2018年05月

2018年05月25日


先日、今年度の
固定資産税通知書が
やってきました


住宅ローン減税の
プチボーナスが消えました




・調査員が来ます


引越して1ヶ月~2ヶ月位


固定資産税の
調査員がやってきます


もちろん抜き打ちって訳では無く

ちゃんと電話があって来ます


その時に
設計図や契約書を
用意しといてとの事でした




・一応固定資産税のおさらいです


簡単に言うと
家とか土地持ってるなら
税金払ってという事ですが


土地や家の広さだけではなく
家の作りによっても金額が変わります


・スレート屋根より瓦屋根のが高くなるし

・グラスウールより吹き付け断熱のが高くなるし

・サイディングよりタイルのが高くなって

・軒の長くなれば長いほど金額も上がったり


要は

家の金額が高い=税金も高い
というのが固定資産税です



・計算式です


固定資産税が決まる式が
割と複雑ですが


どこのブログよりも分かりやすく
なるべく簡単に言うと


建物の建設費×0.7=公示額


公示額×0.5~0.7=課税額


課税額×1.4%=税金の金額です




固定資産a

我が家の場合は
17,383,610円なので

17,383,610円×0.7=12,168,527円

この12,166,000円公示額なので


ここから0.5~0.7を掛けます

12,168,527円×0.5だと=6,084,264円

12,168,527円×0.7だと=8,517,969円


最終的な固定資産税は1.4%掛けるので


6,084,264円×1.4%=85,180円から

8,517,969円×1.4%=119,252円まで


この間が建物の目安となります



・この0.5~0.7がポイントです


この0.5から0.7の
数値を決めるのが


家を見に来る調査員なので


この調査員が

「この建設費の割りには」

ショボイ!って思う家は0.5を掛けますし

豪華!って思えば0.7になります



こちらに土地の評価額を
加えた物が

固定資産税になります



尚、調査に協力しないで
家に入れなかったりすると
一番高い税額になるので


優しく迎え入れましょう




・3年間は半額になります


家建てて最初の固定資産税から
3年間は半額になりますので

上記の例だと

42,590円から59,626円の間になります
(土地の評価を抜いた金額です)


税金の見直しも3年に1度あるので
3年後は若干金額は安くなりますが

半額が無くなるので

4年目が一番税金が上がります





・調査員さん物凄く見てます



ほとんどの方が
自分で気に入って設計した
新築ですから

私もそうですけど


瓦だし、吹き付け断熱だし
スキップフロアあるし
太陽光もあるし
などなどで


ローコスト住宅とは思えないほど
税金高くなるかもって思ったのですが


建築金額なりの
普通の税金でした


まあ0.5~0.7までしか
調査員決めれませんが





・我が家の固定資産税


固定資産b

我が家は

建物が延床で34,56坪

土地は64坪です




固定資産c

土地評価が
1,040,969円


建物評価が
8,012,230円


0.5~0.7の数値を決める
調査員の評価は


0.658なので
割と良い家と思ってくれたみたいです


悪く見られた方が
税金は下がりますが
それも悲しいし難しいですね




・最終的な固定資産税は


先程書いた
3年間半額は


建物のみ有効なので
土地の方は半額になりません

なので

固定資産d

土地評価
1,040,969円の1.4%=14,570円


建物評価
8,012,230円の1.4%=112,172円

合計
126,742円から

建物の112,172円のみ半額なので


3年間の固定資産税は

70,600円になります




・謎の都市計画税


3年間は半額ですから
70,600円が固定資産税ですが


その隣に
都市計画税というのがあって
こちらももちろん支払います


固定資産e


「甲府市は都市か?」


という疑問が


1年過ぎても
解決しませんが


ちなみに甲府市

全国の都道府県で
一番人口が少ない
県庁所在地らしいです



家を建てる場所によっては
こちらも支払います


こちらは半額制度はないので
30,200円が追加で

固定資産f


総合計で
100,800円が一年にかかる税金です


3年間はこの金額で
4年目はもっと上がりますので


計画的に貯金しておきましょう



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング



2018年05月24日


web内覧会も
今回で最終回です

最後は
子供部屋と客間の紹介です




・間取り図です

子供部屋a

手前が子供部屋で6畳


右上が客間の予定だった部屋で
5.25畳の広さです




・まずは子供部屋です


こちらは長男が後10年位したら
子供部屋になる予定です


特に間取りに特徴はなく
「普通の」6畳の部屋です


子供部屋b

子供部屋のお気に入り
オプションの木目クロスです


男の子らしい
可愛くてかっこいい壁紙
したかったので
オプションで選びました


カーテンは
レオハウスではレールだけ付けて


引越し後に
ニトリで購入しました




子供部屋c

クローゼットはやや大きめに
取ってます


1階のオーダーカーテンと違い
ニトリの既製品なので
カーテンが若干長いですね


子供が自分で
「こういうのが欲しい」
って希望が言えるようになったら
ちゃんとしたのを買います



私が小さい時は
自分の部屋が無かったので
羨ましいです




・当初予定は客間件物置の部屋です


こちらが最後の部屋です


詳細は



こちらにも書きましたが

引越しが終わって
5ヶ月後位に妊娠して

去年2人目となる
娘が生まれたので


10年位したら
こちらも子供部屋になります




子供部屋d

まだ荷物が
整理出来ていませんし


一部は
カーテンもまだ付いてないです



付いているカーテンも
前から使っていたものを
付けています




子供部屋e

こちらは
整理が終わってない
荷物がたくさんあります



・この部屋は色々必要です


子供部屋の予定の部屋と


客間件物置の予定だった
こちらの部屋は
今のとこ色々差があります



部屋の大きさが
・6畳と5.25畳以外にも



6畳の部屋は新しく買ったライト
5.25畳は前使っていた古いの


クローゼットも
本来客間の予定だったので
棚も標準だし
ハンガーパイプも付いていません



クローゼットに関しては
1年点検の時に

子供部屋と同じにして欲しいという事で
見積り貰いましたので


後日追加で工事になると思います
(3万円ちょっとです)



間取りやクロス、設備の打ち合せでも
「まあ客間は全部標準で」
予算もかけてないので
仕方ないですね



狭いですが
3方向に窓があるし

ベランダは無いですが


思春期になれば
親の部屋とベランダで
繋がっているのも

嫌がりそうなので


こちらで良かったかもしれません
(広さはどうにもなりませんが)




・1年住んだ感想です


今回の部屋は
まだ子供が小さいので


ほとんど部屋として
使っていないのですが

web内覧会も最後なので
全ての感想ですが



今まで内覧会がpart8までで
後悔したのが

「トイレのメーカー選択」だけで

後は不満はありません


別にトイレも
普通に使う分に不具合が
ある訳ではないですが


LDKやスキップフロアの間取りも
気に入ってるし

タカラスタンダードのキッチンや
絵が描ける壁紙なども


これにして良かったなぁと
思う所ばかりです。


設計士さんも工務さんも
素晴らしい方だったので


限られた予算の中で
素晴らしい家が出来たと思っています


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年05月22日

web内覧会も7回目で
やっと2階になりました

今回は2階の
夫婦の寝室とベランダを紹介します




・まずは2階の間取りです

寝室a

吹き抜け部分を廊下で囲むように
なっていて


よくモデルルームなどでも
採用してある
2階のホールなどはありません


2階ホールの役目は
スキップフロアがしてくれるので
必要は無いと思いました
(スペースも無いですが)


2階は3部屋あって

・8畳+ウォークインクローゼット

・6畳

・5.25畳


このような大きさになって


一番大きいのが夫婦の寝室です


まあ2人分なので
一番大きくてもいいんじゃないかと




・寝室とクローゼットです

寝室b

詳細は



こちらに書きましたが
8畳の部屋に
セミダブルベッドを2つ並べています


これに妻の化粧台
犬の部屋もあるので


8畳でも
それほど余裕がある大きさでは
ありません


ベッドc

寝室なんて

ほとんどをベッドの上で過ごすので
周りは狭くても
ベッドが大きい方がいいです


というのを東京インテリアの
店員さんに言われて
セミダブル2つにしましたが


ベッド大きくして良かったです


寝室の右側に
ウォークインクローゼット
あります

寝室c



寝室d


奥が妻用で
手前が私用になっているので
パイプの高さを変えて貰いました




・地味にこだわったバルコニーです

寝室e


ベランダは夫婦の寝室から
隣の子供部屋まで続いて作ってます


間取り図だと
点線がありますが
繋がっています


住んでたアパートの
ベランダが凄い広くて

通常よくある片方だけの
ベランダだと狭いという事で


2階の南側全部を
全面バルコニーにしました


その為に
物干し金物が2組必要なので
1つはオプションになりました

オプションb


普通に使っても
金物1組で2つは
物干し竿が問題なく使えるので

全部で4本は使えます



室内で干せる商品も
結構ありましたが

やはり外で干したいという事で
1つはインナーバルコニーにして


雨降りそうって時でも
外で干せるようにしました


寝室f

こちらがインナーバルコニーの方です
軒がこれ以上出せないので
スペースは狭いですが


通常の雨でしたら
全く濡れないので


雨が降りそうって時でも
外に干して出掛けられます





寝室g

こちらがもう半分の
バルコニーです



こちらは広く取ってるので
将来は色々出来そうですが


今は子供が小さいので
バルコニーで遊ぶのを覚えちゃうと
危険なので
洗濯物を干す以外はしていませんが


将来は
ここに椅子とテーブル用意して
ゆっくりしたいです




・1年使った感想


ベランダはやはり
2部屋分取って
良かったです


子供の物は
子供部屋から干せますし


夫婦と子供の布団も
一緒に干せるので良かったです



寝室に関しては
2人目が生まれたので

ベッドはまだ買わずに



2018年05月21日


web内覧会も1階は

トイレと廊下部分だけになりましたので
こちらを紹介させて頂きます




・まずは設計図です

トイレa

リビングから引き戸を
開けると

凄い狭いのですが
一応廊下と呼べるものがあります


ちょっとしたスペースですが
この廊下のおかげで

トイレやお風呂が
かなり離れてる感じがしますし


音も聞こえないので
必要かなと思います




・1階トイレです

トイレb

トイレは1階、2階ともにLIXIL製です


実際のTOTOのグレードが
分からないので想像ですけど


トイレは正直
メーカー選びを
失敗したと思ってます


詳細は



こちらに書きましたが
やはり
「流すボタン」
無いのは不便です


それ以外は棚もTOTOより
良さそうだったし

リモコンもTOTOより
気に入ってるので
いいのですが


これでTOTOでも
流すボタンが無かったら
LIXILで良かったとなるのですが


さすがに
付いてるよなぁと思います




・2階トイレも同じです

トイレc

トイレは同じですが

仕様した壁紙は
全部違います




・廊下と階段下収納です


LIXILの
ソフトクローズの性能がよくて

子供が指を挟まれる事も無く

こちらは
引き戸多くして良かったと思います


リビングに
ほとんど壁が無い家なので

太陽光のブレーカーや
モニタは全て廊下に設置してあります

トイレd

リビングから
廊下への
引き戸を開けてすぐの画像です



右側に階段下収納があります

トイレe


カセットコンロ
アイロンとアイロン台
犬のトイレシーツやご飯
ティッシュやトイレットペーパー

その他日用品は全部
ここに入っていて


最初から
掃除機もしまう予定だったので


コードレスの充電式が2台と
ルンバなので

この中に
コンセントも設置しました


想像以上に
収納が広くて良かったです



スキップフロアがあるので
一部特殊な階段ですが

多分収納部分は標準の
大きさだと思います






トイレf

階段下収納から
進むと

右側がトイレ
左側に引き戸があって
開けると脱衣場とお風呂になります



・1年使ってみて


とにかく
「流すボタンが無い」
これに尽きます


3面シート(カタログ)には
流すボタンありましたし

写真には
画像はイメージです
ありましたが

lトイレ400-300

TOTOはボタンで流れるけど
LIXILは流れないよーって


設備決める前に
誰かが教えてくれていたら
TOTOになったと思います


その他はトイレも廊下部分は
扉の選択も良かったし

階段下収納も満足しています


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング



2018年05月19日





・次は別途工事費です

こちらは

・残土処理費
・地盤改良費
・電気や照明などの代金
・カーテン、照明、エアコン代など


必要だけど
レオハウス以外の業者がする費用です


総費用2a

こちらがレオハウスからの見積りです

予定金額は
1,458,000円です



詳細はこちらにありますが


残土処理費は
若干安くしてくれました


また地盤改良は必要無かったので

予定額の
50万円が0円になったのは
非常に大きいです




・実際かかった金額はこちら

総費用2b

⑬のTV、電話、ネット配線は
電話とネットは無料でしたが(auひかり)


詳細はこちらにありますが



テレビ回線が
非常に高く
見積りオーバーしました



⑭と⑮の詳細は



こちらに書きましたが
入れ忘れか何かでしょうか?




カーテン、照明、エアコン代は

レオハウスで頼んだものと
施主支給で買った物が
あるので項目を分けていますが


見積り額50万円に対して
実際は80万円を超えてます


それでも別途工事は
地盤改良費が0円というのが大きく


予定額 1,458,000円

実際の金額 1,251,988円


差額は206,012円
マイナスになりました




・次に「その他費用」です

その他費用は


上下水道の加入金や
地鎮祭などの項目です


総費用2c

立て替えだと
解体工事費や仮住まい費用
かかるので

ここは高額になりそうですね



見積り総額は18万円だけですが


ここに見積りには入ってないけど
実際には必要な

・引越し代
・ソファやテーブルなど
必須な家具代が入っています


総費用2-d


元々引越し費用の
予定額が0円だったので


赤字になるのは
間違いなかったですが


ソファ類なども必要だったので
かなり差が出て

予定額 180,000円

実際の金額 667,737円

ここでの差額分は
487,737円の追加です


地盤改良で浮いた予定額の50万円
ここで全部使った感じです



・次は諸経費です

総費用2e

諸経費は


・印紙税
・建物登記料
・火災、地震保険料

こちらの金額で
予定額は660,000円です


・実際にかかった金額はこちら

総費用2f


今回は予定額とほとんど変わらず
若干安くなりました


予定額 660,000円

実際の金額 621,540円

ここでの差額分は
38,460円のマイナスです




・次にローン諸経費です


ローン諸経費は

・印紙税
・融資手数料
・銀行の事務手数料
・つなぎ融資の手数料
・団信保険料

などローンで借りる際の
手数料関係になります

総費用2g


予定額は787,800円です

予定額に
団信保険料が入っていないので

最初から
オーバーするなぁと思った項目です



・実際にかかった金額はこちら

総費用2h


アルヒの事務手数料は
予定額より安かったですが


団信保険料があるので
予定よりオーバーしました


フラット35の場合
団信に入るかは任意なのですが


万が一があっては怖いので入りました

3大疾病の特約が付いてるので
普通の団信より高いです



予定額 787,800円

実際の金額 863,594円

ここでの差額分が
75,794円の追加です



・最後に「その他項目です」

こちらは
予定には入ってなかったのですが

総費用2i


地鎮祭の際の
ご近所への挨拶の粗品と


引越しの際の
洗剤セットの金額です



後は引き渡し前に
物置を設置したので
こちらの費用です




・全ての総額です

総費用2l


予定額が
26,933,610円


実際かかった金額が
27,582,074円


差額は
648,464円の追加になりました



大工さんへの差し入れは
記録付けてないので
書いていませんが

全部合わせて
5,000円位だったと思います



地盤調査費用の予定額
50万円が0円になったので


予算余り考えず
色々追加してましたが

これくらいで済みました



・最初の目標はクリア


借入金額が

・フラット35から2,104万円
・アルヒフラットαから234万円

合計2,338万円借りたので


420万円が自己資金で
用意した分になります


家を買おうと思った時に
決めた予算


総額3,000万円以内で

自己資金500万円の
ローン借り入れは2,500万円まで


こちらの目標はかなり
余裕を持ってクリア出来ました




前に書きましたが

土地代が、この地域の相場の
950万円前後が
600万円で買えたのが
非常に大きいです


しかも950万円の土地より
満足度は高いので
本当にラッキーでした



もし土地が相場通りだったら
総額で3,100万円位ですので
色々削ってたかもしれません




・本当の坪単価を出してみる


外構費は入っていませんが
この金額が家が建つまでの総額なので


土地代を抜いた

21,582,074円から

延床面積 34.56坪(114.27㎡)で

坪単価を計算すると


坪単価624,481円になります



大人気の家cocoでも
一番安いベーシックなら
総額が約300万円位下がって


ソファやテーブルは
新しいのを買わなければ
40万円ほど下がるので


340万引いて計算すると

土地代以外の総額が
約1,818万円になるので


坪単価が52万円位にはなります


それでも
ローコスト!坪単価30万円と
広告出してても実際は
もっとかかりますね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング