◆失敗しない家づくりのコツ

2018年12月17日



家作りで一番楽しかったのは

設備などを決めている時で

予算a


トイレ、お風呂、サイデイングなどなどが
カタログのようになっているので


「この色がいい」

「このオプションは欲しい」

「この設備はグレードアップしたい」



などなど色々選んでいくのは
楽しいのですが



金額を考えずに色々選んで
「予算オーバー」になった場合



①オーバーした分頑張って稼ぐ

②予算をどこかで減らす


この2通りしかないのですが



実際に住み始めて
「ここなら減らしても後悔しない」という
オススメ箇所です





・まず設備はダメ


キッチン、お風呂、トイレなど
気に入った設備があるのなら

毎日使うので

「あっちのが良かったかも」って後悔します



予算b

キッチンに
30万のオプション払っても

満足してるので
予算削らなくて良かったです



「無料なら付けてもいい」位の
オプションなら付けなくても
後悔しないですが


気に入った物が
ある場合


無理に予算削って諦めても
毎日後悔してしまいます





・広さもダメ


「ここは8畳欲しい」という所が
予算の関係で6畳になったり


決めた所を狭くしても


その狭くなって家に

毎日住むので
やはり後悔します


予算c


夫婦の寝室も

6畳でも住めないことはないですが

親子4人で寝るので
8畳あって良かったですし


ウォークインクローゼットも
全部使ってますし
狭くしなくてよかったです



・性能は絶対ダメ

長く住む家ですから

基本の住宅性能は
絶対に減らしたらダメです


最悪ここを減らす位なら
まだ設備で予算下げた方がいいです




こうなると我が家の場合


キッチン、お風呂、洗面台などの設備
瓦、吹き付け断熱などの性能面


これは変えれなくて
広さも変えれません・・・






・我が家の解決方法は土地でしたが



相場900万~1000万円のこの地域で
600万円で土地が買えて


しかも900万~1000万円の場所より
気に入っているので本当に良かったですが



詳細は過去記事に




しかし

このような土地が
必ずあるわけではありません







・仮に100万円下げるとしたらどうするか


実際に住み始めて
今の所すべて満足していますが


仮に100万円分
どうしても下げないといけない場合に



下げる箇所は


①まず最初は「家の形を変える」です



これが我が家の形です
予算e




表がこんな感じで
予算f





裏手に回るとこうなります
予算g





家を建てる時は

箱型の家は安っぽいからと
凸凹を付けましたが


すくなくとも

予算h


(面積を分かりやすく番号入れてあります)


上と下は同じ面積ですが
当然上の家の方が安く建てれます




予算i


手間ももちろんですが
同じ面積でも使う部材量が
これだけ変わります


面積は変わりませんので


住み始めれば
そこまで住み心地は
変わらないと思います





家の外観見るのは
出掛ける時と帰って来る時の一瞬です



別に凸凹が1つ無くなっても
住み心地はそこまで変わりません




②サイディングの厚みを減らす


我が家のサイデイングは18mmですが

予算j


見た目はともかく

性能差は16mmになっても
それほど変わるものではありません


定価ベースだと1枚1,000円ちょっと違うので
家一軒で考えると結構な金額が違ってきます





・結局まとめると・・・


一番予算を下げるのに
向いているのは外観です


何しろ家の中にいれば
外観は見れませんし



昔あった有名な車のコピペですが


766 名前:山師さん@トレード中[sage]
 投稿日:2012/07/19(木) 09:52:32.07 ID:MfAwp0Hl0 [7/10] 

トヨタのディーラー行って車見た時に
あまりにもおっさん臭い外見だったんで、 
思わず「おっさん臭いですね」と言ったら、 
営業に「そんなの乗っちまえば見えませんから(キリッ」と言われた。 


もちろん好みはありますが

どうしても
予算を落とさないといけないなら
まずは外観だと思います


もちろん性能が落ちる部分はダメですが


ちなみにこのコピペは


ホンダの車を見て営業に「内装がダサい」と言ったら 
「外の人にはわかりませんから」と言われた。 
適当だなあと思った。 


スズキの営業に「なんか内装が安っぽい」つったら 
「安っぽいんじゃなくて安いんです」って言われたので 
それもそうかと納得して判子押した。


こういうオチになってます


ただ男性は納得しても

女性は外観にもかなり拘るので
妻が納得するかは分かりません



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング



2018年12月10日


レオハウスの我が家の場合

玄関周りには
まず標準でシューズクロークが付きました

玄関a




玄関b

カタログは逆コの字ですが
我が家はコの字で鏡付きタイプです



我が家はLIXILを選びましたが


玄関c



玄関d

住友林業クレストと
NODAからも選択出来ました



シューズクロークと玄関土間があれば
最低限の玄関は出来ますが


当然広い方がいいですね






・玄関スペースを何畳取るか


我が家の場合
家を建てた時に子供は0歳でしたので


これから子供が大きくなるので

玄関周りは余裕が
あった方がいいとは思いましたが



当然限られたスペースと間取りなので


玄関を広げたら
リビングは狭くなるし


「どれ位スペースがあったらいいんだろう」って
悩みました



「玄関 2畳」で検索すると

狭い、使いづらいなどのサイトがたくさん出て



「玄関 3畳」だと

余裕を持って使えるというサイトが増えます


3畳あれば


・玄関土間に1畳

・玄関ホールに1畳

・収納スペースに1畳


こんな感じでゆったり

使えますが



結局我が家は
玄関に4畳のスペースを取りました






・玄関を1畳増やして4畳にした理由




子供が小さい時は

・ベビーカー
・外遊び用のオモチャ類


子供が大きくなるにつれて

・自転車
・スポーツ用品


この辺もどんどん増えると思って
4畳にしました




玄関e

子供が転んでも大丈夫なように
コルクマット敷いてます


まだ0歳と2歳ですから
かなり余裕がありますが


中学、高校の頃になったら
これでも手狭かもしれません








・玄関に物置を設置するような間取りにしました



我が家の玄関スペースは
4畳ありますが



今までの我が家の画像を見ると


パッと見は
3畳も無さそうに見えますが




玄関f

このように1畳分は


壁を作って
普段は見えないように作りました





・スポーツ用品やオモチャ
・宅急便のダンボール
この辺が玄関に置きっぱなしって多いし



我が家もベビーカー
実家から貰った野菜など


「とりあえず玄関に」って感じですが





玄関g


このスペースに置いておけば
普段は見えないし


来客などのお客様からは
見えませんので


玄関がいつも片付いているように見えます



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年12月03日



年末に近づくにつれ

公共工事のコンクリートや
家の解体の廃棄物が

私の会社も非常に多くなってきています

石綿001

建て替えで家を解体する際は

解体費用は
「一式で〇〇万円」って契約が多いと思いますが


追加料金が発生する場合の多くは


解体する物に
アスベスト(石綿)が入っていた場合です






・単純に料金は倍以上になります



今の建築部材は
当然アスベストは使っていませんが


20年前には普通に使われていて

完全に禁止されたのは
2006年からですので


それより前の屋根材(スレートなど)や
壁材床材にも
アスベストを含む商品がありました



私の会社の場合だと


石綿が入っている
スレートと入っていないスレートでは

処分価格は倍の値段違います


石綿が入っていないスレートなら


会社で破砕処理をして
埋立もしくは再生処理など出来ますが


石綿入りは何も出来ないので

石綿002


そのまま石綿を埋立出来る所まで
運ぶのですが


埋立の費用が倍以上違うので
経費が倍以上かかります







・アスベストが多く使われていた商品



まず名前だけで

「これはアスベスト使っているな」と思うのは


石綿003

・スレート
屋根材や壁材に使われています


その他では

・ケイカル板
・石膏ボード

このあたりです


20年以上前の物なら
ほぼ100%アスベストが使われているので


仮に法律で禁止された時期と
微妙のものでも


石綿004

商品に無石綿と印字がなければ取りませんし


破砕してあって確認出来ないものは
メーカーの無石綿証明書も必要です


石綿005

波板も「波板スレート」なので
半分以上はスレートです




瓦も比率が多いですが
昔ながらの本当の瓦では無く

石綿006

波型スレートで「瓦」と言われてる商品も
昔は多かったです





・アスベストが使われているかの見分け方


逆に解体屋さんの言いなりで
「これはアスベストなので高いですよ」

高い費用を払いながら
実は使っていなかったという事になったら


損しますので・・・



およその目安ですが

・屋根材の場合

法律で禁止になったのは2006年からですが

実際もっと前から
健康被害の問題があったので


・1975年に5%以上の石綿含む製品は禁止

・1995年に1%以上の石綿含む製品は禁止

・2006年に完全に禁止


このような流れになっていて


屋根材に関しては
メーカーの自主基準で

1999年以降からは
アスベストが使わなくなっているので


それ以降に出来た商品なら
アスベストは使われていません

石綿007


2000年を超えたあたりから
どんどん減ってきたので


微妙な時期の物なら

メーカーなどに問い合わせると
教えてくれます



はっきり言えば
見ただけは微妙なのですが


この時期の商品で
アスベストが使われていない物は

今まで健康被害以外は
高性能な石綿が急に使えなくなったので

10年くらいでボロボロになります


なので

・2000年前後の物で
・他の家に比べて劣化が激しい

こういう商品は無石綿の可能性が高いです


今は改良、研究のおかげで
多分すぐには劣化しないとは思いますが


毎日こういった屋根材を見てるので
私は昔ながらの瓦にしました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング




2018年11月26日



私の職場(産業廃棄物の処分業)には

毎日色々な廃棄物が来ますが


最近多いのが

「地中埋設物」という名前で

地中の土に混じって

ガラス、コンクリート
モルタル、スレートなどや

その他ゴミなどが混じっていて



地中b

このままでは
建物が建てれないので



一度全部処分してから
再度土を埋める作業が必要になるのですが


土にこのような処理困難物が
混じっていると
処分費が高額で


私の会社の場合は
1立方メートルあたり
20,000円頂いています


そのため全部で百万円は
掛かってしまう場合もあるのですが



土地売買が
法人同士だと
契約もしっかりしてるので


売主負担になる場合が
ほとんどなので

購入者の金銭的な負担はないですが
(それでも工事が遅れる被害は出ますが)


個人の場合
気を付けないと

購入した側が負担する契約に
なっている可能性もあります






・契約以外で気を付けたい点

土地の契約書は
難しい事が色々書いてあって


「まあ、いいか」で済ます事もありますが


極端な話ですが
ゴミならまだしも
不発弾などが出る可能性も0ではないので


最低限個人同士の契約はせずに
プロである
不動産屋を間に入れた方が
間違いがありません


どうしても
金銭の事ばかり気になるのと


土地購入後に
地盤改良が必要かの調査をするので



そちらに目が行きますが

「地中からゴミが出たら
撤去費用はどうなりますか?」


と確認してから契約したほうがいいです





・元の土地が工場などは特に注意が必要です


何故最近このような
地中埋設物の処理が増えたかと言うと


昭和の時代は
環境問題はいいかげんで

それこそ
何処にでもゴミを捨てていたので

工場の新設や建て替え時など
地中に埋めちゃっていたからですが



今はゴミ関係の法律も多く
環境問題も敏感なので

最近になって
土地を購入して掘り返したら

昔のゴミがたくさん出てきた
という感じです




我が家の場合は

地中c

購入時はこの状態で



過去を調べると

地中d

売主さんの畑になっていたので

若干のゴミはあっても
工場や会社などと違い


たくさんの埋設物は
まあ無いだろうと思い

実際問題無かったです


気分的に問題が無いレベルなら
ゴミをそのままでも
大丈夫かもしれませんが


昔と違って
今は耐震も大事なので

土地購入時には
気を付けた方がいいと思います


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング






2018年11月19日



株価がどんどん上がって
これは景気が良くなって


ローン金利も上がってしまうかな?
と思っていたら


最近一気に株価が下がって

今のところ
金利もまだ上がらなそうですが

金利a



フラット35は今月(2018年11月)の金利が

団信保険料込みで1.45%






金利b

団信無しなら1.17%です







・0.1%変われば総額は結構変わります


最近は1ヶ月で
0.1%以上の変動は少ないですが


3,4ヶ月で0.1%変わる事はよくあります



我が家と似た金額で

2,200万円を今月の金利(1.17%)で借りた場合


金利c


毎月の支払額 63,861円

総利息額 482万1,651円

支払い総額 2,682万1,651円





同じ借入金額2,200万円で
金利が0.1%上がって1.27%になった場合は


金利d


毎月の支払額 64,910円

総利息額 526万1,993円

支払い総額 2,726万1,993円





これだけ上がるので

0.1%の差は

毎月の支払額 1,049円
総利息額  44万342円


0.1%でもこれだけの差が出ます


毎月に直せば約1,000円ですが
35年の長期ですからかなりの差ですね・・・






・一般的な住宅だとさらに高額に・・・


ローコストではなく

一般的な住宅の場合

頭金を引いても3,000万円位は
住宅ローンを組む方が多いと思いますが



3,000万円借りて
今月の金利(1.17%)の場合


金利e


毎月の支払額 87,083円

総利息額 657万4,979円

支払い総額 3,657万4,979円





3,000万円の支払いで0.1%上がると

金利f


毎月の支払額 88,513円

総利息額 717万5,445円

支払い総額 3,717万5,445円






0.1%の差は

毎月の支払額 1,430円
総利息額  60万466円



実際ほとんどの方が
繰上返済をすると思うので


もう少し差は無くなりますが


仮に繰上返済せず
35年間支払い続けた場合は

結構な金額が違ってきます






・安い月は選べませんが・・・1月位なら可能なとこも



出来るなら
金利が低い時期に借りたいですが


住宅ローンは契約時では無くて


家が完成して金消契約時の月で
ローン金利が確定しますので



金利g



我が家の場合は契約時は
史上最低金利の0.93%


翌月はさらに下がって0.9%で
期待もありましたが

完成とともに金利も上がって
1.1%になってしまいました


契約時と比べると0.17%も高いです・・・




すまい給付金や税金の関係上
年内引き渡しの方が得だったのですが



ある程度小さい工務店なら

引き渡しが月末なら
翌月までは延ばせるかもしれません


フラットの金利発表は毎月1日ですが


金利h




毎月20日頃に機構債の金利が発表されます


こちらの金利から
一定の金利を足したものが


翌月の住宅ローン金利になるので
(若干ズレる場合もありますが・・・)


こちらを目安にすれば


下旬になれば
翌月の金利はだいたいは分かります




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村




ローコスト住宅ランキング