ハウスメーカー

2018年08月21日


この画像3枚の中で

どれが一番
「いい家」に見えるでしょうか?


金額a


金額b


金額c


答えは人それぞれ違うと思いますが


私なら
「最初の家がいいな」と思います



では今度は

同じ画像に
金額を付けます


金額d


金額e


金額f

答えが同じ人もいれば


この金額の割りには
お得だなーと


答えが変わった人も
いるかもしれません


ちなみに
ハウスメーカーは合ってますが


金額はモデルルームなので
適当です


多分3種類とも
この金額では建たないと思いますが


ハウスメーカーの相場だと
思って下さい






・欠陥住宅以外に悪い家はない?



ちょっと言い過ぎですが


欠陥住宅や施工ミスは置いといて


それ以外でも

「失敗したなぁ」という部分は
生活を始めたら
色々出て来るかもしれませんし


中には

「安かろう、悪かろう」の家も
あるかもしれませんが


ここみたいな
マイナーな個人ブログまで見て頂いて


ネットで情報を収集している方なら
そこまで騙される事は少ないと思います






・当然高性能は高価格です


我が家の窓サッシ

サーモスⅡHです

金額g


アルミ樹脂複合サッシで
熱貫流率は2.33です



一方こちらは

サーモスXです

金額h

熱貫流率は1.03
かなりの高性能です



当然ですが

金額は

サーモスXの方が
かなり高いです







・どこで妥協するかです


ある程度の
予算が必要なメーカー


我が社は樹脂サッシで
トリプルガラスです

熱貫流率は〇〇ですと説明されて


数年前でしたら
割と高性能だった2.33の
サーモスⅡHも


「これでは性能が低すぎる」

「我が社では絶対使いません」


みたいな話を言います


その工務店が
サーモスXを使っても

サーモスⅡHと
同じ金額で大丈夫ですと言うなら


ものすごい
自慢してもいいのですが


当然その分金額は上がります・・・





・間取りやどんな家が希望かの前に予算を決める


予算を決めないで

住宅展示場や工務店を
見た場合


おそらく

金額が高い方が
「いい家」って思います


200~300万円位の差なら
安い方がいいって思う事もありますが


1,000万円違ったら


全然別物な位に
豪華になるか


ものすごい
高断熱、高気密の家になります


なので

最初に予算を決めて

それ以上の金額なら


そもそも
「あ、それは無理」って


対象外にする事が大事と思います


見る目を鍛える為に
高いメーカーを見る事は大事ですが


「見るだけ」にします






・本当に無理の無い支払い割合


一般的に
お金を貸す方(銀行など)は


収入の3割が
安全圏と考えて


これくらいなら
普通にお金を貸します



年収500万円の人がいて

3割だと150万円ですので


ボーナス払いが無い場合は

150÷12=毎月12.5万円です


年収500万円の人が

毎月125,000円を
35年間払うなんで


絶対無理ですが


銀行は大丈夫と言って
貸してきますし



成績が欲しい営業さんも
「大丈夫ですよ」って言ってきます






・安全圏は手取りで25%までだと思います



年収500万円の場合


もちろん扶養家族の人数などで
手取りは変わりますが


平均的な数字を出すと


月収35万円で35万×12ヶ月で420万円

ボーナスが40万円を2回80万円


これで額面が年収500万円なら




35万円の手取りだと27万円位ですので


27万円×12で324万円

ボーナスの手取りが
30万円が2回で

合計して手取りだと
384万円


これから25%なら
年間960,000円なので



ボーナス払いは0にして
毎月80,000円です


この位なら
問題なく払えるかなぁ
思いますし


今が賃貸なら

ほとんど変わらないか
安くなる人も多いと思います





・さらに安全を求めるならボーナスは計算しない


上記でも
安全圏だと思いますし


私も手取り25%ルールを
上限に家を探しました




幸いにも土地代が
格安で手に入ったので


ボーナスは
一切計算しないで25%になりました



ボーナスを計算しない例だと


先程の年収500万円


・月収35万円
・ボーナス40万円が2回


この例で

ボーナスを計算から
除外します




なので月収35万だと

手取り270,000円

25%以内だと


毎月67,500円です


これなら
住宅ローン

全く負担にならずに
生活出来ると思います






・これでいくらまで借りれるか


35年固定で
金利は1.2%で計算しています


金額i



額面年収500万円の人が

ボーナス込みの手取り25%だと
2,740万円借りれて


さらにボーナスを計算しない
2,310万円借りれます



頭金の額にもよりますが
200~300万円の頭金でも


3,000万円近い家が建つので
ローコスト住宅なら充分ですね



ちなみに銀行が言う

額面の30%だと

金額j



なんと
額面年収500万円でも

4,270万円借り入れ出来ます


随分豪華な家が建ちそうですが

毎月の支払いも豪華ですね







・共働きでも計算に入れない



我が家は共働きですので


世帯収入で
計算すれば


毎月の負担率は10%ちょっと
なりますが


家を購入する時には
一切計算にいれませんでした


私が死んだり
ガンにかかったりすると


団信で支払いも免除になり


生命保険なども
降りますので

家の支払いは問題ないですが



妻が仮に亡くなっても

生命保険は
たいした事ない金額です


その場合でも自分の収入で
問題ない金額なら


最後まで
手放さずにすみます






・家買ったから我慢しなさいが嫌でした


最初の1~2年なら

「家買ったから仕方ない」

色々我慢出来るかもしれません




しかし住宅ローンは長期ですから


時間が経つと
その家に住んでいるのが
当たり前になるし


仕事のストレス

子育てのストレスなどを



ストレス解消で

・外食したり
・旅行に行ったり
・趣味の物買ったり


などを


住宅ローンで厳しいから
出来ないとなると


どんどん悪循環になると思いました



また子供も


例えば高校生や大学生で

「パパ家がボロいから買って」
なら多少の我慢もすると思いますが


我が家は2歳と0歳です

この家があって
当たり前なので


「おもちゃ買って」

ローンが大変だから無理って買えないと
子供も悲しくなるし


家族の幸せのために
買ったのに


なんの為に
家を買ったのか
分からなくなると思います



本当に無理の無い
金額なら


家以外にも色々
お金を使えます


そう考えると


金額f


金額g


この家や
この窓サッシが


いい性能に思えてきます(笑)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年08月10日


家を建ててから

同僚や友人に結構相談されました。


田舎なので

「結婚したから」

「子供が生まれたから」


などなど

家を買うのが当たり前みたいな
感じなのですが


建てる前は
色々理想を言って


ああいう家がいい、こういう家がいいとか
言うのですが



当然、夫婦で建てるなら
二人の意見だし


子供が大きいなら
子供の意見も入ってきます






・コツは絶対に譲れないものを挙げていく



幸い我が家で失敗したなぁと思ったのは


トイレのメーカー位で

打ち合せa

別に普通に使えますからいいですが
やはり流すボタンが欲しかった・・・



それ以外は全てにおいて
満足してますが


建てる側は素人なので



プロの設計士さんが

思ってもいなかった
アイデアを出したりします




打ち合せb

こちらが初めて貰った
レオハウスの間取りです

まだ土地も決まってない状態で

スキップフロアと全部LDK以外は
設計士さんにお任せで出してもらいました




打ち合せc

こちらが最終決定の間取りです
初回と全然違います



打ち合せしていくと
これ位は変わりますから


その時に

全部が「出来たら○○したいなぁ」位の考えだと



別の案を提案された時に

「その案もいいですね」と曖昧になり



結局どうしたかったのか分からなくなり

結局満足しなかったりしますので



「○○だけはダメとか」

「ここは絶対に○○にする」など



絶対に譲れないもの


ハウスメーカーと話す前に
紙にでも書いておいて


メーカーの間取り図や見積書に
貼っておくといいです



そうしないと
気が付いたら
予算の都合で無くなってた
とか


別のアイデアで
当初欲しいものが無くなってたとか


住み始めてから後悔する可能性が出ます





・私の絶対譲れなかった部分


①屋根は瓦にする

②吹き付け断熱にする

③1階は別室はいらなく全部LDK

④スキップフロアが欲しい

⑤リビング階段にしたい



これだけはメーカーを決める前から
決まっていました



5つ全部が「家買おうかな」の段階で
決まってた訳では無くて
(瓦とリビング階段だけは決まってましたが)



後は建売住宅を何件か見た後に


この5つだけは譲れないと
ハウスメーカーを見て歩きました






①と②は家の部材指定です


詳細は過去記事にありますが








長く家を持たすなら瓦しかありませんし


ローコストでも断熱、気密を取りたいなら
吹き付け断熱にするのが間違いないので


こちらは設計士さんや営業さんが
他の物を持ってきても
交渉の余地はありません




③④⑤に関しては


全部LDKでも
デザインは設計士さんによって違うし

当然スキップフロアもリビング階段も
違うので


色んなハウスメーカーを見ましたが


契約したレオハウスの間取りは
満足しています



「家を建てよう」と家族で決まった段階で

色々希望が出てくると思いますが

いくつかは

絶対○○したいという希望



例えば

断熱性が高い樹脂サッシのトリプルガラス

とか


子供が多いので
脱衣場は3畳以上

とか


妻の希望などで
キッチンは絶対トクラスでオープンキッチン


などなど


建築部材や設備の指定をしたり
譲れない間取りの条件を


あらかじめ予定してから
話し合った方がいいです





・全部は決めない


建築部材なら予算さえあれば
全部決めてもいいのですが



間取りは素人が考えたものだと

導線が悪かったり
風の通りが悪かったり




やはり設計士さんはプロですので

譲れない事だけは伝えて


間取りを作ってもらい
詳細を一緒に話し合わないと


実際に住み始めたら
住みにくい家になってしまいます




打ち合せd

窓一つとっても
風の通りを計算しますし




打ち合せe

実際生活したら導線が
どうなって、どうすれば動きやすいか
などを希望や家族構成、生活パターンを
考えて設計してくれます 


その為にも
設計士さんと
相性が悪いなぁと思ったら

そのメーカーは
契約しない方がいいですね





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング

2018年08月02日


1、2回だけで
「ここは無いな」というメーカーも
多かったですが


最終的に
結構話が進んだのは
3メーカーありました


当然毎回打合せの度に
間取りは変わっていったので


初回から
どのように最終決定までに変わったのか
書いていきます





・最初の間取り


「ハウスメーカーが色々変わりますが
順番は時系列順になってます」



最初に行ったのは

紹介で行った仕事の付き合いがある
某メーカーで

このブログを始めて最初に書いた記事





こちらですが


・スキップロアが欲しい
・別室は要らないから全部リビングにしたい


こちらの希望を伝えて
出来た間取りがこちら


間取りa

なんとスキップフロアは無いし
要らない和室があります


普通なら初回でお断りなのですが


仕事上の付き合いもあるので
とりあえず継続します





・2つめで理想に近づく


次に行ったのが
タマホーム


一気に理想に近づいたのは

タマホームの
モデルルームが気に入ったので


「同じように作って下さい」と言ったので


営業さんも楽だったと思います(笑)



出来た間取りがこちら

間取りb


細かい所は色々違いますが
最終決定と結構似ています





・最初のレオハウスは全然違います



タマホームの帰りにそのまま
レオハウスに初めて行きましたが


アポ無しで行ったので
営業さんや設計士さんとは話せず


受付の方と新人さんと
モデルルームを見たので

なかなか説明のしようが無く



・スキップロアが欲しい
・別室は要らないから全部リビングにしたい

相変わらずこれだけ伝えた結果


間取りc


「普通スキップフロアって言えばこっちか」と・・・




間取りd

たしかに「スキップフロア欲しい」と
言ったらこうする気がします



これもこれでいいのですが


・隠れ家にならないし
・下はいらないし


などなど、このスキップフロアは
採用する事は無かったです



間取りe

モデルルームを一緒に見てる時に
脱衣場に収納あるのがいいねーって
話を覚えててくれて
狭いながらも作ってくれたのが

好印象でした





・ここでタマホームの間取りを伝えます




タマホームの
モデルルームが気に入ったので


当然タマホームの間取りが
一番理想に近いのですが



他のメーカーにも

タマホームの
モデルルームが良かったと伝えて


間取り図を見せました



ここで土地も決まって

建てれる大きさや予算も
だいたい決まって

出てきたのがこちら

間取りf

一気にタマホームの
間取りに近くなりましたが


間取り以外も
どうも営業さんと合わず

これ以降はお断りになりました





・レオハウスも理想に近づきました




間取りg

レオハウスの
(多分)4回目位の間取りです


最終決定にかなり近づきましたが


玄関周りが気に入らないのと


スペースの都合で削除された
脱衣場の収納が
やはりどうしても欲しいなと


次回の修正をお願いしました





・タマホームは何故か逆に


土地が決まって
3メーカーとも見てもらったので


タマホーム以外の2メーカーと
私達も


右側が玄関だと思っていたのですが


タマホームは
何故か逆の配置になりました

間取りh


右が線路で
左は隣家なので


玄関が右側になるのが
当たり前と思っていたのですが・・・


間取りi


実際はこのように建ってますので
まあ右だと思いますが・・・


この辺りで
毎回営業さんしか打ち合せをしない
タマホームと


設計士さんも常に一緒にいる
レオハウスで


細かい部分で
レオハウスのがいいかなぁとなりました





・契約時のレオハウスです


結局レオハウスと契約になりましたが

契約時の間取りが

間取りj


このようになり


契約後も
少しだけ変更して


最終図面は


間取りk

このようになりました


初回打ち合せから見ると
結構変わってますので


自分で理想と思える間取りにするには
営業さんや設計士さんとの



2018年07月28日


何度か先送りしていた
消費税増税ですが


ニュースなどでしていますが
今回は先送りせず
決定みたいな流れですね・・・


2019年10月からなので
まだ1年以上ありますが


注文住宅の場合は

契約してから
引き渡しまで時間がかかるので
特別な措置があり

消費税a

2019年3月末までに契約していれば
引き渡しが10月過ぎても8%になります


2019年4月以降でも
引き渡しが10月末まででも
もちろん8%で大丈夫です





・私なら増税後に家を建てます


仕事や子供の都合が無くて

いつでも完成でいいのなら


まだ、駆け込み需要が無い今のうちか

増税間近になったら待って
増税してから建てます



①金額は変わらない

前回、前々回の消費増税の時にも
駆け込み需要が多く

増税後の反動で

前回が9%
前々回は15.6%も

前年比で落ちました

日用品や家電製品と違い


住宅は、それほど売れないけど
1つ売れれば利益が高い商品なので


当然、余りに売れなくなれば
値下げの余地はあります


土地代は消費税はかかりませんから

家の部分と手数料だけが消費税がかかるので

我が家だと2,000万円位なので


消費税8%だと160万円
消費税10%だと200万円

差は40万円ですから


キャンペーンや値引きで充分
引ける金額です


駆け込み需要で
お客様が多い時期は
当然値引きを頑張る必要もないので

お客が少ない時期に建てた方がいいです



それだけ利益率が高いって事ですが



②駆け込み需要で施工ミスが増える



当然お客が多くなれば
施工数も増えて

施工ミスなどが増える可能性が上がります


現場の大工さん以外でも
営業さんや工務さんも


普段より多く顧客をかかえるので
ミスも増える可能が上がります



③施工ミス以外でも理想の家が出来ない事も


私が契約した時は
レオハウスも暇そうでしたので

何回も打ち合わせが出来ましたが

当然忙しくなると

営業さんや設計士さんも時間に追われますので


普段なら出来る提案が出来なくなったり
打ち合わせが減る可能性も出てきます


また設備品も
受注が間に合わないという事も出て来ます


その際に
引き渡しを伸ばせなくなったら
違う設備を入れるしかないですし


キッチンやお風呂など
選べるメーカーも減る可能性が出て来ます




消費税b

暇な時期だったので
契約もせかされませんでしたし
工期も短かったです




①②③共通ですが


増税関係なく
忙しい時に家は建てない方がいいです



④すまい給付金は10%に対応済です


消費税c


すまい給付金ですが
私が契約した時は最大で30万円でしたが


10%に増税すると
最大50万円になります


こちらは収入に寄って
変わってくるので

全員が得する訳では無いですが・・・


消費税d

前にこちらでも書きましたが



こちらの年収は基礎控除と社会保険を控除した後の年収なので
年収650万円位までは補助金が貰えます

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年07月20日


以前に
「レオハウスに決まるまで」
カテゴリで書いた話ですが



検討している方から

是非詳細を教えてという事で


当時はちょっとだけ書いたのですが



過去記事はこちら





実際に何度か完成展示会にも行って
見積りも貰って検討しましたが


かなりローコストで建てれるので


詳しく書いていきます







・延床32坪、全てコミで1,660万円です


行ったのは甲府が本社の

デザインハウス甲府さんというメーカーで


全国にある
デザインハウス○○という工務店は
全てここからコンサルティングをして



地方の工務店が
デザインハウスと名乗っているので


フランチャイズじゃなくて
独立はしてるのですが


ここが本店みたいな感じです







・とにかく安い



2回ほど見学会を見て

打ち合せも3~4回行ったのですが

最終的にご縁は無かったのですが


ここより安いメーカーは
他に無かったです


1600a

こちらが

検討していたプランで


延床面積は32坪

付帯工事費込で
1,298万円というプランです


今は太陽光も付くみたいです



一番安いプランは

28坪位で999万円というのもあり

かなりのローコストで建てれます



28坪の家は実際見たのですが

ちょっと狭すぎたので

32坪プランで検討していました




総額で2,650万円と
記載がありますが


土地代が900万円
地盤改良予備費で 90万あるので


建物と諸経費の総額は1,660万円です


なので28坪のプランなら
家の総額は1,400万円あれば建ちます






・どれ位安いか比べてみる


こちらがレオハウスの契約時の金額です


1600b


こちらが総額2,693万円ですが


同条件に直すと


既に土地が決まっていたので

土地代は600万円

地盤改良予備費は50万円ですので


建物の総額は2,043万円です


2つを比べると

その差は383万円になります







・383万円の差です


検討段階から営業さんが

「うちはタマホームより200~300万安い」と言う位


かなりのローコスト住宅なのですが

この後に
タマホームにも行きましたが


一番安い「木麗な家」よりも
200万円は安いです




レオハウスのプランとは

新車1台分は違うので

結構な違いなのですが


色んな部分が
若干違っていて

その積み重ねで
レオハウスになったのですが

主な違いをまとめると

1600c

こんな感じで
設備面がやはり

若干安いだけの理由はあるのですが
(理由なく安い事はありません)


洗面台は広さも違いますが

お風呂とトイレは
グレードは同じだったので

LIXILにすれば全く同じ物です





・どうしてもしたい間取りがあったので


間取りフリーのプランでしたが


1600d


どうしてもツーバイフォーなので
耐力壁が取れずに


私がしたかった


・他の部屋いらないから
 広いリビングが希望


・キッチン周りも一切壁は無くす


・吹き抜けのスキップフロア



この辺が作れずに



お断りになりましたが



・設備は全部LIXILで構わない


・間取りも普通の間取り


・断熱材や窓サッシはこだわらない



これで良ければ

建売と同じ金額で
注文住宅が建てれます


建売住宅と違って


ある程度の間取りは決めれるし
作っている途中が見えるので


悪くないなぁと思います





・当時は言いませんでしたが


是非、吹き付け断熱と
樹脂サッシのオプション費用も
知りたかったですが・・・



この2つがネックだと思うので
ここが改善されないとキツイですが



ここの営業さんは


うちはこの値段で
満足出来る家が建てれるから


建築費に2,000万円以上出せるなら
違うメーカーのがいいよという


ある意味正直な方だったので



断熱とかサッシ変更するなら
他のメーカーのがいいって
言うかもしれませんが(苦笑)



仕事の関係で屋根材や壁材は
最初から分かっていましたが



窓サッシや設備など

自分で知識を得ないと



安いからだけで買ったら
後で後悔するかもしれませんし




納得した上で購入すれば
安くてお得な買い物したってなりますので


やはりある程度は
知識を得ていくしかないですね




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング