レオハウスに決まるまで

2018年01月24日


タマホームその2 (前回からの続きです

前回書きましたが
ほぼタマホームに傾きかけている時


タマホームと競合させる目的で
レオハウスに行きました。


色々見過ぎてたので
新規はもういいやって感じでしたので・・・




レオハウスとタマホームはすぐ近くなので
(車で5分も離れていません)


ふらっとアポ無しで行ってしまいました


近くなので元々行けたら行こうとは思ってたのですが
「うーん、ここはいいやと思わせる理由が

タマb
レオハウスのロゴのダサさ!

スーパーの特売や
学校の先生が作るしおりみたい


レオハウスに比べると
タマホームはヘルベチカフォントで
割とオシャレです





まあロゴで家は建たないので
とりえあずレオハウスへ



今すぐ担当出来る者はいないけど
モデルルーム見て
見積り依頼位でしたら可能ですよと




基本全国区のメーカーは
アポ無しで行っても断れませんが
地元の小さいとこだと
無理って言われたりします



この段階で4社ほど話が進んでたのですが
 
・地元の工務店やメーカーは2,3週間先や微妙な時間が多い

・全国区のハウスメーカーは毎週話聞けてる
(平日行ける人なら問題無いと思うんですが、土日しか行けないので)


と何件か並行して
話を進めていても営業や社員の人数なのか


大手の会社のが話が進むのが早いです



契約前でこれなんだからトラブル起きた時に
大手のが対応早いかなぁと思ったりしました。





レオハウスもタマホームと同じように
住宅展示場ではなく

支店内にモデルルームが2棟あります


タマc


こちらもタマホームと同じように
選べるキッチン、トイレ、サイディングなどが
実際に展示してあり
これを見てるだけでテンションが上がります


いきなり行きましたので営業の方が空くまで
受付の方と一緒にモデルルームへ


完成したのがタマホームより古い為に
間取りなどが若干昔の
高級住宅っぽい感じで余り参考にはならず


いきなりでしたので
次週ちゃんと話しましょうという事で


ある程度希望の間取りは
決まってるので色々伝えて、来週へ。



クレヨンしんちゃんの大きなティッシュを貰って帰りました
(これが毎週貰えるのが嬉しい)




翌週はタマホームにレオハウスの
見積りを持っていきたいので先にレオハウスへ


今まで何社か見てきましたが
すべて担当は営業の男性1人でしたが
レオハウスは2人!

営業の方と何と一級建築士!


ちなみに、うちの会社にも一級建築士いますが

一級二級の違いは
作れる大きさなので
戸建てなら二級でも建てれます。


一級建築士さんならビルや学校も建てれます。


注文住宅で自由設計なんだから
設計士が同席するのはありがたいですし


考えてみたら
当たり前のような気もするのですが
(積水ハウスとかは当たり前にいそうな気がします^^;)


どうやら今回だけじゃなく
最後まで2人態勢という事で
まずは見積りと間取りを。



当然ですが受付の方と話しただけなので
希望とは色々違うんですが

「営業でもないのによく希望を覚えていたな」というなかなかの出来

これはこれで
なかなか取り入れたいとこがあったりします。


窓の位置やスキップフロアの高さなど

建築士さんから直接話を聞くと
納得な部分が非常に多く

営業さんはタマホームのモデルルームも
全部把握してるそうで


同じに作れるよという話なので
とりあえずタマホームの間取りと見積りを見せると

「絶対ここに壁入りますよ」などなど

設計士さんなら
すぐ分かるらしい問題点があるらしい


なので間取りは次回にして
標準の設備などの案内を営業さんから聞きました


レオハウスは大人気の家CoCoという大安心の家そっくりな名前で
(どっちが先なのでしょう


提案されたのは
大人気の家CoCoのDセレクトというタイプ
(ベーシック<Vセレクト<Dセレクトとグレードと値段が上がるらしい)




タマホームとの違いでレオハウスのが良い所

・天井高が標準で250cm
(タマホームは240cm)

・標準で吹き付け断熱
(タマだとオプションで40万弱)

・制振ダンパーが付いてくる
(キャンペーンらしいのですが最初からありました)

・窓はLIXILのサーモス2H
(これもキャンペーンらしいのですが、玄関ドアもリクシルにして下さいという条件付)


もちろんタマホームと
同じ間取りの条件で見積りが出ていないので

比較が出来ないのですが、吹き付け断熱が標準
営業の方もC値を理解してるのが安心出来ます。
(オプション費用かかりますがC値測定もしますよとの事でした)


タマホームの見積りは見せてますので

次回見積りを楽しみにしながら
クレヨンしんちゃんのティッシュを貰って帰りました

また次回に続きます)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


2018年01月23日


恐らくレオハウスで建てる方のほとんどが見に行くタマホーム
悩んだ度★★★★☆



次はローコストシェアNo1のタマホームへ



タマa


近所のタマホームは住宅展示場ではなく
支店内にモデルルームが3棟も建っています



住宅展示場と違い延床面積で
40坪位という実際に建てる家よりちょっと大きい位
急に現実味が出て好印象です。


そしてモデルルームがドンピシャで気に入りました。


・1Fが広いLDKでオープンキッチン

・リビング階段で途中にスキップフロア
 

隣に6畳の部屋がありましたが、ここを無くすと
ほぼ希望通りで大きさも延床で35坪位になるので希望通り


また支店内には標準で選べる
キッチン、トイレ、サイディングなどが
全て展示されていました


選べるキッチンやトイレも
今まで見たハウスメーカーより素晴らしく
選択肢が多いのも好印象
実際に全部置いてありますので、実感が湧きます


もちろんカタログも
「これだけの中から選べますよー」
結婚式の引き出物カタログでも見る感じで
テンション上がってました。





タカラ600-400


写真はタカラスタンダードのキッチン
キッチンは
・タカラスタンダード
・LIXIL
・永大産業
・クリナップ

から選べました。




トイレはTOTOLIXIL

お風呂はTOTOLIXIL
Panasonicもありました。


ローコストメーカーにありがちな
どれか一社にしてくれというのも無く


また他社製のOEM製品のみで
選択肢は色だけとかいう所もありましたので
この時点でかなりタマホームに気持ちが傾きました。



タマホームを見た時点で最初に書いた
②の激安ローコストメーカーの営業の方が

「うちならタマホームより200~300万安い」
と言ってましたが


これなら
200万~300万高くてもタマホームのがいい

という位の見た目の差があり。


とにかく、これは
タマホームって売れるよねーという印象でした。


間取りに関しては

モデルルームが気に入ったので
希望の間取りを伝えるのも簡単にすみました。


「土地も探してるんですよー」と営業さんに伝え

次回までに
土地もいくつか探してきてくれるという話で

早速来週の予約を入れて帰りました。





・翌週最初の見積りと間取りが出来たので早速訪問

タマ間取り600-400


最初なので細かい修正点はありますが、ほぼ希望通り!




そして見積りへ!
話には聞いてましたが、坪単価下げる為とはいえ項目が色々分かれてます。
(たしか頭金500万位って話だけしたのに40万低いのは優しさでしょうか)

タマ見積り600-450



建築費が約1,410万円で施工面積41坪なので
タマホームの言う坪単価だと34万円ちょいになりますが


他のメーカー計算だと
工事費合計 1,910万円に
延床面積35坪なので坪単価54万5千円になります。


これでも安いので表記は
全メーカールールを決めて欲しいのですが


土地代はいくつか持って来た中で
一番安いので計算してありますが

ちょっと狭いので
もうちょっと実際はもう少し土地代かかるとはいえ


総額3,200万~3,300万で
建つ感じなので予算としては問題なさそう。





大安心の家の基本プラン


・屋根は三州瓦なので問題なし

・トイレは1,2階2箇所で標準のトイレのグレードで充分

・キッチンはどれも良さそうですが、オプション料金がかかりそう
(カップボードとか人造大理石にしたいとか)

・断熱材はグラスウールなので吹き付け断熱に変更したい。

・窓はLow-E複層ガラス


なので断熱材だけ
変更すればいいかなぁという感じでした。



建てれる予算とほぼ希望の間取り
色々選べるキッチンなどをずっと見ていると

ここで
謎のキャンペーンが
ついている2枚目の見積りが!


今月中に契約すれば
80万弱値引きしますよーと



うーん・・・まだ2回目の来店で
何も決まってないのに契約は出来ませんが


そもそも
80万はどこを上乗せしてあったんだろう…


他のメーカーでもありましたが
こういう謎の値引きは嫌いです


見積りを出す段階で
原価が分かるわけで
決まった利益出さないといけないわけですから


自動車や家電屋でしたら定価がある以上
「値引きして」と言いますけど

材工費や工事のオプション代などは
定価がありませんし・・・


まあ値引きは気にしないで
出された金額でのみ比較します。
(どうせ次月も値引きするでしょうし)


とりあえず、部屋はこれで問題ないので
 
・脱衣場と玄関がちょっと希望と違うのと

・リビングは全部大きい窓に変えて欲しいのと

・吹き付け断熱にしてほしい。
 

などを伝えてまた来週の予約をして帰る事に。

そしてネットでよく言われる
タマホームとレオハウスは元々同じ会社で仲違いしたから
価格も似てるし
「タマホームにレオハウスの見積り持ってくと安くなる」
という事でしたので

すぐ近くにあるレオハウスに寄りました。

次回に続きます。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング




2018年01月18日


今まで何社か見学しましたが

今まで書いた会社は
最終選考に残らなかったメーカーですが


結局「一条工務店」が途中まで
「タマホーム」「レオハウス」の2つが最後まで残りました。


今の段階で絶対に譲れない部分は


・屋根材は瓦
(解体の仕事で見てるのでスレート屋根などはメーカーが言うほど持たない)


・吹き付け断熱
(ローコストメーカーでグラスウール完璧に施工出来る職人が少ないので)


・1階はLDKのみ1部屋


・スキップフロアがあり吹き抜け


・キッチンはペニンシュラキッチン
 もしくはアイランドキッチン

段々と希望の間取りが見えて来てる段階です。





一条工務店
悩んだ度★★★☆☆

最初に見学に行ったハウスメーカーと
同じ住宅展示場内にあります


一条


他のメーカーはちょっと見て
特に値段程の魅力が無かったり


単純に高すぎたり
(ヘーベルハウスの高さにびっくり)

その中で一条工務店


値段もそこまで高くなく(レオハウスより高いですが)

やはり

高気密、高断熱の
営業さんの知識も多く参考になりました。


表で風船を配ってる営業さんが
熱心に子供を誘うも
「一条って高いよなぁ・・・」と思ったのですが
とりあえず見るか位でモデルルームの中へ・・・


相変わらず延床60~70坪と大きいんですが
一条工務店のモデルルームは

部屋数が多く1部屋づつは
現実味がある大きさで好印象でした。


営業さんも床暖房のメリットと
C値、Q値の話を熱心に説明
説明が男性向けですね…


支払う側(ほとんどが旦那さん)に
振り向かせるのもいい作戦ですが

家を選ぶ時の決定権は
妻のが持ってると思うんですが


もちろん見積りは
レオハウス、タマホームより高いのですが


断熱材、屋根材など
標準で充分な性能なので


オプション費用は少なく出来そうで

坪単価計算で
60万円位で建ちそうな雰囲気



一応総予算を外構費は除いて
土地代と諸費用含めて3,500万と決めていまして
(ここまでなら今の家賃と変わらないので)


固定資産税や団信など
今までは払ってないものが増えるので

もちろん気に入った中なら
安い方がいいんですけど


この辺の相場は土地代が
900万円位なので


土地代除いた予算が2,600万円なので
一条工務店あたりより高い所は無理だったりします





「お断りの理由」


・レゴで家作る男の子
・おままごとする女の子
この違いなんですが


妻が一条工務店を
全然気に入りません・・・



男女の違いでしょうけど
一条工務店はキッチンが全然選べません。

レオハウスやタマホームなら4,5メーカーから
選べてしかもそこそこのグレードなので
ここは大きなデメリット


後は子供が小さいので
全館床暖房はかえって危ないかも


子供が生まれてから
ホットカーペットも使ってないですし。


多分性能が全てなら
このまま契約したかも知れないのですが



最初に高気密とC値、Q値の話で
盛り上がったからなのか


「引き戸にすると
気密が下がります」
と言われるレベルの間取りで



開放感がレオハウスとタマホームの
間取りに比べて圧倒的に少ない状態です





注文住宅ですけど断熱、気密重視の為に
自由度が少なく
希望の間取りにはならない状態。


設備も選べる
間取りも自由がない

でもタマホームより高いので

妻は「ここはダメ」となりました




確かにキッチンなどの設備
開放感重視で考える人向けではないですね
(やはり男性向けのメーカーっぽいですね)





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



何度か足を運んだ会社は色々書く事や
「ここは良かった」などもありますが


1回~2回で「もういいや」って思う
ハウスメーカーもたくさんありました



4e18c3ae5ef5794cd3c9507c70b043fe

家から一番近い住宅公園内だけでも
15メーカーもありますし

全メーカーを
何回も話を聞くのは不可能です






③地元の768万円~で家が建つという広告が毎週のように来る所
悩んだ度☆☆☆☆☆

1回だけで次は無かったです

768万という話でしたが
希望する大きさの家は普通の値段でした。


前回書いた激安ローコストメーカーのが安かったです。
これといった特徴も無く
工期も遅くいいところが何も無かったです。


社員数が少ないから
人件費がかからないって
広告を売りにしてましたが

トラブルがあった時など
色々対応が遅くなるだろうに

何故売りにするのか今も謎です





④近所の新築建売住宅
悩んだ度☆☆☆☆☆
土地付きで2000万円という破格の安さ
広さもまあまあ・・・



よく考えれば
気に入れば建売でもいいよね?

という考えも
ちょっと浮かんで行ってきました。

・・・・
・・・
・・

近くですが迷子になるレベルの道路の狭さ…

さらに駐車場の狭さ等で
そのまま帰ろうかと思いましたが
せっかくなので家の中へ。


6棟あってまだ
全部売れてないというので全部見学
広さはほぼ同じですが、間取りが若干違うんですが
全て気に入るものが無く


当然間取りは選べなく
最大公約数的な家が多いのか

全て1階にリビングと
6畳位の部屋が付く家が多いです

希望は1階は1部屋なので無理でした


「当たり前ですが壁の中が見えません」

この頃にはネットで住宅の事を
見てたのでやはり欠陥住宅は怖く


間取りは気に入ったものがあれば
建売でもいいのですが

断熱材などは当然選べず
また施工作業も見てないので

これで2000万は出せないなと却下になりました。


大きい土地を買って
区切ってるので
土地代も安いでしょうが

さすがに色々な物の
グレードは最低レベルでした



⑤近所の新築建売住宅その2
悩んだ度☆☆☆☆☆

こちらは土地付き2,680万円という

レオハウスやタマホームより
400~500万位安くなる位なので

外壁、内装全てが先程の
2,000万円住宅よりグレードが高いです


外構もしてあるので
総額ではもっと安くなる計算ですが

ここなら住んでもいいかな
レベルで内装も気に入り


ここを見た段階で
やはりローコストとはいえ

ある程度は
お金を出さないとダメだな

最低ラインが決まった感じです


そして一通り見学して帰った所
営業さんからすぐ電話

他の方で決まりそうなので
購入するなら今から契約を
今日契約すれば50万引くというよくあるパターン・・・


こういう営業大嫌いなので
じゃあいいですとお断りしました。

ローンの事前審査すらせず
契約させるのも恐ろしいんですけど




⑥ZEROCUBEの家
悩んだ度☆☆☆☆☆

後10数年若ければ
憧れてたかもしれませんが

まあ安いし近くで
完成見学会があるので見学に

「学生時代はこういうとこ住みたかったなぁ」
と思ってましたが


・下が見えるスケルトン階段なので、子供が登れないし危ない。


・隠れ家みたいな天井が低いスキップフロアの使い道が浮かばない。


・屋根も壁もガルバニウムなので雨がうるさい。


・総2階なので予想は出来ましたが、思ってた以上にベランダが小さい


・こりゃ喫茶店とかする人の家じゃね。

などなどでダメでしたが

会社の同僚で
絶対ここがいいって人もいますので(実際売れてますし)

若い人はこういうのかなぁと思います

実際私も昔は
こういうとこ住みたかった訳なので





その他いくつか見ましたけど
建売は気に入った物件は出ず

ハウスメーカーは何件も見ると
特徴の無い所は
みんな同じに見えて次は無くなります


特に地元の工務店で
レオハウスやタマホームよりは高くなるけど
ローコストのメーカーなんかは

これといった売りが無いと
正直これから大丈夫かなと思ってしまいます




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング


2018年01月17日

②地元の恐らく一番安く建つだろうというハウスメーカー

悩んだ度★★☆☆☆

賃貸に住んでた時に
「999万円で家が建つ」というチラシが何度も入ってて
特に知識も理想の家も無い状態でしたので
早速見学に行きました。



モデルルームは無いので
完成見学会に2件ほどお邪魔しました。
(2LDK賃貸アパートの不動産チラシの多さは異常です


最初に見たのが近所に出来た
一番安い「999万円の家」です
(キッチンなどのオプションがありもうちょっと高かったですが)


とにかく安さが売りの会社ですので
金額のメリットをたくさん伝えて来ます。

「給排水の工事費、照明、コンセント費用、設計費や申請費用が込みで999万円です!


なので他のメーカーと比較するなら
建物価格プラス100万円位はさらに安い比較となります。

気に入った物であれば安い事はいい事なので
早速内部を見学…
何しろ土地代除けば総額で
1,300万位で建つ計算ですから



感想は「狭い、無理」でした。

999万円の家は1,2階合わせて
延床面積が26坪という話でしたので
そりゃ今の賃貸(2LDKで60平米なので18坪位)
よりは圧倒的に広くはなりますが…


新しい分譲地で、両隣は家が既に建っていて
両隣とも土地60坪位で建物は35坪位です。

その為26坪の家が余計に小さく見えてきます


この辺りだと建物35坪位が普通の大きさで
私たちも望んでる大きさの家でしたので
「別にここまで安くなくていいからもうちょっと広くないと無理」
と営業さんに伝えたところ


「来月1199万円の家の見学会をします」
「それでもタマホームより200~300万は安くなります」という事で
そちらも見学予約を入れて、
とりあえず希望の広さでいくらになるか後日見積りを貰いに行く事に

何かあるとタマホームより200、300万は安いと言うので
恐らくタマホームも見てる人が
値段で選ぶお客が多いのかなぁという印象です。



・32坪で貰った見積りがこちら

デザインハウス見積り600


土地代が900万円
地盤改良費で90万円の予算取りをしてながらも
総額が2,650万円建売住宅とそれほど変わらない金額です。



また2×4のメリット
・地震に強い
・施工が簡単
という話を在来工法で作ってるタマホームの
建築途中のグラスウール施工が失敗してる写真を見せて説明

たしかに(建設業ではないんですが仕事柄解体作業を見るので)
グラスウール貼るのは難しいんだけど・・・
何も他社の失敗写真見せなくてもとは思いましたが



後日見た1199万の家は延床で32坪でしたが
感想は前と同じく「狭い、無理」でした。


ここは2×4のみで(高い2×4は知りませんが)
パズルみたいに、この広さだとこれだけの壁面が必要という

ある意味分かりやすい制限があり
希望としていた1階は1部屋で全部LDKが出来ません

デザインハウス600


このように壁面が必要な為キッチンに耐力壁
もしくはリビングとダイニングに耐力壁が入ります。


たしかに安いのですが
既に何件かモデルルーム見て来た為
多少は目が肥えて来ましたので
余計に狭く感じてしまいました。

また安い為にキッチン、照明、窓ガラスなどもグレードが低く

既に「そこまで安くなくてもいい」という考えになっていたのでお断りました。



でもここは安い理由をちゃんと説明してくれて
その点は好印象でした。

営業さんも
「家を買うのは夢じゃないんで住めるなら安い方がいい」という

他の会社さんは、やはり夢のマイホームという話から
予算オーバーの大きい家を勧めるとこも多い中
ある意味新鮮でした。
「うちなら世帯収入300万でも家が建ちます」というお話しで

独身時代に将来は安いワンルーム買って
老後に備えようなんて考えた事もあったので
そういう考えの方にはいい会社かもしれません。

もしくは老後に子供が家を出た後に夫婦二人の平屋とかを
立て直すとかでしたらここはアリかなと今も思います。


やはり安い家と高い家が違いがあります。
それをごまかさないスタンスはよかったですが
既に欲しい家と全然違くなったと分かったのでお断りしました。

地元の不動産屋と繋がりが多いのか
土地紹介はなかなかいい条件が多かったです。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村

ローコスト住宅ランキング