2018年06月23日


1歳半でプラレールを買いましたが
全然遊べずに

仕方ないのでプラレールを隠して
レゴデュプロトレインにした話を


昔書いたこちらの記事


こちらに書きましたが



2歳5ヶ月になって


最近プラレールを
また出しました







・プラレールで遊べるようになるまで



保育園の連絡帳に
毎日プラレールで
遊んでます
と書いてあったり


マツコの知らない世界という

マツコデラックスが出てたテレビで
プラレール特集を
録画してあったのですが



この録画を毎日のように
見たいと言っていたので



仕事から帰ったら
妻が隠していた
プラレールを出してました



前回隠した時から
8ヶ月経ち

息子もかなり成長したようで



「レールが繋げられます」


とは言っても

プラレールa

このように繋がってはないのですが


それでもレール1本づつは
繋げられるので
自分で頑張ってます



ただの円くらいなら
自分で完成出来ますが


曲がってるレールと
真っすぐのレールが混ざると

まだ無理ですが


「完成させないと電車が脱線する」
というのは分かっているので


パパが直しても
取るなーと怒ったりしません



プラレールb

パパが手直しして完成







・レゴデュプロには無いプラレールのメリット


プラレール隠した話の時には
レゴデュプロの
メリットを書きましたが



これも子供の成長とともに
大丈夫な部分が増えて




前に書いた
レゴデュプロトレインのメリット



・プラレールより大きい

これは成長してプラレールでも遊べるように
器用になりました



・走るスイッチが押しやすい

プラレールも
スイッチが動かせるようになりました



・2分位で止まります

これは相変わらず
プラレールは勝手には止まりません

途中で飽きて
他の事しても

電車は動きっぱなしなので


是非自動で止まる
プラレールが欲しいです



などなど相変わらず
レゴデュプロトレインの
メリットは大きいのですが




プラレールの圧倒的メリットは


「安い」です


というかレゴデュプロが高いんですが




このデラックストレインセット


これはアマゾンで16,000円位します




もうひとつ
初めてのトレインセットのが安いですが



これだとレールが小さめの円だけしか
付いていませんし




レゴは製造中止品薄

すぐに値段が
2~3倍になってしまいます





一方のプラレールは






基本のレールセットは
何と2,000円以下です


レールセットには
電車は付いていませんが


電車は1,300円位で買えますから

フルセットでも3,000円で買えます




・オプションアイテムも豊富


踏切がお気に入りなので
先日踏切パーツを購入して


その他
トンネルや立体になるレールも買いましたが


プラレールc

トンネルが350円
立体になるレールが400円


などなど値段も安いです



レゴデュプロにはそもそも
単品パーツが売っていません


なので高低つけて
交差させたいだけでも


デラックストレインセットしか
坂道レールが無いので
15,000円かかります




プラレールなら
レールセットと高架パーツで
2,500円あれば可能です





・プラレールのもう一つのメリット



子供は電車以外にも

トミカのミニカーも大好きですが



プラレールもトミカで作っているので


簡単にトミカのミニカーと連結出来ます


プラレールd






この踏切は電車が通ったあとに

トミカのミニカーが自動で踏切を渡ります







・プラレールは3歳から?


プラレール
対象年齢3歳からと記載されていて


レゴデュプロトレイン
対象年齢が2歳からになっていて



これが
本当に計算されてるなぁと思います



2歳まではレゴデュプロのが
絶対にいいですが



2歳6ヶ月以上なら
将来の拡張性や金額を考えても

プラレールのがオススメです



当然レゴデュプロとプラレールに
互換性はありませんが




プラレールe


レゴデュプロは
立体にするのも
レゴブロックで出来るので


両方一緒にも楽しめます


なので
2歳まではレゴデュプロを購入して

その後プラレールを揃えても





コメントする

名前
 
  絵文字