お金のこと

2018年06月22日


家を建てる際に

大手のハウスメーカーに依頼するか

地域の工務店に依頼するか


これで悩む方が多いですし

このようなブログも多いですね


そしてほとんどのブログが
工務店をオススメしています


大手a

一条工務店も名前だけは工務店ですが
当然大手ハウスメーカーですね





・何故ブログは工務店をオススメするのか


「ハウスメーカー 工務店」
これで検索すると多いのが


ハウスメーカーではなく
工務店のがオススメというのが多いです


何故かと言えば

大手メーカーはブログを書きませんから


ブログを書いているのが
工務店ばかりだからですね・・・



我が家が建てた
レオハウスもそうですが

その他大手ハウスメーカーが


自分のサイトで
工務店批判しませんし

そんな記事もちろん書きません





・一般的に多いハウスメーカー批判の理由


①宣伝費があるのでその分上乗せされる


工務店の営業さんが
必ず言うセリフですが


働いている方なら自分の会社は
宣伝していませんか?


私の勤務先も色々
宣伝広告やCMを出しますが


宣伝広告費は経費ですから
その分税金が減りますし


節税対策としても出します


もちろん大手なら
自分の会社を知ってもらうという
本来のメリットもありますが


宣伝費がそのまま利益が減るなんて
事はありませんね


大手b

レオハウスはクレヨンしんちゃんですね



②人件費が高い


従業員も多いですから
人件費がかかるので
その分価格に上乗せされます


これは確かに
上乗せされる部分ですが


これも経費ですから

そのまま利益分を
上乗せする事はありませんし


人が多いという事は
何かあった時のトラブルも早いですから


安心料と考えると仕方ないと思います





・大手ハウスメーカーはクレームが多い?


これも最初の話と同じですけど

どこもクレームはありますが

例えば1%がクレームになるとして
(100戸作って1戸クレームの計算)


年間1000戸の大手メーカーなら

100戸に1戸だと

1年間で10戸がクレームに



年間20戸の地域工務店なら

100戸に1戸だと

5年に1戸だけクレームの数です


同じ比率でもこうなりますので

大手メーカーの
クレーム系ブログのが目立ちますし


例えば
○○町の○○工務店はひどい
なんてブログがあっても

その地域の人じゃないと
そのブログに辿り着けません・・・







・実際値段は違う?



格安の建売住宅のような


特に特別な作りや
注文が難しい商品がなければ




大手c

ハウスメーカーで契約しても
施工は町の工務店がするので
ハウスメーカーの取り分が無いので
価格は実際安いです



ただ、ちょっと変わった事がしたいとか

キッチンは「これ」みたいな決まりがあると


大量発注の分
キッチン、バスルーム、トイレなどは


大手ハウスメーカーのが
安くなります



実際レオハウスに決まるまでの
過去のブログにも書きましたが


「うちはタマホームより200万円は安いですよ」
ってありましたが


設備のグレードが
タマホームより低かったのと


キッチンを変更したり

リビングの希望や
スキップフロアの吹き抜けなどを希望すると


あっという間に値段差が無くなります





・最終的には人です



色々書きましたが


注文住宅は既製品では
ないですから


最終的には
「いい人にあたるかどうか」です


私が建てた時の現場監督さんは
本当にいい人でしたから


仮に今から
もう1軒建てないと
いけないとなった場合に



同じ監督さんに頼みたいですし

その方が転職して
違うメーカーにいたら
そのメーカーに頼みたいですし



独立して工務店でも作っていたら
その工務店に頼みたいです


余りにハウスメーカーは
オススメしないブログ
多かったので書きましたが


いい人にあたるかどうかが重要です



そして大手ハウスメーカーなら
ネットで色々記事が出ますが


地域の工務店はネットには出ませんので


家建てた人に直接聞くのが
オススメです


地元の美容師さんあたりに聞くと
「あそこで建てた人知ってるよー」
とか言われます





・私が大手ハウスメーカーにした理由


いい人と出会えたのが大きいのですが

それ以外の一番大きなメリットは



・そう簡単に潰れない

これが大きいです


仕事の関係上
地域の工務店なども
100社以上は付き合いがありますが


1月に1社位は潰れてます


大手なら潰れないという保証もないですが
契約したレオハウスは上場企業なので


会社のIR(決算情報)が見れますので
問題ありませんでした

大手6

3年連続で営業利益が赤字のレオハウス
売上高は上がって利益は下がっているので

お客から見たら
「いい物を安く」ですけど


3年間で18億円の赤字ですから
町の工務店なら潰れてますが



大手7

クリクラやダスキン
建設コンサルタントで稼ぐので
トータルだと黒字企業です


数十億円の先行投資が出来るのは
大手メーカーじゃないと無理ですね



万が一の病気事故の為に
自動車保険や生命保険を
掛けているのと同じように


長い付き合いになる
自分の家ですから


潰れなそうな会社を選ぶのも大事です



大手メーカーも実際の施工は
地域の工務店に下請け出しますから


実際の施工能力は同じなのですが


仮に物凄い問題が起きて
完成間近の物を立て直すとなったとして



大手メーカーなら
1,000万円や2,000万円の損では
潰れませんが



地域工務店だと、それは出来ません



大手d

レオハウスと契約しても
実際の施工は下請けの大工さんです






・そもそも当たりの工務店が見つからない


残念ながら地元に
「ここで建てたい」という
工務店が無かったですが


多分大手メーカーより
安くて、腕もいい工務店も
あったと思いますが


大手メーカーがチェーン店なら
地域工務店は町の料理店です


チェーン店なら
特別美味しくもないですが
想像している味が出ます


町のお店は
凄い当たりもあれば
凄いハズレもあります


1回1,000円位の食事なら
試せますが
数千万円だとなかなか試せません



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年06月19日


昨日書いた記事




こちらにも書きましたが
私は家計簿を15年位付けています




我が家は小遣い制ではなくて
共働きで財布は別です



その為お互いの収入も
月○○万円位と
「だいたい」しか知りません



私が
・住宅ローン
・光熱費
・家の税金類
・家族の医療費、病院代
など


妻が
・家の日用品
・食費
など


こんな感じで払っていて


夫婦の買い物行った時や
外食は

ワリカンで払う事もあります


自動車など高額な物も
自分の物は自分の貯金で支払います





・15年続いてる1,000円家計簿


そんな訳で
私は家計簿を付けていますが


社会人最初の数年は
給料日まで150円しか無いという
生活でしたが



これではいけない


と家計簿を書き始めましたが


なかなか面倒なので

長く続きません・・・




色々試行錯誤した結果

1,000円家計簿になりました


家計簿a


名前や貯金額などを特定
出来る項目は消したので
見にくいのですが


簡単に言うと


名前の通り
1,000円単位で付けます





・家計簿が続かなかった原因


最初に面倒って思ったのは


・スーパー 648円
・コンビニ 260円

こういうのを全部付けてるのが
面倒と感じたので


今の「1,000円家計簿」


財布から1,000円減ったら付けます

上の例だと
私の家計簿では

家計簿b


オギノって言うのは
地元のスーパーなのですが

スーパー 1,000円のみになって
小銭で払える物は付けません


会社では基本毎日
コンビニ弁当ですが


nanacoに3,000円チャージして
財布から3,000円減ったら


家計簿に食費3,000円で


nanacoが無くなるまでは
家計簿は付けません





上の例で
コンビニで食べ物以外
買った場合ですが

1,000以下なら付けません


財布と貯金の額と
家計簿は合いますし


そこまで100円単位で
何に使ったかは分からなくても
大丈夫ですし


そこまで知りたい人は
多分
普通の家計簿が続く人です


あくまでも財布から
1,000円が減ったら書きます


今の貯金額と財布の金額も
書きこむので


それが合っていれば
細かい項目は気にしません





・たくさん買い物しても楽です


例えば
ドラッグストアで色々買った場合に
実際に買ったものが


子供のミルク 2,678円
歯ブラシ 430円
ビール 1,196円
皮膚薬 645円
洗剤 321円
牛乳 181円

合計 5,451円ですが

私の家計簿の場合
小銭で451円あれば


ミルク代 3,000円
飲み物 1,000円
皮膚薬 1,000円

家計簿c

これだけ記入します

仮に451円の小銭が無くて
6,000円使ったら


飲み物を2,000円にして
調整します


細かい物は分かりませんが
お金の管理だけ出来てれば
充分です





・項目もなるべく簡単に


色分けしてるのは
項目分けです

・ローン費用

・保険代

・光熱費

・携帯、ネット代

・食費

・飲み物代

・デート代
(妻と一緒の買い物)

・服飾代
(服と美容院、化粧水等)

・車代
(ガソリン代、タイヤやオイル交換)

・薬、病院代

・子供の費用

・家庭用品

・仕事経費

・貯蓄代

・税金や団信
(毎月貯めてまとめて払ってます)


この中で全て収まるようにしていますが


これは始めるうちにだんだん
増えて行ったものなので


最初はとにかく

1,000円が減ったら
家計簿に書く

これでだいたいのお金の流れを
把握出来るので


気が付いたら
無くなってるという事はなくなります

昔は
あれ?お金減ってるけど
何に使ったかな?


という事があったので


1,000円家計簿は
管理が楽な割りに
お金の把握は「だいたい」出来るので

ズボラな方や男性にオススメです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング







2018年06月18日


このような

家賃並a


毎月の支払いは家賃並みで
家が買えるという広告が
結構ありますね


「家買うと色々掛かるよ」
不安にさせる事を言う方も多いですし


本当に家賃と同じローンの場合に

生活が苦しくなるか
それとも変わらないか

むしろ楽になるか

試算してみます





・前に住んでいた賃貸です

住居は2LDKで広さが57㎡


家賃は車を2台止めれて
59,500円でした


光熱費は
プロパンガスでしたので
特に冬は高く



夏も昔の建物ですので
RC造でしたが


普通のアルミサッシに
シングル窓ですし


エアコンも古いので
電気代も結構かかりました


家賃並b


共働きで
財布が別なので


光熱費、住宅ローンは
私が支払うので
家計簿を10年以上付けてます



賃貸時代の光熱費も
全部保存してあるので
確認すると


ガス代は月高い時で15,000円
電気代は高い時で8,000円

さらに冬は灯油代が月4,000円


1年間を平均すると

ガス代 8,300円

電気代 4,800円

灯油代 1,600円


なので光熱費が
毎月 15,000円かかっていました


火災保険は
1年間で10,000円と
安かったので
月換算すれば830円位です





・今の住居です

今はフラット35と
アルヒフラットα合わせて

ローンが毎月 66,000円なので


賃貸の家賃よりも
6,500円上がっています


光熱費は

オール電化で
ガス代は0円です



家賃並みc

太陽光もわずかですが
載せてますので


光熱費は月換算で
2,125円ですので

賃貸の時よりも
13,000円下がっています




・よく言われる
 戸建ては色々お金が掛かるの部分


家賃(今は住宅ローン)と
光熱費の合計だと
今の方が安いのですが


・固定資産税
・火災保険料

などは別になりますし

私が契約した時は
フラット35は団信が別でしたので


団信保険料が
年110,000円かかります



・固定資産税は貯金しなくて大丈夫

我が家の場合は
10年間は住宅ローン減税
固定資産税以上の金額が

年末調整時に戻ってきますので
そちらで支払えば問題ありません


都会で土地代が高いとか
家が凄い豪華だと
住宅ローン減税では
足りないと思いますが



もちろん10年後は
無くなりますが

固定資産税も安くなりますし
今の状態では


住宅ローン減税の方が
金額が多いので
大丈夫です


火災保険と地震保険は

・地震保険が5年払い
・火災保険が10年払い


こちらの合計が31万円でしたので

次の支払いが
問題なく出来るように毎月貯めます




・こちらが我が家の比較表です


家賃並みd

住宅ローン(家賃)は
毎月6,500円上がっていますが


光熱費が下がっているので
トータルでも今の方が安いです


アパート時代は
子供がいませんでしたが

今は2人いるので
同じ条件なら

もっと光熱費の差が出ると思います


我が家は太陽光を
キャンペーンで無料で貰いましたが

仮に購入するとしても

今の金利で住宅ローンで支払う方が
太陽光の収入より安いので

太陽光はオススメします




・後は修繕費です

賃貸と一戸建てで一番違うので

故障や修繕などは
当然自分達の費用で直します


我が家はLEDダウンライトなので
10年後にはまずこちらの
取り替え費用が出ます


屋根はスレートやガルバではなく
長持ちする瓦ですので
10年後でも大丈夫ですが


サイディングはシールの張替えは
出てくると思います


なのでこちらはいざという時に
支払えるように貯金は必要です




・お金以外のメリットが大きいです


太陽光を載せて
家賃と同じ住宅ローンなら


毎月の固定費は必ず下がりますし
下がった分を修繕費に回せば


今と同じ収入や生活スタイルで
問題なく住めます


お金の問題がクリア出来れば

賃貸は広さが
57㎡

今の家は
丁度倍の114㎡

さらに庭もあるし
新しい家ですから


断熱の性能も全然違うので
家全部が夏涼しいし冬暖かいし

お風呂もゆったりです


お金が無くなったら困りますが
家賃並みの広告に騙されるなみたいな
記事も多いので


家賃並みで、今問題なく生活出来ていれば
充分家は建てれますので


是非検討して下さい




・この広告は危険です


最初に載せたこの画像

家賃並a


こういうのは危険です


実質なんていう
スマホの契約みたいな事書いてますが


太陽光の収入を引いて
実質家賃と同じと宣伝しているので


それだと
税金や保険料分増えてしまいます



今まで書いた我が家の例も


保険料や修繕費などあるけど
光熱費が安くなるから大丈夫という
前提が崩れます・・・


後は最初だけ安い5年固定の
安い金利だけ載せる広告なども
注意が必要です


excelなどで簡単に
金利のシュミレーションは
出来ますので


購入前も
お金の計算はしっかりしましょう





・戸建ては大変という人の理由


我が家では
特に大変では無かったのですが
「大変」という人は


①家が豪華で固定資産税が凄い

当然住宅ローン減税以上の
固定資産税なら、毎月の収入で
やりくりしないといけませんし


1%が10年という
減税になったのが
2009年からです

それ以前は毎年微妙に
変わっているのですが


前年の2008年は

6年目まで1%
7~10年は0.5%で

年間の最大控除が20万円でしたから
2,000万円以上は切り捨てです


②家具や家電が高い

私もそうなのですが
今までの賃貸なら100均でいいや
みたいな物でも

見えるところだからだと
雑貨店で購入したり


どうせならと
洗濯機や冷蔵庫も
いい物に買い替えたりします



③ただの自虐

案外これが多いと思います


住んでいる所が田舎なので
家を建てるのが当然みたいな空気で
戸建て率が高いですから問題ないですが


都会で「家買っていいですねぇー」なんて
言われたら
「いやいや税金で大変ですよ」位しか
言い返せる言葉がありません


「いいですよー」なんて
言いにくいですから


実際都会の固定資産税は凄そうですけど



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年06月07日

ここを見て頂いている人は

・小さい子供がいる人

・家を建ててる人

・家を建てようと思っている人


正直これ以外で見に来る人は
余りいないとは思うのですが(笑)



そしてタイトルにも
レオハウスと入れてる位なので


オススメa

レオハウスで建てようかと思っている人
もしくはレオハウスで建てている人


またはその他同じ金額位の
ローコスト住宅を検討している人


多分見て頂いてるのは
こういった方だと思います


スウェーデンハウスや
ヘーベルで建てる人が見ても
おそらく参考になりませんし


「家って3,000万円以下で買えるの?」

なんて思っているお金持ちの方の
参考にも余りならないような気がします




・どこで建てるか悩んでいる人へ


私はレオハウスで建てて
本当に満足していますし
(今の所は)


1年点検の修繕が
年度末で忙しいからと
すぐ来なかったのですが


これも
年度末なので仕方ないと
思っています



ちょっとした見た目だけの
問題だったので
「遅れてもいいですよー」って言いましたが


これはすぐ直して欲しいって
言った場合はどうなったかは不明です



じゃあ他の人にレオハウスを
オススメするかと言うと


・営業さん
・工務さん
・設計士さん
・大工さん

この人たちが変わるだけで
全然変わって来てしまうので


オススメ出来るかというと
微妙なんですね


山梨県だったら甲府にしか
支店が無いので


ある程度は
オススメ出来るのですが



同じ支店でも
人が変わったら当然
出来た家も変わったと思うので


担当してくれた
工務さんは県外へ転勤に
なりましたし






・基本クレームのブログのが多いです



どこのハウスメーカーでも
ブログで多いのは

クレームやトラブルのブログです


ローコストメーカーに限らず
高いメーカーでも同じですね


理由は簡単ですけど



クレームやトラブルになったから
ブログを始めて、発信してる人が多いので


仮に問題が無かったら
ブログをしなかった人も
多いと思います


私なんかは
子供のイヤイヤ期のストレス解消から
子育てブログ始めたら


思いのほか家関係のが
書く事が多かったという
感じなのですが




web内覧会まで全部
終わったので
定期点検以外は
書く事ないですから


子育てとDIYブログになるような
気がします




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


毎回記事の最後に貼ってある
ブログ村のレオハウスのブログリンクですが

こちらも半分以上は
クレーム系のブログですね





・トラブルやクレームを見てみると


一番多いのは
色々書く内容は違ってますが
結局は


「打ち合せや契約時とは
違う仕様で作られてしまった」


これに尽きると思います

建物もそうですが
設備なども含めて


打ち合せ通りに
出来れば問題はありません



完成してから
数年後にミスが発覚という
可能性もあるので


我が家も何か起こる可能性も
0ではないですが




契約前から
クレームになるような物でしたら
契約しないと思いますので



多いパターンは

客「打ち合せ時と違う」
客「あそこは○○してと言った」
営「いや言ってないです」

みたいな「言った」「言わない」の
話になって
クレームになります



我が家の場合も
キッチンのアップグレードは
最初付くという話でしたが

結局30万円ほどかかりましたし


設置前の問題は
解決しやすいですが


設置後や工事後の
トラブルは結構大変ですね


この場合の原因は
ハウスメーカーでも大工さんでもなく


営業さんや工務さんの
管理能力だと思いますし


当然人間ですから
限界がありますので


ハウスメーカーの原因で言えば
管理出来る限界を超えて
担当させてる場合ですね




私の場合、仕事上
大工さんと毎日会いますし

家の解体や新築作業も見ますので


「これで欠陥住宅言ったら可愛そう」って
勘違いのブログもありましたが


これもちゃんと説明出来てない
営業さんや工務さんとの
コミュニケーション不足からだと思います



もちろん
これは欠陥だなぁ」ってブログも
たくさんありますが





・とういう事で私のオススメ


まずは何処のメーカーでもいいのですが
気に入ったハウスメーカーの


・決算期は避ける
・年度末完成は避ける


これだけでかなり違ってくると
思います


まだハウスメーカーが
決まっていない時に
ブログにも書きましたが


タマホームにも何度か行ってましたが


タマホームは5月末が決算期ですので

・今月中なら80万引くとか
・今日契約した場合のみの特別価格です

など言われました

詳細は

レオハウスに決まるまで⑧ タマホームその4


この辺に過去に書きましたが

例えば仕事で


取引先を
2件持つのと4件持つのでは

当然1件あたりに
かけれる時間は違ってきます


タマホームは
担当の営業さんとの相性も
あってお断りになりましたが





・気になってるハウスメーカーを外から見る


こちらはメルマガや動画が非常に参考になる
愛媛の工務店さんでクオホームさん



余りに遠すぎるので
参考にはしてましたが
こちらでは当然作れませんでしたが


ここが
凄いって思ったのが
年末年始やGWという繁忙期に

平気で長期連休で休みます


やはりこういう余裕がないと
社員も余裕が無くなるなぁとは思います



オススメe

こちらは何度も行った
住宅展示場ですが

当然GWなのでイベントはたくさんありますね

GW後にちゃんと
従業員も休める事を祈ります



今もそうですが
前に住んでた賃貸アパートから
会社に通勤する間に


タマホームとレオハウスがあるのですが
レオハウスはいつも水曜日必ず休むし


私が仕事終わって
タマホームとレオハウスを通るのが
7時位なのですが


レオハウスは
すでに灯りが消えてる場合もあります


その点タマホームは
いつも灯りが付いているし
8時過ぎてる時でも電気点いてるんですが


一応表記の営業時間は

オススメd

レオハウス
10:00~18:00 毎週水曜日定休





オススメc

タマホーム
9:00~20:00  第3水曜日定休



仮に同じ能力の人間で比べたら
どっちのメーカーの方が
余裕があるかは分かります



やはり人間ある程度休まないと
ちゃんと働けませんから


もちろんちゃんと人がいて
ちゃんとシフト組めれて
休んでいるかも知れませんけど




私も前職がホテル業で
年間休日50日なんて時が
ありましたので





もちろん決算期は
その分値引きも期待出来ますが


そもそも大手メーカーなら
原価率はだいたい決まっているはずなので
値引きした分のしわ寄せは
他で補っていると思いますし



契約はしても引き渡しは
余裕持って大丈夫ですよ位の
スケジュールで建てた方がいいと思います




私は年度末すぎてから
見に行って契約したので


暇そうでしたが(笑)


タマホームと違って
レオハウスは決算期が3月末でしたし



・子供の保育園、小学校の学区
・賃貸の更新時期


急ぐ理由だとこの辺が多いと思いますが


急がないといけない理由もなかったので
完成時期はおまかせしましたが


契約が7月で引き渡し12月と
物凄い早かったです
(やっぱり暇だったのかなぁ)



設計や見積り出すのが
有料の会社もありますが


とにかく急がないで
ゆっくり検討する時間を持って
選んで家を作った方が間違いないです





・とにかく相性が大事です


一部の高級ハウスメーカーを
除くと


全国に支店があるメーカーなら
予算さえ出せば
みんな同じ事は出来ます


私の場合は
1階はワンルームにして
吹き抜けのスキップフロアが
欲しいと最初から言ってましたが


町の工務店だと

このスキップフロアは経験無いなぁとか
ありましたが


ハウスメーカーで
作れないなんて言われたのは

工法が違う所だけで
普通は作れます


2×4や2×6だと
構造的に作れませんでしたが


なので時間がある限りは
色んなハウスメーカーに行って
選択肢を広げた方がいいと思います



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年06月02日



~前回の続きです~



外構業者さんも決まったので

細かい打ち合せを行います

外構3-a

こちらが前回頂いた設計図ですが

色々と打ち合せした結果


結構変わった部分もありました





①駐車場の幅を広くしたい

前回貰った設計図だと

外構3-b


コンクリート1つの幅が80cmなのですが


もちろん問題はない幅ですが
もう少し余裕が欲しいので
1mにしました


その周りは
見た目や尖ってる危険もあるので


砕石では無くて
白の砂利を敷くことにします



外構3-c

万が一のために
車止めも付けて貰います






②フェンスも変更しました

最初の見積りだと
YKKになっていますが


LIXILに変更しました

外構3-d

LIXILのハイグリッドフェンスN8型です


特徴も無い安い奴ですが


フェンスを施工する目的が
子供が登らないようにという用途だけなので


フェンスは開放感が下がるので
大人だけなら要らないと思っているので


「とにかく目立たない」事を
第一に選びました



それでもフェンス付けるなら
木製のオシャレな
フェンスも少しだけ考えましたが


木製のフェンスだと足かけて登れてしまうので


細かい網目の特徴のないフェンスにしました
色も茶色で存在感がさらに薄くなります



外構3-e

家の右側はJRとの境なので
基礎のブロックが高くて
20cmちょっとあるので
こちらは1mのフェンス


上と左には無いので20cm高くして
1m20cmのフェンスで設置すると


完成した高さが全部同じ位になります





③家の周りの砂利


外構3-f


こちらは
防草シートを敷いて
その上に白い6号砂利を敷きます






④人工芝を敷くことにしました


そして家の南側は
人工芝を施工します

外構3-g

本物の芝は管理出来そうにないし


虫も来るだろうし


今のリアル人工芝が
かなり綺麗なので
こちらにしました


外構3-h

リアル人工芝です
パッと見は天然芝位の見た目です




・ここまでの総額です



外構3-i


・駐車場の土間コンクリート 21㎡
・車止め
・駐車場の白砂利
・家の周りに防草シートと白砂利 

防草シートと砂利は全部で63平米です

・人工芝19㎡

こちらの部分で485,800円




次にフェンス部分はこちら
外構3-j


・フェンス1m20cm 9枚
・フェンス1m  17枚
・コア抜きと施工費


フェンス部分が471,280円


その他費用です

外構3-k

・運搬費等諸経費が50,000円


値引きも含めて

総額で
税込1,080,000円になりました



玄関周りなどは何もせずに

・フェンス
・防草シートと白砂利
・駐車場のコンクリート

こちらだけの価格なので
全部するには

300万円位は
かかるかなぁと思います




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング