お金のこと

2018年06月19日


昨日書いた記事




こちらにも書きましたが
私は家計簿を15年位付けています




我が家は小遣い制ではなくて
共働きで財布は別です



その為お互いの収入も
月○○万円位と
「だいたい」しか知りません



私が
・住宅ローン
・光熱費
・家の税金類
・家族の医療費、病院代
など


妻が
・家の日用品
・食費
など


こんな感じで払っていて


夫婦の買い物行った時や
外食は

ワリカンで払う事もあります


自動車など高額な物も
自分の物は自分の貯金で支払います





・15年続いてる1,000円家計簿


そんな訳で
私は家計簿を付けていますが


社会人最初の数年は
給料日まで150円しか無いという
生活でしたが



これではいけない


と家計簿を書き始めましたが


なかなか面倒なので

長く続きません・・・




色々試行錯誤した結果

1,000円家計簿になりました


家計簿a


名前や貯金額などを特定
出来る項目は消したので
見にくいのですが


簡単に言うと


名前の通り
1,000円単位で付けます





・家計簿が続かなかった原因


最初に面倒って思ったのは


・スーパー 648円
・コンビニ 260円

こういうのを全部付けてるのが
面倒と感じたので


今の「1,000円家計簿」


財布から1,000円減ったら付けます

上の例だと
私の家計簿では

家計簿b


オギノって言うのは
地元のスーパーなのですが

スーパー 1,000円のみになって
小銭で払える物は付けません


会社では基本毎日
コンビニ弁当ですが


nanacoに3,000円チャージして
財布から3,000円減ったら


家計簿に食費3,000円で


nanacoが無くなるまでは
家計簿は付けません





上の例で
コンビニで食べ物以外
買った場合ですが

1,000以下なら付けません


財布と貯金の額と
家計簿は合いますし


そこまで100円単位で
何に使ったかは分からなくても
大丈夫ですし


そこまで知りたい人は
多分
普通の家計簿が続く人です


あくまでも財布から
1,000円が減ったら書きます


今の貯金額と財布の金額も
書きこむので


それが合っていれば
細かい項目は気にしません





・たくさん買い物しても楽です


例えば
ドラッグストアで色々買った場合に
実際に買ったものが


子供のミルク 2,678円
歯ブラシ 430円
ビール 1,196円
皮膚薬 645円
洗剤 321円
牛乳 181円

合計 5,451円ですが

私の家計簿の場合
小銭で451円あれば


ミルク代 3,000円
飲み物 1,000円
皮膚薬 1,000円

家計簿c

これだけ記入します

仮に451円の小銭が無くて
6,000円使ったら


飲み物を2,000円にして
調整します


細かい物は分かりませんが
お金の管理だけ出来てれば
充分です





・項目もなるべく簡単に


色分けしてるのは
項目分けです

・ローン費用

・保険代

・光熱費

・携帯、ネット代

・食費

・飲み物代

・デート代
(妻と一緒の買い物)

・服飾代
(服と美容院、化粧水等)

・車代
(ガソリン代、タイヤやオイル交換)

・薬、病院代

・子供の費用

・家庭用品

・仕事経費

・貯蓄代

・税金や団信
(毎月貯めてまとめて払ってます)


この中で全て収まるようにしていますが


これは始めるうちにだんだん
増えて行ったものなので


最初はとにかく

1,000円が減ったら
家計簿に書く

これでだいたいのお金の流れを
把握出来るので


気が付いたら
無くなってるという事はなくなります

昔は
あれ?お金減ってるけど
何に使ったかな?


という事があったので


1,000円家計簿は
管理が楽な割りに
お金の把握は「だいたい」出来るので

ズボラな方や男性にオススメです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング







2018年06月13日



昨日2018年5月の
電気料発電の収入
お知らせが来ました


太陽光a


5kw超えが当たり前
10kw積んでる家庭も多い中で


3.25kwというのは
かなり少ないのですが


無料のキャンペーンだし
わざわざお金追加してまで
パネル増やさなくてもと


当時は思ったので仕方ないです


太陽光b

パネル数わずか12枚です・・・


その為メリットとしては
片流れ屋根にしなくても

普通の切妻屋根で乗ります






ちなみに
我が家(東京電力)の場合



太陽光c



このようなメールが来て
「自分でネット見て確認してね」という事で


請求書の手紙が来ません
(売電の方だけ手紙がきます)



早速webで確認すると


まずは使用量が

太陽光d

7,608円です



夫婦と小さい子供2人で

特に節電を意識する事も無く
使ってますので

結構太陽光のブログ書いてる方は
節電を意識してる方が多いのですが


我が家は多分標準位だと思います




次に発電量が

太陽光e

10,912円なので


実質は
10,912-7,608で

3,304円のプラスになります





・太陽光は5月が一番発電する?


太陽光パネルは
気温が25度の時が一番発電して


これより高くなると
効率が落ちるので


7月、8月は若干下がるそうです


6月は梅雨だし
4月はまだ日照時間も短いので

5月が一番発電量が多いみたいですが


太陽光f

我が家では4月の方が
発電量が多くなりました



去年のデータは

太陽光g

たしかに5月が一番発電量があったので
若干期待してたのですが




多分ですけど


30度超えた日が何度もあったので

効率も落ちるし

昼はエアコン使うからかもしれません



去年に比べて
全部電気代が上がってるのは


去年の11月に2人目が生まれたので
育休で家にいるからだと思います



去年は上の子は4月から保育園
妻は仕事だったので
それが理由だと思います



我が家の場合は犬がいるので

夏はエアコン入れっぱなしで
出掛けますが



それでも光熱費が0円どころか
お金貰えるのはいいですね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年05月25日


先日、今年度の
固定資産税通知書が
やってきました


住宅ローン減税の
プチボーナスが消えました




・調査員が来ます


引越して1ヶ月~2ヶ月位


固定資産税の
調査員がやってきます


もちろん抜き打ちって訳では無く

ちゃんと電話があって来ます


その時に
設計図や契約書を
用意しといてとの事でした




・一応固定資産税のおさらいです


簡単に言うと
家とか土地持ってるなら
税金払ってという事ですが


土地や家の広さだけではなく
家の作りによっても金額が変わります


・スレート屋根より瓦屋根のが高くなるし

・グラスウールより吹き付け断熱のが高くなるし

・サイディングよりタイルのが高くなって

・軒の長くなれば長いほど金額も上がったり


要は

家の金額が高い=税金も高い
というのが固定資産税です



・計算式です


固定資産税が決まる式が
割と複雑ですが


どこのブログよりも分かりやすく
なるべく簡単に言うと


建物の建設費×0.7=公示額


公示額×0.5~0.7=課税額


課税額×1.4%=税金の金額です




固定資産a

我が家の場合は
17,383,610円なので

17,383,610円×0.7=12,168,527円

この12,166,000円公示額なので


ここから0.5~0.7を掛けます

12,168,527円×0.5だと=6,084,264円

12,168,527円×0.7だと=8,517,969円


最終的な固定資産税は1.4%掛けるので


6,084,264円×1.4%=85,180円から

8,517,969円×1.4%=119,252円まで


この間が建物の目安となります



・この0.5~0.7がポイントです


この0.5から0.7の
数値を決めるのが


家を見に来る調査員なので


この調査員が

「この建設費の割りには」

ショボイ!って思う家は0.5を掛けますし

豪華!って思えば0.7になります



こちらに土地の評価額を
加えた物が

固定資産税になります



尚、調査に協力しないで
家に入れなかったりすると
一番高い税額になるので


優しく迎え入れましょう




・3年間は半額になります


家建てて最初の固定資産税から
3年間は半額になりますので

上記の例だと

42,590円から59,626円の間になります
(土地の評価を抜いた金額です)


税金の見直しも3年に1度あるので
3年後は若干金額は安くなりますが

半額が無くなるので

4年目が一番税金が上がります





・調査員さん物凄く見てます



ほとんどの方が
自分で気に入って設計した
新築ですから

私もそうですけど


瓦だし、吹き付け断熱だし
スキップフロアあるし
太陽光もあるし
などなどで


ローコスト住宅とは思えないほど
税金高くなるかもって思ったのですが


建築金額なりの
普通の税金でした


まあ0.5~0.7までしか
調査員決めれませんが





・我が家の固定資産税


固定資産b

我が家は

建物が延床で34,56坪

土地は64坪です




固定資産c

土地評価が
1,040,969円


建物評価が
8,012,230円


0.5~0.7の数値を決める
調査員の評価は


0.658なので
割と良い家と思ってくれたみたいです


悪く見られた方が
税金は下がりますが
それも悲しいし難しいですね




・最終的な固定資産税は


先程書いた
3年間半額は


建物のみ有効なので
土地の方は半額になりません

なので

固定資産d

土地評価
1,040,969円の1.4%=14,570円


建物評価
8,012,230円の1.4%=112,172円

合計
126,742円から

建物の112,172円のみ半額なので


3年間の固定資産税は

70,600円になります




・謎の都市計画税


3年間は半額ですから
70,600円が固定資産税ですが


その隣に
都市計画税というのがあって
こちらももちろん支払います


固定資産e


「甲府市は都市か?」


という疑問が


1年過ぎても
解決しませんが


ちなみに甲府市

全国の都道府県で
一番人口が少ない
県庁所在地らしいです



家を建てる場所によっては
こちらも支払います


こちらは半額制度はないので
30,200円が追加で

固定資産f


総合計で
100,800円が一年にかかる税金です


3年間はこの金額で
4年目はもっと上がりますので


計画的に貯金しておきましょう



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年05月19日





・次は別途工事費です

こちらは

・残土処理費
・地盤改良費
・電気や照明などの代金
・カーテン、照明、エアコン代など


必要だけど
レオハウス以外の業者がする費用です


総費用2a

こちらがレオハウスからの見積りです

予定金額は
1,458,000円です



詳細はこちらにありますが


残土処理費は
若干安くしてくれました


また地盤改良は必要無かったので

予定額の
50万円が0円になったのは
非常に大きいです




・実際かかった金額はこちら

総費用2b

⑬のTV、電話、ネット配線は
電話とネットは無料でしたが(auひかり)


詳細はこちらにありますが



テレビ回線が
非常に高く
見積りオーバーしました



⑭と⑮の詳細は



こちらに書きましたが
入れ忘れか何かでしょうか?




カーテン、照明、エアコン代は

レオハウスで頼んだものと
施主支給で買った物が
あるので項目を分けていますが


見積り額50万円に対して
実際は80万円を超えてます


それでも別途工事は
地盤改良費が0円というのが大きく


予定額 1,458,000円

実際の金額 1,251,988円


差額は206,012円
マイナスになりました




・次に「その他費用」です

その他費用は


上下水道の加入金や
地鎮祭などの項目です


総費用2c

立て替えだと
解体工事費や仮住まい費用
かかるので

ここは高額になりそうですね



見積り総額は18万円だけですが


ここに見積りには入ってないけど
実際には必要な

・引越し代
・ソファやテーブルなど
必須な家具代が入っています


総費用2-d


元々引越し費用の
予定額が0円だったので


赤字になるのは
間違いなかったですが


ソファ類なども必要だったので
かなり差が出て

予定額 180,000円

実際の金額 667,737円

ここでの差額分は
487,737円の追加です


地盤改良で浮いた予定額の50万円
ここで全部使った感じです



・次は諸経費です

総費用2e

諸経費は


・印紙税
・建物登記料
・火災、地震保険料

こちらの金額で
予定額は660,000円です


・実際にかかった金額はこちら

総費用2f


今回は予定額とほとんど変わらず
若干安くなりました


予定額 660,000円

実際の金額 621,540円

ここでの差額分は
38,460円のマイナスです




・次にローン諸経費です


ローン諸経費は

・印紙税
・融資手数料
・銀行の事務手数料
・つなぎ融資の手数料
・団信保険料

などローンで借りる際の
手数料関係になります

総費用2g


予定額は787,800円です

予定額に
団信保険料が入っていないので

最初から
オーバーするなぁと思った項目です



・実際にかかった金額はこちら

総費用2h


アルヒの事務手数料は
予定額より安かったですが


団信保険料があるので
予定よりオーバーしました


フラット35の場合
団信に入るかは任意なのですが


万が一があっては怖いので入りました

3大疾病の特約が付いてるので
普通の団信より高いです



予定額 787,800円

実際の金額 863,594円

ここでの差額分が
75,794円の追加です



・最後に「その他項目です」

こちらは
予定には入ってなかったのですが

総費用2i


地鎮祭の際の
ご近所への挨拶の粗品と


引越しの際の
洗剤セットの金額です



後は引き渡し前に
物置を設置したので
こちらの費用です




・全ての総額です

総費用2l


予定額が
26,933,610円


実際かかった金額が
27,582,074円


差額は
648,464円の追加になりました



大工さんへの差し入れは
記録付けてないので
書いていませんが

全部合わせて
5,000円位だったと思います



地盤調査費用の予定額
50万円が0円になったので


予算余り考えず
色々追加してましたが

これくらいで済みました



・最初の目標はクリア


借入金額が

・フラット35から2,104万円
・アルヒフラットαから234万円

合計2,338万円借りたので


420万円が自己資金で
用意した分になります


家を買おうと思った時に
決めた予算


総額3,000万円以内で

自己資金500万円の
ローン借り入れは2,500万円まで


こちらの目標はかなり
余裕を持ってクリア出来ました




前に書きましたが

土地代が、この地域の相場の
950万円前後が
600万円で買えたのが
非常に大きいです


しかも950万円の土地より
満足度は高いので
本当にラッキーでした



もし土地が相場通りだったら
総額で3,100万円位ですので
色々削ってたかもしれません




・本当の坪単価を出してみる


外構費は入っていませんが
この金額が家が建つまでの総額なので


土地代を抜いた

21,582,074円から

延床面積 34.56坪(114.27㎡)で

坪単価を計算すると


坪単価624,481円になります



大人気の家cocoでも
一番安いベーシックなら
総額が約300万円位下がって


ソファやテーブルは
新しいのを買わなければ
40万円ほど下がるので


340万引いて計算すると

土地代以外の総額が
約1,818万円になるので


坪単価が52万円位にはなります


それでも
ローコスト!坪単価30万円と
広告出してても実際は
もっとかかりますね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング




2018年05月18日

家を建てる前は
坪単価を調べたり

諸費用など色々調べましたが



結局、家建てるのに
総額でいくらかかるの?



というのが最初の不安な所だったので
今回は使った総費用をまとめます





総費用ですが

引越しをして
火災保険を払ったまでの
金額なので
(火災保険は引き渡し翌月に引落しでした)


外構費は
引き渡し前に完成した
物置は入っていますが


その他の外構費は入っていません




・まずは今回建てた家の詳細です

プランはレオハウスの
大人気の家coco Dセレクト

総費用z

大きさは
延床面積 34.56坪(114.27㎡)
施工面積    39.14坪(129.42㎡)


在来工法(軸組工法)で建てました


レオハウスは同じプラン名で
2×4も選べますが
プラン内容や金額は変わります



どこまで金額に
上乗せされているのかは
分かりませんが


キャンペーンとして

・太陽光3.24kw
・2階トイレ
・制振システム(L-SAV)
・サーモスⅡH

こちらは無料でした

本当は

キッチンアップグレード
カップボード無料もあったのですが

紆余曲折あり
色々支払いました




・レオハウスの見積り

総費用a


こちらが契約時に頂いた
レオハウスの見積りです


レオハウスの
請負金額土地代
これで確定していますが


その他の費用は契約時には
いくらかかるか分かりませんから

全て概算です



レオハウスの試算だと
総額で2,693万円かかるよ
という試算です


当然契約時なので
オプション費などは入っていません



・まずは建物工事費関係です

総費用b

こちらがレオハウスの金額で
17,383,610円の試算です


過去の記事





こちらに詳細がありますが

色々あって
システムキッチンのオプション費
本体工事費に一部入っています
(カップボード代 157,000円)


・こちらが実際かかった金額です

総費用c

①工事費と
②必要経費

この2つはレオハウスの金額なので
変わりません


必要経費なんて
こちらでは分かりませんので


値下げやプレゼント品が多い場合は
ここの金額を上げるのかなぁと思ったり



③オプション工事費に含まれた金額は

・キッチン人工大理石 38,000円
・キッチン木目変更 98,000円
・玄関ドアのリモコンキー 55,000円
・可動棚 4段 1個 27,200円
・ニッチ造作工事 1個 18,500円
・物干し金物追加 1個 8,600円
・オプション壁紙代 23,000円

以上で268,300円の追加となり
消費税合わせて


予定額 17,383,610円

実際の金額 17,673,675円


差額が 289,765円になりました




・次は土地代金です

総額が安く抑えられた要因は
格安の土地が見つかったからなのですが


詳細は


土地代金は
契約時に土地が決まっていたので
変わりません



総費用d

こちらがレオハウスの試算です


仲介手数料は
相場が決まっていて

(土地代金の3%+6万円)×消費税8%になります


登記費用も
ハウスメーカーですから

相場が分かっていますので
試算されていますが




こちらに書いてますが
不動産会社の社長さんが
会社と付き合いがある人だったので

手数料などを値引きしてくれました


総費用e

予定額 6,464,200円

実際の金額 6,402,980円


差額は61,200円のマイナスになりました


本体工事費と土地関係は以上で


別途工事費や諸経費などは
次回に続きます


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング