2018年03月28日




賃貸の時に比べて
広さは倍以上になったので

「子供が走り回ります」


引っ越し時はまだハイハイだったので
走ってないのもあるのですが


そうすると怖いのが
家での怪我です

全部は防げませんが
我が家で行っている

子供の怪我防止策です



・ドアノブを縦にする


これは最近までずっとしてたのですが
怪我防止a


リビンクから玄関にいくドアですが
ドアノブに手が届くようになると
開けてしまうのでノブを縦にします。

怪我防止b


ここのネジで簡単にドアノブが外れるので
縦にします。


・現在は元に戻しました

ずっと縦だったのですが
最近元に戻しました

どうして戻したのかというと

「縦でも届くようになったから」
です


しかも縦だと爪先立ちしてやっとなので
かえって危険になったので
元に戻しました。



・次は落下の危険防止


ドア開けれるまで成長したのかと
思うと、それは嬉しいのですが

リビングのドアが開けれるようになると
玄関まで来てしまいます


はしゃいで落ちたりすると
玄関はタイルで危険なのですが

怪我防止c

玄関にコルクマットを敷きました。


「たまたま」色味がタイルと
同じなので目立たずいい感じですが
わざわざ買った訳ではなく


元々賃貸に住んでいた時に
寝室が古い畳の上に絨毯を敷いていたので
子供が生まれる時に
「ダニが心配」と購入したものです。


引っ越し時に1年しか使ってなかったのですが
「使い道も無いし」と捨てようかと
思っていましたが
使い道がありました



・玄関は開けれません

設備・玄関ドア編でも書きましたが

我が家の玄関ドアはタッチキー付きです。


キーがないとボタンを押しても反応しないので
子供だけでは開けれませんが
仮に鍵があっても

「まだまだタッチする場所には届きません」

・手動で開ける場合

もちろんタッチキーだけではなく
鍵でも開くのですが

ツーロックなので2ヶ所開かないと開きません

怪我防止e


下は既に届きますが
上はまだまだ届きませんので安心です




・階段の侵入禁止

こちらはベビー用品店に行くと
どこでも売ってるお馴染みの
侵入防止の柵です

怪我防止f


1Fと2F両方付けています。
幸いまだ子供だけでは開けれません



・出っ張りをカバー

そして階段途中のスキップフロアの入り口ですが
階段に角が出てしまって
万が一ここで転んだら危険なので

怪我防止g



怪我防止h


ホームセンターで
クッション材を購入しました。


まだまだ
「何もない所で転ぶ」年齢なので
これ以外もたくさん注意が必要です


にほんブログ村 子育てブログ 2016年早生まれの子へ
にほんブログ村



2015年4月~16年3月生ランキング





2018年03月27日




契約時に貰った見積りの
上下水道の加入金等です。

水道加入金a


見積りは15万円ですが
東京で家建てる人なら余る人が多そうです。



東京都に住んでる方は
「水道加入金?」という感じですが

東京都だと水道を新規に引いても
加入金はかかりません。
(羨ましいですね


しかし東京以外の「ほとんど」の場合は
水道を新規に引く場合
(新築なら必ず引くと思いますが)

水道加入金という
「結構な金額」がかかります



・市町村によって金額が全然違います


例えば神奈川県横浜市だと

新規に引く場合

13mm20mmも同じ金額で
162,000円かかります。

しかし横浜市に3年間住んでいて
横浜市内へ引っ越した場合は
半額になって81,000円になります。


同じ神奈川でも川崎市だと
162,000円は同じですが
川崎市に3年間住んでいて
川崎市内へ引越しの場合は
なんと無料になります




・住んでる町にも減額制度がありました

市町村によって金額と割引がかなり違うので
山梨県甲府市の場合を調べると
減額制度がありました

水道加入金b


我が家は13mmなので
通常だと水道加入金8万円です。


トイレをタンクレスにする場合は
20mmは必要なので
倍の金額になってしまいます


そして気になる割引ですが
甲府市に3年以上住んでるので
減額の対象です



神奈川と違って
割引金額が書いてないので電話すると


水道局「2万円割引です」

「2万円ですか・・・」


無料や半額がある市町村も多い中で
2万円は「しょぼい」ですね



・結構早く言わないと減額されません

半額や無料になる市町村なら
恐らく全員制度を使うので

ハウスメーカーの方から
言ってくれるかもしれませんが



甲府市の場合は
割引が2万円ですので
知らない人も多いのか

営業さんも工務さんも言ってくれなかったので
こちらから言わないと割引になりません。



そして「水道加入金」ですから
工事途中の段階で水道は加入します


水道工事してくれてる方が
立て替えて支払ってくれて
最後に精算になります。


3年間住んでいる証明書などを
自分で用意して水道局に提出しないと
いけないので


早めに準備して自分で手続をしないと
定価で立て替えられてしまったら
当然定価を支払いしないといけなくなります




水道加入金c


引き渡しの3ヶ月前には既に
支払いが終わっているので
早目に手続きしたほうがいいです。


我が家は8万円6万円
割引になりました




・見積りの15万円から浮いたのか

6万円といっても検査料や手数料が別途なので
写真の通り総額は79,300円になっています。

それでも見積りの15万円に比べると
約半額なのですが

これは上水道の加入金です


下水道はまた別です。

下水道は既に引いてあったので
今回は土地を売ってくれた地主さんが
過去に支払った分を
私が地主さんへ支払いましたが

金額は83,000円でした


なので上下水の加入金合わせて
162,300円になるので

見積り額より若干オーバーしました



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村



ローコスト住宅ランキング




2018年03月26日






我が家の住宅ローン
フラット35S
アルヒフラットαで借りていて
2018年3月で支払い1年が過ぎました
(残り34年・・・



・10割融資が可能なフラットα

簡単に言うと
フラット35は9割までしか借りれないので
残り1割はアルヒで借りれますというローンですが


アルヒのフラットαは金利が高いです

a繰上


現在の支払金利が

フラット35S0.8%
フラットα2.55%

このようにかなり違います



・フラット35Sは繰上返済しない方が得

フラット35Sに関しては
10年間は0.8%ですので

住宅ローン減税で1%所得税住民税から
戻ってきますので

10年間は繰上げ返済しない方が得になります。


なので繰上返済する位なら
10年間貯めておいて
減税がなくなる10年後に
まとめて返済した方がいいです。



・フラットαは繰上返済をしたい

フラットαは2.55%
さらに半年変動なのでさらに
高くなる可能性もあります。


昔は住宅ローンなんて最初は利息ばかり払ってた
なんて話をよく聞きますが


234万円の35年払いだと
毎月8,453円しか支払いがありませんが

初回時の内訳は

8,453円の内
元金 3.488円
利息 4,965円

ですので
利息のが多く支払ってる状態です。

b繰上


仮にフラットαが
フラット35やフラット35Sの金利で借りれた場合の
利息の比較です。


やはり金利が高いので
なるべく「繰上返済」を行っていきたいです。



・繰上返済するなら最初の方が効果が大きい

支払も最初の内は利息の方が大きいので
その分繰上返済の効果が大きいです

c繰上

2018年1月を1回目とした場合の
元金と利息ですが


1回目から28回目の元金の
100,530円を繰上返済すると


利息分の136,154円
支払しなくていいので効果が凄いです。




・最後の方は効果が少ない

最終の支払時は
元金が8,239円
利息は17円になります

d繰上

同じ10万円を繰上した場合でも
最後では1,377円しか利息が減りません。



・1年間で114万円繰上返済した結果


どうにか頑張って
2017年6月から2018年2月までで
114万円繰上返済しました。


当初予定の支払利息1,200,582円
261,478円まで減っています。



114万円払って効果は208万円と
同じですから繰上は凄いです。


仮に繰上しない場合と比較したら
今の時点で94万円徳になります
(フラットαの金利が凄いからなんですが



支払総額も
3,540,582円から
2,601,478円まで減りました。

e繰上


残高は当初の234万円から
1,133,399円まで減りました。




・期間も20年以上短縮に

35年ですと終了予定が2051年12月でしたが

今現在が
f繰上


2031年6月
35年が14年ちょっとまで減りました。


だんだん金額の内訳が
元金が上がって来て、利息が下がっていくので

繰上するなら早い方がお得です。

g繰上


初回は
元金 3.488円
利息 4,965円

でしたが今は
元金 6,032円
利息 2,421円になっています。


この段階でも
例えば来月5万円繰上すると
19,000円分の利息
支払わなくてよくなりますので
出来る限りは繰上していきたいです




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 レオハウスへ
にほんブログ村


ローコスト住宅ランキング