固定資産税

2018年12月29日


本日(2018年12月29日)は

この新居に住み始めて
丸2年になります


引き渡しは引越しの3日前だったので
12月26日だったのですが


税金や控除などを計算すると

年内の引き渡しの方が
かなり得になりました






・年内と年明けで結構違う


家を買った後の支払いで

最初に思い浮かべる支払いが
固定資産税で


こちらは1月1日が計算日になるので

1月2日に引き渡しをすれば
そこから12月31日までは
家の固定資産税はかかりませんので


仮に我が家が1週間遅らせて
年明けに引き渡しをしたら

丸1年支払いしなくてよくなります

引き渡しa


3年間は固定資産税は半額なので
毎年の支払いが10万円ちょっとですが


かといって年明けに引き渡しすれば
全額が無くなるわけではありません



家は年明けの引き渡しでも
当然土地は既に自分の名義なので


仮に年明けの引き渡しでも
土地の固定資産税はきます


そして土地の固定資産税の計算として

その土地に家があれば税額は6分の1になって
都市計画税も3分の1になります



空き家を解体すると
税金が高くなるというのは
このルールのせいですね


土地が200平米以上の部分は
家も3分の1になりますが


その為我が家の場合の計算だと
年明け入居としても

3万円ほどしか得になりませんので

その他の年内引き渡しのが
得になる部分が多いので年内にしました





・住宅ローン控除は年内引き渡しがお得


先程の固定資産税だけ考えれば
年明け引き渡しの方が得ですが


住宅ローン控除は
年内引き渡しの方が得になります


引き渡しb

年内引き渡しでしたので
その年から住宅ローン控除が受けれます



10年間は控除されるので
年明け引き渡しでもそこから10年間は
控除されるので


期間は1年遅れるだけで同じですが


控除額が最大1%なので




金額の詳細などは過去記事



こちらに書いてありますが



支払った所得税が20万円の場合
ローン残高が2,000万円あれば
1%で20万円返ってきますが


1,500万円の残高の場合は
15万円しか返ってきませんので



例として2,000万円の住宅ローンで
毎月の支払いが6万円の場合は
引き渡しc

12月と1月では
年末の残高がほぼ1年ズレるので

残りのローン残高が減るので
最大で貰える住宅ローン控除は
7万円ちょっと違ってきます






・家賃がかかりません


今住んでいる住居が
賃貸住宅だったら


当然ですが1ヶ月引越しが遅れれば
1ヶ月分の家賃が多く発生します


私が住んでいた賃貸は毎月6万円でしたので

この金額が当然翌月になった場合は
かかってきます






・6月末か7月の場合はすまい給付金が変わります


今までの年内か年明けどちらが得かは


新居の土地の価値や
支払っている所得税によって
変わってきますが


ほとんどの方が
年内引き渡しの方が得になります


それとは別に

引き渡しd


すまい給付金があって

今の消費税8%の時は最大30万円
10%になったら最大50万円が控除されます



過去記事に詳しく書きましたが




webだと年収510万円以下と
書いてありますが

実際は年収650万円位までなら貰えます




こちらの収入判定が

引き渡しe


このようになっているので


残業をたくさんした、転職した等で
前年と年収が全然違ったら

低い方にした方がお得にはなります



私の場合平成28年12月引き渡しなので

対象の収入が平成27年の1月~12月なのですが


今の会社に転職したのが
平成27年の11月なので

前職の方が給与は低かったので

・27年の収入だと20万円
・28年の収入だと10万円


10万円も控除額が違ったので


こちらもシュミレーションしてみると


2018年05月25日


先日、今年度の
固定資産税通知書が
やってきました


住宅ローン減税の
プチボーナスが消えました




・調査員が来ます


引越して1ヶ月~2ヶ月位


固定資産税の
調査員がやってきます


もちろん抜き打ちって訳では無く

ちゃんと電話があって来ます


その時に
設計図や契約書を
用意しといてとの事でした




・一応固定資産税のおさらいです


簡単に言うと
家とか土地持ってるなら
税金払ってという事ですが


土地や家の広さだけではなく
家の作りによっても金額が変わります


・スレート屋根より瓦屋根のが高くなるし

・グラスウールより吹き付け断熱のが高くなるし

・サイディングよりタイルのが高くなって

・軒の長くなれば長いほど金額も上がったり


要は

家の金額が高い=税金も高い
というのが固定資産税です



・計算式です


固定資産税が決まる式が
割と複雑ですが


どこのブログよりも分かりやすく
なるべく簡単に言うと


建物の建設費×0.7=公示額


公示額×0.5~0.7=課税額


課税額×1.4%=税金の金額です




固定資産a

我が家の場合は
17,383,610円なので

17,383,610円×0.7=12,168,527円

この12,166,000円公示額なので


ここから0.5~0.7を掛けます

12,168,527円×0.5だと=6,084,264円

12,168,527円×0.7だと=8,517,969円


最終的な固定資産税は1.4%掛けるので


6,084,264円×1.4%=85,180円から

8,517,969円×1.4%=119,252円まで


この間が建物の目安となります



・この0.5~0.7がポイントです


この0.5から0.7の
数値を決めるのが


家を見に来る調査員なので


この調査員が

「この建設費の割りには」

ショボイ!って思う家は0.5を掛けますし

豪華!って思えば0.7になります



こちらに土地の評価額を
加えた物が

固定資産税になります



尚、調査に協力しないで
家に入れなかったりすると
一番高い税額になるので


優しく迎え入れましょう




・3年間は半額になります


家建てて最初の固定資産税から
3年間は半額になりますので

上記の例だと

42,590円から59,626円の間になります
(土地の評価を抜いた金額です)


税金の見直しも3年に1度あるので
3年後は若干金額は安くなりますが

半額が無くなるので

4年目が一番税金が上がります





・調査員さん物凄く見てます



ほとんどの方が
自分で気に入って設計した
新築ですから

私もそうですけど


瓦だし、吹き付け断熱だし
スキップフロアあるし
太陽光もあるし
などなどで


ローコスト住宅とは思えないほど
税金高くなるかもって思ったのですが


建築金額なりの
普通の税金でした


まあ0.5~0.7までしか
調査員決めれませんが





・我が家の固定資産税


固定資産b

我が家は

建物が延床で34,56坪

土地は64坪です




固定資産c

土地評価が
1,040,969円


建物評価が
8,012,230円


0.5~0.7の数値を決める
調査員の評価は


0.658なので
割と良い家と思ってくれたみたいです


悪く見られた方が
税金は下がりますが
それも悲しいし難しいですね




・最終的な固定資産税は


先程書いた
3年間半額は


建物のみ有効なので
土地の方は半額になりません

なので

固定資産d

土地評価
1,040,969円の1.4%=14,570円


建物評価
8,012,230円の1.4%=112,172円

合計
126,742円から

建物の112,172円のみ半額なので


3年間の固定資産税は

70,600円になります




・謎の都市計画税


3年間は半額ですから
70,600円が固定資産税ですが


その隣に
都市計画税というのがあって
こちらももちろん支払います


固定資産e


「甲府市は都市か?」


という疑問が


1年過ぎても
解決しませんが


ちなみに甲府市

全国の都道府県で
一番人口が少ない
県庁所在地らしいです



家を建てる場所によっては
こちらも支払います


こちらは半額制度はないので
30,200円が追加で

固定資産f


総合計で
100,800円が一年にかかる税金です


3年間はこの金額で
4年目はもっと上がりますので


計画的に貯金しておきましょう



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年04月23日

引き渡しが終わったら
外構を色々したいのですが


外構は無くても住めるので
まあ引き渡し後にゆっくりという計画ですが

物置だけは最初に設置をしたいです。

物置b

とりあえず右奥に物置を設置する予定です





・引越し前に設置したい


エアコン工事やネット回線の工事など
家の中の工事は
引き渡し後でお願いしますとの事なので


エアコン工事は引き渡し日に
ネットとテレビ回線の工事は
引越し日当日の予定ですが


物置は家の中には入りませんし
土地は私の土地ですから
自由にできます(笑)


一応業者の出入りがある時は
設置作業は
控えて欲しいという事でしたが


施主検査後なら引き渡し前でも
大丈夫という事でしたので

引越し前に物置が設置出来そうです



・固定資産税が上がります


しかし工務さんが言うには

物置=固定資産らしく

引越しして1ヶ月位で
固定資産税の調査が来るけど

物置があると
固定資産税の金額が上がるよと




・金額は教えてくれませんが上がるらしい


ローコストな家なので
たいした固定資産税では無いと思いますが


物置のあるかないかで若干変わるらしいです
(数百円の差らしいですが)


ちなみに
家が瓦屋根とスレート屋根なら
瓦の方が税金が高くなったり


吹き付け断熱とグラスウールだと
吹き付け断熱のが税金が高くなったり


高い部材=高い税金
なるらしいので


同じ大きさでも
レオハウスやタマホームの家と
ヘーベルやスウェーデンハウスなら
結構な差が出そうですね




・何故か賃貸アパートに物置が


何故引越し前に物置が欲しいのかと言うと

前住んでた2LDKのアパートですが

物置a

1世帯ごとに物置が1つ使えて
ここにスタッドレスタイヤや自転車を
入れていましたので


引っ越し時には物置の物は
物置に置きたいという希望です



固定資産税が数百円上がってしまいますが
庭に出しっぱなしも嫌なので
早速物置を購入します




・とりあえず物置=ホームセンター


ホームセンターの駐車場に行くと
いつも「大特価」とか「半額」とかで
物置が置いてるので


3軒ほど
ホームセンターに行ってきました


物置なんて
100人乗っても大丈夫なメーカーしか
知りませんが

物置1


カインズホームのオリジナル物置が
性能の割りに安かったのでこちらを購入
(サンキン物置というメーカーのOEM品)

定価84,800円が
期間限定5,000オフと言う事で
すんなり決定しました


物置2

設置工事費は込みなのですが
アンカー工事という
コンクリート流してボルトで固定する工事を
オプションで追加しました

総額で90,600円です




物置c

とりあえずタイヤ4本と
自転車を入れる場所が
出来たので良かったです



現在は

・スタッドレスタイヤ4本
・自転車
・洗車用品
・瓦施工の際に余った瓦10枚位
・庭用の屋外掃除機

などが入っていますので


物置が無かったら
何処に置こうか悩んでしまいますから