってレオハウスだって
もうちょっと安いアイダ設計だって


今の家が0.87以下って事は
ないですし








ローコストでも最低限
ZEH性能の0.6は目指そうって世の中で



ちょっと広告として
ありえないんです







・こっちもひどい劣化対策等級




次に劣化対策等級という
聞きなれないワードですが


ローコストe


ローコストは等級1
ダイワハウスは等級3になっています






どのようなものかと言うと



ローコストf


通気や防蟻処理ですね



ちなみにその下に
耐用年数という項目がありますが


・ローコストは50年未満

・ダイワハウスは
 75年~90年と記載がありますが



ローコストg


どうやら

・劣化対策等級が1だと50年未満
・2だと50年~60年
・3だと75年~90年という事で




劣化対策等級を見ると


ローコストh

色々書いてありますけど
ローコストだって



・基礎パッキンに土台は無垢材か
 加圧処理、もしくは薬剤注入

・ベタ基礎に通気工法って



今は当たり前だと思いますし



そもそも調べたら
長期優良住宅認定には


劣化対策等級3が必要との事で


ローコストだって
長期優良住宅は普通に作れば取れますから



この比較図は
いくらなんでも
違い過ぎるわけです




まあ、性能比較の広告は
嘘書いているとはいえ
どうでもいいんですが
(良くないですが)



耐震等級とかね
命に関わるものを嘘つくのは
本当に嫌いです





ローコストだって
耐震3は普通に取れますし


ローコストi


そもそもこの最後の


・太陽光未搭載とか
・ガス給湯器に至っては



意味不明すぎて
こっちがビックリしてしまいます



ダイワハウスがエネファームが標準だから
そう書いているんでしょうが


エコキュート希望の人とか




「ガスがいい」って人でも
都市ガスがない地域でも




ダイワハウスは
エネファーム搭載出来るんでしょうか・・・












・なぜこのような広告が出るか



ダイワハウスとローコスト住宅だと
1.5倍~2倍くらいの値段差でしょうか




おそらく何も知らない人に
「高い理由」が上手に説明出来ないから


このような事を書くんでしょうが



ヘーベルハウスだって
積水ハウスだって

そのような事は書いてないですし


「そんな次元で戦ってない」です



・大開口に高い天井高で広いリビングとか
・高級感あふれる外壁とか
・長期無料メンテナンスとか
・幅広いサポートとか



いい所なんてたくさんあるんですから



是非嘘や誤解を招くような
広告書くのは
やめて欲しいですね




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング