2018年08月09日


我が家の換気システムは
第一種換気なので


空気清浄機a

このような換気システムが
1階、2階にあって


空気清浄機b


各部屋に
吸排気口が付いています


標準で付いている
換気システムが


空気清浄機c

パナソニックの
FY-80VB1ACLという商品で

PM2.5対応と書いてあるので

空気清浄機の代用にも
なりそうな気がします





・空気清浄機は必要?


メーカーサイトで調べると

空気清浄機d


やはり

PM2.5対応
微小粒子対応フィルター

と空気清浄機みたいな性能が
書いてあって

捕集効率95%と書いてあります


これだけで
大丈夫っぽい気もしますが



実際に空気清浄機を置いて

空気清浄機e




数日間可動させると

空気清浄機f


写真だと見えにくいですが
フィルターに
ホコリが溜まってます




・そもそも用途が違いました



第一種、第三種で
システムは違いますが


今の住宅は
換気システムが
義務付けられてます


そうして
第一種の場合、このように
PM2.5対応など


まるで空気清浄機っぽく
書いてありますが


換気システムが
建築基準法で義務付けになったのは


シックハウス症候群対策
空気を入れ替えましょうという事で


換気システムが出来たので



主な目的は

・シックハウス症候群対策

あとは

・部屋の湿気を出して湿度を調整する


これが換気システムの
主な目的です



吸気してるので
近くのホコリは吸いますが


床に落ちている
ホコリやチリを
吸う事はありません





一方、空気清浄機は


部屋のチリやホコリ
花粉などを取りますが


フィルターで取るだけで
外に排気はしませんから


全く用途が違います



その為

今まで空気清浄機を
使っていない人は


もちろん
使わなくても大丈夫ですが



今まで
空気清浄機を使っていた人は


第一種換気だからと
代用になる事はありません






・2つあれば効率も上がります


通常換気システムは天井にあって


空気清浄機は床に置きます



チリ、ホコリは舞いますが

人がいない環境だと
下に落ちて床に行きますので


チリ、ホコリ、ダニなどは

空気清浄機に任せた方が
いいです



私も実際に使うまでは

第一種換気があれば
空気清浄機いらないかなと

思ったのですが


普通にフィルターに
ホコリが溜まってます・・・





・空気清浄機の選び方



空気清浄機って

色々な
〇〇機能搭載とかありますが



実際、扇風機並みに
仕組みが単純で


吸気→HEPAフィルター→排気

これだけなので



通常のファン式なら

売れ筋の3メーカー

パナソニック、ダイキン、シャープ
どれ選んでも同じです



詐欺的商品のイオン式ってのも
昔ありましたが


ナノイーとか
プラズマクラスターとかは

余り信じないタイプなので


家のホコリやチリが
減れば満足です







・シャープだけ置場が限定されます



上記3メーカーだと


シャープだけ

空気を背面から吸うので

空気清浄機g


壁から30cmは
離して使わないと
効果が弱まるので


使い勝手が悪いです


ダイキンやパナソニックは

前面や側面から吸います



その代わり
シャープのメリットとして


・吸込量が多い

・フィルターの掃除が簡単

・他メーカーより安い


などがありますが

色々書いてますが
安いので選びました(笑)








23畳用で
14,000円で購入出来るので


他メーカーよりかなり安いです





・1年の内、4ヶ月しか使っていません


空気清浄機h


9月後半から5月下旬までは
同じ場所に

加湿器を置いています


気化式なので
こちらでホコリも吸えるので


空気清浄機は
4ヶ月ちょっとしか使わないので
安いのを選びました



加湿器は

絶対にパナソニックの
気化式がオススメですが・・・



過去記事にも書きました






新築で木造の高気密住宅は
冬の乾燥が凄いので


こちらにお金掛ける方が





コメントする

名前
 
  絵文字