2022年08月03日





 
インフレ懸念とか
外国との金利差とかで


固定金利a


固定金利はだんだん
上がってきています



それでも過去5~6年が
異常に低かっただけで


今の金利でも
7年より前に比べたら低いですが



変動金利も
「そろそろ上がるんじゃない?」って
言われています



固定金利が毎月動くのに対して
変動金利は半年に1回しか
動きませんから


だいたい
固定金利の方が先に上がります


・・・・
・・・
・・




そして住宅ローンを使う際に


「固定金利と
変動金利ってどっちがいい?」って質問は
多いですけど



まず
どちらが得かってのは
絶対に答えが出ない問題です



5年後、10年後の金利が
当てられる人は
誰もいません



そんなものを
正確に当てれるなら
投資だけで生活出来ます(笑)




私も6月に
ドル円が135円近くになった時に
外貨預金をして



1ドル138円になって
ニヤっとしていたら




先週、いきなり
赤字になりました(笑)




なので
どちらが得って
質問は答えられませんが



「こんな性格なら
貴方は固定金利が向いている」ってのは
分かります



実際、私は
固定金利しか
考えられないですし



変動金利なんて
不安でしかありませんでした





・固定金利が向いている人



固定金利の
一番のメリットは


借りた瞬間に
総額と毎月の支払額が
分かるってのが大きいです



私の場合は

固定金利b


フラット35の固定金利で借りて



当時は住宅性能などに
応じて最初の10年間は
0.3%の割引がありましたから


10年目までは0.8%
11年~35年目は1.1%ですが



繰上返済をしなかったとしても
決まっている金額を
35年間支払えば終わりです

固定金利c


・10年目までは
 毎月57,452円


・11年目~35年目までは
 毎月59,564円です




固定金利なので
政策や情勢の変化で
金利が変わる事は絶対にありません



この安心感が
分かる人は
固定金利が向いていますし



「借りた瞬間に
毎月の金額が分かるから何?」
って思う人は


変動の方がいいかもしれませんね




私は毎月同じ額を払うって
安心感は凄いありますし


住宅ローンどころか
ガソリン代も
光熱費も固定の金額を払っています





・とにかく万が一に備えた生活を送りたい




固定金利に
向いている人の
性格ですが




ちょっと話がズレますけど
私は20年以上
家計簿を付けています





長く簡単に
続けられるように
1,000円単位の家計簿です




そして
毎月の頭には


g



ガソリン代・16,000円
電気代・8,000円
水道代・5,000円など
決まっている金額を計上します




ガソリンや水道代ってのは
本来は固定の金額ではないですが

固定金利e


この封筒に入れて
ガソリンを給油する時は
ここから使いますが



満タンで50リットルなので
去年は1回に7,000円以下で足りて
だいたい20日に1回給油なので



毎月2,000円以上は
余っていましたから

固定金利f


封筒にお金が残ります



こうすると
年末年始などで遠出しても
ここからガソリン代が使えますし



最近の値上げでも
ここの余りがあるので
常に一定の金額で大丈夫です




電気代と
太陽光売電は
専用の口座があって



そこに
毎月8,000円を入れますが


固定金利g


昨年は実質の電気代が
月平均4,000円ですから



毎月8,000円入金すると
当然余ります


これだけ余ると
冬など電気代が高い時期でも
問題ないですし



今は結構お金が余るので
10万円超えたら
旅費にしたりしています




このように毎月決まったお金なので



最近の電気代高騰にも
影響はそれほど無い生活をしていますが



電気代やガソリン代程度なら
値上がりしても
しれていますが



これが元金が多い
住宅ローンだと
1%の違いで
かなりの金額になるし




「将来なにかあったら
どうしよう」って言う
不安が無くなるメリットだけでも


固定金利の精神的安心感は
大きいと思っています



そもそも私は


「将来怪我とか病気して
フリーターになっても
毎月50,000円台ならどうにかなる」って


思っていますから(笑)


実際、周辺の3LDKアパート家賃より
安い金額ですし



安いお金で固定出来る安心感は
非常に助かります





・実際、5年間でそこそこ損していますが・・・



この記事を書いている段階で
固定金利は多少ですが
上がり始めています



変動金利は固定より
後に上がるので


金融政策次第では
秋には上がる可能性もありますが



私が家を建てた5年前から
今までは
金利は変わっていません



ちなみに
過去5年間を
固定と変動で比較すると



こちらが
私が払っている
固定金利

固定金利h


毎月57,343円





これが変動金利だと
当時の最安金利は0.5%位だったので


固定金利i


54,513円



わずか
金利0.3%の違いでも
元金が大きいので
結構差が出ます



・毎月2,830円の差なので

・年間で33,960円ですね



これを
「金利が上がらない保険」として


保険金の感覚で払っています



この金額差を
「損してる」と思うか



「安心料」と思うかは
人それぞれですけど


35年間
何が合っても平気って
安心感は大きいです








・5年ルールや125%ルールで安心の勘違い


よく
「変動金利で
金利が上がっても上限があるから
大丈夫」って言われます





本来、金利は半年毎に
見直しされますが


・毎月の金額は5年間は固定されて
 これが5年ルール


・もう一つは
 125%ルールと言うのですが


固定金利j


半年毎にどんどん金利が上昇しても
上限は1.25倍
125%までってルールです




例えば現在の住宅ローンが
10万円でしたら


・半年毎にどんどん
 金利が上がっても
 5年間は10万円


・次の5年は125,000円が上限で
 それ以上のローンはありません


これだけなら変動の方が
得なんですけど


金利が上がった分の
利息がチャラになるわけではなくて
利息は残ります





例えば毎月の
支払いが10万円のローン

固定金利k


3,542万円の借入で
金利1%だと
毎月の支払いが10万円になりますが





例えば半年後に
1.8%に上昇したとして


固定金利L


そうすると本来は
113,747円ですが
5年間は100,000円のままです




そして
5年の間にさらに上がって

固定金利M


2.8%になったら
毎月132,410円ですが



125%ルールがあるので
次の5年間も上限は125,000円です




なのでいきなり
住宅ローンを借りた1年後に
1%が2.8%になっても



・最初の5年間は
 ずっと100,000円


・次の5年間は125,000円が
 上限になります



本来の金利で計算すると
200万円ほど多く
払わないといけないのですが
上限があるので払えません



しかし、この利息は
払わなくていいわけではなく


最後にまとめて支払います



しかも利息なので
全然元金が減らなくなります


なので金利上昇によっては
支払額は一定だけど
利息分ばかりの支払いで
全然元本が減らないって可能性も出て来ます



これを35年ローンが
終わったら一括で支払わないと
いけないのが変動金利です


こういう性質の
ローンが変動金利なので


「いざとなったら
全額、またはほとんどを
繰上返済で返せる」って人が
変動でするべきで


さすがに35年間支払う人は
固定でもいないと思いますが



「まあ余裕もないし
20年位で支払いが出来たら」とかいう
金利の上昇に耐えれない人は


固定金利の方が安心だとは思います



いきなり1%も2%も上がる訳ないって
思う人も多いのですが


日本はマイナス金利政策を
続けていて


急な円安でニュースにもなりましたが
耐えれなくなって
金利が上昇したら



例えばアメリカなどは
政策金利の利上げをしましたが




その結果住宅ローン金利が
5%になってしまいました



日本でここまで一気に上がるとは
個人的には思いませんが



金利3~4%は当たり前の時代もあり


固定金利n


バブル崩壊前は
5%も普通に超えていたので



「何があっても家族の為に
家は守りたい」


「固定金利でも6万円以下で
全く無理はない」



という事で
私は固定にしました








・「お金が無いから」で変動は絶対ダメ



という事で


もちろん我が家は
お金も無いんですけど


万が一の将来の不透明感を
無くすために固定にしています



「じゃあ固定の方がいいの?」
って言うと
これも正解ってわけじゃありません



本当にこれは
各家庭の収入、支出もですが


性格でも違うので
どちらが正解ってのはありませんが




ひとつだけ
間違いなく言えるのは


「お金が無いから変動」ってのだけは
辞めた方がいいです


「固定でも問題ないけど
変動の方が金利が低くてお得」
って
考えなら問題ないですが




「固定だと高くてキツそうだけど
変動ならどうにか払える」

なんて無理してる人は


金利が上がったら
耐えれませんので


こういう人は
ローン金額=買う家の見直しを
した方がいいです






◆参加ランキング◆



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村






この記事へのコメント

1. Posted by ゼルビス   2022年08月03日 18:30
北陸三県の銀行の住宅ローンって少し変わっていて、何故か変動より固定金利の2年とか3年の方が安いんですよね。。。変動が安くないと表現すべきというか。。。
なので、2年固定の変動っていう人がほとんどです。

おっしゃる通り、今の変動金利は過去最安値ですし、これを基準に35年ローン計画は利上げしたら危険なので、自分はボーナス抜き月手取りの20%以下支払いで組みました。変動です。

あとは、年齢によってローンは全く変わりますね。
30歳で組んで65歳までの退職までなら多少高くても良いけど、40歳から組むと65歳からは老後資金と返済のダブルパンチですから。。。

自分と同じ年収と家族構成で1000万高いローン組んでる人が沢山いますけど、すげえなと思います😅
2. Posted by reogress   2022年08月03日 21:10
>>1
ゼルビスさん
コメントありがとうございます。

変動、固定の前に
そもそもの借りる金額の方が
大事ですからね・・・

やはり一番アウトなのが
固定だとキツイけど変動ならギリいけるみたいな金額は
絶対に考えて欲しいです

コメントする

名前
 
  絵文字