2018年06月

2018年06月23日


1歳半でプラレールを買いましたが
全然遊べずに

仕方ないのでプラレールを隠して
レゴデュプロトレインにした話を


昔書いたこちらの記事


こちらに書きましたが



2歳5ヶ月になって


最近プラレールを
また出しました







・プラレールで遊べるようになるまで



保育園の連絡帳に
毎日プラレールで
遊んでます
と書いてあったり


マツコの知らない世界という

マツコデラックスが出てたテレビで
プラレール特集を
録画してあったのですが



この録画を毎日のように
見たいと言っていたので



仕事から帰ったら
妻が隠していた
プラレールを出してました



前回隠した時から
8ヶ月経ち

息子もかなり成長したようで



「レールが繋げられます」


とは言っても

プラレールa

このように繋がってはないのですが


それでもレール1本づつは
繋げられるので
自分で頑張ってます



ただの円くらいなら
自分で完成出来ますが


曲がってるレールと
真っすぐのレールが混ざると

まだ無理ですが


「完成させないと電車が脱線する」
というのは分かっているので


パパが直しても
取るなーと怒ったりしません



プラレールb

パパが手直しして完成







・レゴデュプロには無いプラレールのメリット


プラレール隠した話の時には
レゴデュプロの
メリットを書きましたが



これも子供の成長とともに
大丈夫な部分が増えて




前に書いた
レゴデュプロトレインのメリット



・プラレールより大きい

これは成長してプラレールでも遊べるように
器用になりました



・走るスイッチが押しやすい

プラレールも
スイッチが動かせるようになりました



・2分位で止まります

これは相変わらず
プラレールは勝手には止まりません

途中で飽きて
他の事しても

電車は動きっぱなしなので


是非自動で止まる
プラレールが欲しいです



などなど相変わらず
レゴデュプロトレインの
メリットは大きいのですが




プラレールの圧倒的メリットは


「安い」です


というかレゴデュプロが高いんですが




このデラックストレインセット


これはアマゾンで16,000円位します




もうひとつ
初めてのトレインセットのが安いですが



これだとレールが小さめの円だけしか
付いていませんし




レゴは製造中止品薄

すぐに値段が
2~3倍になってしまいます





一方のプラレールは






基本のレールセットは
何と2,000円以下です


レールセットには
電車は付いていませんが


電車は1,300円位で買えますから

フルセットでも3,000円で買えます




・オプションアイテムも豊富


踏切がお気に入りなので
先日踏切パーツを購入して


その他
トンネルや立体になるレールも買いましたが


プラレールc

トンネルが350円
立体になるレールが400円


などなど値段も安いです



レゴデュプロにはそもそも
単品パーツが売っていません


なので高低つけて
交差させたいだけでも


デラックストレインセットしか
坂道レールが無いので
15,000円かかります




プラレールなら
レールセットと高架パーツで
2,500円あれば可能です





・プラレールのもう一つのメリット



子供は電車以外にも

トミカのミニカーも大好きですが



プラレールもトミカで作っているので


簡単にトミカのミニカーと連結出来ます


プラレールd






この踏切は電車が通ったあとに

トミカのミニカーが自動で踏切を渡ります







・プラレールは3歳から?


プラレール
対象年齢3歳からと記載されていて


レゴデュプロトレイン
対象年齢が2歳からになっていて



これが
本当に計算されてるなぁと思います



2歳まではレゴデュプロのが
絶対にいいですが



2歳6ヶ月以上なら
将来の拡張性や金額を考えても

プラレールのがオススメです



当然レゴデュプロとプラレールに
互換性はありませんが




プラレールe


レゴデュプロは
立体にするのも
レゴブロックで出来るので


両方一緒にも楽しめます


なので
2歳まではレゴデュプロを購入して

その後プラレールを揃えても



2018年06月22日


家を建てる際に

大手のハウスメーカーに依頼するか

地域の工務店に依頼するか


これで悩む方が多いですし

このようなブログも多いですね


そしてほとんどのブログが
工務店をオススメしています


大手a

一条工務店も名前だけは工務店ですが
当然大手ハウスメーカーですね





・何故ブログは工務店をオススメするのか


「ハウスメーカー 工務店」
これで検索すると多いのが


ハウスメーカーではなく
工務店のがオススメというのが多いです


何故かと言えば

大手メーカーはブログを書きませんから


ブログを書いているのが
工務店ばかりだからですね・・・



我が家が建てた
レオハウスもそうですが

その他大手ハウスメーカーが


自分のサイトで
工務店批判しませんし

そんな記事もちろん書きません





・一般的に多いハウスメーカー批判の理由


①宣伝費があるのでその分上乗せされる


工務店の営業さんが
必ず言うセリフですが


働いている方なら自分の会社は
宣伝していませんか?


私の勤務先も色々
宣伝広告やCMを出しますが


宣伝広告費は経費ですから
その分税金が減りますし


節税対策としても出します


もちろん大手なら
自分の会社を知ってもらうという
本来のメリットもありますが


宣伝費がそのまま利益が減るなんて
事はありませんね


大手b

レオハウスはクレヨンしんちゃんですね



②人件費が高い


従業員も多いですから
人件費がかかるので
その分価格に上乗せされます


これは確かに
上乗せされる部分ですが


これも経費ですから

そのまま利益分を
上乗せする事はありませんし


人が多いという事は
何かあった時のトラブルも早いですから


安心料と考えると仕方ないと思います





・大手ハウスメーカーはクレームが多い?


これも最初の話と同じですけど

どこもクレームはありますが

例えば1%がクレームになるとして
(100戸作って1戸クレームの計算)


年間1000戸の大手メーカーなら

100戸に1戸だと

1年間で10戸がクレームに



年間20戸の地域工務店なら

100戸に1戸だと

5年に1戸だけクレームの数です


同じ比率でもこうなりますので

大手メーカーの
クレーム系ブログのが目立ちますし


例えば
○○町の○○工務店はひどい
なんてブログがあっても

その地域の人じゃないと
そのブログに辿り着けません・・・







・実際値段は違う?



格安の建売住宅のような


特に特別な作りや
注文が難しい商品がなければ




大手c

ハウスメーカーで契約しても
施工は町の工務店がするので
ハウスメーカーの取り分が無いので
価格は実際安いです



ただ、ちょっと変わった事がしたいとか

キッチンは「これ」みたいな決まりがあると


大量発注の分
キッチン、バスルーム、トイレなどは


大手ハウスメーカーのが
安くなります



実際レオハウスに決まるまでの
過去のブログにも書きましたが


「うちはタマホームより200万円は安いですよ」
ってありましたが


設備のグレードが
タマホームより低かったのと


キッチンを変更したり

リビングの希望や
スキップフロアの吹き抜けなどを希望すると


あっという間に値段差が無くなります





・最終的には人です



色々書きましたが


注文住宅は既製品では
ないですから


最終的には
「いい人にあたるかどうか」です


私が建てた時の現場監督さんは
本当にいい人でしたから


仮に今から
もう1軒建てないと
いけないとなった場合に



同じ監督さんに頼みたいですし

その方が転職して
違うメーカーにいたら
そのメーカーに頼みたいですし



独立して工務店でも作っていたら
その工務店に頼みたいです


余りにハウスメーカーは
オススメしないブログ
多かったので書きましたが


いい人にあたるかどうかが重要です



そして大手ハウスメーカーなら
ネットで色々記事が出ますが


地域の工務店はネットには出ませんので


家建てた人に直接聞くのが
オススメです


地元の美容師さんあたりに聞くと
「あそこで建てた人知ってるよー」
とか言われます





・私が大手ハウスメーカーにした理由


いい人と出会えたのが大きいのですが

それ以外の一番大きなメリットは



・そう簡単に潰れない

これが大きいです


仕事の関係上
地域の工務店なども
100社以上は付き合いがありますが


1月に1社位は潰れてます


大手なら潰れないという保証もないですが
契約したレオハウスは上場企業なので


会社のIR(決算情報)が見れますので
問題ありませんでした

大手6

3年連続で営業利益が赤字のレオハウス
売上高は上がって利益は下がっているので

お客から見たら
「いい物を安く」ですけど


3年間で18億円の赤字ですから
町の工務店なら潰れてますが



大手7

クリクラやダスキン
建設コンサルタントで稼ぐので
トータルだと黒字企業です


数十億円の先行投資が出来るのは
大手メーカーじゃないと無理ですね



万が一の病気事故の為に
自動車保険や生命保険を
掛けているのと同じように


長い付き合いになる
自分の家ですから


潰れなそうな会社を選ぶのも大事です



大手メーカーも実際の施工は
地域の工務店に下請け出しますから


実際の施工能力は同じなのですが


仮に物凄い問題が起きて
完成間近の物を立て直すとなったとして



大手メーカーなら
1,000万円や2,000万円の損では
潰れませんが



地域工務店だと、それは出来ません



大手d

レオハウスと契約しても
実際の施工は下請けの大工さんです






・そもそも当たりの工務店が見つからない


残念ながら地元に
「ここで建てたい」という
工務店が無かったですが


多分大手メーカーより
安くて、腕もいい工務店も
あったと思いますが


大手メーカーがチェーン店なら
地域工務店は町の料理店です


チェーン店なら
特別美味しくもないですが
想像している味が出ます


町のお店は
凄い当たりもあれば
凄いハズレもあります


1回1,000円位の食事なら
試せますが
数千万円だとなかなか試せません



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年06月21日


小さい子供がいる家族には
是非オススメしたい場所です


フルーツ公園a


山梨市という
甲府市の隣にある


山全部が公園みたいな
もの凄い広さの公園です


フルーツ公園b

屋外なので

真夏と真冬以外は


月に1~2回は
遊びに行く

オススメスポットです







・子供連れにオススメの理由


山の上ですが
ちゃんと車で行けるので


アクセスは車さえあれば
問題はありません


一応
新日本三大夜景とかいう

残り2個はどこだよという
夜景が売りで

フルーツ公園b-2


山梨の人は免許取ると
大抵何度か夜景を見ますが



昼は子供連れの家族が多いです




物凄い広い芝生があって
子供と、我が家の場合は
犬も喜んで遊びます

フルーツ公園c





子供用の遊具も何か所も
色々あって

フルーツ公園d







小さい子供でも楽しめる
アスレチックなどもあります

フルーツ公園e





夏は水遊び出来る場所も
たくさんあります

フルーツ公園f





園内に
ロードトレイン
というのが走っていて

フルーツ公園g

これだけは有料なのですが
(大人400円 子供200円)



これ以外は全て無料です



山の傾斜があるので

登るのは若干大変ですが


園内には車も自転車もいないので
安全に子供が遊ぶことができます




冬でも楽しめますが

夏の時期は

フルーツ公園g-2


こんな感じで
水遊び出来るものが多いので

夏行くのがオススメです


とはいえ
紅葉の時期は凄い綺麗なので

寒い真冬以外はオススメです(笑)

フルーツ公園g-3

子供が生まれる前の写真ですが

元々夫婦とも芝生で「ぼーっ」と
するのが好きなのでよく行ってました






・食べ物は買っていきます


公園の上にはホテル温泉施設

そしてレストランもあるのですが


このレストランが
オシャレではあるのですが

どうも子連れって雰囲気ではないので
(犬も入れませんし^^;)



我が家は

食べ物を買っていって
芝生で食べてます


フルーツ公園h


ベイシアという
山梨市では一番大きい
スーパーで惣菜などを買うか


フルーツ公園i

マクドナルドのどちらかです


公園近くまで行ってしまうと
山なので農園くらいしかないので


手前で買っていくといいです



フルーツ公園j

カフェはあるので
軽食は出来ますが


我が家は
ジェラートかソフトクリームだけ




2018年06月20日


最近大きな地震が結構発生してます


もちろん
住宅の耐震性能も大事ですが



同じ市内でも
この地域は揺れが少ないというのがありますが


地震a

このように地盤によって
震度は最大1.5変わる事があるので



震度5のエリアでも
場所によっては
震度6相当になったりします




私も土地を買う時には


図書館で昔の地図を見たり

昔の航空写真を見ました


地盤調査は土地を購入しないと
出来ないので


土地購入前
ある程度、地盤の強さを調べます





・国土地理院のサイトで昔の写真や地図を見る



国土地理院のサイトでは


昔の航空写真や地図が見れます




こちらで昔の航空写真を見ると


我が家の土地は


地震b

40年前は畑で





地震c

20年前は元地主さんの駐車場になっています



元は池だった場所や
沼地だった場所を埋立などすると
当然地盤が弱いです



その他自分の土地の周りも確認して
昔から住宅街かどうか確認します





・活断層データベースで活断層を確認する


こちらのサイト
活断層データベース




ここでは活断層が表示される
地図を確認出来ます



私が住んでいる山梨県は

地震d

下の方に活断層があるのが分かります




地震e

甲府市には活断層はないので
とりあえず安心です




活断層は文字通り
活動している断層なので


熊本自身の時も

地震f

(日経ホームビルダーより)



活断層に沿って
被害が多くなる場合もあるので
注意が必要です





・市町村のハザードマップも確認する


最近はどの市町村でも
ハザードマップを作成しています


住んでいる甲府市も
webで公開されており


何百年に一度の大雨が来た時の
浸水深などを出しています


地震g

かなりピンポイントで表示されます

住んでいる所は最大50cmなので
まずは一安心です



後は地震発生時の
液状化の危険マップもあります


地震h





甲府市というか山梨県の場合は
津波の可能性は0なので

地震i

ここに津波が来る時は
静岡と神奈川全部が水没します

その為津波情報はありませんが
海がある都道府県なら当然出ていると思います




地震j

盆地の中心部なので
崖崩れもありません


場所的には災害は少ない
メリットも多いですが

盆地なので夏暑くて冬寒いです





・地盤調査会社で昔の地形などを調べる


地盤ネットジャパンホームシールドなどの


地盤調査会社さんでは


結構詳細に地盤の情報が分かります



我が家の地盤調査は
地盤ネットでした



その時の詳細は過去記事に





今回は



土地の住所を入力すると
情報が出て来ます


地震k


昔は扇状地で
地震時はやや揺れにくく
液状化の可能性は低いと出ます





・昔の人に聞く


曾祖父(より前は分かりませんが)から

同じ地域に住んでいますので


○○より南には住むなとか
昔あの地域は洪水が凄かったなど


住んでた人にしか分からない話が出ます



全部当たる訳では無いのですが


たしかに
○○より南はダメって言うので
先程の市のハザードマップで確認すると


地震l


浸水深が2~5m(青いエリア)が増えて
場所によっては
5m以上(紫のエリア)も出て来ます



東日本大震災でも

ここより下に家を建てるなという
石碑が話題になりましたが

地震m

経験した人しか分からない情報も
大事ですね






・住所名など歴史を調べる


昔から住んでない地域でも


図書館などに行けば
どんな地域か分かりますし


私が今の所で最初に
あそこなら大丈夫だって思ったのは


地名の由来になった神社が
すぐ近くにあり



調べたら1583年には
今の場所に神社を建てたそうです


神社など行くと
〇〇年に地震で崩壊、再建などの
石碑などもありますので

このように調べるのもオススメです



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング


2018年06月19日


昨日書いた記事




こちらにも書きましたが
私は家計簿を15年位付けています




我が家は小遣い制ではなくて
共働きで財布は別です



その為お互いの収入も
月○○万円位と
「だいたい」しか知りません



私が
・住宅ローン
・光熱費
・家の税金類
・家族の医療費、病院代
など


妻が
・家の日用品
・食費
など


こんな感じで払っていて


夫婦の買い物行った時や
外食は

ワリカンで払う事もあります


自動車など高額な物も
自分の物は自分の貯金で支払います





・15年続いてる1,000円家計簿


そんな訳で
私は家計簿を付けていますが


社会人最初の数年は
給料日まで150円しか無いという
生活でしたが



これではいけない


と家計簿を書き始めましたが


なかなか面倒なので

長く続きません・・・




色々試行錯誤した結果

1,000円家計簿になりました


家計簿a


名前や貯金額などを特定
出来る項目は消したので
見にくいのですが


簡単に言うと


名前の通り
1,000円単位で付けます





・家計簿が続かなかった原因


最初に面倒って思ったのは


・スーパー 648円
・コンビニ 260円

こういうのを全部付けてるのが
面倒と感じたので


今の「1,000円家計簿」


財布から1,000円減ったら付けます

上の例だと
私の家計簿では

家計簿b


オギノって言うのは
地元のスーパーなのですが

スーパー 1,000円のみになって
小銭で払える物は付けません


会社では基本毎日
コンビニ弁当ですが


nanacoに3,000円チャージして
財布から3,000円減ったら


家計簿に食費3,000円で


nanacoが無くなるまでは
家計簿は付けません





上の例で
コンビニで食べ物以外
買った場合ですが

1,000以下なら付けません


財布と貯金の額と
家計簿は合いますし


そこまで100円単位で
何に使ったかは分からなくても
大丈夫ですし


そこまで知りたい人は
多分
普通の家計簿が続く人です


あくまでも財布から
1,000円が減ったら書きます


今の貯金額と財布の金額も
書きこむので


それが合っていれば
細かい項目は気にしません





・たくさん買い物しても楽です


例えば
ドラッグストアで色々買った場合に
実際に買ったものが


子供のミルク 2,678円
歯ブラシ 430円
ビール 1,196円
皮膚薬 645円
洗剤 321円
牛乳 181円

合計 5,451円ですが

私の家計簿の場合
小銭で451円あれば


ミルク代 3,000円
飲み物 1,000円
皮膚薬 1,000円

家計簿c

これだけ記入します

仮に451円の小銭が無くて
6,000円使ったら


飲み物を2,000円にして
調整します


細かい物は分かりませんが
お金の管理だけ出来てれば
充分です





・項目もなるべく簡単に


色分けしてるのは
項目分けです

・ローン費用

・保険代

・光熱費

・携帯、ネット代

・食費

・飲み物代

・デート代
(妻と一緒の買い物)

・服飾代
(服と美容院、化粧水等)

・車代
(ガソリン代、タイヤやオイル交換)

・薬、病院代

・子供の費用

・家庭用品

・仕事経費

・貯蓄代

・税金や団信
(毎月貯めてまとめて払ってます)


この中で全て収まるようにしていますが


これは始めるうちにだんだん
増えて行ったものなので


最初はとにかく

1,000円が減ったら
家計簿に書く

これでだいたいのお金の流れを
把握出来るので


気が付いたら
無くなってるという事はなくなります

昔は
あれ?お金減ってるけど
何に使ったかな?


という事があったので


1,000円家計簿は
管理が楽な割りに
お金の把握は「だいたい」出来るので

ズボラな方や男性にオススメです


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング