2018年09月26日


何度か

住んでいる場所の地図などを載せてるので


地元の方は我が家がどの辺りにあるか
分かるのですが





今回購入予定地の地名について

相談が来たので




それも含めた記事ですが


地元の方以外でも

地盤などの土地の状態


「地名だけではアテにならない」というのを
分かって貰えたらと思います






・危険な地名?



甲府市の中心部から
近いところに

青沼という地名があります



青沼a



って付くから


・昔は沼がありました?
・危ない場所ですか?


という相談だったのです



一般的にと付く地名は

過去に沼地で地盤が緩いと言いますし



さらに「青沼」の隣が「湯田」ですので

こちらも水を連想させます





不動産屋に聞いても


良いことしか言わない
可能性もありますけど




私も何代も甲府に住んでるだけで

専門家じゃないですが 


青沼b


私も父もお爺ちゃんも
青沼の隣にある「城東」という場所で
生まれたので


多少は詳しいです

ちなみに城東の地名由来は簡単で
甲府城(舞鶴城)の東にあるからです






・「沼」が付いても安全な場合もあります


最初に言うと

この「青沼」という地名は
とくに地盤が弱いとかはありません


地名の由来は



ものすごい昔
この辺一帯が湿地帯だったからなのですが



なんと青沼という地名は
奈良時代の文献にも出てるそうなので


その時代まで遡って
湿地帯だから住めないとなると


日本中どこも住めなくなります



青沼d
ちょっとした市町村レベルの広さ全部が「青沼」でした


この辺全部が青沼の名残
凄い離れている場所に


西青沼公園があります



青沼f

西暦865年から
同じ場所にある

青沼浅間神社です


その他にも
明治時代には既に
市立の高校があったり


なので名前こそ「青沼」ですが

地盤が弱いわけではありません





・湯も水も一度も出てないのに「湯田」


さらに隣の「湯田」


こちらも凄い昔・・・
500年以上前


甲府の中心部に湯が出たので
「湯田」と呼ばれるようになったのですが


青沼e



西暦1585年完成

甲府城を作るからと
住んでる住民を移動させて


その時に
「地名も移動した」そうです


なので湯田という地名ですが
お湯が出た事も無く


温泉もありません


逆に昔湯田と呼ばれている場所には
温泉はありますが


今は昭和39年に
東京から名前をパクって
「丸の内」という地名になっています






・他にも地名は危険だけど安全な例


こちらの本



地名に隠された「東京津波」という書籍ですが


地名の由来を色々調べている本で



例えば今回みたいな
「沼」の地名だと



「沼が見えるから」で沼が付いたり

当時の権力者の名前に沼が付いてたり



などなど
地盤とは全く関係ない理由


水を連想させる地名に
なる場合もあるそうです



もちろん
逆のパターンもあって


昔から災害が多いのに
〇〇丘とかも「よくある話」なので


やはり気になった土地の場所は


図書館などで
調べるといいと思います


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング







この記事へのコメント

1. Posted by momo   2018年09月26日 17:57
私もタイムリーに地盤と地名について書いてしまいましたが、少し後悔しています(^^;)笑
我が家は地盤改良なしの嬉しい報告とともに聞いたお話でしたがブログにそのまま知ったかで書いてしまいましたー(>人<;)
やはりマイホーム記事以外もとても勉強になります(*ˊᵕˋ*)✩ありがとうございます!
2. Posted by reogres   2018年09月27日 09:08
コメントありがとうございます。

まずは地盤改良無しおめでとうございます^^
私も地盤改良無しの判定で
予算がかなり楽になりました(笑)

色々調べていくと思ってる以上に
地名を過去に変更した地域がたくさんあったので
昔から住んでいる人に聞くか
図書館などで調べるといいですねー^^

コメントする

名前
 
  絵文字