2021年08月

2021年08月30日







前回記事から
我が家はインプラスを付けようと




何社か見積もりを貰いました



low-ea


ネットだと安いんですよね
こちらはエクスショップで50%引き







low-eb


さらにこちらは
長野の会社さんで60%引き




この2社に見積もり依頼を出したら
下請けの施工店が同じで



現地調査は
2社同時にするという話で
1回で済みました(笑)



施工店が同じなら
安い方がいいですね



最初に見積もり依頼した
次世代省エネの補助金使える工務店さんが



最大35%オフが限界という話で
諦めた経緯があるので




「実店舗の地方工務店だと
高いのかなぁ・・・」とは思いますが



もう1社
地元の甲府市で



窓専門のリフォームを行っている会社さんにも
見積もりを出して貰いましたが


low-ec


3社ともに断熱型のLow-e
内側にLow-eがあるタイプですね



こちらで見積もり依頼をしたのですが




こちらの会社さんから

「現在Low-e窓を使っているなら
Low-eのインプラス付けると
ガラスが割れる可能性があるから
辞めた方がいいよ」とアドバイスを受けました






・Low-eガラスで熱割れ?


こちらの会社さんは


窓とドアのリフォーム専門店で
断熱、気密にはかなり詳しいようで




最初に
ネットで見積もり依頼をすると



窓の種類に加えて


「インプラス、プラマードと合わせて
プラストもありますよ」って言ってくれたり


low-ed


こちらですね



昔はプラストだけ
かなり高性能だったようです


今はどのメーカーも
内窓は樹脂ですし


性能値はほぼ変わりませんが
プラストだけ部品数が多いって話なので
色々と工夫されてるんでしょうね




北海道では内窓シェア1位らしいですが



取扱店を見ると
甲府市はおろか
山梨県全部でもこのお店だという


断熱、気密にこだわりのある
窓リフォーム屋さんです





そして見積もりの際に
今まで考えもしなかった事を言われまして


low-ee


「現在Low-e入りの
サーモスを使ってるなら」


「Low-eガラスにLow-eの内窓を付けると
熱割れや樹脂変形のリスクがあるから
内窓は一般複層で見積もりします」と・・・





枚数にもよりますが


・掃き出し窓で6~7枚分
 Low-eのインプラスだと50万円程度の工事の場合


・Low-eじゃない一般複層にしても
 43万円程度と7万円位しか差が出ないので



どうせならLow-eの有無で
Ua値が結構違うので




全部Low-eにしようとしてたので
ちょっと衝撃でした・・・


low-ef



・Low-eのインプラスは
 熱貫流率1.7


・一般複層タイプは2.9と結構違いますね




サーモスⅡHに設置した場合は


・Low-eインプラスだと
 熱貫流率が1.17になるのに対し


・一般複層だと
 1.29にまで低下します






・という事でLIXILに聞いてみた



問題ないなら
そこまでの金額差じゃないので
熱貫流率のいい
Low-eにしたいですし



例えば
トリプルガラスなんかは
2枚がLow-eって商品もありますから


「別に2枚Low-eでも
大丈夫じゃないの?」



使ってる窓がサーモスⅡHで
検討している内窓がインプラスですから




一番詳しいであろう
LIXILに問い合わせをすると


low-eg



「外窓とインプラスの間の中空層の環境によっては、
熱割れが発生してしまうリスクがございます」


「熱割れのメカニズムと対策につきましては、
添付資料をご参照くださいませ」



窓屋さんと同じコメントですね





外窓とインプラス間の中空層




つまり
Low-eガラスってのは
太陽の熱を反射、放射しますから


low-eh



遮熱型Low-eに
断熱型インプラスを付けると



1枚目と4枚目がLow-eになるので
中空層に反射、放射した熱が
溜まってしまうと



それが熱籠りになって
熱割れの可能性が高まるみたいですね






・そもそもの熱割れの仕組み




こちらが頂いた添付資料です

canvas1


インプラス特有の事象ではなくて
一般的な熱割れの説明ですが





熱割れで多いのは

・外窓が昔多かった網入りガラス

・内窓のガラスがLow-e複層



という記載があります







内窓を設置する以外にも
熱割れってのは



検索すると過去に経験した人が
そこそこいて


low-ei


ガラスってのは熱を持つと膨張しますが


・ガラスの中央部分は
 太陽の熱で温度が上がり膨張して


・サッシ付近の部分は
 そこまで熱を持たないので
 膨張しないと




温度差が出るために
耐え切れなくなって
熱割れと言って割れるみたいです





昔の網入りガラスは
経年で10年程すぎると
それなりに割れる家もあるそうですが








http://blog.uchino-k.jp/?eid=1426629


こちらは新築で
アルゴンガス入りのLow-e複層ですね
これでも熱割れする場合があるみたいです



新築の家でも
それなりに症例はあるらしく


Low-e、網入り、ガラスフィルムは
熱割れを増加する要因の一つみたいです




それで
「1枚目と4枚目にLow-e施工だと
真ん中が反射、放射で熱を持つから
やめたほうがいい」という理屈です





じゃあ、トリプルガラスのダブルLow-eとか


low-ej


これだって外側と内側に
low-eガラスですし



「レガリスなんて5枚ガラスで
4枚Low-eなんてあるけど
これは大丈夫なの?」




さらに問い合わせした所

low-ek


熱割れする時は
ダブルLow-eでもするみたいですが



インプラスだと割れやすいとか
そういったデータは無いみたいです(笑)



まあ、内窓じゃなくて
普通の複層でも熱割れする例はありますし



インプラスだけの事象では無いのですが



地元の業者さんで
しかも断熱にかなり詳しい会社さんですからね


・甲府は温度差も激しい地域ですし

・夏は40℃超えますし

・冬は氷点下で

・日照時間は全国1位ですし



結構、窓に過酷な環境ですね(笑)



特に甲府は昼夜の温度差が
凄いのでオススメされませんでした





たしかにLow-eで
熱を放射した場合に
一番外と一番内がLow-eだと
熱が篭りますし



なにしろ
他のネット業者と違って
今ある窓からちゃんと計算してるのは
ここだけです



今使っているのが
Low-eじゃなければ
性能的にLow-eがオススメみたいですが


「特にメリットもなく
リスクは高まるので辞めたほうがいい」という話です






どうしても数値ばかり
気にしちゃうんですが(笑)



「体感で変わらないから」という事なので



たしかにU値0.12の差って
違いは分からないでしょうね



ちなみにLIXILもYKKも
熱割れは「自然災害」という扱いなので
共に製品の2年保証はありますが


こちらの適用外になるという話です・・・







・計算上熱貫流率は下がりますが・・・



Low-eタイプのインプラスを使うと
熱貫流値が1.17ですが


一般複層を使うと
1.29まで数値が悪くなりますから
ちょっとは悩む人も多いと思います



それでもAPW330が


・樹脂スペーサーで1.33

・アルミスペーサーで1.56


ですから、これよりも
高性能みたいですけど



そもそもこの数値も
組み合わせだけで



「実際の性能とは違うだろうなぁ」ってのは





内窓の熱貫流率の計算上


low-eL


足したり引いたり掛けたり複雑な
計算式をすると(笑)




熱貫流率が0.55のレガリスとか
0.79のエルスターXとかは


なんとインプラスを使用すると
計算上は熱貫流率が悪くなってしまいます(笑)



計算上熱貫流率が0.8以下の窓を使うと
何故か下がるんですね


もちろん
実際はそんな事はなく




LIXILも
「あくまで建具とガラスの計算上だけで
当然インプラスを使えば性能は上がる」という話です



まあレガリスとかエルスターX使っていて
インプラスを検討する人もいないと思いますが(笑)


計算上は数値下がりますけど




普通に考えて

・樹脂のペアサッシと

・アルミ樹脂のペアサッシを



一緒に使うんですから
かなりの高性能化は期待できますね











・という事で一般複層で見積もりをお願いしました



たいした値段差じゃないのに
熱貫流率は0.12変わるので
悩みましたが



熱割れ、変形のリスクなども
考えて・・・




それ以外に大きな理由は



他の方のブログを見ると



やはりダブルLow-eは
日射の取り込みが厳しいと・・・


low-em


どうせなら引き違い全部しようと
思いますが



一番大きな掃き出し窓4つは
南側ですので


・夏は日射を取り込みたくないですが


・冬は日射を取り込みたいわけですね




我が家が性能以上に
冬暖かいのは




https://reogress.net/archives/26683929.html



・玄関の冷気をシャットアウト出来る間取り

・日射の取り込み



この2つが大きいと思います



もちろんダブルLow-eでも
ある程度日射は取り込みますし



家の熱を逃がさない効果は
ダブルLow-eの方が高いと思いますから




日射が少ない方向とか



夏も冬も
エアコンは24時間なんて家庭では
ダブルLow-eでもいいんでしょうが









我が家は昼の間
仕事と保育園で誰もいない時は
エアコンを止めますから
冬期の日射取得は非常に大事です



妻がもったいないと
仕事と保育園に出掛ける時に
冷暖房消しちゃいますからね(笑)





「じゃあ、夏はどうするの?」ってなったら



「すだれ」してますし


・熱貫流率

・熱割れ

・サッシの変形

・日射取得


などなど考慮して
一般複層にする事にしました



一番気になっている
引き違い窓の気密性能って部分では
Low-eは関係ないですしね




という事で
これで4社ほど見積もりを貰って
金額が折り合えば注文したいと思います




◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





2021年08月27日







前回記事の
インプラスを付けようと検討した件




https://reogress.net/archives/29783705.html




結局最大半額と言っても



割引率がイマイチでしたので
次世代省エネの方では
契約出来ませんでしたが





インプラスを
調べれば調べるほど


インプラスa


グリーン住宅ポイントの
ポイント還元で25%程度でも
「欲しいなぁ」と思う性能です







・Ua値もですが気密がデカイ



ガラスが4枚になって
サッシ部分も倍になるわけですから




「まあ性能は上がるだろうなぁ」
思っていましたが


インプラスb



昭和時代の
アルミサッシに1枚ガラスでも



ペアガラスのインプラスを
設置するだけで熱貫流率が2.33以下と
我が家のサーモスより高性能になります



まあ、単純に考えたら
インプラスは樹脂の
ペアガラスですからねぇ(笑)



逆に言えばAPW330などの
樹脂サッシに



さらに外からアルミサッシと
ガラスを追加するのと同じです





ちょっと内窓も入れた
熱貫流率の計算式が複雑なんで






全部纏めてくれてる
サイトを引用すると(笑)




インプラスを設置すると


・アルミサッシシングルガラスで
 熱貫流率6.51から1.71に


・アルミサッシのペアガラスで
 熱貫流率4.65から1.4に


・我が家でも使っている
 アルミ樹脂サッシのLow-eペアガラスだと
 2.33から1.17になります






1.17って事は


インプラスc



APW330が縦すべり窓のアルゴンガス入りで
1.31ですから
これより高性能ですね




今は分かりませんが
我が家が建てた当時だと



APW330に変更するのに
100万円ほどオプション料金掛かったので



インプラス設置は
上手くすれば
それより安価で性能が上がります






・一番のメリットは引き違い窓の気密性能向上



まあUa値も大事ですけど



それよりも
「内窓欲しいなぁ」って思うのは
気密性能の向上ですね







前に気密テープを
貼る際に色々と汚い画像を集めましたが(笑)




どうやっても
引き違いってのは
レールがあるので若干ですが
隙間が出来てしまいますね・・・




一条工務店の
樹脂トリプルでも


インプラスd


こうなりますので
引き違い窓は
仕方ないですねぇ・・・




高性能工務店でも
断熱、気密性能がどうしても
落ちるので


「なるべく引き違いは少なくしましょう」って
言いますしね



とはいえ
ベランダや庭に出るためには
仕方ないですが



腰高窓は
引き違いじゃない方が
良かったですねぇ・・・




昭和の古い人間には
引き違い窓は開閉するのに楽なんですが(笑)



今の家って窓開ける期間が
凄い少ないですからね


と、今さら後悔しても仕方ないのですが




とにかく
この気密性能がインプラスで
大幅に改善されますから
こちらの効果は大きいですね










・無くてもいいのですが気になる(笑)



グリーン住宅ポイントとか
補助金って
多分来年もやると思うんです




エコとか脱炭素とかいっても
簡単に家は建て替え出来ませんし


インプラスe


それならリフォームに
補助金出した方が
住宅は高性能化しますし



とは言っても・・・



妻や子供からすると
「寒くも暑くも無いのに
そんなの設置する意味が分からない」という話ですね




本来、補助金も
昭和、平成初期の
アルミサッシにシングル窓みたいな
住宅を想定していると思います




今の所
住んで4年ちょっとですが


「夏も冬も快適だなぁ」と思っていますし




https://reogress.net/archives/27445887.html



実際に
温度測定しても快適で
問題ないんですけど


やはり高性能窓の生活って
気になりますしね(笑)



APW330より高性能になるのが
補助金があるので


実質30万円位で
出来るならいい話ですし





去年
サーモスⅡHで
さんざんswitchbotや


インプラスf


赤外線温度計で
温度測定しましたが



これがインプラス入れると
どれだけ変わるのか
知りたいですね



「予算厳しいなら
アルミ樹脂でもいいんじゃない」って思うか



「最低限APW330は必要」って
言うか



両方を実際に住んで
体験出来るのは
めったにないですからね(笑)



・・・・・
・・・・
・・・
・・


という事で
せっかくなら
グリーン住宅ポイントがあるうちに


何社か見積もりを取りましたが



そのうち1社
断熱などに詳しいリフォーム店さんから



「Low-eの内窓は
設置しない方がいいよ」という



ビックリするアドバイスを受けたのですが
こちらは次回に続きます





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年08月25日








次世代省エネ建材支援事業という


次世代省エネa


断熱とか内窓とかの設置に
半額補助するよという制度です



私は
この制度は知らなかったのですが




元々
「庭にテラスを設置したい」という事で


テラスを探していたら

次世代省エネb


なんとグリーン住宅ポイントで
テラス工事が出来るんですね





グリーン住宅ポイントも
割とお得な制度ですが


次世代省エネc


大きな窓(2.8㎡以上)だと
20,000ポイントの補助が貰えますが
設置に8万円前後と考えると
補助率は25%程度ですね





ただ、このポイントで
交換出来る商品が


次世代省エネd



定価ベースなので
ちょっと割損という感じで
興味も無かったのですが





テラス工事に
使えるならお得と思い





ツイートしたら
最大半額の
次世代省エネ支援事業を知りましたが



こちらが割と
補助金を使うには
ハードルが高かったです・・・





・断熱材の追加も必要ですが・・・




こちらの次世代省エネ支援事業
最大半額も補助金が出ますが



ツイートに書いてる
「ハードルが高い」というのは



2点問題があって




まず1つ目は
補助金が交付される条件が


次世代省エネe


内張りでもいいので
パネルを使った
断熱の追加改修工事が必要です



これを居室のどこか1面だけでもいいので
工事をすれば


一緒にする
他の断熱工事


今回だと内窓の設置ですね
こちらも半額になります



去年までは
抜け道として
トイレ1面というのも
大丈夫だったみたいですが(笑)



今年から「居室」という条件が付いたので
リビングとか寝室とか限定です




トイレだけなら
面積狭いので安く済むのですが


・・・・・
・・・・
・・・
・・




2点目は
非常に書類作成が厄介という事で


twitterで教えてくれた方も
業者さんが途中で
引いてしまったみたいなので



この補助金に慣れている
業者さんじゃないと
大変かもしれませんね




ちなみに
近所のLIXILリフォームショップに
問い合わせしたら



「そんな補助金聞いた事ない」という話でした・・・






・慣れている業者さんから見積もりを貰う



そうは言っても半額ですからね
色々調べて是非利用したいです


なんでも
コスパえ考える貧乏な私ですが






前回APW330との
光熱費の比較を書きましたが



余りに素晴らしいので
インプラス自体の性能は
詳しく次回に書くとして



とりあえずAPW330よりは
高性能な数値になるのに
価格は安く取り付け出来ますから



・快適性も上がるし

・安ければ光熱費も元を取れるので


このチャンスを逃すのは勿体ないですね



ちなみにサーモスⅡHに
Low-e型のインプラス付けると
熱貫流率は1.17になって


APW330の
1.33より高性能になります



しかし
近所のLIXILショップや
ホームセンターのリフォームコーナーも


「グリーン住宅ポイントなら知ってる」
存在すら知られてなかったので



自分で申請するのは
ものすごく大変な補助なので
出来る業者を探そうと




「次世代省エネ建材支援事業 山梨」
で検索すると


次世代省エネf


結構遠いLIXILショップが出たので
こちらに電話すると



ちゃんとご存知だったので
まずは見積もりに来て頂きました






・最大半額ですが、半額にはならない・・・



こちらのLIXILショップ
地元の新築も作る工務店がやっていて


うちの会社で
新築現場はコンテナを置いて
廃材を回収してるという


普通に取引がある会社さんでした(笑)



「断熱工事が必要とはいえ
半額ならお得なのでお願いします」



色々と見積もり取ったり
補助金額を調べて頂いたのですが




実は半額と言っても
内窓の補助金は決まっていて


次世代省エネg



ほとんどのお店が
50%オフ程度で売ってますので
定価の半額ならめちゃ美味しいですが





だいたい世間の売価の
半額というか
補助金は決まっていて



・Lサイズ(2.8㎡以上)は45,000円

・Mサイズ(1.6㎡~2.79㎡)は30,000円

・Sサイズ(0.2㎡~1.59㎡)は17,500円


このように補助金が貰えます



取り付け費は除きますが
50%オフで90,000円で売っている窓を
設置して



補助金が45,000円貰えるなら
本当に半額で買えるので
かなりお得な制度ですね





一方のグリーン住宅ポイントは

・Lサイズ(2.8㎡以上)は20,000ポイント

・Mサイズ(1.6㎡~2.79㎡)は15,000ポイント

・Sサイズ(0.2㎡~1.59㎡)は13,000円ポイント


なので
補助率は
グリーン住宅ポイントより高いですね




我が家の変更したい窓で
補助金を出すと


次世代省エネh


引き違い窓全部と
脱衣場、お風呂と
断熱に弱い窓の場所で見積もりましたが



・次世代省エネだと280,000円


・グリーン住宅ポイントだと
 147,000ポイント


これだけ見ると
即契約した方が得と思いますが


結局契約には至らなかった
理由があります










・結局見送りになりました・・・



業者さんに頂いた見積額が
初回は108万円と
かなり高かったので



色々と頑張って貰いましたが
最終的な見積もりが
税込で92万円でした




契約してないので
画像は貼れませんが



内訳は

・断熱工事が約27万円

・内窓工事が約65万円

で合計92万円です




補助金は

・断熱工事が10万円

・内窓工事は28万円

と38万円補助金が出るので



なので
実費で言うと
54万円で工事が可能です



断熱付加工事が必須ですから
総額だとそこそこしますね




それでも
例えばエクスショップで
見積もりを取ると


55万円位が総額で


ここから
グリーン住宅ポイント還元されるので
実質は40万円ですね


「何で半額なのに
こっちのが高くなるんだろう」って思いますが




こちらの工務店さん
インプラス本体は
35%オフ


これはどうしても
これ以上値引き出来ないみたいなので





ホームセンターや
エクスショップなどは
50%オフってのが多いですから


こちらの方がお得なんですねぇ



要らないけど
半額にするために
必須な付加断熱工事も
15万円ほど掛かりますし


結局は余り安くなりませんでした




もちろん壁の断熱も
一緒にしたい家なら
お得だと思うんですが


そこまで性能に困ってないですし



逆にガチで高性能にしたいなら
部屋の1面だけ
工事しても意味ないと思います・・・




最低限外気に接してる部分は
全部しないとダメですね




一番いいのは
インプラスの割引率が半額程度ある
工務店さんで



次世代省エネも知っていて
申請出来る業者さんですが


今回は見つからなかったので
金額を考えたら
グリーン住宅ポイントですね・・・



こっちは自分で申請出来ますし



次世代省エネは
補助金を現金で貰えるって
メリットもありますが



グリーン住宅ポイントでも
テラス工事に代用出来るので
この工務店さんは見送りになりました



もしエクスショップや
ホームセンターと同程度の金額で



次世代省エネの申請も
出来る業者さんがいましたら
即契約でしたが・・・





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





2021年08月23日







快適性などは
ちょっと置いといて



未だにローコスト住宅では
標準仕様で使ってる場合が多い




樹脂サッシa



YKKのエピソードNEOや



我が家でも使っている
LIXILのサーモスⅡ-Hなどの
アルミ樹脂複合サッシですね



どっちもLow-E仕様だと
Ua値2.33で


Low-Eが無い一般複層だと
Ua値が3.49という窓ですね



ローコストメーカーだと
アルミ樹脂のLow-Eタイプ(Ua値2.33)が
一番標準で多いんじゃないでしょうか



我が家の時代(4年前)ですと
ローコストメーカーは
標準はアルミサッシってのも
まだまだありましたが・・・





最近は樹脂サッシもかなり増えたので
標準のアルミ樹脂サッシを
差額のオプション費用を払って


樹脂サッシb


APW330などの樹脂サッシにするか



そのまま標準でいくか
悩みどころですが




「お得になるので樹脂サッシに変更して
光熱費を節約しましょう」という意見があったり



twitterなどでも
「樹脂への変更差額が20万円・・・悩む」なんて
ツイートもあったので




サーモスなどのアルミ樹脂から
APW330などの樹脂サッシに変更すると
光熱費が何年で元が取れるか説明します






・APW330に変更すると光熱費で得をする?




間取りや窓以外の断熱
エアコンの温度や家族構成
家にいる時間などで
光熱費はバラバラですから


シミュレーションしたって
条件によって差がでますけど


平均値として
一番樹脂サッシ推しな
メーカー


YKKの数値で比較すると



樹脂サッシc



こちらですね


シミュレーションしている住宅が


延床36坪で窓面積が32.2㎡(4~8地域)
平成25年の省エネ基準住宅なので
まさに平均的な家です



真ん中のアルミ樹脂サッシは
おそらく自社商品との比較なので
エピソードNEOだと思いますが



一般複層なのでUa値3.49
Low-Eが入ってないタイプですね



対するAPW330は
一番高いアルゴンガス入りの
樹脂スペーサータイプです



・アルミ樹脂が
 年間の冷暖房費が59,396円



・これを
 APW330に変更すると
 52,363円ですね



一番左はアルミの複層なので
デュオPGとかフレミングですね


・こちらは今時使わないと思いますが
 それだと 66,563円です



なので一般複層の
Ua値3.49なアルミ樹脂と



APW330の冷暖房費の差は
家全体で 年間7,033円ですから



30年で210,990円の差になりますね



実際、ほとんどの
ローコストメーカーでも
今はLow-Eタイプが標準ですから



APW330との差は
年間で6,000円程度ですので



30年間で光熱費が
18万円の差です




もちろん快適性は
上がりますから


お金だけで決めるのも
良くないですが



オプション費用の差額は
ハウスメーカーや工務店で色々ですけど


サーモスやエピソードが標準で
APW330への変更が


「10万円で出来ますよ」って言われたら
絶対にお得なので変えるべきです


年間で光熱費が
6,000円安いんですから


10万円で変更出来るなら
17年目から得になります



「差額20万円です」って
言われても34年目には
プラスになりますし


ここまでは悩む事なく
お金が無くても変えるべきだと思いますが






この比較のAPW330は
樹脂スペーサーにアルゴンガス入りの
一番性能の高い奴なので


「20万円で出来ますよー」で喜んだら
アルミスペーサーのガス無しって
可能性もあるので


その点は注意が必要ですが


快適性を数値に出すのは
難しいのですが


私なら30万円ですね


このラインまでなら
オプション費用払っても
変更しますし



もし相談を受けたら
「30万円なら他を減らしてでも
変更した方がいい」
と言います


樹脂サッシd


これは過去に書いたものですが


当時から

 
・サーモスXなら20万円


・APW330なら30万円と言ってたのは
 

この辺の元が取れるかって話と
快適性のバランスですね




もちろん
金が無いからシビアってのが
一番の理由なんですが





樹脂サッシe


http://www.heat20.jp/HEAT20_G1G2_spec_example_151207.pdf


こちらはHEAT20の仕様表ですね



G1住宅なら
窓の熱還流率は2.33でも
割と普通にいけますが




これがG2となると


樹脂サッシf


Ua値2.33の窓となると
かなり断熱材の性能上げないといけないので
現実的にG2性能を目指すなら
樹脂サッシのがいいですが



今なら結構安い金額で
変更出来ると思いますから


30万円なら割と可能なラインだと思います




私の時代ですと
サーモスXやAPW330に変更すると
100万円という値段を言われたので



差額100万円だと
単純に光熱費で元を取るには
166年も掛っちゃいますから(笑)



その辺計算して
ちょっと変更する気には
なれませんでしたねぇ・・・


貧乏な性格なので



そうは言っても
仕事のおかげで
大工さんや工務さんの
知り合いも多いので



実際に生活する分には
アルミ樹脂で充分ってのは
教わりましたし





それよりも
断熱材も含めた
工事の施工精度のが大事ですから




https://reogress.net/archives/26997982.html


実際冬も快適ですし



窓を変更するより
玄関とリビングの間に
ドアを付けた方が
ずっと安く断熱性能が上がります





結露に関しては
APWの方が有利ですけどね






まあ、これに関しては
「15年程前はガラス2枚だと結露しない」から始まって




時代と共に


「複層ガラスだと結露しない」

「アルミ樹脂なら結露しない」

「樹脂なら結露しない」

「樹脂トリプルなら結露しない」





どんどん言ってる方も
インフレ化してますので
結局使い方ですね(笑)






・コスパを上げたいならエアコンも考える




本当に光熱費で得したいなら
サッシに100万円使うより
エアコンですね



樹脂サッシg



こちらは日立の14畳用で
一番グレードの低いRAS-D40L2


最安価格は112,500円ですが






期間電気代の公表値は


樹脂サッシh


年間41,688円です





一方、我が家でも使っている
最上位機種Xシリーズの


RAS-X40L2は


樹脂サッシi


実勢価格は250,000円と
130,000円も高いですが




樹脂サッシj


期間電気代が27,243円なので



1年間の差が14,445円



エアコンは最低10年は
使うと思うので
144,500円の差になりますから



この場合は最上位機種を買った方が
お得になりますね



エネルギー効率という数値APFが

・最上位機種は7.5

・一番安い機種は4.9と


全然違いますね


この数値は1のエネルギーを
何倍に出来るかという数値なので
高い方が省エネになります



ただ、エアコンの年間電気代は
昔の断熱気密性能が悪い家で
シミューレーションしますから


今の家だと
ここまで差は出ませんけど


その分
今は30畳以上を10畳などの
エアコンで動かしますから


省エネ効率は間違いなく
高価格帯のが高いですね



頑張って
高い機種を省エネしてるのか



売れなくなるから
わざと安い機種を燃費悪くしてるのか
知りませんが・・・


結構上位機種と下位機種では
差がありますね




その他
ローコスト住宅で
効率だけを考えたら






過去記事にも書いてますが
仮に50万円だけ性能に使えるなら


窓よりも断熱材の仕様を上げた方が
よっぽど効率的ですし



光熱費でも元を取りたいなら
エアコンの機種も考えた方がいいですね







・別に好きなの選んでもいいんですけどね・・・



自分で書いてて
余りの貧乏性な
性格に悲しくなりましたが(笑)





「自分の家族が住んで
自分でお金を払う物なので
好きにしていいんですよ」






その為の注文住宅ですから




本来注文住宅って
元を取るとか

そういう考えじゃないので(笑)


・・・・・
・・・・
・・・
・・



わざわざ
なんで、こんな記事を書いたかと言うと



割高な大手ハウスメーカーを
批判してる記事が色々多すぎて



そのなかでも
大手メーカーって


我が家の倍くらいの価格するのに
アルミ樹脂だったりするので
批判されやすいんですが




例えば
「昔のシングル窓と樹脂サッシを比べると
年間5万円は光熱費が変わる」とか
よく言いますね



実際いまどき
そんな窓を入れるメーカーは無いと思うので


最低でもアルミ樹脂だとしたら
年間で6,000円しか違いませんが



特にお金持ちだと
毎月1万円程度の光熱費の差なんて
全然気にしないでしょうから







価格は大手ハウスメーカーより安く
断熱性能も高い工務店さんは


「省エネ」

「エコ」

「長い目で見れば光熱費で得をする」

「選ぶ人は賢いみたいな」


大手を煽る工務店さんも
いますけどね(笑)




その点
私みたいなガチな貧乏人だと
ちゃんと計算しちゃいますから



「いや、長い目って166年掛かるじゃん」
冷静に突っ込んじゃうんですが・・・






というか本来の価格って
樹脂のがお得になるんですけどね



サーモスとAPWって
定価ベースで比べると


家全部の窓でも
200,000円位の差なんですよねー


なので30年程で
元が取れるんですが


ハウスメーカーとか
中堅ビルダーとか



商品を大量仕入れで
安くしますので


「APW330の変更は100万円です(ドヤっ)」って

エコでも何でもない事言われるんですが・・・


なので超金持ちでも貧乏でも無い
普通の人は樹脂サッシが人気なのは
分かりますね



快適になるし、毎月の光熱費は下がるし
エコですし



・金持ちは光熱費を気にしませんし


・貧乏だとガチで計算しますから



車でも
「ハイブリッドにしても
元取れないじゃん」って
計算しちゃうタイプですね・・・


・・・・・
・・・・
・・・
・・


私も光熱費を
気にしないような
収入が欲しかったですけど(笑)










・結局バランスなんですよね



前にも、このような
お金と性能の話を書いたら



twitterで
「まず収入を上げろ」
煽られましたが・・・




今回書いた
窓、断熱材、エアコン


一番いいのは
どれも高性能に変更なのですけど



現実問題
特にローコストを検討してると
全部変更するのは難しいのですが



例えば
窓と断熱材とエアコンに
うまくバランス配分して
予算を考えるといいですよねー



例えば
どうしても掃き出し窓、引き違い窓は
性能が劣りますから


そこだけ樹脂サッシとか




断熱材も
屋根断熱の部分だけさらに追加するとか



なんでも完璧にする予算がなければ
バランスですね



その点は
オプション費用の載せ方が
ハウスメーカーによって異なるので


必ず得するわけではないですが




案外生活に余裕が出来てくれば


・窓はインプラスなどの内窓付けたり

・断熱材も内張りで増やせますし

・エアコンなんてそれこそ
 10年に一度は買い替えですし



屋根と基礎は
なかなか後でってのが大変なので


そこは最初から
性能、耐久性を
上げとくのが効率がいいですが



それ以外の
だいたいの物は


住んだ後でも
性能、快適性を上げる方法は
いくらでもあります




ただ
私の収入が上がる方法は
全然浮かびませんけど・・・




今回、何故わざわざ
このような記事を書いたかといいますと




次回記事より
ちょっとした事があって



住んだ後に
窓の性能数値を上げる方法・・・



我が家に内窓を入れる計画が
スタートします






◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年08月20日






夏の暑い時期


一条工務店の施主さんや
高断熱高気密な施主さんなどは


「家に入って
玄関開けると涼しくて別世界」みたいな事を言いますね



全館冷房なら
当然玄関開けたら涼しいと思います





さて・・・
ローコストの我が家はと言うと


玄関a


玄関と玄関ホールは
冷暖房を効かせていませんので



リビングから玄関に行くと
「あっついなぁ・・・」となります




玄関は風除室として
使っておりますので



外から帰ってきて玄関開けても
「涼しい~♪」とかありません(笑)



この間取りだと
「涼しい~♪」と感じるのは
リビングに入ってからですね




せいぜい屋根があるので
その分涼しいくらいです





我が家の玄関ドアは


玄関b


K4ドアなので熱貫流率4.07ですから
アルミサッシのペアガラスと同じですね・・・



断熱性能以外にも
値段が高い高気密ドアなら別ですが



普通の玄関ドアって気密も
窓に比べたら悪いですからねぇ・・・



まあ玄関というのは
出入りを想定してる場所なので
仕方ないですが・・・




ここを快適にするパターンは2つあって


・1つは玄関と窓を高性能な物に変える
 予算があればこちらがオススメですね



実際高性能G3住宅にお住まいの方は
玄関ドアに50万円以上のオプション費用を
掛ける人もいます



・もう一つが
 我が家みたいなお金が無い人用の


玄関は別室にして分けるという
パターンですね



リビング階段にして


靴やちょっとした収納以外は
何も無いので


外に出掛ける時以外は
用事も無いので
ここは冷暖房を入れていません



無理して
リビングのドア開けておけば
こちらも快適になりますが
無駄に光熱費かかりますからね



2月や8月だと
1,000円位は変わると思います



という事で




アルミサッシのペアガラスと同じ
Ua値4.07のドアが
どれくらい暑いのか


玄関c



玄関に
いつもの
Switch botを置いて
測定しました





玄関d


窓も2つあるので
恐らく、玄関部分は
一昔前の住宅性能と
変わらないと思います・・・



しかも東南向きなので
冬はまだしも
夏は朝から暑いです




・ローコストでK4ドアを検討している方や


・高性能なドアでも
 人の出入りが割と多い場合は


いかに玄関部分が
住宅性能に悪影響を与えるか
是非参考にして下さい



ぶっちゃけ10万円程度で
K2ドアに変更出来るなら
した方がいいと思います



ちなみに
高性能なメーカー、工務店で
検討している方は問題ないですが



我が家より
さらにローコスト住宅ですと


玄関e



一応、我が家のK4ドアも
「断熱仕様」なんて生意気な名称ですから(笑)



もっと性能の低い
アルミ仕様ってのもあるので
注意して下さい・・・







尚、リビングの
無冷房チャレンジは






こちらに過去記事がありますが



リビングと比べると
いかに玄関が同じ無冷房でも
暑いかが分かると思います






・エアコン無いと死ぬ奴・・・




ちなみに測定日は


玄関f


・最高気温37.7℃

・最低気温25.5℃と
 
かなり暑い日でした





まずは朝9時~夕方のデータですが


玄関g


なんと朝9時の段階で
30℃超えてます(笑)



朝から
外気温より高いってのは
大変ですが


東南向きなので
日差しが入るからですね



その分
冬はいいのですが


朝9時~10時なんて
太陽の角度が低いので
軒などでは対応出来ませんね・・・







そのまま12時までどんどん上がって
最高気温は33℃にまで上がりました



風が全く無い分
屋外より体感は
暑いんじゃないでしょうか


恐ろしい温度ですね・・・




同じ日のリビングの気温は
エアコンを入れているので
参考になりませんが





前回実験した
無冷房のリビングデータを見ると


玄関h



15時の段階でリビングは27.5℃ですから
5℃以上気温が違いますね




・リビングの方がUa値がいい

・リビングは日射対策をしている

・広さ(体積)が玄関よりあるので
 暖められても多少余裕がある



この違いで玄関と温度が変わります 






・夜には順調に気温が下がります・・・






こちらは前に行った
リビングの無冷房チャレンジで驚いたデータです


玄関1



玄関よりも
最高気温が
そこまで高くないってのもありますが



夜から朝まで
0.2℃しか気温が下がりませんでした




ある意味
高性能って事ですから
これはこれで嬉しいのですが




当然
玄関は違ってまして


玄関i



夕方から順調に下がって
17時~翌朝5時までの12時間で
3℃下がってますね




外気温ほどは
下がりませんし


これでも昔の家よりは
断熱性能はずっといいですね




そして
朝5時以降は


玄関L



昨日と同じように
早朝から気温が上がりますね・・・







玄関とリビングの
無冷房データを並べると



玄関n



気温は同じような日ですが
明らかに違いますね




リビングなんて
上がったら上がりっぱなしですから(笑)



とても同じ家とは
思えないデータですが


当然、同じ家ですから
この2つのUa値は同じになります



Ua値=外皮の平均熱還流率ですから




なのでUa値だけれは
快適差が測れないので
間取りの大事さですね











・お金を出すか、間取りの工夫を





冬に行った
どれだけ玄関が寒いかの実験



この時も言いましたが


やはり玄関というのは
住宅性能において
ウイークポイントです




そもそも人の出入りもある場所ですから



玄関ドアを高性能に出来る予算があれば
好きに作っていいのですが




そうじゃなければ


玄関m



こういう
玄関の気温が他の部分に
影響する間取りは考えた方がいいと思います




この間取りだと
浴室、トイレ、廊下
そして階段伝って2階までも
玄関の温度が影響しますから・・・






逆に言えば
こういう間取りが希望なら
無理してでも玄関を
高性能にした方がいいかもしれません



もちろん
ここも冷暖房を効かせば
ある程度は快適になりますし






我が家もリビングドアを
開けれてばいいのですが


光熱費が上がりそうなので
そこまでは実験出来ません(笑)




そもそも
開けてる理由もないですし
妻が絶対に閉めますね



我が家的には
リビングドアの向こうは
屋根がある外という扱いなので



まあ低予算なら
これがベターな作りかなぁと思います





◆参加ランキング◆


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




PVアクセスランキング にほんブログ村